人気ブログランキング | 話題のタグを見る

11月26日エゼキエル1-2章 ヨハネ18:28-19:16

懸賞 2021年 11月 26日 懸賞

『エゼキエルの使命』
【エゼキエル2:3 その方は私に仰せられた。「人の子よ。わたしはあなたをイスラエルの民、すなわち、わたしにそむいた反逆の国民に遣わす。彼らも、その先祖たちも、わたしにそむいた。今日もそうである。2:4 彼らはあつかましくて、かたくなである。わたしはあなたを彼らに遣わす。あなたは彼らに『神である主はこう仰せられる』と言え。2:5 彼らは反逆の家だから、彼らが聞いても、聞かなくても、彼らは、彼らのうちに預言者がいることを知らなければならない。」】①神様がエゼキエルに与えた使命は
「反逆の民に語り続けよ」でした。私たちは「否定されても」「批判されても」、神様の命令によって語り続けなければならない時があるのです。人の目を過剰に意識しないようにしましょう。人の評価よりも、神様の評価の方が、永遠の評価なのですから。

『人のプレッシャーに流された罪』
【ヨハネ18:38 ピラトはイエスに言った。「真理とは何ですか。」彼はこう言ってから、またユダヤ人たちのところに出て行って、彼らに言った。「私は、あの人には罪を認めません。18:39 しかし、過越の祭りに、私があなたがたのためにひとりの者を釈放するのがならわしになっています。それで、あなたがたのために、ユダヤ人の王を釈放することにしましょうか。」18:40 すると彼らはみな、また大声をあげて、「この人ではない。バラバだ」と言った。このバラバは強盗であった。】①総督ピラトは、イエス様に罪がないと判断したにもかかわらず、指導者たちの要求に流されて、バラバを解放し、イエス様を十字架刑に処しました。私たちにも、残念ながらそのような心があるのです。強いものに流されて、自分を守るために、正しいことを否定するのです。そのみじめさに気がついた時、私たちは自分の非を認め、悔い改めに至るのです。

# by Happiness-eachday | 2021-11-26 05:49 | 2021年 | Trackback

11月25日哀歌3-5章 ヨハネ18:1-27

懸賞 2021年 11月 25日 懸賞

『主の憐みの深さ』
【哀歌3:22 私たちが滅びうせなかったのは、【主】の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。
3:27 人が、若い時に、くびきを負うのは良い。3:28 それを負わされたなら、ひとり黙ってすわっているがよい。3:29 口をちりにつけよ。もしや希望があるかもしれない。3:30 自分を打つ者に頬を与え、十分そしりを受けよ。3:31 主は、いつまでも見放してはおられない。3:32 たとい悩みを受けても、主は、その豊かな恵みによって、あわれんでくださる。3:33 主は人の子らを、ただ苦しめ悩まそうとは、思っておられない。】①主の罪に対する裁きは確実にありますが、それは短い時間です。主の憐みは、罪の問題の中にあっても変わらないのです。主の憐みにすがりましょう。主はあなたを、見捨てることなく、助け出して下さるお方なのです。


『失敗では終わらない』
【ヨハネ18:25 一方、シモン・ペテロは立って、暖まっていた。すると、人々は彼に言った。「あなたもあの人の弟子ではないでしょうね。」ペテロは否定して、「そんな者ではない」と言った。18:26 大祭司のしもべのひとりで、ペテロに耳を切り落とされた人の親類に当たる者が言った。「私が見なかったとでもいうのですか。あなたは園であの人といっしょにいました。」18:27 それで、ペテロはもう一度否定した。するとすぐ鶏が鳴いた。】①イエス様が、ペテロに「あなたはわたしのことを三度知らないという」と言われた通り、ペテロは主を否定してしまいました。しかし、ペテロは失敗で終わった訳ではないのです。その後イエス様の愛と憐れみの故に、ペテロは回復しました。イエス様は、私たちの罪や失敗を乗り越えさせて下さいます。失敗しても、イエス様を信頼し、最後までついていきましょう。そうすれば、すべてが良い方向に向かうのです。

# by Happiness-eachday | 2021-11-25 05:15 | 2021年 | Trackback

11月24日哀歌1-2章 ヨハネ17章

懸賞 2021年 11月 24日 懸賞

『偽りの預言者』
【哀歌2:14 あなたの預言者たちは、あなたのために、むなしい、ごまかしばかりを預言して、あなたの繁栄を元どおりにするために、あなたの咎をあばこうともせず、あなたのために、むなしい、人を惑わすことばを預言した。】①偽りの預言者は、人々の罪を明らかにせず、あいまいな態度を取り続けるのです。そのような態度で健全な信仰は導けません。聖霊の働きと共に、時に悪に対する人間側の毅然とした態度が必要なのです。


『聖めの道を歩むクリスチャン』
【ヨハネ17:17 真理によって彼らを聖め別ってください。あなたのみことばは真理です。17:18 あなたがわたしを世に遣わされたように、わたしも彼らを世に遣わしました。17:19 わたしは、彼らのため、わたし自身を聖め別ちます。彼ら自身も真理によって聖め別たれるためです。】①イエス様は十字架にかかられる前に、弟子たちが「聖い民」となるように祈られたのです。そして十字架の上で苦しまれました。それは私たちクリスチャンが「真理によって聖められる」ためだったのです。

# by Happiness-eachday | 2021-11-24 05:22 | 2021年 | Trackback

11月23日エレミヤ52章 ヨハネ16:17-33

懸賞 2021年 11月 23日 懸賞

『主の裁きの厳しさ』
【エレミヤ52:5 こうして町はゼデキヤ王の第十一年まで包囲されていたが、52:6 第四の月の九日、町の中では、ききんがひどくなり、民衆に食物がなくなった。52:7 そのとき、町が破られ、戦士たちはみな逃げて、夜のうちに、王の園のほとりにある二重の城壁の間の門の道から町を出た。カルデヤ人が町を包囲していたので、彼らはアラバへの道を行った。52:8 カルデヤの軍勢が王のあとを追い、エリコの草原でゼデキヤに追いついたとき、王の軍隊はみな王から離れて散ってしまった。52:9 そこでカルデヤ人は王を捕らえ、ハマテの地のリブラにいるバビロンの王のところへ彼を連れ上った。バビロンの王は彼に宣告を下した。・・・】①主の預言の通り、エルサレムは滅びました。ゼデキヤ王は、最後は誰も助ける者なく、捕まり、大変な目に遭いました。主の裁きは、起こるのです。それは遅れるように思えても、確実に起きるのです。ですから、主に罪を示されたならば、主に促される通り、できるだけ早めに悔い改めて、主の憐みにすがるのです。それが唯一の「助かる道」なのです。


『イエス様の言葉』
【ヨハネ16:33 わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。】

# by Happiness-eachday | 2021-11-23 05:08 | 2021年 | Trackback

11月22日エレミヤ50-51章 ヨハネ15:18-16:16

懸賞 2021年 11月 22日 懸賞

『高ぶりを正しく判断し、裁かれる方』
【エレミヤ51:9 私たちは、バビロンをいやそうとしたのに、それはいやされなかった。私たちはこれを見捨てて、おのおの自分の国へ帰ろう。バビロンへの罰は、天に達し、大空まで上ったからだ。51:10 【主】は、私たちの正義の主張を明らかにされた。来たれ。私たちはシオンで、私たちの神、【主】のみわざを語ろう。51:11 矢をとぎ、丸い小盾を取れ。【主】はメディヤ人の王たちの霊を奮い立たせられた。主の御思いは、バビロンを滅ぼすこと。それは【主】の復讐、その宮のための復讐である。】①バビロンは、南ユダの裁きのために用いられましたが、その高ぶりによって、メディアとペルシャに滅ぼされました(BC539年)。主は高ぶる者を見逃されません。一時期栄えたとしても、主は正しく判断されるのです。


『御霊に満たされる時』
【ヨハネ16:13 しかし、その方、すなわち真理の御霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導き入れます。御霊は自分から語るのではなく、聞くままを話し、また、やがて起ころうとしていることをあなたがたに示すからです。16:14 御霊はわたしの栄光を現します。わたしのものを受けて、あなたがたに知らせるからです。】①イエス様は、信じる者に御霊は「真理を教え」、「キリストの栄光を現す」と言われました。私たちが「御霊に満たされる時」(霊だけでなく、心や考え方においても)、主が言われた通りのことが起きるのです。

# by Happiness-eachday | 2021-11-22 00:13 | 2021年 | Trackback