人気ブログランキング |

11月11日エレミヤ23-25章 ヨハネ9章

懸賞 2019年 11月 11日 懸賞

『悪から立ち返ることを待っておられる主』
【エレミヤ25:4 また、【主】はあなたがたに、主のしもべである預言者たちを早くからたびたび送ったのに、あなたがたは聞かず、聞こうと耳を傾けることもなかった。25:5 主は仰せられた。「さあ、おのおの、悪の道から、あなたがたの悪い行いから立ち返り、【主】があなたがたと先祖たちに与えた土地で、いつまでも、とこしえに住め。」】①主は私たちにへりくだりと悔い改めを求めておられます。私たちが自分を守り続けるならば、反発してしまいます。しかし神様の御言葉を考え、正直に自分たちの課題を見つめるならば、祈るべき「悔い改め」が見えてくるのです。

『愚かさを明らかにされるイエス様』
【ヨハネ9:40 パリサイ人の中でイエスとともにいた人々が、このことを聞いて、イエスに言った。「私たちも盲目なのですか。」9:41 イエスは彼らに言われた。「もしあなたがたが盲目であったなら、あなたがたに罪はなかったでしょう。しかし、あなたがたは今、『私たちは目が見える』と言っています。あなたがたの罪は残るのです。」】①イエス様は、パリサイ人の課題を明確に語りました。パリサイ人だけでなく、私たちも、自分が正しいと思いがちです。しかしイエス様に祈る中で(交わる中で)、私たちは「自分の愚かさ」に気がつかされるのです。そこから罪の赦しが起こり、癒しや成長が始まるのです。


# by Happiness-eachday | 2019-11-11 05:35 | 2019年 | Trackback

11月10日エレミヤ19-22章 ヨハネ8:48-59

懸賞 2019年 11月 10日 懸賞

『主の言葉の力』
【エレミヤ20:9 私は、「主のことばを宣べ伝えまい。もう主の名で語るまい」と思いましたが、主のみことばは私の心のうちで、骨の中に閉じ込められて燃えさかる火のようになり、私はうちにしまっておくのに疲れて耐えられません。・・・
20:11 しかし、【主】は私とともにあって、横暴な勇士のようです。ですから、私を追う者たちは、つまずいて、勝つことはできません。彼らは成功しないので、大いに恥をかき、それが忘れられない永久の恥となりましょう。】①エレミヤは、主の言葉を語り、恥と嘲笑を受けることとなりました。そのため、もう主の言葉を語るまいと、と思いましたが、主の言葉の力強さのために、それができず、語り続けたのです。主の言葉には力があります。人はそれを止めることはできないのです。


『イエス様は神の子であり、世界の初めからおられるお方』
【ヨハネ8:57 そこで、ユダヤ人たちはイエスに向かって言った。「あなたはまだ五十歳になっていないのにアブラハムを見たのですか。」8:58 イエスは彼らに言われた。「まことに、まことに、あなたがたに告げます。アブラハムが生まれる前から、わたしはいるのです。」


# by Happiness-eachday | 2019-11-10 05:03 | 2019年 | Trackback

11月9日エレミヤ17-18章 ヨハネ8:31-47

懸賞 2019年 11月 09日 懸賞

『陶器師である主』
【エレミヤ18:6 「イスラエルの家よ。この陶器師のように、わたしがあなたがたにすることができないだろうか。──【主】の御告げ──見よ。粘土が陶器師の手の中にあるように、イスラエルの家よ、あなたがたも、わたしの手の中にある。
18:10 もし、それがわたしの声に聞き従わず、わたしの目の前に悪を行うなら、わたしは、それに与えると言ったしあわせを思い直す。18:11 さあ、今、ユダの人とエルサレムの住民に言え。『【主】はこう仰せられる。見よ。わたしはあなたがたに対してわざわいを考え、あなたがたを攻める計画を立てている。さあ、おのおの悪の道から立ち返り、あなたがたの行いとわざとを改めよ。』】①陶器師である主は、私たちに幸せを与えようと計画しておられる神です。しかし主の願いに反し続けるならば、祝福が無くなることがあると言われるのです。・・・主に立ち返りましょう。主の祝福は聞き従う者に、与えられるのです。


『イエス様にとどまる者の恵み』
【ヨハネ8:31 そこでイエスは、その信じたユダヤ人たちに言われた。「もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。8:32 そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」】


# by Happiness-eachday | 2019-11-09 05:55 | 2019年 | Trackback

11月8日エレミヤ15-16章 ヨハネ8:12-30

懸賞 2019年 11月 08日 懸賞

『主に用いられる者』
【エレミヤ15:18 なぜ、私の痛みはいつまでも続き、私の打ち傷は直らず、いえようともしないのでしょう。あなたは、私にとって、欺く者、当てにならない小川のようになられるのですか。15:19 それゆえ、【主】はこう仰せられた。「もし、あなたが帰って来るなら、わたしはあなたを帰らせ、わたしの前に立たせよう。もし、あなたが、卑しいことではなく、尊いことを言うなら、あなたはわたしの口のようになる。彼らがあなたのところに帰ることがあっても、あなたは彼らのところに帰ってはならない。」】①主は苦しみの中にいたエレミヤの言葉を受け止め、その上で「口で尊いことを言うように」と言われました。私たちは泣きごとを言いたくなるような状況を通ることがありますが、主の願われる言葉を語るのです。不信仰の人の側に立ってはいけません。

『イエス様は世の光』
【ヨハネ8:12 イエスはまた彼らに語って言われた。「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」】


# by Happiness-eachday | 2019-11-08 05:20 | 2019年 | Trackback

11月7日エレミヤ13-14章 ヨハネ7:25-8:11

懸賞 2019年 11月 07日 懸賞

『主の憐みにすがる』
【エレミヤ14:21 御名のために、私たちを退けないでください。あなたの栄光の御座をはずかしめないでください。あなたが私たちに立てられた契約を覚えて、それを破らないでください。14:22 異国のむなしい神々の中で、大雨を降らせる者がいるでしょうか。それとも、天が夕立を降らせるでしょうか。私たちの神、【主】よ。それは、あなたではありませんか。私たちはあなたを待ち望みます。あなたがこれらすべてをなさるからです。】①エレミヤは、神の民が裁きを受けることを知り、神の前で涙を流し、懇願をしました。彼は、民の代表として、主に訴え、主の憐みにすがったのです。主は憐れみ深いお方です。そしてへりくだった者の祈りを聞いて下さるお方です。裁きのような状況下でも、主にすがりましょう。主はその祈りを聞かれ、最善を進めて下さるお方なのです。

『イエス様の赦し』
【ヨハネ8:7 けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、イエスは身を起こして言われた。「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」8:8 そしてイエスは、もう一度身をかがめて、地面に書かれた。8:9 彼らはそれを聞くと、年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行き、イエスがひとり残された。女はそのままそこにいた。8:10 イエスは身を起こして、その女に言われた。「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。あなたを罪に定める者はなかったのですか。」8:11 彼女は言った。「だれもいません。」そこで、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。」】①人々は、この女性の罪を指摘し、責め立てましたが、イエス様は、責めませんでした。そして「今からは罪を犯してはいけない」と言われたのです。イエス様は、私たちの「的外れ(罪)」を赦してくださるお方です。その赦しを受け取る時、私たちは「自由」になり、「解放」されるのです。


# by Happiness-eachday | 2019-11-07 05:17 | 2019年 | Trackback

11月6日エレミヤ11-12章 ヨハネ7:1-24

懸賞 2019年 11月 06日 懸賞

『悪者が栄えることへの訴え』
【エレミヤ12:1 【主】よ。私があなたと論じても、あなたのほうが正しいのです。それでも、さばきについて、一つのことを私はあなたにお聞きしたいのです。なぜ、悪者の道は栄え、裏切りを働く者が、みな安らかなのですか。12:2 あなたは彼らを植え、彼らは根を張り、伸びて、実を結びました。あなたは、彼らの口には近いのですが、彼らの思いからは遠く離れておられます。】①エレミヤは、主が正しい方であることを知っていましたが、現実の世界に悪があることを見る時、なぜこのような不平等が起きるのか、と主に問うたのです。地上で見える範囲では、不平等に見える現実があります。しかしそれでも主はすべてを支配しておられ、主の計画が進められるのです。

『無理解に対するイエス様の対応』
【ヨハネ7:3 そこで、イエスの兄弟たちはイエスに向かって言った。「あなたの弟子たちもあなたがしているわざを見ることができるように、ここを去ってユダヤに行きなさい。7:4 自分から公の場に出たいと思いながら、隠れた所で事を行う者はありません。あなたがこれらの事を行うのなら、自分を世に現しなさい。」7:5 兄弟たちもイエスを信じていなかったのである。】①イエス様の兄弟たちは、イエス様の十字架前には、イエス様を理解していませんでした。しかしイエス様はそのことを知りながらも、落ち込むことなく、神の計画を進められたのです。イエス様の「芯」は、どんな時でもぶれませんでした。私たちは、そのような主を見習うことができるのです。


# by Happiness-eachday | 2019-11-06 05:35 | 2019年 | Trackback

11月5日エレミヤ9-10章 ヨハネ6:60-71

懸賞 2019年 11月 05日 懸賞

『主が声を出すと』
【エレミヤ10:12 主は、御力をもって地を造り、知恵をもって世界を堅く建て、英知をもって天を張られた。10:13主が声を出すと、水のざわめきが天に起こる。主は地の果てから雲を上らせ、雨のためにいなずまを造り、その倉から風を出される。10:14 すべての人間は愚かで無知だ。すべての金細工人は、偶像のために恥を見る。】①主は全能者です。この地を造り、私たちを造られました。私たちの願ったタイミングでは動かれないことが多いですが、主が働き始めると「不思議なこと」が起きるのです。それは人々にはっきりと分かるものです。創造主以外のものに頼ることは、力になりません。創造主に寄り頼み、助けを求めることが、最善の方法なのです。

『イエス様の語られた霊的真理』
【ヨハネ6:60 そこで、弟子たちのうちの多くの者が、これを聞いて言った。「これはひどいことばだ。そんなことをだれが聞いておられようか。」6:61 しかし、イエスは、弟子たちがこうつぶやいているのを、知っておられ、彼らに言われた。「このことであなたがたはつまずくのか。6:62 それでは、もし人の子がもといた所に上るのを見たら、どうなるのか。6:63 いのちを与えるのは御霊です。肉は何の益ももたらしません。わたしがあなたがたに話したことばは、霊であり、またいのちです。6:64 しかし、あなたがたのうちには信じない者がいます。」──イエスは初めから、信じない者がだれであるか、裏切る者がだれであるかを、知っておられたのである──】①イエス様のみ言葉は、言葉だけをとらえたならば、理解しにくいことがあります。イエス様が伝えたいことは、その言葉の背後にある「霊的な意味」なのです。この霊的意味は「御霊に助けられ」なければ、理解できません。そのためには謙遜になって、御霊に求めることが大切なのです。へりくだり、低くなる者が、霊的真理を教えて頂けるのです。


# by Happiness-eachday | 2019-11-05 05:59 | 2019年 | Trackback