人気ブログランキング |

4月8日士師記5-6章 マルコ 5:1-20

懸賞 2020年 04月 08日 懸賞

『確信のため、しるしを求める』
【士師記6:36 ギデオンは神に申し上げた。「もしあなたが仰せられたように、私の手でイスラエルを救おうとされるなら、6:37 今、私は打ち場に刈り取った一頭分の羊の毛を置きます。もしその羊の毛の上にだけ露が降りていて、土全体がかわいていたら、あなたがおことばのとおりに私の手でイスラエルを救われることが、私にわかります。」6:38 すると、そのようになった。ギデオンが翌日、朝早く、その羊の毛を押しつけて、その羊の毛から露を絞ると、鉢いっぱいになるほど水が出た。】①ギデオンは、主から「あなたがミデアンから民を救う」と言われたことの確信を持つために、主のしるしを求めました。すると主は二度までも、ギデオンにしるしを与えたのです。主の御声を正確に聞くために、ギデオンが求めたお願いを、主は良いこととして受け止め、答えて下さったのです。


『身近な家族に証をする』
【マルコ5:18 それでイエスが舟に乗ろうとされると、悪霊につかれていた人が、お供をしたいとイエスに願った。5:19しかし、お許しにならないで、彼にこう言われた。「あなたの家、あなたの家族のところに帰り、主があなたに、どんなに大きなことをしてくださったか、どんなにあわれんでくださったかを、知らせなさい。」5:20 そこで、彼は立ち去り、イエスが自分にどんなに大きなことをしてくださったかを、デカポリスの地方で言い広め始めた。人々はみな驚いた。】①イエス様は、御自分の権威で、悪霊につかれた男性を解放しました。その男性がイエス様についていきたいと願うと、あなたはまず「家族に証をするように」と言われたのです。イエス様は、外でイエス様と共にいるよりも、まず身近な家族に証をするようにと、語られたのです。


# by Happiness-eachday | 2020-04-08 05:37 | 2020年 | Trackback

4月7日士師記3-4章 マルコ4:21-41

懸賞 2020年 04月 07日 懸賞

『憐れみ深い神様』
【士師記3:7 こうして、イスラエル人は、【主】の目の前に悪を行い、彼らの神、【主】を忘れて、バアルやアシェラに仕えた。3:8 それで、【主】の怒りがイスラエルに向かって燃え上がり、主は彼らをアラム・ナハライムの王クシャン・リシュアタイムの手に売り渡された。こうして、イスラエル人は、八年の間、クシャン・リシュアタイムに仕えた。3:9 イスラエル人が【主】に叫び求めたとき、【主】はイスラエル人のために、彼らを救うひとりの救助者、カレブの弟ケナズの子オテニエルを起こされた。】①私たちの主は、憐れみ深い神です。民が何度主に反逆しても、主に助けを求めると、主は助けを与えられたのです。②現在は、聖霊が働かれる時代です。聖霊が働かれると、「イエス様のことがよく分かる」ようになります。ですからこの旧約時代のような、信仰と不信仰を交互に繰り返してはいけないのです。聖霊を通じて、イエス様の愛と願いを知りましょう。あなたは生涯にわたり「信仰の成長」をしていくことができるのです。


『弟子たちの信仰を育てるイエス様』
【マルコ4:35 さて、その日のこと、夕方になって、イエスは弟子たちに、「さあ、向こう岸へ渡ろう」と言われた。4:36 そこで弟子たちは、群衆をあとに残し、舟に乗っておられるままで、イエスをお連れした。他の舟もイエスについて行った。4:37 すると、激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水でいっぱいになった。4:38 ところがイエスだけは、とものほうで、枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして言った。「先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか。」4:39 イエスは起き上がって、風をしかりつけ、湖に「黙れ、静まれ」と言われた。すると風はやみ、大なぎになった。4:40 イエスは彼らに言われた。「どうしてそんなにこわがるのです。信仰がないのは、どうしたことです。」】①イエス様についていったとしても、問題が起きることはあります。不信仰だから問題が起きるわけではないのです。しかし問題の中で、問題を直視しすぎて、イエス様の力と権威を忘れてしまう時に、不信仰になってしまうのです。失敗した時は、イエス様に「助けを求め」ましょう。そうすれば、イエス様は助けて下さり、私たちの信仰を育てて下さるのです。


# by Happiness-eachday | 2020-04-07 05:46 | 2020年 | Trackback

4月6日士師記1-2章 マルコ4:1-20

懸賞 2020年 04月 06日 懸賞

『信仰の継承の大切さ』
【士2:7 民は、ヨシュアの生きている間、また、ヨシュアのあとまで生き残って【主】がイスラエルに行われたすべての大きなわざを見た長老たちの生きている間、【主】に仕えた。2:8 【主】のしもべ、ヌンの子ヨシュアは百十歳で死んだ。2:9 人々は彼を、エフライムの山地、ガアシュ山の北にある彼の相続の地境ティムナテ・ヘレスに葬った。2:10 その同世代の者もみな、その先祖のもとに集められたが、彼らのあとに、【主】を知らず、また、主がイスラエルのためにされたわざも知らないほかの世代が起こった。2:11 それで、イスラエル人は【主】の目の前に悪を行い、バアルに仕えた。】①指導者ヨシュアと共に、神の奇跡と恵みを体験した人々は、信仰に立って生活していました。しかしその恵みを知らない時代となると、彼らは主から離れてしまったのです。モーセの信仰をヨシュアが受け継いだように、信仰は継承されなければなりません。「先代」が「信仰を継承する努力」も大切ですが、「次の世代」が「先代の信仰を学ぼう」という意欲も大切なのです。


『種まきのたとえの意味』
【マルコ 4:14 種蒔く人は、みことばを蒔くのです。4:15 みことばが道ばたに蒔かれるとは、こういう人たちのことです──みことばを聞くと、すぐサタンが来て、彼らに蒔かれたみことばを持ち去ってしまうのです。4:16 同じように、岩地に蒔かれるとは、こういう人たちのことです──みことばを聞くと、すぐに喜んで受けるが、4:17 根を張らないで、ただしばらく続くだけです。それで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます。4:18 もう一つの、いばらの中に種を蒔かれるとは、こういう人たちのことです──みことばを聞いてはいるが、4:19 世の心づかいや、富の惑わし、その他いろいろな欲望が入り込んで、みことばをふさぐので、実を結びません。4:20 良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。」


# by Happiness-eachday | 2020-04-06 05:29 | 2020年 | Trackback

4月5日ヨシュア23-24章 マルコ3:13-35

懸賞 2020年 04月 05日 懸賞

『主は、真実なお方』
【ヨシュア23:14 見よ。きょう、私は世のすべての人の行く道を行こうとしている。あなたがたは、心を尽くし、精神を尽くして知らなければならない。あなたがたの神、【主】が、あなたがたについて約束したすべての良いことが一つもたがわなかったことを。それは、一つもたがわず、みな、あなたがたのために実現した。23:15 あなたがたの神、【主】があなたがたについて約束したすべての良いことが、あなたがたに実現したように、【主】はまた、すべての悪いことをあなたがたにもたらし、ついには、あなたがたの神、【主】が、あなたがたに与えたこの良い地から、あなたがたを根絶やしにする。】①ヨシュアは、自分の人生を振り返った時、主が約束されたすべての良いことは実現したと悟りました。主は真実なお方です。信じ良い種を蒔く者には、主の豊かな祝福を与えて下さるお方です。主を信じましょう。あなたの人生においても、主は同じことをして下さるのです。


『信仰の家族』
【マルコ3:31 さて、イエスの母と兄弟たちが来て、外に立っていて、人をやり、イエスを呼ばせた。
3:32大ぜいの人がイエスを囲んですわっていたが、「ご覧なさい。あなたのお母さんと兄弟たちが、外であなたをたずねています」と言った。3:33 すると、イエスは彼らに答えて言われた。「わたしの母とはだれのことですか。また、兄弟たちとはだれのことですか。」3:34 そして、自分の回りにすわっている人たちを見回して言われた。「ご覧なさい。わたしの母、わたしの兄弟たちです。3:35 神のみこころを行う人はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。」】①イエス様は、神様の働きをする者が「自分の家族」だと語られました。イエス様は、私たちにも「同じように」見ておられるのです。私たちが、イエス様の願いに生きるならば、私たちにも「あなたはわたしの家族である」と言って下さるのです。


# by Happiness-eachday | 2020-04-05 05:01 | 2020年 | Trackback

4月4日ヨシュア20-22章 マルコ2:23-3:12

懸賞 2020年 04月 04日 懸賞

『神様の計画の大義を、考える』
【ヨシュア22:1 そのとき、ヨシュアはルベン人、ガド人、およびマナセの半部族を呼び寄せて、22:2 彼らに言った。「あなたがたは、【主】のしもべモーセがあなたがたに命じたことを、ことごとく守り、また私があなたがたに命じたすべてのことについても、私の声に聞き従った。22:3 今日まで、この長い間、あなたがたの同胞を捨てず、あなたがたの神、【主】の戒め、命令を守ってきた。22:4 今すでに、あなたがたの神、【主】は、あなたがたの同胞に約束したように、彼らに安住を許された。今、【主】のしもべモーセがあなたがたに与えたヨルダン川の向こう側の所有地、あなたがたの天幕に引き返して行きなさい。
22:6 ヨシュアは彼らを祝福して去らせたので、彼らは自分たちの天幕に行った。】①ルベン人、ガド人、マナセの半部族は、ヨルダン川の向こう側(東側)の土地を分担されていました。しかし民の士気を保つために、ヨルダン川のこちら側(西側)において、最前線で戦い続けたのです。そしてこの22章で、ヨシュアの許可を受けて、自分たちの土地(東側)に帰って行ったのです。ヨシュアたちの戦いは、団体戦(チームワーク)でした。ですから民は、自分の願いを犠牲にしても、全体の目的を第一にしたのです。私たちはどうでしょうか。神様の大切な願いがある時に、自分ことだけを優先していないでしょうか。自分のことを大事にすることは当然なのですが、しかし時と状況によっては、「神様の大義」を考えることも、大切なのです。

『自分のルールで人を批判することの、戒め』
【マルコ2:27 また言われた。「安息日は人間のために設けられたのです。人間が安息日のために造られたのではありません。2:28 人の子は安息日にも主です。」
3:1 イエスはまた会堂に入られた。そこに片手のなえた人がいた。3:2 彼らは、イエスが安息日にその人を直すかどうか、じっと見ていた。イエスを訴えるためであった。3:3 イエスは手のなえたその人に「立って真ん中に出なさい」と言われた。3:4 それから彼らに、「安息日にしてよいのは、善を行うことなのか、それとも悪を行うことなのか。いのちを救うことなのか、それとも殺すことなのか」と言われた。彼らは黙っていた。3:5 イエスは怒って彼らを見回し、その心のかたくななのを嘆きながら、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。彼は手を伸ばした。するとその手が元どおりになった。】①パリサイ派の人々が、イエス様が安息日にしてはならないことをしているということで、批判をしました。人間は、自分が正しいと思うことを主張し、人を批判し、自分を優位にしようという狡さがあります。しかしイエス様は、安息日の本質を語られたのです。「イエス様がルール」です。私たちは「しもべにすぎず」「イエス様の願いの下」に立つべき立場なのです。


# by Happiness-eachday | 2020-04-04 05:18 | 2020年 | Trackback

4月3日ヨシュア16-19章 マルコ2:1-22

懸賞 2020年 04月 03日 懸賞

『すべきことを、まずしていく』
【ヨシュア17:14 ヨセフ族はヨシュアに告げて言った。「【主】が今まで私を祝福されたので、私は数の多い民になりました。あなたはなぜ、私にただ一つのくじによる相続地、ただ一つの割り当て地しか分けてくださらなかったのですか。」17:15 ヨシュアは彼らに言った。「もしもあなたが数の多い民であるなら、ペリジ人やレファイム人の地の森に上って行って、そこを自分で切り開くがよい。エフライムの山地は、あなたには狭すぎるのだから。」】①ヨセフ族は、自分たちは数が多いのに、どうして一つの割り当て地しか与えられないのかと、文句を言いました。しかしヨシュアの答えは、「あなた方が多くて強いのならば、山地を切り開くべきである」というものでした。すべきことをして、願ったならば、かなえられたかもしれませんが、すべきことをしていない者には「すべきことをまず、すべきである」と言われたのです。「与えられた責任」の範囲を見極めましょう。外を見る前に、まず内側を固める(責任を果たす)ことが大切なのです。


『罪を自覚した者の恵み』
【マルコ2:16 パリサイ派の律法学者たちは、イエスが罪人や取税人たちといっしょに食事をしておられるのを見て、イエスの弟子たちにこう言った。「なぜ、あの人は取税人や罪人たちといっしょに食事をするのですか。」2:17 イエスはこれを聞いて、彼らにこう言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」】①独善的で自分が正しいと思い込んでいる人は、自分に神様が必要であると思いません。イエス様は、自分の罪を自覚し、救いを求める者のために、自分は来たと言われたのです。私たちが、自分の罪や弱さを考え、悩み苦しむとするならば、イエス様は「その人の近く」におられて、憐みと赦しを与えて下さるのです。


# by Happiness-eachday | 2020-04-03 05:16 | 2020年 | Trackback

4月2日ヨシュア13-15章 マルコ1:21-45

懸賞 2020年 04月 02日 懸賞

『信仰によって祝福を受ける』
【ヨシュア記14:12 どうか今、【主】があの日に約束されたこの山地を私に与えてください。あの日、あなたが聞いたように、そこにはアナク人がおり、城壁のある大きな町々があったのです。【主】が私とともにいてくだされば、【主】が約束されたように、私は彼らを追い払うことができましょう。」14:13 それでヨシュアは、エフネの子カレブを祝福し、彼にヘブロンを相続地として与えた。14:14 それで、ヘブロンは、ケナズ人エフネの子カレブの相続地となった。今日もそうである。それは、彼がイスラエルの神、【主】に従い通したからである。】①カレブは、85歳になっても、45年前、カナン偵察時に、モーセの前で信仰の応答をした時と同じように、信仰と気力を持っていました。そして主にあって「敵を追い払うことができる」と確信していたのです。その信仰によって「ヘブロンの地」はカレブとその子孫のものとなったのです。祝福は、準備されていますが、それを受け取るのは「信仰による」のです。あなたも「信仰によって」受け取りましょう。与えられたものを受け取るには「信仰」が必要なのです。


『祈りの交わりの力』
【マルコ1:35 さて、イエスは、朝早くまだ暗いうちに起きて、寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。1:36 シモンとその仲間は、イエスを追って来て、1:37 彼を見つけ、「みんながあなたを捜しております」と言った。1:38 イエスは彼らに言われた。「さあ、近くの別の村里へ行こう。そこにも福音を知らせよう。わたしは、そのために出て来たのだから。」】①イエス様は、朝に祈っておられました。一日が始まる前に、天の父と「深い交わり」をしておられたのです。そして「別の村に行こう」と言われました。イエス様は、父なる神の交わりを通じて「愛と力を受けて」ご自分の使命を果たしていかれたのです。私たちも、一日のはじめに、天の父、そしてイエス様との交わりを深めていきましょう。


# by Happiness-eachday | 2020-04-02 05:12 | 2020年 | Trackback