3月15日士師記10-12章『考えて、言葉を出す』

懸賞 2011年 03月 15日 懸賞

『考えて、言葉を出す』
【11:35 エフタは彼女を見るや、自分の着物を引き裂いて言った。「ああ、娘よ。あなたはほんとうに、私を打ちのめしてしまった。あなたは私を苦しめる者となった。私は【主】に向かって口を開いたのだから、もう取り消すことはできないのだ。」・・・】

①エフタは愚かな誓いをし、主はその軽率な誓いに対して最も厳しい報いをされました。
・・・私たちは語る言葉に気をつけなければなりません。
一度出された言葉は、戻ってはこないからです。
今日はこのことを教えられるのです。

イエス様はマタイで【5:34 しかし、わたしはあなたがたに言います。決して誓ってはいけません。・・・12:36 わたしはあなたがたに、こう言いましょう。人はその口にするあらゆるむだなことばについて、さばきの日には言い開きをしなければなりません。】
と言われています。

口をコントロールできる人が御霊の人でもあるのです。
感情に任せて言葉を出さないようにしましょう。
私たちの出す言葉が「徳を高める」ものとなるように、主に助けを求めましょう。

主は「あなたの口」を導き、
あなたの言葉で栄光を現して下さるお方なのです。
YCCFuji
d0155777_824209.jpg

[PR]

# by happiness-eachday | 2011-03-15 08:25 | 2011年3月 | Trackback

3月14日士師記7-9章『確認をさせ、信仰で前進させる主』

懸賞 2011年 03月 14日 懸賞

『確認をさせ、信仰で前進させる主』
【7:8 ギデオンはイスラエル人をみな、それぞれ自分の天幕に送り返し、三百人の者だけを引き止めた。ミデヤン人の陣営は、彼から見て下の谷にあった。7:9 その夜、【主】はギデオンに仰せられた。「立って、あの陣営に攻め下れ。それをあなたの手に渡したから。7:10 しかし、もし下って行くことを恐れるなら、あなたに仕える若い者プラといっしょに陣営に下って行き、7:11 彼らが何と言っているかを聞け。そのあとで、あなたは、勇気を出して、陣営に攻め下らなければならない。」・・・】

①主は敵であるミデアン人13万5千人に対して、
わずか300人で戦うように導かれました(7章)。

②そして、主はギデオンに
「もし恐れるならば、主からの【しるしを確認】するように」導かれ、
彼らは【しるしを確認】し、信仰を持って大勝利を得たのです。

・・・主は大きな敵と戦わせる時に、事前に情報収集をし、
【しるしを確認】して戦いに出るように導かれたのです。

主からの【しるし】を共有できるならば、
チームで、結束力を持って戦いに出ることができるからです。

・・・私はこの個所は、震災の励ましにも受け取ることができると思います。
主は巨大な難問に対しても、助けを与えて下さいます。
そして私たちが綿密な情報収集をすることによって、
(思い込みやバラバラの信仰ではなく)、
チームで結束して戦いに出るように導かれている、と思わされるのです。

今日私は東海教区の教区委員会に行き、地震の対策を話し合います、
また教団の対策本部(東京駒込)でも同日、教団レベルの対策の話し合いを持ちます。

今までマスメディアやfacebook等で様々な情報が伝わっている情報を集約し、
最善の援助の働きをしようと努めているのです。

ぜひ覚えてお祈り下さい。
そして何か前進できることがあるならばぜひ協力をお願いしたいのです。

少ない人数でも主の助けがあるならば、
有益な働きができると信じるからです。
お祈りを宜しくお願いします。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2011-03-14 00:00 | 2011年3月 | Trackback

3月13日士師記4-6章『主は小さなものを用いられる』

懸賞 2011年 03月 13日 懸賞

『主は小さなものを用いられる』
【6:11 さて【主】の使いが来て、アビエゼル人ヨアシュに属するオフラにある樫の木の下にすわった。このとき、ヨアシュの子ギデオンはミデヤン人からのがれて、酒ぶねの中で小麦を打っていた。6:12 【主】の使いが彼に現れて言った。「勇士よ。【主】があなたといっしょにおられる。」6:13 ギデオンはその御使いに言った。「ああ、主よ。もし【主】が私たちといっしょにおられるなら、なぜこれらのことがみな、私たちに起こったのでしょうか。私たちの先祖たちが、『【主】は私たちをエジプトから上らせたではないか』と言って、私たちに話したあの驚くべきみわざはみな、どこにありますか。今、【主】は私たちを捨てて、ミデヤン人の手に渡されました。」6:14 すると、【主】は彼に向かって仰せられた。「あなたのその力で行き、イスラエルをミデヤン人の手から救え。わたしがあなたを遣わすのではないか。」6:15 ギデオンは言った。「ああ、主よ。私にどのようにしてイスラエルを救うことができましょう。ご存じのように、私の分団はマナセのうちで最も弱く、私は父の家で一番若いのです。」6:16 【主】はギデオンに仰せられた。「わたしはあなたといっしょにいる。・・・」】

①主は、女性を用いられたり(4章)、6章では、若いギデオンを用いられました。
②主が共におられるならば、(自分の力が弱いと感じていても)
「主の大きな働き」のお手伝いができることが分かります。

・・・昨日は外国の様々な方々から地震に関しての心配の連絡を頂きました。
そして「祈っています」と仰って下さいました。

現在の東北の被災状況をテレビやネットで見る時に、あまりの被害に呆然とし、
そのようにしたらよいか困惑するばかりです。

しかし世界中のつながりのある方の祈りが積み上げられています。
そして協力体制が整いつつあります。
(教団や教区の情報収集と調整が始まっています)

私たちは主の助けを頂く時に、弱さを感じても、
主の準備された良い働きをすることができるのです。

祈りを捧げ続けましょう。
そして協力して「主に導かれた最善のこと」をしていきましょう。
主は小さな「私たち」を用いられる神なのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2011-03-13 00:16 | 2011年3月 | Trackback

3月12日士師記1-3章『祈りの手をあげましょう』

懸賞 2011年 03月 12日 懸賞

『祈りの手をあげましょう』
【3:9 イスラエル人が【主】に叫び求めたとき、【主】はイスラエル人のために、彼らを救うひとりの救助者、カレブの弟ケナズの子オテニエルを起こされた。・・・・】

①未曾有の地震が東北で起こりました。
私たちの属するアッセンブリー教団では、救援隊を送る検討をしているそうです。
死者は1000人(現在は1800人)を越えると情報があります。
その地に住んでおられる方が、ご家族や知り合いでおられる方は大変な心配でしょうし、
現在被災に遭われている方々は、非常な苦しみなのかにおられることと思います。
私たちクリスチャンは「祈りの手」をあげる時です。

②苦しみの中で、祈り叫ぶ時、主は助けを与えて下さることが、聖書に数多く書かれています。
今回も主は数々のそのような奇跡と助けをして下さることを信じます。

③まずは、現在の状況を正しく知り、落ち着いて行動できるための助けがあるように、と祈りましょう。
④そしてもし現地に今後、被害が起こる状況があるならば(余震・津波など)、前もって対処できることがあれば、対処できる助けがあるように祈りましょう。

⑤現在混乱と不安の中におられる方が多くおられます。
気が張っている時は対処できても、大きなダメージを受けているならば数日した後に、
深い絶望感を感じる時があるはずです。

その方々に支えがあるようにと祈りたいのです。
そして一つ一つやるべきことをする知恵と力が与えられることを祈りたいのです。

・・・人間の理解を越えたことが起きた時、私たちは助けが必要です。
主に祈るならば、主は上から祈りを聞かれ、最善の手を打って下さると信じるのです。

そして私たちも祈って導かれたことをしていきましょう。
主はあなたを用いて下さるかもしれないからです。
YCCFuji
d0155777_23205734.jpg

[PR]

# by happiness-eachday | 2011-03-12 23:21 | 2011年3月 | Trackback

3月11日ヨシュア記22-24章『主を愛し、率先して主に仕える』

懸賞 2011年 03月 11日 懸賞

『主を愛し、率先して主に仕える』
【22:5 「ただ【主】のしもべモーセが、あなたがたに命じた命令と律法をよく守り行い、あなたがたの神、【主】を愛し、そのすべての道に歩み、その命令を守って、主にすがり、心を尽くし、精神を尽くして、主に仕えなさい。」・・・
24:14 今、あなたがたは【主】を恐れ、誠実と真実をもって主に仕えなさい。あなたがたの先祖たちが川の向こう、およびエジプトで仕えた神々を除き去り、【主】に仕えなさい。・・
24:21 それで民はヨシュアに言った。「・・私たちは【主】に仕えます。」・・・24:24 民はヨシュアに言った。「私たちは私たちの神、【主】に仕え、主の御声に聞き従います。」】

①ヨシュアは自分の人生の最後に、最も大切なこととして「主に仕えること」を語りました。
これはモーセが最後にしたのと同じです。

②そして24章でヨシュアは民に、【主】が自分たちに、歴史の中でして下さった祝福を語り、
そのような「恵み深い【主】にこそ、仕えるべきである」と勧めました。

③すると民は率先して「私たちは主に仕えます」と証言したのでした。

・・・【創造主】への応答は、強いられて行うものではありません。
それは創造主への感謝からわき起こるものなのです。

(あなたの身体で自分が作ったものはあるでしょうか。
空気や水や太陽の暖かさはどうでしょうか?)

【主】が与えて下さったものが何であるかを知る時に、
私たちは自然に感謝をする人になるのです。

d0155777_9575290.jpg
・・・また主を愛する人は、主の願いに応える人になります。
(そして主の願いは、あなたの幸せであり、子孫の幸せです。)
・・・ですから創造主の恵みを知り、主の願いに生きることは、
人生での最も大切なことなのです。

・・・ヨシュアが主の恵みを知り「私と私の家とは主に仕える(15節)」と告白したように、
私たちも聖書から主の恵みを確認し、主の願う『祝福の人生』を歩もうではありませんか。

主を愛し仕えることは、祝福への最短距離なのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2011-03-11 09:58 | 2011年3月 | Trackback

3月10日ヨシュア記19-21章『主の仕事と私たちのすべきこと』

懸賞 2011年 03月 10日 懸賞

『主の仕事と私たちのすべきこと』
【21:43 こうして【主】は、イスラエルの先祖たちに与えると誓った地をすべて、イスラエルに与えられたので、彼らはそれを占領して、そこに住んだ。21:44 【主】は、彼らの先祖たちに誓ったように、周囲の者から守って、彼らに安住を許された。すべての敵の中で、ひとりも彼らの前に立ちはだかる者はいなかった。【主】はすべての敵を彼らの手に渡された。21:45 【主】がイスラエルの家に約束されたすべての良いことは、一つもたがわず、みな実現した。】

①主はヨシュアを通じて、約束の地カナンで土地を分割されました。
そしてカナンの地をイスラエル全体で管理するように定められたのです。
これは仲間と争うことではなく、協力して行うことでした。

②主の側からは、分割は完了しました(43節)。
そして後は各自が信仰によって責任を果たしていく中で
(足の裏で踏み領地を確保することによって)、
神の約束が実現へと至るのです。

③それぞれの境界線が定められたのは、
各部族が自分たちの責任を果たしていくということでもありました。

・・・チームの競技をする時、自分のすべき仕事をする期待が、周りから持たれます。
しかしお互い助け合う精神が必要です。
人間は失敗がありますから、ミスをしたならば(お互い様として)
フォローしあうことが大切なのです。

d0155777_1061576.jpg
・・・毎日の生活で、神様が与えて下さる恵みが、あなたにもあります。
もしその恵みを受け取るために『すべきこと』が分かったならば、
少しずつでも始めていきましょう。

主の計画の実現は、
主の仕事と、あなたの『すべきこと』の共同作業でなされるのです。

・・・主はあなたが『すべきこと』を助けて下さいます。
主に祈り助けを求めるならば、
安住が与えられ敵が去っていく(44節)と約束されているからです。

・・・私たちがすべきこと(領域)を知りましょう。
そして仲間と助け合って(争いではなく)、お互いの責任を果たし合いましょう。

主の祝福は、「主が与え」、「人が受け取る」ものなのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2011-03-10 10:06 | 2011年3月 | Trackback

3月9日ヨシュア記16-18章『境界線の中を適切に管理する』

懸賞 2011年 03月 09日 懸賞

『境界線の中を適切に管理する』
【16:4 こうして、ヨセフ族、マナセとエフライムは、彼らの相続地を受けた。・・
16:10 彼らはゲゼルに住むカナン人を追い払わなかったので、カナン人はエフライムの中に住んでいた。今日もそうである。カナン人は苦役に服する奴隷となった。・・
17:14 ヨセフ族はヨシュアに告げて言った。「【主】が今まで私を祝福されたので、私は数の多い民になりました。あなたはなぜ、私にただ一つのくじによる相続地、ただ一つの割り当て地しか分けてくださらなかったのですか。」17:15 ヨシュアは彼らに言った。「もしもあなたが数の多い民であるなら、ペリジ人やレファイム人の地の森に上って行って、そこを自分で切り開くがよい。エフライムの山地は、あなたには狭すぎるのだから。」・・】

①ヨセフ族はカナンに地で、土地を得ました。
ヨセフ族は2つの部族からなり、それぞれ広大な土地を与えられましたが、
彼らはその土地に不足を感じたのです。

②彼らの境界線は定められていました。
ヨセフ族は、その広大な境界線の『内側を正しく管理すること』が、使命だったのです。

③しかしながら、ヨセフ族はそれができなかったにも関わらず、
(エフライム出身の縁故者である)指導者ヨシュアに願い、他の土地を求めました。

④ヨシュアは、ヨセフ族の土地(エフライムの山地)を管理し、
余力があれば自分の力で他を切り開くようにと諭したのです。
ヨシュアは縁故者であっても時別扱いをしませんでした。

・・・境界線が定められるということは大切なことです。
それは自分の責任の範囲が明確になることだからです。
そして内側を正しく管理し、外側は自分の能力に合わせて進出するということでもあります。
またそれは「棚ぼた式」で与えられるものではなく、自分自身の管理能力によるのです。

d0155777_13564431.jpg
・・・あなたの境界線はどこまでですか。
まずそれを明確にするならば、すべきことが見えてきます。

そしてコツコツと『境界線の内側を正しく管理すること』が
最優先なのです。

そうすれば、すべてのことが平等に上手くいくのです。
YCCFuji
[PR]

# by happiness-eachday | 2011-03-09 09:57 | 2011年3月 | Trackback