人気ブログランキング |

<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

2月28日申命記22‐24章『愛の行い』

懸賞 2013年 02月 28日 懸賞

『愛の行い』

【24:19 あなたが畑で穀物の刈り入れをして、束の一つを畑に置き忘れたときは、それを取りに戻ってはならない。それは、在留異国人や、みなしご、やもめのものとしなければならない。あなたの神、【主】が、あなたのすべての手のわざを祝福してくださるためである。24:20 あなたがオリーブの実を打ち落とすときは、後になってまた枝を打ってはならない。それは、在留異国人や、みなしご、やもめのものとしなければならない。24:21 ぶどう畑のぶどうを収穫するときは、後になってまたそれを摘み取ってはならない。それは、在留異国人や、みなしご、やもめのものとしなければならない。24:22 あなたは、自分がエジプトの地で奴隷であったことを思い出しなさい。だから、私はあなたにこのことをせよと命じる。】

①主は、旧約聖書においても、「愛の行い」を命じています。
同族の牛や羊が迷っている時に、それを見ぬふりをしてはならない(22章)と言われたり、
貧しい者に物を貸す場合の規定をしたり(24:13)、
主は積極的に愛の行いをすることを願っておられるのです。

②「命令」や「義務」では愛の行いをし続けることはできません。
あなた自身が「主からの愛」を頂き、それを受け取る時に、
初めて「愛の行い」をし続けることができるのです。

今朝も心から主に祈りましょう。
そして「主からの愛」を頂きましょう。

あなたは「主に愛され」、
「人々を愛するために」、

生き、生かされているのです。

YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-28 08:40 | Trackback

2月27日申命記19‐21章『準備したものが、出かける』

懸賞 2013年 02月 27日 懸賞

『準備したものが、出かける』

【20:1 あなたが敵と戦うために出て行くとき、馬や戦車や、あなたよりも多い軍勢を見ても、彼らを恐れてはならない。あなたをエジプトの地から導き上られたあなたの神、【主】が、あなたとともにおられる。20:2 あなたがたが戦いに臨む場合は、祭司は進み出て民に告げ、20:3 彼らに言いなさい。「聞け。イスラエルよ。あなたがたは、きょう、敵と戦おうとしている。弱気になってはならない。恐れてはならない。うろたえてはならない。彼らのことでおじけてはならない。20:4 共に行って、あなたがたのために、あなたがたの敵と戦い、勝利を得させてくださるのは、あなたがたの神、【主】である。」】

①主は、戦いに出かける時、準備をしてから出かけるようにと、命じられました。
新しい家を建てて完成していなかったり、畑の収穫前だったり、婚約中で結婚していないものは、
「家に帰るように」と命じられたのです。

②戦いに出かける時、心がくじけていたり、準備のできていない者は、兵役が免除されたのです。
本当に戦いに勝とうとするならば、
すべてを終えて、十分に戦いの備えができてから、戦いに出かけるべきなのです。

・・・あなたの今日のすべきことは何でしょうか?
朝の時間に、祈って備え、準備をしましょう。
そして準備ができたものに取りかかるのです。

信仰によって、主と共に始めるならば、
主は必ずあなたと共におられ、
導きを与えて下さるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-27 08:47 | 2013年1月-3月 | Trackback

2月26日申命記16‐18章『神の願うことを語る』

懸賞 2013年 02月 26日 懸賞

『神の願うことを語る』

【18:18 わたしは彼らの同胞のうちから、彼らのためにあなたのようなひとりの預言者を起こそう。わたしは彼の口にわたしのことばを授けよう。彼は、わたしが命じることをみな、彼らに告げる。18:19 わたしの名によって彼が告げるわたしのことばに聞き従わない者があれば、わたしが彼に責任を問う。18:20 ただし、わたしが告げよと命じていないことを、不遜にもわたしの名によって告げたり、あるいは、ほかの神々の名によって告げたりする預言者があるなら、その預言者は死ななければならない。」18:21 あなたが心の中で、「私たちは、【主】が言われたのでないことばを、どうして見分けることができようか」と言うような場合は、18:22 預言者が【主】の名によって語っても、そのことが起こらず、実現しないなら、それは【主】が語られたことばではない。その預言者が不遜にもそれを語ったのである。彼を恐れてはならない。】

①主は、神の言葉を伝える、預言者を起こすと語られました。

その言葉が、神からのもの(聖書と一致し、聖霊にある平安がある)ならば、
私たちは聞かなければなりません。
しかしそれが神からのものでない、(肉の思いや違う霊からのもの)であるならば、
聞いてはいけないのです。

②私たちは「本物」に触れ続ける必要があります。
又「偽物の特徴」も知る必要があるのです。

・・・「聖書」を読み続けましょう。
これが確かな神の基準です。

そして「聖霊の働き」に敏感になりましょう。

毎日の「祈りの生活」が、あなたの「見分ける力」を増し加えるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-26 08:28 | 2013年1月-3月 | Trackback

2月25日申命記13-15章『主の宝の民』

懸賞 2013年 02月 25日 懸賞

『主の宝の民』

【14:1 あなたがたは、あなたがたの神、【主】の子どもである。死人のために自分の身に傷をつけたり、また額をそり上げたりしてはならない。14:2 あなたは、あなたの神、【主】の聖なる民である。【主】は、地の面のすべての国々の民のうちから、あなたを選んでご自分の宝の民とされた。・・・】

①主は、神を信じるものを「宝の民」と考えておられます。

ですから、私たちは、異教の神に仕えるように、
「死者の為に身を傷つけたり」するような行為に、
染まらないように気をつけなければならないのです。

②主は、私たちが「純粋に主と交わる」ことを願っておられます。
・・・主と交わる「祈りの時間」を大切にしましょう。
そして「主との間の壁となるような」ものが見つかったならば、
十字架の力で告白し、聖められ、取り除いて頂きましょう。
そして大きな愛と力を受け取りましょう。

私たちは「宝の民」ですが、
主との交わりが深まるにつれ、
益々「かがやく民」へと変えられていくのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-25 12:30 | 2013年1月-3月 | Trackback

2月24日申命記10-12章『主に従う祝福』

懸賞 2013年 02月 24日 懸賞

『主に従う祝福』

【11:13 もし、私が、きょう、あなたがたに命じる命令に、あなたがたがよく聞き従って、あなたがたの神、【主】を愛し、心を尽くし、精神を尽くして仕えるなら、11:14 「わたしは季節にしたがって、あなたがたの地に雨、先の雨と後の雨を与えよう。あなたは、あなたの穀物と新しいぶどう酒と油を集めよう。」11:18 あなたがたは、私のこのことばを心とたましいに刻みつけ、それをしるしとして手に結びつけ、記章として額の上に置きなさい。11:19 それをあなたがたの子どもたちに教えなさい。あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、それを唱えるように。11:20 これをあなたの家の門柱と門に書きしるしなさい。11:21 それは、【主】があなたがたの先祖たちに、与えると誓われた地で、あなたがたの日数と、あなたがたの子孫の日数が、天が地をおおう日数のように長くなるためである。】

①主は、主の言葉を聞き、心から実行することの祝福を何度も語っています。
主は私たちが「形だけで行い途中で止めてしまうような従い方」ではなく、
「主の心を知り、主の願いに応え続けること」を願い、
後者に祝福が与えられることを語っておられるのです。

・・・私たちは、まず、主の願いを知らなければなりません。
そしてその願いを、日常のすべてのものよりも、
優先して聞き続けるのです。

不純物を捨てましょう。
そして素直な心で、主の願いに応えるのです。

主は私たちを幸せにするために、
何度も語り続けておられるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-24 08:07 | 2013年1月-3月 | Trackback

2月23日申命記7-9章『良い地に導き入れられる神』

懸賞 2013年 02月 23日 懸賞

『良い地に導き入れられる神』

【8:2 あなたの神、【主】が、この四十年の間、荒野であなたを歩ませられた全行程を覚えていなければならない。それは、あなたを苦しめて、あなたを試み、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった。8:3 それで主は、あなたを苦しめ、飢えさせて、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナを食べさせられた。それは、人はパンだけで生きるのではない、人は【主】の口から出るすべてのもので生きる、ということを、あなたにわからせるためであった。
8:6 あなたの神、【主】の命令を守って、その道に歩み、主を恐れなさい。8:7 あなたの神、【主】が、あなたを良い地に導き入れようとしておられるからである。】

①主の言葉を毎日聞くことは、
主が何を考えらおられるのかを、聞き、それを受け止めることです。

特に荒野のような状況にある時、
主は私たちが、主を求めているのか、
それ以外のものを求めているのか、を問われるのです。

・・・「主の口からでるもので生きる」という体験をしていきましょう。
そして「生きた主」に助けを求めていきましょう。

主は、荒野であっても私たちと共におられ、
「良い地に導かれる神」なのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-23 08:35 | 2013年1月-3月 | Trackback

2月22日申命記4-6章『しあわせに生きる道』

懸賞 2013年 02月 22日 懸賞

『しあわせに生きる道』

【6:1 これは、あなたがたの神、【主】が、あなたがたに教えよと命じられた命令──おきてと定め──である。あなたがたが、渡って行って、所有しようとしている地で、行うためである。6:3 イスラエルよ。聞いて、守り行いなさい。そうすれば、あなたはしあわせになり、あなたの父祖の神、【主】があなたに告げられたように、あなたは乳と蜜の流れる国で大いにふえよう。
6:6 私がきょう、あなたに命じるこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。6:7 これをあなたの子どもたちによく教え込みなさい。あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、これを唱えなさい。】

①主は「約束の地」に入る前に、しあわせになる道を教えました。

②主はいつ近くにおられ、私たちが呼ばわると答えて下さいます(4:7)。
そして主から「御言葉」を「こころに留めるように」と命じられ、
「子供たちにおしえるように」と命じられたのです。

・・・御言葉を「生活化」することが大切です。
文字だけでなく、文字の背後の「主の思い」を受け止める必要があるのです。

主の私たちやあなたに対する「情熱」を受け取りましょう。
それを受け止めた人が、主と共に歩む、
「最もしあわせな人生」を歩むことができるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-22 08:32 | Trackback

2月21日申命記1-3章『向きを変えて出発する』

懸賞 2013年 02月 21日 懸賞

『向きを変えて出発する』

【1:6 私たちの神、【主】は、ホレブで私たちに告げて仰せられた。「あなたがたはこの山に長くとどまっていた。1:7 向きを変えて、出発せよ。そしてエモリ人の山地に行き、その近隣のすべての地、アラバ、山地、低地、ネゲブ、海辺、カナン人の地、レバノン、さらにあの大河ユーフラテス川にまで行け。1:8 見よ。わたしはその地をあなたがたの手に渡している。行け。その地を所有せよ。これは、【主】があなたがたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに誓って、彼らとその後の子孫に与えると言われた地である。」】

①イスラエルの民は、不信仰によって、約40年間も荒野に留まり続けました。
しかし時が過ぎ、主は「向きを変えて出発せよ」と語られ、
備えられた地を占領するようにと命じられたのです。

②どれ程長い時間が経っても、主の約束は変わりません。
そして私たちが、「こうなるしかない」と、思い込んでいることを、
越えたとしても、
「主の命令」を受け止める信仰が大切です。

・・・主はあなたを「どの既成概念から」外に導き出そうとされているのでしょうか?
今日も主に祈りましょう。
そして「自分の既成概念」ではなく、
「主の祝福の言葉」によって歩むのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-21 08:29 | 2013年1月-3月 | Trackback

2月20日民数記34-36章『逃れの町の規定』

懸賞 2013年 02月 20日 懸賞

『逃れの町の規定』

【35:22 もし敵意もなく人を突き、あるいは悪意なしに何か物を投げつけ、35:23 または気がつかないで、人を死なせるほどの石を人の上に落とし、それによって死なせた場合、しかもその人が自分の敵でもなく、傷つけようとしたのでもなければ、・・・
35:28 その者は、大祭司が死ぬまでは、そののがれの町に住んでいなければならないからである。大祭司の死後には、その殺人者は、自分の所有地に帰ることができる。】

①主は、誤って殺人の大罪を犯した者に対して、
「逃れの町」を備えさせ、
大祭司が死ぬまで、そこにとどまるようにと、命じました。

故意の殺人であれば、確実に裁かれますが、
不慮の事故の場合、逃れの道を主は準備されたのです。

②大祭司は、民の為に、年に一度いけにえを捧げ、罪の贖いをします。
大祭司は「イエスキリスト」の象徴であり、
大祭司の死は、「キリストの十字架の死」の象徴なのです。

・・・創造主は、罪の赦しの道を準備されたことを知りましょう。
そしてキリストによって、私たちは罪の赦しを得ているのです。

③意図しない罪でも、知らずに犯した罪でも、
罪として、裁かれます。

ですから私たちは、神の願いを知り、
誤って犯した罪も、正直に告白し、
赦しを頂く必要があるのです。

・・・キリストによって、罪を持った私たちが、
「赦され」「生きる道」を与えられていることは、
大きな恵み、感謝なのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-20 08:17 | Trackback

2月19日民数記30‐33章『悪いものをすべて追い払う』

懸賞 2013年 02月 19日 懸賞

『悪いものをすべて追い払う』

【33:50 【主】はモーセに告げて仰せられた。33:51 「イスラエル人に告げて彼らに言え。あなたがたがヨルダンを渡ってカナンの地に入るときには、33:52 その地の住民をことごとくあなたがたの前から追い払い、彼らの石像をすべて粉砕し、彼らの鋳像をすべて粉砕し、彼らの高き所をみな、こぼたなければならない。33:53 あなたがたはその地を自分の所有とし、そこに住みなさい。あなたがたが所有するように、わたしがそれを与えたからである。・・・33:55 もしその地の住民をあなたがたの前から追い払わなければ、あなたがたが残しておく者たちは、あなたがたの目のとげとなり、わき腹のいばらとなり、彼らはあなたがたの住むその土地であなたがたを悩ますようになる。」】

①主はモーセを通じて、
約束のカナンに入った時には、創造主の願わないものは全て、追い出し、
破壊するように、と命じました。

それは、神の民が安全に健康的に生活するために、不可欠だったからです。

②もし、追い出すことをしなければ、
逆に神の民が、その影響を受け、苦しむことになるのです。

・・・クリスチャン子弟は、このイスラエルの民と同じ立場です。
また異邦人(神の民ではなかった者)がクリスチャンになった時は、
当たり前だと思っていたことを捨てなければならないことがあるのです。

「これは主に喜ばれることですか」と祈り、
感情はついていかなくても、捨てるべきものは捨てなければならないのです。

・・・あなたは神の民です。
神の民は、「神の国の文化」こそを第一としていくのです。

そうする中に、あなたは益々解放され、
「自由の民」として生きることができるからです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-19 08:33 | 2013年1月-3月 | Trackback