人気ブログランキング |

10月28日ミカ6-7章 ヨハネ3:1-21

懸賞 2019年 10月 28日 懸賞

『ミカの祈り』
【ミカ7:14 どうか、あなたの杖で、あなたの民、あなたご自身のものである羊を飼ってください。・・・
7:18あなたのような神が、ほかにあるでしょうか。あなたは、咎を赦し、ご自分のものである残りの者のために、そむきの罪を見過ごされ、怒りをいつまでも持ち続けず、いつくしみを喜ばれるからです。7:19 もう一度、私たちをあわれみ、私たちの咎を踏みつけて、すべての罪を海の深みに投げ入れてください。7:20 昔、私たちの先祖に誓われたように、真実をヤコブに、いつくしみをアブラハムに与えてください。】


『天の父の願い』
【ヨハネ3:14 モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければなりません。3:15 それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」3:16 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。3:17 神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。】①天の神様は、私たちにイエス様という方を与えて下さいました。それは私たちへの大きな愛です。天の父は、私たちがイエス様を信じ、罪赦され、永遠の命を受けることを願っておられます。私たちが滅びることを願っておられないのです。


# by Happiness-eachday | 2019-10-28 05:18 | 2019年 | Trackback

10月27日ミカ4-5章 ヨハネ2章

懸賞 2019年 10月 27日 懸賞

『メシア誕生の預言』
【ミカ5:2 ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、あなたのうちから、わたしのために、イスラエルの支配者になる者が出る。その出ることは、昔から、永遠の昔からの定めである。】①預言者ミカは、キリストが生まれる約700年前に、イエス様の誕生を預言しました。主の計画は主の主権によって進められます。私たち人類は、その素晴らしい計画をすでに体験しているのです。


『イエス様の神性のしるし』
【ヨハネ2:10 言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、人々が十分飲んだころになると、悪いのを出すものだが、あなたは良いぶどう酒をよくも今まで取っておきました。」2:11 イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行い、ご自分の栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。】①イエス様は、カナの婚礼で最初の奇跡をされました。このしるしはイエス様の神性と権威を現しています。しるしを通じてイエス様がどのようなお方かを知り、信じることが、しるしの目的なのです。


# by Happiness-eachday | 2019-10-27 05:52 | 2019年 | Trackback

10月26日ミカ1-3章 ヨハネ1:19-51

懸賞 2019年 10月 26日 懸賞

『罪を裁き、民を赦されるお方』
【ミカ2:1 ああ。悪巧みを計り、寝床の上で悪を行う者。朝の光とともに、彼らはこれを実行する。自分たちの手に力があるからだ。2:2 彼らは畑を欲しがって、これをかすめ、家々をも取り上げる。彼らは人とその持ち家を、人とその相続地をゆすり取る。2:3 それゆえ、【主】はこう仰せられる。「見よ。わたしは、こういうやからに、わざわいを下そうと考えている。あなたがたは首をもたげることも、いばって歩くこともできなくなる。それはわざわいの時だからだ。」・・・
2:12 ヤコブよ。わたしはあなたをことごとく必ず集める。わたしはイスラエルの残りの者を必ず集める。わたしは彼らを、おりの中の羊のように、牧場の中の群れのように一つに集める。こうして人々のざわめきが起ころう。】①ミカは、神を怒らせた罪をさらけだし、神の裁きの確かさを警告しました。しかし12節を見ると、捕囚の期間の後、少数の残された者たちがいることを告げたのです。主はいつまでも怒ってはおられません。主は、罪を赦し癒されるのです。



『私たちの本質を見ておられるイエス様』
【ヨハネ1:42 彼はシモンをイエスのもとに連れて来た。イエスはシモンに目を留めて言われた。「あなたはヨハネの子シモンです。あなたをケパ(訳すとペテロ)と呼ぶことにします。」】①イエス様はシモンに出会った時、彼を「ケパ(岩)」と呼ばれました。シモンペテロは、当初「岩」のような安定した人物ではありませんでした。感情的であり、極端に走ってしまう弱さを持っていたのです。しかし聖霊を受けた後、彼は変えらました。・・・イエス様は私たちの「本質」を見ておられます。それは時に、過去の姿ではなく、将来の姿を見て、語られることがあるのです。


# by Happiness-eachday | 2019-10-26 05:37 | 2019年 | Trackback

10月25日イザヤ64-66章 ヨハネ1:1-18

懸賞 2019年 10月 25日 懸賞

『天国と地獄』
【イザヤ66:22 「わたしの造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くように、──【主】の御告げ──あなたがたの子孫と、あなたがたの名もいつまでも続く。66:23 毎月の新月の祭りに、毎週の安息日に、すべての人が、わたしの前に礼拝に来る」と【主】は仰せられる。66:24 「彼らは出て行って、わたしにそむいた者たちのしかばねを見る。そのうじは死なず、その火も消えず、それはすべての人に、忌みきらわれる。」】①イザヤ書の最後には、歴史の終わり、再臨の後、地上でのキリストの千年の支配と最後の裁き(黙示録2211-15)に続いて、新しい天と地を創造されることが書かれています。けれども神に反逆してみ言葉を拒んだ人々は永遠の苦しみを受けることも書かれているのです。死後の世界はあります。私たちはそれを知っているので、キリストを宣べ伝え、主に喜ばれるように生きることを勧めるのです。



『神の子どもとされる特権』
【ヨハネ1:11 この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった。1:12 しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。1:13 この人々は、血によってではなく、肉の欲求や人の意欲によってでもなく、ただ、神によって生まれたのである。1:14 ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。】①私たちは、イエス様を信じることによって、「神の子」となることができました。これは非常に奇跡的なことなのです。天国に行った時には、私たちはその本当の価値が分かります。しかし地上にあっても、聖霊の力を受けて、キラキラとした人生を歩むことができるのです。この世にはいろいろな価値や生きるための支えがあります。しかし「神の子」としての価値はそれのどれよりも勝っているのです。


# by Happiness-eachday | 2019-10-25 05:25 | 2019年 | Trackback

10月24日イザヤ61-63章 2テモテ4章

懸賞 2019年 10月 24日 懸賞

『イエス様の使命』
【イザヤ61:1 神である主の霊が、わたしの上にある。【主】はわたしに油をそそぎ、貧しい者に良い知らせを伝え、心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。捕らわれ人には解放を、囚人には釈放を告げ、61:2 【主】の恵みの年と、われわれの神の復讐の日を告げ、すべての悲しむ者を慰め、61:3 シオンの悲しむ者たちに、灰の代わりに頭の飾りを、悲しみの代わりに喜びの油を、憂いの心の代わりに賛美の外套を着けさせるためである。彼らは、義の樫の木、栄光を現す【主】の植木と呼ばれよう。】①イエス様は働きを始められた時、この聖句を引用してご自分に当てはめられました。この個所は、イエス様の使命を現したものなのです。



『天国での評価』
【Ⅱテモテ4:6 私は今や注ぎの供え物となります。私が世を去る時はすでに来ました。4:7 私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。4:8 今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。】①Ⅱテモテはパウロの殉教前の最後の手紙です。パウロは死を覚悟して、自分の状況を受け入れていたのです。そしてパウロは、自分は道を走りきり「義の栄冠」が天国で準備されている、と理解していました。私たちが「使命」を果たす時、天国での評価が確実にあるのです。


# by Happiness-eachday | 2019-10-24 05:43 | 2019年 | Trackback

10月23日イザヤ59-60章 2テモテ3章

懸賞 2019年 10月 23日 懸賞

『とりなし祈る者を願われる主』
【イザヤ59:14 こうして公正は退けられ、正義は遠く離れて立っている。真理は広場でつまずき、正直は中に入ることもできない。59:15 そこでは真理は失われ、悪から離れる者も、そのとりこになる。【主】はこれを見て、公義のないのに心を痛められた。59:16 主は人のいないのを見、とりなす者のいないのに驚かれた。そこで、ご自分の御腕で救いをもたらし、ご自分の義を、ご自分のささえとされた。】①主は、地上で人々のために、罪からの救いのために「とりなし祈る者」を願っておられます。しかし祈る者がいなくても、「ご自分の民」を救うために「イエスキリスト」を救い主として与えられたのです。そしてキリストは今も「私たちのために」とりなし祈って下さっているのです。(へブル725)・・・イエス様に個人的に祈って頂いている私たちは、とりなし祈る者となりましょう。他の人のために祈るクリスチャンは、ますます力強くなれるのです。(エペソ618


『避けなければならないこと』
【Ⅱテモテ3:1 終わりの日には困難な時代がやって来ることをよく承知しておきなさい。3:2 そのときに人々は、自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、不遜な者、神をけがす者、両親に従わない者、感謝することを知らない者、汚れた者になり、3:3 情け知らずの者、和解しない者、そしる者、節制のない者、粗暴な者、善を好まない者になり、3:4 裏切る者、向こう見ずな者、慢心する者、神よりも快楽を愛する者になり、3:5 見えるところは敬虔であっても、その実を否定する者になるからです。こういう人々を避けなさい。】


# by Happiness-eachday | 2019-10-23 05:15 | 2019年 | Trackback

10月22日イザヤ57-58章 2テモテ2章

懸賞 2019年 10月 22日 懸賞

『自分勝手に歩む者の癒し』
【イザヤ 57:15 いと高くあがめられ、永遠の住まいに住み、その名を聖ととなえられる方が、こう仰せられる。「わたしは、高く聖なる所に住み、心砕かれて、へりくだった人とともに住む。へりくだった人の霊を生かし、砕かれた人の心を生かすためである。57:16 わたしはいつまでも争わず、いつも怒ってはいない。わたしから出る霊と、わたしが造ったたましいが衰え果てるから。
57:18 わたしは彼の道を見たが、彼をいやそう。わたしは彼を導き、彼と、その悲しむ者たちとに、慰めを報いよう。57:19 わたしはくちびるの実を創造した者。平安あれ。遠くの者にも近くの者にも平安あれ。わたしは彼をいやそう」と【主】は仰せられる。】


『イエス様によって強くなる』
【Ⅱテモテ 2:1 そこで、わが子よ。キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。
2:2 多くの証人の前で私から聞いたことを、他の人にも教える力のある忠実な人たちにゆだねなさい。
2:3 キリスト・イエスのりっぱな兵士として、私と苦しみをともにしてください。】


# by Happiness-eachday | 2019-10-22 05:55 | 2019年 | Trackback