人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

1月31日レビ記1-3章『神との和解のための、いけにえ』

懸賞 2013年 01月 31日 懸賞

『神との和解のための、いけにえ』

【3:1 もしそのささげ物が和解のいけにえの場合、牛をささげようとするなら、雄でも雌でも傷のないものを【主】の前にささげなければならない。3:2 その人はささげ物の頭に手を置く。それは会見の天幕の入口の所でほふられる。そして、祭司であるアロンの子らは祭壇の回りにその血を注ぎかけなさい。
3:5 そこで、アロンの子らは、これを祭壇の上で、火の上のたきぎの上にある全焼のいけにえに載せて、焼いて煙にしなさい。これは【主】へのなだめのかおりの火によるささげ物である。】

①レビ記は、祭司が「どのように民の為にいけにえを捧げるか」を記した書物です。
ここでは和解の為の捧げもののことが記されています。

②人間は罪を犯し、神から離れてしまっているために、
神に近づく方法として「いけにえの規定」が書かれたのです。

③新約では、既にイエス様の十字架の代価が捧げられているので、
諸々の捧げものは、必要はありません。
イエス様を信じた者は、その犠牲によって「神との和解」を得ているのです。

・・・私たちは、イエス様の犠牲によって「神の子供」の特権が与えられています。
この特権を活用しましょう。
そしてイエス様に、祈りの中で近づき、交わりを深めましょう。

イエス様からの「語りかけ(導き)」を、頂くことができれば、
私たちの人生は「安泰」なのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-31 08:30 | Trackback

1月30日出エジプト37‐40章『主が共におられる』

懸賞 2013年 01月 30日 懸賞

『主が共におられる』

【40:33 こうして、モーセはその(幕屋制作の)仕事を終えた。40:34 そのとき、雲は会見の天幕をおおい、【主】の栄光が幕屋に満ちた。40:35 モーセは会見の天幕に入ることができなかった。雲がその上にとどまり、【主】の栄光が幕屋に満ちていたからである。40:36 イスラエル人は、旅路にある間、いつも雲が幕屋から上ったときに旅立った。40:37 雲が上らないと、上る日まで、旅立たなかった。40:38 イスラエル全家の者は旅路にある間、昼は【主】の雲が幕屋の上に、夜は雲の中に火があるのを、いつも見ていたからである。】

①出エジプト記の最後の記事は、「主が共におられた」というものです。
荒野の中にあって、民の熱心さによって短期間で幕屋が造られました。

そしてその完成の時に、主の栄光が幕屋を覆ったのです。
その「神の臨在」の導きで、イスラエルの民は、荒野を進むことができたのです。

②私たちが「主の言葉」を聞き、お従いすると、
主は近づいて下さいます。
そして私たちに「行くべき道」を示して下さるのです。

それがたとえ、「荒野」のような何もない場所であっても、
主は私たちを見捨てることがないのです。

・・・「主の言葉」を聞きましょう。
そして「主の導き」を受け入れましょう。

主はあなたに「幸せを与えるために」
あなたの人生を導いておられるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-30 08:32 | 2013年1月-3月 | Trackback

1月29日出エジプト34‐36章『もう一度、チャンスを与えて下さる主』

懸賞 2013年 01月 29日 懸賞

『もう一度、チャンスを与えて下さる主』

【34:4 そこで、モーセは前のと同じような二枚の石の板を切り取り、翌朝早く、【主】が命じられたとおりに、二枚の石の板を手に持って、シナイ山に登った。34:5 【主】は雲の中にあって降りて来られ、彼とともにそこに立って、【主】の名によって宣言された。34:6 【主】は彼の前を通り過ぎるとき、宣言された。「【主】、【主】は、あわれみ深く、情け深い神、怒るのにおそく、恵みとまことに富み、
34:7 恵みを千代も保ち、咎とそむきと罪を赦す者、罰すべき者は必ず罰して報いる者。父の咎は子に、子の子に、三代に、四代に。」34:8 モーセは急いで地にひざまずき、伏し拝んで、34:9 お願いした。「ああ、主よ。もし私があなたのお心にかなっているのでしたら、どうか主が私たちの中にいて、進んでくださいますように。確かに、この民は、うなじのこわい民ですが、どうか私たちの咎と罪を赦し、私たちをご自身のものとしてくださいますように。」・・・】

①主は神の民に、モーセによって十戒を与えましたが、
その石の板は、民の罪のために、壊されてしまいました。
しかし主は「もう一度」十戒を与えると語って下さったのです(34:1)。

②主は民の失敗を赦し、もう一度、道を進むことができるように、
挽回の道を準備しておられます。

私たちが失敗をしたとしても、真にへりくだって、主に求めるならば、
主はもう一度、チャンスを与えて下さるのです。

・・・主に前に絶えず、祈り求めましょう。
そして主に呼び掛けには、応答していきましょう。

主に近づく者に、「主は近づき」「御自身を現して下さる」のです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-29 07:58 | 2013年1月-3月 | Trackback

1月28日出エジプト31‐33章『願いを聞いて下さる神』

懸賞 2013年 01月 28日 懸賞

『願いを聞いて下さる神』

【33:12 さて、モーセは【主】に申し上げた。「・・・33:13 今、もしも、私があなたのお心にかなっているのでしたら、どうか、あなたの道を教えてください。そうすれば、私はあなたを知ることができ、あなたのお心にかなうようになれるでしょう。この国民があなたの民であることをお心に留めてください。」
33:18 すると、モーセは言った。「どうか、あなたの栄光を私に見せてください。」
33:21 また【主】は仰せられた。「見よ。わたしのかたわらに一つの場所がある。あなたは岩の上に立て。33:22 わたしの栄光が通り過ぎるときには、わたしはあなたを岩の裂け目に入れ、わたしが通り過ぎるまで、この手であなたをおおっておこう。・・・」】

①主はモーセと親しく交わる恵みを与えられました。
そして御姿を見たいという、時別な願いを聞き入れ、
モーセに「御姿」を現して下さいました。

そして「主の選び」が確かなものであることをモーセに示されたのです。

②私たちも、イエス様を信じたことによって「神の子ども」として選ばれたことを、
聖書は教えています。
ですから神は、私たちに語りかけ、御姿を現して下さるのです。
(神の御臨在のしるしはいろいろな方法をとられます)

・・・主にお出会いすることを、期待しましょう。
そしてそれを信じて、真実に求めましょう。

主はあなたに「生きて働いておられること」を現し、
示したいと願っておられるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-28 05:45 | 2013年1月-3月 | Trackback

1月27日出エジプト28‐30章『大祭司の任職(罪の赦しの犠牲の大きさ)』

懸賞 2013年 01月 27日 懸賞

『大祭司の任職(罪の赦しの犠牲の大きさ)』

【29:1 あなたは、彼らを祭司としてわたしに仕えるように聖別するため、次のことを彼らにしなければならない。すなわち、若い雄牛一頭、傷のない雄羊二頭を取れ。・・・
29:35 あなたが、わたしの命じたすべてのことをそのとおりに、アロンとその子らに行ったなら、七日間、任職式を行わなければならない。29:36 毎日、贖罪のために、罪のためのいけにえとして雄牛一頭をささげなければならない。祭壇のための贖いをするときには、その上に罪のためのいけにえをささげ、これを聖別するために油をそそぐ。】

①神の前に、罪の赦しを求める大祭司の仕事をするには、
罪がきよめられ聖別されていなければなりませんでした。

そのために、特別ないけにえが捧げられ、7日間の聖別期間がもうけられたのです。
その上で、具体的な「罪の赦し」には更なるいけにえの規定がなされたのです。

②「罪の赦し」には、大きな犠牲と代価が支払われることを知らなければなりません。

・・・私たちの主イエス様は、ご自分のいのちによって代価を支払われました。
そして聖なる「永遠の大祭司」の立場にたたれたのです。

イエス様を見上げましょう。
そしてイエス様を信じる者に、雄牛やたくさんの犠牲を支払わなければならなかった「罪の赦し」が
「信仰のみ」で与えられることを感謝しましょう。

私たちは「恵みの時代」に生きているのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-27 07:23 | 2013年1月-3月 | Trackback

1月26日出エジプト26-28章『山で示されたように・・・燈火の教え』

懸賞 2013年 01月 26日 懸賞

『山で示されたように・・・燈火の教え』

【25:8 彼らがわたしのために聖所を造るなら、わたしは彼らの中に住む。25:9 幕屋の型と幕屋のすべての用具の型とを、わたしがあなたに示すのと全く同じように作らなければならない。・・・
27:20 あなたはイスラエル人に命じて、燈火用に上質の純粋なオリーブ油を持って来させ、ともしびを絶えずともしておかなければならない。27:21 アロンとその子らは、あかしの箱の前の垂れ幕の外側にある会見の天幕で夕方から朝まで、【主】の前にそのともしびを整えなければならない。これはイスラエル人が代々守るべき永遠のおきてである。】

①主は、イスラエルの民が造る「幕屋」に住まわれると約束されました。
しかし主は、それを「主が言われた通り」に造らなければならない、
と命じられたのです。

②私たちが、主にお願いする資格を実は持っていません。
旧約時代、主が言われた通りにすることによって、
主に、お願いを「お話しすること」ができたです。
(しかし人間は、主の言われたとおりにできなかったことを歴史は証明しています)

③幕屋の完全な姿として、イエス様が来られました。
そして「主の命じる十字架」で犠牲を捧げられました。

新約時代の私たちは「イエス様を信じる」ということだけで、
神と深く交わる資格が与えられているのです。


・・・毎日、灯火(祈り)を捧げましょう。
これは、私たちが主に捧げることができる務め(おきて)です。

私たちがイエス様を信じ「主を見上げ祈り続ける」ならば、
主は「必要な時」に語りかけられ、
私たちの歩むべき道を示して下さるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-26 08:41 | 2013年1月-3月 | Trackback

1月25日出エジプト22-24章『創造主のみを信じ従う』

懸賞 2013年 01月 25日 懸賞

『創造主のみを信じ従う』

【23:24 あなたは彼らの神々を拝んではならない。仕えてはならない。また、彼らの風習にならってはならない。これらを徹底的に打ちこわし、その石の柱を粉々に打ち砕かなければならない。23:25 あなたがたの神、【主】に仕えなさい。主はあなたのパンと水を祝福してくださる。わたしはあなたの間から病気を除き去ろう。23:26 あなたの国のうちには流産する者も、不妊の者もいなくなり、わたしはあなたの日数を満たそう。23:27 わたしは、わたしへの恐れをあなたの先に遣わし、あなたがそこに入って行く民のすべてをかき乱し、あなたのすべての敵があなたに背を見せるようにしよう。・・・】

①創造主は私たちを祝福しようとして、いのちを与えて下さいました。
そしてイエス様を救い主として、人類に与え、
「救いの道」と「天国の約束」を与えられたのです。

②聖書は語る祝福の道は、
「主の言葉を信じて」「お従いすること」です。

③私たちはクリスチャンとなったとはいえ、
周りには、神を知らない人たちの考えや文化が、満ちています。

それらを愛を持って受け止めつつも、
神様が喜ぶことは受け入れ、嫌われることは避けるべきです。

・・・あなたの見ているところはどこでしょうか。
あなたが創造主を見上げ、イエス様の願いを見上げている時に、
自然と悪いものを退け、良いものを選び取ることができるのです。

そして、主の「祝福や癒し」を体験できるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-25 08:40 | 2013年1月-3月 | Trackback

1月24日出エジプト19-21章『主の祝福の契約(イエス様の恵み)』

懸賞 2013年 01月 24日 懸賞

『主の祝福の契約(イエス様の恵み)』

【19:3 モーセは神のみもとに上って行った。【主】は山から彼を呼んで仰せられた。「あなたは、このように、ヤコブの家に言い、イスラエルの人々に告げよ。19:4 あなたがたは、わたしがエジプトにしたこと、また、あなたがたを鷲の翼に載せ、わたしのもとに連れて来たことを見た。19:5 今、もしあなたがたが、まことにわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るなら、あなたがたはすべての国々の民の中にあって、わたしの宝となる。全世界はわたしのものであるから。19:6 あなたがたはわたしにとって祭司の王国、聖なる国民となる。これが、イスラエル人にあなたの語るべきことばである。」】

①主はシナイの荒野で、イスラエルの民全体と契約を結びました。
これは永遠の変わることがない契約です。

②しかしここには条件があります。
それは「わたしの声に聞き従い、契約を守ること」です。

③人間は罪を犯しやすい存在です。この後の歴史がそれを証明しています。

④しかしイエス様が「十字架」にお架かりになり
「罪の代価」を全て支払って下さったことにより、
「罪が赦される道」が開かれたのです。

イエス様を信じて、「罪を告白し悔い改める」ならば、
「罪が赦され」、契約が継続されるのです。

旧約と違い、イエス様の十字架以降の「新約時代の現代」は、
素晴らしい時代なのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-24 08:44 | Trackback

1月23日出エジプト16-18章『毎日、私たちを養われる主』

懸賞 2013年 01月 23日 懸賞

『毎日、私たちを養われる主』

【16:4 【主】はモーセに仰せられた。「見よ。わたしはあなたがたのために、パンが天から降るようにする。民は外に出て、毎日、一日分を集めなければならない。これは、彼らがわたしのおしえに従って歩むかどうかを、試みるためである。・・・
16:35 イスラエル人は人の住んでいる地に来るまで、四十年間、マナを食べた。彼らはカナンの地の境に来るまで、マナを食べた。】

①主はイスラエルの民が荒野を通る間、毎朝マナを備えました。
そして毎日主の奇跡を見させ、
主が共におられることを学ばせ、
主の願いに生きるならば、「幸せ」になることを教えたのです。

②私たち人間は、出エジプトに記事を見るように、わがままです。
恵まれれば喜びますが、
不足があると主につぶやき不平を言いやすいのです。

しかし主は、毎日の生活を通じて、
私たちの考え方(信仰)を育てて下さるお方なのです。

・・・今日も「あなたの必要」が備えられていることを、受け止めましょう。
そして祈ってその奇跡を感謝しましょう。

「当たり前」と思っている毎日の恵みの中に、
主の奇跡があふれているのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-23 08:37 | 2013年1月-3月 | Trackback

1月22日出エジプト13-15章『道を開かれ、癒される主』

懸賞 2013年 01月 22日 懸賞

『道を開かれ、癒される主』

【15:25 モーセは【主】に叫んだ。すると、【主】は彼に一本の木を示されたので、モーセはそれを水に投げ入れた。すると、水は甘くなった。その所で主は彼に、おきてと定めを授け、その所で彼を試みられた。15:26 そして、仰せられた。「もし、あなたがあなたの神、【主】の声に確かに聞き従い、主が正しいと見られることを行い、またその命令に耳を傾け、そのおきてをことごとく守るなら、わたしはエジプトに下したような病気を何一つあなたの上に下さない。わたしは【主】、あなたをいやす者である。」】

①主は「紅海を渡る奇跡(14章)」を見せられた後、
飲めない水を飲めるようにされました。
そして「主は病気を癒される神」であることを宣言されたのです。

②目の前が海で「逃げ道がない」ように思えても、
主に叫び求めるなら、主は「脱出の道」を見せ、通らせて下さいます。

③しかし民は一段落するとすぐに、つぶやきと要求をするのですが、
主はそのことでさえも聞いて下さる、「器の広い神」なのです。

・・・「主の命令を聞き、おきてを守り」ましょう。
そして主から与えられる「助けと回復」を経験しましょう。

主はあなたを愛しておられるので、
「試練と共に脱出の道」を準備しておられるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-22 08:45 | Trackback