人気ブログランキング |

カテゴリ:2018年( 354 )

懸賞 懸賞

1月4日創世記9-11章 マタイ4章

懸賞 2018年 01月 04日 懸賞

『神様の憐れみ』
【創 9:8 神はノアと、彼といっしょにいる息子たちに告げて仰せられた。9:9 「さあ、わたしはわたしの契約を立てよう。あなたがたと、そしてあなたがたの後の子孫と。9:10また、あなたがたといっしょにいるすべての生き物と。鳥、家畜、それにあなたがたといっしょにいるすべての野の獣、箱舟から出て来たすべてのもの、地のすべての生き物と。9:11 わたしはあなたがたと契約を立てる。すべて肉なるものは、もはや大洪水の水では断ち切られない。もはや大洪水が地を滅ぼすようなことはない。」9:12 さらに神は仰せられた。「わたしとあなたがた、およびあなたがたといっしょにいるすべての生き物との間に、わたしが代々永遠にわたって結ぶ契約のしるしは、これである。9:13 わたしは雲の中に、わたしの虹を立てる。それはわたしと地との間の契約のしるしとなる。」】

①ノアの時代の大洪水の後、神様は「二度と水で滅ぼすことはしない」と約束されました。
そして、虹をそのしるしとされたのです。
ですから私たちは、虹を見るとき、神様の憐れみを覚えるのです。




『誘惑を退けた、イエス様の模範』

【マタイ4:8 今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華を見せて、4:9言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。」4:10 イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ』と書いてある。」4:11 すると悪魔はイエスを離れて行き、見よ、御使いたちが近づいて来て仕えた。】

①イエス様は、公生涯の前に、悪魔の試みを受けました。
これは人間が受ける誘惑の典型例です。
イエス様は「神様のみ言葉」を用いて「悪魔の誘惑を退け」たのです。
私たちも、誘惑を受けるとき、「神様のみ言葉」を思い起こし、
そのみ言葉に反することは、神様が嫌われることとして「瞬時に」退けましょう。
そうすれば、狡猾な誘惑を退けることができるのです。




20170104


by Happiness-eachday | 2018-01-04 09:53 | 2018年 | Trackback

1月3日創世記6-8章 マタイ3章

懸賞 2018年 01月 03日 懸賞

『主の約束』
【創8:21 【主】は、そのなだめのかおりをかがれ、【主】は心の中でこう仰せられた。「わたしは、決して再び人のゆえに、この地をのろうことはすまい。人の心の思い計ることは、初めから悪であるからだ。わたしは、決して再び、わたしがしたように、すべての生き物を打ち滅ぼすことはすまい。8:22 地の続くかぎり、種蒔きと刈り入れ、寒さと暑さ、夏と冬、昼と夜とは、やむことはない。」】

①天の父なる神様は、ノアの洪水の後、ノアの捧げた全勝のいけにえを見て、
「今後はこのような裁きをしない」と言われました。
主は、正しい方であり、私たちの人間の不信仰や悔い改めを見て、対処されるお方なのです。
私たちが、純粋な思いで主に喜ばれることをするならば、
主は喜んで下さり、裁きを思い留めて下さるお方なのです。

主との関係を考えましょう。
その関係を良いものにしていきましょう。
あなたが主に立ち返り、良いことをするならば、主はあなたを助け、祝されるのです。




『正しいことをされたイエス様』
【マタイ3:15 ところが、イエスは答えて言われた。「今はそうさせてもらいたい。このようにして、すべての正しいことを実行するのは、わたしたちにふさわしいのです。」そこで、ヨハネは承知した。3:16 こうして、イエスはバプテスマを受けて、すぐに水から上がられた。すると、天が開け、神の御霊が鳩のように下って、自分の上に来られるのをご覧になった。】

①イエス様は、バプテスマのヨハネから「洗礼」を受けられました。
イエス様は、そうする必要がなかったにもかかわらず、正しいことをしていかれたのです。
それは私たちへの模範を示されたのです。
すると主はそのことを、御霊を下さことを通じて、「良いこと」として祝福されたのです。

私たちも、イエス様が喜ばれることをしていきましょう。
そうすれば、私たちも、聖霊による平安が与えられ、導きを受けることができるのです。




20180103


by Happiness-eachday | 2018-01-03 05:53 | 2018年 | Trackback

1月2日創世記3-5章 マタイ2章

懸賞 2018年 01月 02日 懸賞

『悪を避ける』
【創4:5 だが、カインとそのささげ物には目を留められなかった。それで、カインはひどく怒り、顔を伏せた。4:6そこで、【主】は、カインに仰せられた。「なぜ、あなたは憤っているのか。なぜ、顔を伏せているのか。4:7 あなたが正しく行ったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである。」】

①アダムの息子、カインが怒りを感じた時、主は「罪を治めなければならない」と言われました。
主は悪を知っておられます。
そして私たちが「悪を選ぶこと」を願われていません。
主の語り掛けを、いつも聞きましょう。
主はみ言葉通り、同じことをあなたにも語られるのです。




『神様の御声を聴く準備』
【マタイ2:13 彼らが帰って行ったとき、見よ、主の使いが夢でヨセフに現れて言った。「立って、幼子とその母を連れ、エジプトへ逃げなさい。そして、私が知らせるまで、そこにいなさい。ヘロデがこの幼子を捜し出して殺そうとしています。」2:14 そこで、ヨセフは立って、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトに立ちのき、2:15 ヘロデが死ぬまでそこにいた。】

①主はヨセフとマリヤ、そして幼子であるイエス様の危険を避けるために、
ヨセフに夢で語られました。
主は私たちの危険を知り、私たちを助けることができるのです。
ヨセフのように忠実に御声を聴き続ける者は、
主の言葉を「キャッチしやすく」なります。
毎日の神様との関係を大切にしましょう。
それは大事な時の「御声を聴く準備」となるのです。





20180102


by Happiness-eachday | 2018-01-02 05:40 | 2018年 | Trackback

1月1日創世記1-2章 マタイ1章

懸賞 2018年 01月 01日 懸賞

あけましておめでとうございます。2018年も神様と共に歩みましょう。
『人間の目的』
【創 1:26 神は仰せられた。「さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配するように。」1:27 神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。
1:31 神はお造りになったすべてのものを見られた。見よ。それは非常に良かった。】

①創造主なる神様は、宇宙を造り、地球を造り、植物、動物を造り、最後に人間を造りました。
人間は「神のかたち」に造られ、神と交わることができるように造られたのです。
そしてすべてを正しく管理するように造られたました。
人間の目的を知りましょう。
人間は神様と交わることによって、本来の生き方ができるように造られたのです。



『思いめぐらす大切さ』

【マタイ 1:19 夫のヨセフは正しい人であって、彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に去らせようと決めた。1:20 彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。・・・
1:24 ヨセフは眠りからさめ、主の使いに命じられたとおりにして、その妻を迎え入れ、1:25 そして、子どもが生まれるまで彼女を知ることがなく、その子どもの名をイエスとつけた。】

①ヨセフは自分に理解できないことに出会い、祈りの中で「思いめぐらし」ていました。
すると主の使いが夢の中で「神様の計画」を語ってくださったのです。
思いめぐらしは、非常に大切です。
それをすることによって、(神様の助けを通じて)
見えなかったものが見えてくるのです。





20180101


by Happiness-eachday | 2018-01-01 05:09 | 2018年 | Trackback