人気ブログランキング |

5月20日エステル1-3章『主の御手の中』

懸賞 2010年 05月 20日 懸賞

『主の御手の中』
【2:15エステルが、王のところにはいって行く順番が来たとき、彼女は女たちの監督官である王の宦官ヘガイの勧めたもののほかは、何一つ求めなかった。こうしてエステルは、彼女を見るすべての者から好意を受けていた。2:16 エステルがアハシュエロス王の王宮に召されたのは、王の治世の第七年の第十の月、すなわちテベテの月であった。2:17 王はほかのどの女たちよりもエステルを愛した。このため、彼女はどの娘たちよりも王の好意と恵みを受けた。こうして、王はついに王冠を彼女の頭に置き、ワシュティの代わりに彼女を王妃とした。】

①前王妃のワシュティが退けられたことも、エステルが養父モルデガイに育てられたことも、エステルが新王妃に選ばれたことも、すべて主の計画の中のことでした。②私たち人間は、状況の変化に一喜一憂しますが、背後に確かな主の救いの計画が進んでいるのです。・・・主の計画の中を歩みましょう。計画の中をあなたが歩むならば、必ず良い方向に進みます。光の中を歩むのです。主に助けを求める時、その光の道を主は見せて下さるのです。YCCFuji

# by happiness-eachday | 2010-05-20 08:36 | 2010年5月 | Trackback

5月19日ネヘミヤ10-13章『神の前で基準を保ち続ける』

懸賞 2010年 05月 19日 懸賞

『神の前で基準を保ち続ける』
【13:19 安息日の前、エルサレムの門に夕やみが迫ると、私は命じて、とびらをしめさせ、安息日が済むまでは開いてはならないと命じた。そして、私の若い者の幾人かを門の見張りに立て、安息日に荷物が持ち込まれないようにした。13:20 それで、商人や、あらゆる品物を売る者たちは、一度か二度エルサレムの外で夜を過ごした。13:21 そこで、私は彼らをとがめて言った。「なぜあなたがたは、城壁の前で夜を過ごすのか。再びそうするなら、私はあなたがたに手を下す。」その時から、彼らはもう、安息日には来なくなった。13:22・・私の神。どうか、このことにおいてもまた、私を覚えていてください。】

①ネヘミヤは神のために正しく歩もうと願うリーダーでした。城壁を再建し、主に礼拝すると同時に、毎日の生活で神様に喜ばれることを願いました。②安息日の教えを守らない者たちに対して、彼は基準を保つように働きかけ続けました。・・・神の願いを進めようと思う者は、ある基準を自分も保ち続け、人にもそれを教え続ける必要があります。子育て、人を育てる時にも同じことが言えます。しかし自分の基準の押し付けではいけません。公けの基準、そして神の基準に自分も人も合わせるように、日々努める・・これが神の願うリーダーの姿でもあるのです。YCCFuji

# by happiness-eachday | 2010-05-19 08:48 | 2010年5月 | Trackback

5月18日ネヘミヤ7-9章『主を喜ぶことは、私たちの力』

懸賞 2010年 05月 18日 懸賞

『主を喜ぶことは、私たちの力』
8:2 そこで、第七の月の一日目に祭司エズラは、男も女も、すべて聞いて理解できる人たちからなる集団の前に律法を持って来て・・8:8 彼らが神の律法の書をはっきりと読んで説明したので、民は読まれたことを理解した。8:9「きょうは、あなたがたの神、主のために聖別された日である。悲しんではならない。泣いてはならない。」民が律法のことばを聞いたときに、みな泣いていたからである。8:10 さらに、ネヘミヤは彼らに言った。「きょうは、私たちの主のために聖別された日である。悲しんではならない。あなたがたの力を主が喜ばれるからだ。」8:11 レビ人たちも、民全部を静めながら言った。「静まりなさい。きょうは神聖な日だから。悲しんではならない。」

①城壁が再建された次の月、エズラは律法の書を読み聞かせました。民はそれを理解し、自分たちの間違いを悔い改めたのです。②ネヘミヤは、悲しんでいる民に「主を喜ぶことはあなたがたの力です」と語りました。・・困難の時、悲しみに沈む時にこそ、聖書は「主を喜び賛美すること」を教えます。現実を直視しながらも無条件に喜ぶ時に、主の力が解き放たれ、主の業が進むことを私たちは知るのです。YCCFuji

# by happiness-eachday | 2010-05-18 09:05 | 2010年5月 | Trackback

5月17日ネヘミヤ4-6章『ネヘミヤを支えてくださった主』

懸賞 2010年 05月 17日 懸賞

『ネヘミヤを支えてくださった主』
【6:1 さて、私が城壁を建て直し、破れ口は残されていないということが、サヌバラテ、トビヤ、アラブ人ゲシェム、その他の私たちの敵に聞こえると6:2 サヌバラテとゲシェムは私のところに使いをよこして言った。「さあ、オノの平地にある村の一つで会見しよう。」彼らは私に害を加えようとたくらんでいたのである。・・・6:14 わが神よ。トビヤやサヌバラテのあのしわざと、また、私を恐れさせようとした女預言者ノアデヤや、その他の預言者たちのしわざを忘れないでください。6:15 こうして、城壁は五十二日かかって、エルルの月の二十五日に完成した。】

①ネヘミヤは、敵と戦い身内を励ましながら、総督としての手当を受け取ることなく、エルサレムの城壁再建を目指しました。②そして何度も脅迫されながらも、祈りつつ、自分の使命を果たし続けたのです。主はネヘミヤを守られ、52日という短時間で城壁が完成したのです。・・主は、脅迫や妨害を見破る知恵を与えて下さいます。そして一致して勝利をする力を与えてくださるのです。・・主のこの力を受け取りましょう。主は、あなたの主の働きを完成させようと助けてくださるお方です。YCCFuji

コメント
ネヘミヤは情熱を持って、城壁を再建しました。
人々を説得し、犠牲を払い、受けるべき報酬も受けずに、彼は働き続けたのです。
これらの情熱はどこから来たのでしょうか?

それは彼の使命感からです。
『この働きはわたしの使命だ』と思える仕事には、誠心誠意を込めて投入できるのです。

もう一つ彼が何度か、主に祈っていることは「私のしたことを覚え、敵のしたことを忘れないで下さい」
主はすべてを知っておられ、正しく導いてくださることを、彼は信じていたのです。

主がすべて知っておられ、正しく報いてくださることを信じることができると、
マザーテレサが語った次のようなことが理解できるようになります。

「人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなくし善を行い続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で誠実であり続けないさい。

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく助け続けなさい。・・・」

私たちは、与えても拒否されると、感情を害する、悲しい存在です。
しかし創造主が正しく報いてくださることを信じるときに、それが励ましとなり、力となるのです。

情熱を持って働く秘訣をあなた御自身で見つけましょう。
5月17日ネヘミヤ4-6章『ネヘミヤを支えてくださった主』_d0155777_23433538.jpg

主はあなたに使命感を与え、妨害や攻撃からあなたの働きを助けてくださるのです。

# by happiness-eachday | 2010-05-17 07:00 | 2010年5月 | Trackback

5月16日ネヘミヤ1-3章『創造主に用いられる人』

懸賞 2010年 05月 16日 懸賞

5月16日ネヘミヤ1-3章『創造主に用いられる人』_d0155777_0382530.jpg
『創造主に用いられる人』
1:3 すると、彼らは私に答えた。「・・エルサレムの城壁はくずされ、その門は火で焼き払われたままです。」1:4 私(ネヘミヤ)はこのことばを聞いたとき、すわって泣き、数日の間、喪に服し、断食して天の神の前に祈って、1:5 言った。「ああ、天の神、主。大いなる、恐るべき神。主を愛し、主の命令を守る者に対しては、契約を守り、いつくしみを賜わる方。1:6 どうぞ、あなたの耳を傾け、あなたの目を開いて、このしもべの祈りを聞いてください。私は今、・・私たちがあなたに対して犯した、イスラエル人の罪を告白しています。まことに、私も私の父の家も罪を犯しました。」

①ネヘミヤは、エルサレムの城壁の崩された状態を聞いた時、主の前にへりくだり、イスラエルの不信の罪を主に告白しました。②主はこのネヘミヤを用い、城壁再建を進められました。③反対も多く上がりましたが、主はネヘミヤの祈りとリーダーシップを用い短時間で城壁を再建させたのです。・・・主は祈りの人、主の前にへりくだる人を用いられます。多くの試練があっても、主はその人を助けられるのです。私たちも自分の重荷が与えられたことのために祈りましょう。主はあなたを用いるお方なのです。YCCFuji

コメント
マザーテレサ(1910―97)が働きを始めた時、彼女の中には、インドの貧しい人々にために働きたいという、燃えるような情熱がありました。
イエス様は「貧しい人の中の最も貧しい人に仕えなさい」と彼女に語りかけ、彼女は(上の許可を得て、)
インドのスラムでの働きを開始し、それが、最も貧しい人に仕える修道会「神の愛の宣教者会」となったのです。

We cannot do great things. But we can do small things with great love.(私たちは、この世で大きいことはできません。小さなことを大きな愛をもって行うだけです。)
If you can't feed a hundred people, then just feed one.
(100人に食べ物を与えることができないなら、1人に与えればいいのです。)
God doesn't require us to succeed; he only requires that you try.
(神は私たちに成功してほしいとは思っていません。挑戦することを望んでいるだけです。)

彼女の愛と行動によって、多くの人々が助けられ、その輪が世界中に広がりました。

神様に用いられる人は、愛と行動の人です。
そしてその情熱は、神様から来るものであると信じます。

あなたが情熱を持っている領域にあって、主はあなたを用いられようとされているかもしれません。
ネヘミヤや先人たちのように祈ってみましょう。

大きな働きでないかもしれませんが、
そこから何かが始まるかもしれないのです。

偉大な先人たちは、大きなことを求めたのではありません。
ただ情熱を持って、目の前の必要なことを一つ一つ大切に行ったのです。

「私たちは、この世で大きいことはできません。小さなことを大きな愛をもって行うだけです。」
(マザーテレサ)

# by happiness-eachday | 2010-05-16 00:41 | 2010年5月 | Trackback

5月15日エズラ記7-10章『あわれみの神』

懸賞 2010年 05月 15日 懸賞

『あわれみの神』
9:5 夕方のささげ物の時刻になって、私(エズラ)は気を取り戻し、着物と上着を裂いたまま、ひざまずき、私の神、主に向かって手を差し伸ばし、祈って、9:6 言った。「私の神よ。私は恥を受け、私の神であるあなたに向かって顔を上げるのも恥ずかしく思います。私たちの咎は私たちの頭より高く増し加わり、私たちの罪過は大きく天にまで達したからです。・・9:8 しかし、今、しばらくの間、私たちの神、主のあわれみによって、私たちに、のがれた者を残しておき、・・9:15 イスラエルの神、主。あなたは正しい方です。まことに、今日あるように、私たちは、のがれた者として残されています。ご覧ください。私たちは罪過の中であなたの御前におります。このような状態で、だれもあなたの御前に立つことはできないのに。」

①主の命令に反していた指導者と民の罪を、エズラは聞いた時、主の前にへりくだり祈りました。②なぜならこんな状態であっても、主は民を導き、あわれみによって見守っておられたからです。・・主にあわれみは大きなものです。私たちは罪を犯さずに生きることが出来ませんが、主はすぐに裁きを下すことなく、見守っておられるのです。罪を示されたら、悔い改めましょう。そして悔い改めの実を結べるよう、主に助けを求めましょう。YCCFuji

コメント
私たちは、幸せを求め、自分の願いを求めて行動する時に、
周りに人(特に身近な人)に我慢をさせてしまうことがあります。

このことを避けようと思っても、私たちは避けることが出来ません。
許してもらって、協力してもらって生きる事しか、私たちは出来ないのです。

身近に自分を受け入れてくれる存在が、いるならば、なんと幸いなことでしょう。
創造主という方は、その様な方なのです。

私たちを造ってくださったから、当然と言えば当然なのですが、私たちを受け入れ、
愛してくださっているのです。

私たちは、自分が理想とする生き方を求めることは難しい場面が多くあります。
しかし、創造主は『私たちの考えよりも広い心で(Ⅰヨハネ3:20-22)』
私たちを見てくださっているのです。
この方の考えを受け入れるならば、
私たちは、もっとゆったりとした人生を歩むことができるのです。

5月15日エズラ記7-10章『あわれみの神』_d0155777_11155025.jpg

そして赦して頂けるから、私たちは変わる事ができるのです。
(赦していただくと、自分を防御する必要がなくなります。)

そして、主に助けを求め、より素晴らしく成長する生き方に、変えられていくのです。
(親である創造主は、そのままを受け入れてくださっていますが、私たちの成長も期待されているお方なのです)

# by happiness-eachday | 2010-05-15 11:19 | 2010年5月 | Trackback

5月14日エズラ記4-6章『励ましの必要』

懸賞 2010年 05月 14日 懸賞

5月14日エズラ記4-6章『励ましの必要』_d0155777_8391127.jpg
『励ましの必要』
【6:13 このように、ダリヨス王が書き送ったので、川向こうの総督タテナイと、シェタル・ボズナイと、その同僚たちとは、これをまちがいなく行なった。6:14 ユダヤ人の長老たちは、預言者ハガイとイドの子ゼカリヤの預言によって、これを建てて成功した。彼らはイスラエルの神の命令により、また、クロスと、ダリヨスと、ペルシヤの王アルタシャスタの命令によって、これを建て終えた。6:15 こうして、この宮はダリヨス王の治世の第六年、アダルの月の三日に完成した。6:16 そこで、イスラエル人、すなわち、祭司、レビ人、その他、捕囚から帰って来た人々は、この神の宮の奉献式を喜んで祝った。】

①主は、時代を超えて素晴らしい計画を成就されますが、しかし計画に邪魔が入ることも事実です。②バビロン捕囚から解放の後、クロス王による神殿再建の命令も、敵の妨害によって中止されてしまいました(4:24)。③しかしここで主は、預言者を通じて人々を励まし、計画が進むようにされたのです。そして同時に主は、政治的にも神殿再建の許可を再度、当時のダリオス王を通じて与えられ、神殿再建は完成したのです。・・・主は私たちを励ましてくださり、助けてくださるお方です。この主の助けを頂いて私たちは計画を完成することができるのです。YCCFuji

コメント
私たちには、一人ひとり、生きていく上での使命が与えられています。
(その使命を職業として人を、天職についたと言います)
しかし、使命に進む前に、大きなチャレンジがあることは、多くの人生の先輩方が経験しているところです。

あなたが、「これは大切だ・・・」という仕事をしようとする時、
今までにないような恐れを感じたり、家族にトラブルがあったり、病気になってしまったり・・
そんなことはありませんでしたか?

自分の悪い種まきの刈り取りならば、素直に反省し謝罪をし、再出発をすべきですが、
思い当たることがなく、
上手くいくはずなのに、邪魔が入るかのようなことはありませんでしたか?

こんな時、祝福を与えようとされている創造主は、あなたに分かる形で励ましを与えてくださるのです。
周りの人からかもしれませんし、状況からかもしれません。思わぬ援助かもしれません。

創造主は、私たちを励まし、主の素晴らしい計画を進めようとされているのです。
この励ましを聞き受け取るならば、あなたは人生の中での使命を果たすことができるのです。

あなたの使命は何ですか?
それを創造主から教えられる人(気がつかされる人)は幸いです。

そしてあなたに覚えて欲しいことは、
「創造主の励ましは、悪い力よりも強い」のです。
あなたは、この創造主の力を、体験できるのです。

# by happiness-eachday | 2010-05-14 08:39 | 2010年5月 | Trackback