人気ブログランキング |

4月11日Ⅰ列王記13-15章『ひとりの信仰の影響』

懸賞 2010年 04月 11日 懸賞

『ひとりの信仰の影響』15:1「アビヤムはユダの王となり、15:2 エルサレムで三年間、王であった。彼の母の名はマアカといい、アブシャロムの娘であった。15:3 彼は父がかつて犯したすべての罪を行ない、彼の心は父ダビデの心のようには、彼の神、主と全く一つにはなっていなかった。15:4 しかし、ダビデに免じて、彼の神、主は、エルサレムにおいて彼に一つのともしびを与え、彼の跡を継ぐ子を起こし、エルサレムを堅く立てられた。15:5 それはダビデが主の目にかなうことを行ない、ヘテ人ウリヤのことのほかは、一生の間、主が命じられたすべてのことにそむかなかったからである。」①ダビデ王のひ孫、アブヤム王は、主の前に悪い王でした。しかし主はダビデ王の信仰によって、彼の子孫から祝福を奪うことをされませんでした。・・・私たちは失敗することもありますが、ダビデのように、悔い改めて主に立ち返るならば、主はその罪を赦し、私たちの祝福だけでなく、子孫の祝福も約束されるお方なのです。今の私たちの信仰は、私たちで終わるものではありません。その事を知って、主にお仕えしましょう。YCCFuji

# by Happiness-eachday | 2010-04-11 17:29 | 2010年4月 | Trackback

4月10日Ⅰ列王記10-12章『知恵の言葉を大切にする』

懸賞 2010年 04月 10日 懸賞

『知恵の言葉を大切にする』12:7 彼ら(ソロモンに仕えていた長老たち)は(息子レハバム)王に答えて言った。「きょう、あなたが、この民のしもべとなって彼らに仕え、彼らに答え、彼らに親切なことばをかけてやってくださるなら、彼らはいつまでもあなたのしもべとなるでしょう。」12:8 しかし、彼はこの長老たちの与えた助言を退け、彼とともに育ち、彼に仕えている若者たちに相談し、12:10 彼とともに育った若者たちは答えて言った。「あなたは彼らにこう言ってやりなさい。『私の父はおまえたちをむちで懲らしめたが、私はさそりでおまえたちを懲らしめよう。』と。」①ソロモンの子供、レハバム王は、国がどのようになるかという大事な時に、長老たちの知恵の言葉を退け、自分の仲間のおろかな言葉を重視しました。これによって国は分裂し、争いが始まったのです。②ソロモン王が晩年、道を外れたのも、異教の妻たちを大切にし、主の言葉をおろそかにしたためでした。・・・知恵の言葉を大切にしましょう。愚かな言葉は退けることも知恵です。そうすれば主は必ず祝福してくださるのです。YCCFuji

# by Happiness-eachday | 2010-04-10 17:26 | 2010年4月 | Trackback

4月9日Ⅰ列王記7-9章『祈りを聞かれる主』

懸賞 2010年 04月 09日 懸賞

『祈りを聞かれる主』8:37「どんなわざわい、どんな病気の場合にも、8:38 だれでも、あなたの民イスラエルがおのおの自分の心の悩みを知り、この宮に向かって両手を差し伸べて祈るとき、どのような祈り、願いも、8:39 あなたご自身が、あなたの御住まいの所である天で聞いて、赦し、またかなえてください。ひとりひとりに、そのすべての生き方にしたがって報いてください。あなたはその心を知っておられます。あなただけがすべての人の子の心を知っておられるからです。」①私たちを愛しておられる主は、私たちの命を守り、祈りを聞いてくださるお方です。②ですから、問題が起きた時、それが霊的問題でも、心の問題でも、身体の問題でも、主にへりくだって祈るならば、主はその祈りを聞いてくださるのです。③主は私たちの心の奥を知っておられます。・・・へりくだって、心の奥から主に祈りましょう。それが不足なら正直に祈りましょう。良くないものならば正直に告白しましょう。主はあなたの心を整えて、すべての面で助けようとしておられるのです。祈りの後に祝福が与えられるのです。YCCFuji

# by Happiness-eachday | 2010-04-09 17:24 | 2010年4月 | Trackback

4月8日Ⅰ列王4-6章『知恵による平和』

懸賞 2010年 04月 08日 懸賞

『知恵による平和』4:1「 こうして、ソロモン王は全イスラエルの王となった。4:20 ユダとイスラエルの人口は、海辺の砂のように多くなり、彼らは飲み食いして楽しんでいた。4:24 これはソロモンが、大河の西側、ティフサフからガザまでの全土、すなわち、大河の西側のすべての王たちを支配し、周辺のすべての地方に平和があったからである。4:25 ユダとイスラエルは、ソロモンの治世中、みな、おのおの自分のぶどうの木の下や、いちじくの木の下で安心して住むことができた。4:26 ソロモンは戦車用の馬のための馬屋四万、騎兵一万二千を持っていた。」①ソロモンは主によって知恵を与えられ、周辺地域を神の知恵で治めたため、平和と繁栄が続きました。そして神殿建設と言う大きな事業を成し遂げたのです(6:37)。またソロモンはイスラエルの歴史の中で最も広く領土を治めました・・主による知恵は平和と繁栄をもたらします。私たちも主による知恵が与えられたならば、置かれた状況の中で、人間関係や事業の祝福を得るのです。主の知恵を受け取りましょう。主はあなたに祝福しようと願っておられるのです。YCCFuji

# by Happiness-eachday | 2010-04-08 17:23 | 2010年4月 | Trackback

4月7日Ⅰ列王記1-3章『主に御心を願う祝福』

懸賞 2010年 04月 07日 懸賞

『主に御心を願う祝福』3:10 この願い事は主の御心にかなった。3:11 神は彼に仰せられた。「あなたがこのことを求め、自分のために長寿を求めず、自分のために富を求めず、あなたの敵のいのちをも求めず、むしろ、自分のために正しい訴えを聞き分ける判断力を求めたので、3:12 今、わたしはあなたの言ったとおりにする。見よ。わたしはあなたに知恵の心と判断する心とを与える。3:13 そのうえ、あなたの願わなかったもの、富と誉れとをあなたに与える。あなたの生きているかぎり、王たちの中であなたに並ぶ者はひとりもないであろう。」①ソロモンが王になるにあたって、彼は主に「民を裁くための知恵」を求めました。神はそれをかなえたばかりか、それに加えて富と誉れも与えられました。「神の国とその義とをまず第一に求めなさい(マタイ6:33)」これが神の祝福の法則です。御心を求めましょう。そして神様に正直に祈りましょう。(パフォーマンスでよい子を演じても限界があります)正直に祈れば、主はあなたの心に働いて、あなたの心を聖め癒して『御心に沿ったこと』を願うように変えてくださるのです。YCCFuji

# by Happiness-eachday | 2010-04-07 17:21 | 2010年4月 | Trackback