人気ブログランキング |

4月27日Ⅰサムエル29-31章 マルコ15:21-47

懸賞 2021年 04月 27日 懸賞

『主から与えられる新しい力』
【Ⅰサムエル30:8 ダビデは【主】に伺って言った。「あの略奪隊を追うべきでしょうか。追いつけるでしょうか。」するとお答えになった。「追え。必ず追いつくことができる。必ず救い出すことができる。」30:9 そこでダビデは六百人の部下とともに出て行き、ベソル川まで来た。残された者は、そこにとどまった。】①ダビデは、主の助けによって、絶体絶命の危機を乗り越えることができました。しかし家族の待つツィケラグに戻ると、敵によってすべてが略奪された後でした。仲間たちは混乱しましたが、ダビデは主に祈りました。すると主は「必ず救い出すことができる」と言われました。そして事実、家族と奪われたものを、取り返すことができたのです。人間は、疲れの限界を超えると否定的になります。しかし主に祈る者は、「新しい知恵と力」を頂くことができるのです。(イザヤ40:31)


『イエス様の受けられた仕打ち』
【マルコ15:16 兵士たちはイエスを、邸宅、すなわち総督官邸の中に連れて行き、全部隊を呼び集めた。15:17 そしてイエスに紫の衣を着せ、いばらの冠を編んでかぶらせ、15:18 それから、「ユダヤ人の王さま。ばんざい」と叫んであいさつをし始めた。15:19 また、葦の棒でイエスの頭をたたいたり、つばきをかけたり、ひざまずいて拝んだりしていた。15:20 彼らはイエスを嘲弄したあげく、その紫の衣を脱がせて、もとの着物をイエスに着せた。それから、イエスを十字架につけるために連れ出した。】①イエス様は、祭司長たちの扇動によって「十字架刑」に処されました。そして兵士たちは、イエス様を殴り馬鹿にしました。本来このような仕打ちは、王の王であり、主である方に対して、「あってはならないこと」です。しかしイエス様は、この信じられない行為を、受け止め、忍ばれたのです。イエス様は、このような犠牲をあえて受けるほど、「私たちことを愛して」おられたのです。

# by Happiness-eachday | 2021-04-27 05:50 | 2021年 | Trackback

4月26日Ⅰサムエル26-28章 マルコ14:53-72

懸賞 2021年 04月 26日 懸賞

『主の正しい裁きに委ねる』
【Ⅰサムエル26:8 アビシャイはダビデに言った。「神はきょう、あなたの敵をあなたの手に渡されました。どうぞ私に、あの槍で彼を一気に地に刺し殺させてください。二度することはいりません。」26:9 しかしダビデはアビシャイに言った。「殺してはならない。【主】に油そそがれた方に手を下して、だれが無罪でおられよう。」26:10 ダビデは言った。「【主】は生きておられる。【主】は、必ず彼を打たれる。彼はその生涯の終わりに死ぬか、戦いに下ったときに滅ぼされるかだ。26:11 私が、【主】に油そそがれた方に手を下すなど、【主】の前に絶対にできないことだ。さあ、今は、あの枕もとにある槍と水差しとを取って行くことにしよう。」】①ダビデは、何度もサウル王から殺されそうになりました。しかし、彼は自分で裁きを行おうとは思いませんでした。彼は主を信頼し、「主の正しい裁き」に自分の人生をゆだねていたのです。この姿勢が信仰者には大切なのです。


『ペテロの醜態とイエス様の心』
【マルコ14:70 しかし、ペテロは再び打ち消した。しばらくすると、そばに立っていたその人たちが、またペテロに言った。「確かに、あなたはあの仲間だ。ガリラヤ人なのだから。」14:71 しかし、彼はのろいをかけて誓い始め、「私は、あなたがたの話しているその人を知りません」と言った。14:72 するとすぐに、鶏が、二度目に鳴いた。そこでペテロは、「鶏が二度鳴く前に、あなたは、わたしを知らないと三度言います」というイエスのおことばを思い出した。それに思い当たったとき、彼は泣き出した。】①ペテロは、イエス様が裁判を受け、ひどい扱いを受けている時、議会の庭で「おまえはイエスの仲間だ」と言われました。ペテロは混乱し、自分を守るため「私は知らない」と三度も言ってしまったのです。それはペテロが「絶対にしない」と否定した言葉でした。人は仕方がないというかもしれませんが、ペテロ自身は「自分自身を赦せない」ほどの行為だったのです。イエス様は、そんなペテロを赦されたお方です。イエス様の愛を知りましょう。イエス様の「大きな愛」を知って初めて、「自分の弱さ」を「正直に認めること」ができるようになるのです。

# by Happiness-eachday | 2021-04-26 05:48 | 2021年 | Trackback

4月25日Ⅰサムエル23-25章 マルコ14:27-52

懸賞 2021年 04月 25日 懸賞

『ダビデの生き方』
【Ⅰサムエル24:4 ダビデの部下はダビデに言った。「今こそ、【主】があなたに、『見よ。わたしはあなたの敵をあなたの手に渡す。彼をあなたのよいと思うようにせよ』と言われた、その時です。」そこでダビデは立ち上がり、サウルの上着のすそを、こっそり切り取った。24:5 こうして後、ダビデは、サウルの上着のすそを切り取ったことについて心を痛めた。24:6 彼は部下に言った。「私が、主に逆らって、【主】に油そそがれた方、私の主君に対して、そのようなことをして、手を下すなど、【主】の前に絶対にできないことだ。彼は【主】に油そそがれた方だから。」】①ダビデは、自分がサウル王から殺されそうであっても、サウル王に手をかけることはしませんでした。そのことが「主が悲しまれること」だと知っていたからです。ダビデは自分が損をしても、自分の身が危うくなっても、「主が喜ぶことを選び」、「悲しむことを避けて」生きたのです。このような生き方を理想論として退けることもできます。しかしそのように生きた人には、確かに祝福されるのです。


『本当の自分の姿』
【マルコ14:30 イエスは彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたは、きょう、今夜、鶏が二度鳴く前に、わたしを知らないと三度言います。」14:31 ペテロは力を込めて言い張った。「たとい、ごいっしょに死ななければならないとしても、私は、あなたを知らないなどとは決して申しません。」みなの者もそう言った。】①ペテロをはじめ、弟子たちはすべて、自分たちは「イエス様を裏切らない」と信じていました。しかし実際に殺される恐怖を感じた時、皆バラバラに逃げてしまったのです。人間は、「自分の本当の心」を知らずに生きていることがあります。しかしそれを知った者は、「自分が罪人」であり、「どうしようもない存在」であると気が付くのです。その時初めて、私たちは正直になり、自分を捨て、自分の十字架を負ってイエス様についていくことができるのです。

# by Happiness-eachday | 2021-04-25 05:18 | 2021年 | Trackback

4月24日Ⅰサムエル20-22章 マルコ14:1-26

懸賞 2021年 04月 24日 懸賞

『ヨナタンの友情』
【Ⅰサムエル20:6 もし、父上が私のことをとがめられたら、おっしゃってください。『ダビデは自分の町ベツレヘムへ急いで行きたいと、しきりに頼みました。あそこで彼の氏族全体のために、年ごとのいけにえをささげることになっているからです』と。20:7 もし、父上が『よし』とおっしゃれば、このしもべは安全です。もし、激しくお怒りになれば、私に害を加える決心をしておられると思ってください。」
20:9 ヨナタンは言った。「絶対にそんなことはありません。父があなたに害を加える決心をしていることが確かにわかったら、あなたに知らせないでおくはずはありません。」
20:17 ヨナタンは、もう一度ダビデに誓った。ヨナタンは自分を愛するほどに、ダビデを愛していたからである。】①ヨナタンは、サウル王の息子でしたが、ダビデを信頼し、大切にしていました。そして自分の立場が悪くなったとしても、ダビデが助かるように、努めたのです。ヨナタンの友情は、友情の模範です。このような愛は、素晴らしいものです。


『イエス様の愛』
【マルコ14:21 確かに、人の子は、自分について書いてあるとおりに、去って行きます。しかし、人の子を裏切るような人間はわざわいです。そういう人は生まれなかったほうがよかったのです。」14:22 それから、みなが食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福して後、これを裂き、彼らに与えて言われた。「取りなさい。これはわたしのからだです。」14:23 また、杯を取り、感謝をささげて後、彼らに与えられた。彼らはみなその杯から飲んだ。14:24 イエスは彼らに言われた。「これはわたしの契約の血です。多くの人のために流されるものです。」】①イエス様は、最後の晩餐で、すべての弟子にパンとブドウ酒を与えました。このことは、イエス様がすべての人類のために、ご自分の身を犠牲にされたことを現しています。そしてこの中には、ユダがいたことは、驚くべきことなのです。イエス様は、ユダをも愛しておられたのです。イエス様の愛はそのような愛なのです。しかし「そういう人は生まれなかったほうがよかった」とイエス様に言わせてしまった、ユダの選択は絶対にしてはいけないことなのです。

# by Happiness-eachday | 2021-04-24 01:45 | 2021年 | Trackback

4月23日Ⅰサムエル18-19章 マルコ13章

懸賞 2021年 04月 23日 懸賞

『試練と同時に脱出の道』
【Ⅰサムエル19:1 サウルは、ダビデを殺すことを、息子ヨナタンや家来の全部に告げた。しかし、サウルの子ヨナタンはダビデを非常に愛していた。19:2 それでヨナタンはダビデに告げて言った。「私の父サウルは、あなたを殺そうとしています。それで、あしたの朝は、注意して、隠れ場にとどまり、身を隠していてください。19:3 私はあなたのいる野原に出て行って、父のそばに立ち、あなたのことについて父に話しましょう。何かわかったら、あなたに知らせましょう。」】①ダビデは、サウル王の嫉妬によって殺されそうになりました。しかしサウル王の息子、ヨナタンが彼を助け、援助したのです。神様は、私たちの試練の中で、脱出の道を備えておられます。それを体験できるのが、クリスチャンの恵みなのです。私たちの神様は、生きておられます。私たちのことを考え、私たちを助けようとされている神様なのです。

『再臨のしるし』
【マルコ13:28 いちじくの木から、たとえを学びなさい。枝が柔らかになって、葉が出て来ると、夏の近いことがわかります。13:29 そのように、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。13:30 まことに、あなたがたに告げます。これらのことが全部起こってしまうまでは、この時代は過ぎ去りません。13:31 この天地は滅びます。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。】①イエス様は、イエス様がもう一度やってくる「再臨の時」のことを話されました。再臨前には、様々な「しるし」が起こると言われました。私たちは、目を覚まして、これらの時の「しるし」を見る必要があります。そのために、祈り、備えるのです。

# by Happiness-eachday | 2021-04-23 05:46 | 2021年 | Trackback