人気ブログランキング |

カテゴリ:2018年( 354 )

懸賞 懸賞

12月23日ダニエル11-12章 黙示録15章

懸賞 2018年 12月 23日 懸賞

『歴史を支配している創造主』
【ダニエル 11:3 ひとりの勇敢な王が起こり、大きな権力をもって治め、思いのままにふるまう。11:4 しかし、彼が起こったとき、その国は破れ、天の四方に向けて分割される。それは彼の子孫のものにはならず、また、彼が支配したほどの権力もなく、彼の国は根こぎにされて、その子孫以外のものとなる。11:5 南の王が強くなる。しかし、その将軍のひとりが彼よりも強くなり、彼の権力よりも大きな権力をもって治める。】①勇敢なアレクサンドロス大王が、死んだ後、王位は肉親ではなく、4人の将軍によって分割されました(分割統治)。南の王とは、エジプトのプテレマイオス1世ソテル(BC323285)のことです。ここで言われる将軍とは、セレコウス1世ニカトル(BC311280)のことです。ダニエル書は、まるで後の人が書いたと思えるほど、歴史を言い当てています。創造主は、そのように歴史を支配していることを、ダニエル書は教えてくれるのです。


『迫害の中で、悪に打ち勝った人々』
【黙15:2 私は、火の混じった、ガラスの海のようなものを見た。獣と、その像と、その名を示す数字とに打ち勝った人々が、神の立琴を手にして、このガラスの海のほとりに立っていた。15:3 彼らは、神のしもべモーセの歌と小羊の歌とを歌って言った。「あなたのみわざは偉大であり、驚くべきものです。主よ。万物の支配者である神よ。あなたの道は正しく、真実です。もろもろの民の王よ。・・・」】①〈獣と,その像と,その名を示す数字とに打ち勝った人々〉とは,獣の像を拝まず,彼の数(666)の刻印を押されることを拒んだ人々のことです。②それらの人々が、出エジプトで主が救い出してくださった「モーセの歌」と、子羊イエスによって罪から救い出された「子羊の歌」を歌ったのです。どのような迫害の中でも、主を信じる者は起こされます。救いは主の計画であり、奇跡によってなされるものだからです。


by Happiness-eachday | 2018-12-23 05:00 | 2018年 | Trackback

12月22日ダニエル9-10章 黙示録13:11-14:20

懸賞 2018年 12月 22日 懸賞

『すぐに祈りが聞かれなくても、主は働いておられる』
【ダニエル10:12 彼は私に言った。「恐れるな。ダニエル。あなたが心を定めて悟ろうとし、あなたの神の前でへりくだろうと決めたその初めの日から、あなたのことばは聞かれているからだ。私が来たのは、あなたのことばのためだ。10:13 ペルシヤの国の君が二十一日間、私に向かって立っていたが、そこに、第一の君のひとり、ミカエルが私を助けに来てくれたので、私は彼をペルシヤの王たちのところに残しておき、10:14 終わりの日にあなたの民に起こることを悟らせるために来たのだ。・・・」】①ダニエルが祈り始めた時から、主はその祈りを聞いておられました。しかし実際にダニエルが「神の使いのメッセージ」を聞いたのは、21日後だったのです。悪い力(ペルシャの国の君)の妨害がある時に、すぐに答えが返ってきませんでした。しかし祈りは確実に聞かれており、主の救いの計画は、始まっていたのです。


『患難時代の迫害と聖徒の忍耐』
【黙13:16 また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。13:17 また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。
14:11 そして、彼らの苦しみの煙は、永遠にまでも立ち上る。獣とその像とを拝む者、まただれでも獣の名の刻印を受ける者は、昼も夜も休みを得ない。14:12 神の戒めを守り、イエスに対する信仰を持ち続ける聖徒たちの忍耐はここにある。」14:13 また私は、天からこう言っている声を聞いた。「書きしるせ。『今から後、主にあって死ぬ死者は幸いである。』」御霊も言われる。「しかり。彼らはその労苦から解き放されて休むことができる。」】①患難時代、反キリストは自分に忠誠を誓わせた者に、刻印を受けさせ、それがないと売買ができないようにさせるのです。そしてそれを拒否するものは、殺されることもあるのです。②今の日本は宣教が自由にできる時代です。しかしそれがいつかは終わることが聖書に書かれているのです。


by Happiness-eachday | 2018-12-22 05:42 | 2018年 | Trackback

12月21日ダニエル7-8章 黙示録13:1-10

懸賞 2018年 12月 21日 懸賞

『歴史を支配しておられる主』
【ダニエル 8:20 あなたが見た雄羊の持つあの二本の角は、メディヤとペルシヤの王である。8:21 毛深い雄やぎはギリシヤの王であって、その目と目の間にある大きな角は、その第一の王である。8:22その角が折れて、代わりに四本の角が生えたが、それは、その国から四つの国が起こることである。しかし、第一の王のような勢力はない。・・・】①ダニエルはこの後の歴史がどのように進むかを、神の知恵によって預言しました。ギリシャのアレクサンドロス王が歴史に登場し、その後、国が4つに分割して統治されたのです。神様は、歴史を支配しておられます。主は、人の支配欲や競争さえも用いて、主の計画の方向に、歴史を進ませるのです。


『患難時代の迫害と信仰』
【黙13:4 そして、竜を拝んだ。獣に権威を与えたのが竜だからである。また彼らは獣をも拝んで、「だれがこの獣に比べられよう。だれがこれと戦うことができよう」と言った。
13:8 地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、世の初めからその名の書きしるされていない者はみな、彼を拝むようになる。13:9 耳のある者は聞きなさい。13:10とりこになるべき者は、とりこにされて行く。剣で殺す者は、自分も剣で殺されなければならない。ここに聖徒の忍耐と信仰がある。】①患難時代に人々は、新しい政治の指導者に従いその人の認めた宗教を選ぶか、キリストに忠実に従うかを選ばなければならなくなります。そして神様と御言葉に忠実な人は、おそらく殺されるのです。(69)このような迫害の時代にも、固く信仰を保つ人たちが大勢起こされるのです。しかし恐ろしいほどの迫害が起きることも、覚悟しなければならないのです。


by Happiness-eachday | 2018-12-21 21:14 | 2018年 | Trackback

12月20日ダニエル5-6章 黙示録12章

懸賞 2018年 12月 20日 懸賞

『信仰による奇跡』
【ダニエル6:25 そのとき、ダリヨス王は、全土に住むすべての諸民、諸国、諸国語の者たちに次のように書き送った。「あなたがたに平安が豊かにあるように。6:26 私は命令する。私の支配する国においてはどこででも、ダニエルの神の前に震え、おののけ。この方こそ生ける神。永遠に堅く立つ方。その国は滅びることなく、その主権はいつまでも続く。6:27 この方は人を救って解放し、天においても、地においてもしるしと奇蹟を行い、獅子の力からダニエルを救い出された。」6:28 このダニエルは、ダリヨスの治世とペルシヤ人クロスの治世に栄えた。】①ダニエルは、王が変わっても、大臣として新しい王に仕えました。嫉妬による策略によって、ダニエルはライオンの穴に落とされましたが、主はダニエルを守られました。それを見たダリヨス王は、ダニエルが信じる「世界を造られた創造主」をほめたたえたのです。だまされるような状況になったとしても、主を信頼し続けましょう。主はあなたの信仰を通じて、主の奇跡を見せ、主の偉大さを世に伝えるのです。


『サタンの攻撃に打ち勝つ者』
【黙12:10 そのとき私は、天で大きな声が、こう言うのを聞いた。「今や、私たちの神の救いと力と国と、また、神のキリストの権威が現れた。私たちの兄弟たちの告発者、日夜彼らを私たちの神の御前で訴えている者が投げ落とされたからである。12:11 兄弟たちは、小羊の血と、自分たちのあかしのことばのゆえに彼に打ち勝った。彼らは死に至るまでもいのちを惜しまなかった。」】①告発者サタンは、患難時代のあるタイミングで、天での戦いに敗れ、地上に投げ落とされます。そしてその後、地上では大患難時代となるのです。サタンは、「信者の信仰」を落とそうといつも計画しているのです。サタンは、告発者です。過去の失敗や罪で混乱させ、神を信じ仕えることを止めるように、攻撃をするのです。しかし忠実にキリストを信じる者は、サタンの策略に打ち勝つのです。


by Happiness-eachday | 2018-12-20 05:38 | 2018年 | Trackback

12月19日ダニエル3-4章 黙示録11章

懸賞 2018年 12月 19日 懸賞

『本当の信仰』
【ダニエル3:14 ネブカデネザルは彼らに言った。「シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴ。あなたがたは私の神々に仕えず、また私が立てた金の像を拝みもしないというが、ほんとうか。
3:16 シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴはネブカデネザル王に言った。「私たちはこのことについて、あなたにお答えする必要はありません。3:17 もし、そうなれば、私たちの仕える神は、火の燃える炉から私たちを救い出すことができます。王よ。神は私たちをあなたの手から救い出します。3:18 しかし、もしそうでなくても、王よ、ご承知ください。私たちはあなたの神々に仕えず、あなたが立てた金の像を拝むこともしません。」】①ネブカデネザル王が、拝むように命じた金の像を、3人は拝みませんでした。それは偶像礼拝であり、神の喜ばれないことであると知っていたからです。彼らは信仰によって拒否をしました。②「たとえそうではなくとも」とは、主が自分を助けてくださらなくても、自分は主に従うという、「究極の信仰の応答」です。自分の思い通りに主が動いて下さらないことがあります。しかし本当の信仰は、そのような中でも、主に従い続けるのです。


『この後のエルサレムの預言』
【黙11:2 聖所の外の庭は、異邦人に与えられているゆえ、そのままに差し置きなさい。測ってはいけない。彼らは聖なる都を四十二か月の間踏みにじる。】①キリストの再臨前の患難時代に、エルサレムが、イスラエルやユダヤ人以外の民族に踏みにじられ、非常な苦しみを42か月間通ることが預言されています。この後、エルサレムを中心に騒動が起きることが聖書的に十分考えられます。私たちはそのような時代が必ず来ることを覚え、備えていく必要があるのです。


by Happiness-eachday | 2018-12-19 05:10 | 2018年 | Trackback

12月18日ダニエル1-2章 黙示録10章

懸賞 2018年 12月 18日 懸賞

『ダニエルを用いられた主』
【ダニエル2:47 王はダニエルに答えて言った。「あなたがこの秘密をあらわすことができたからには、まことにあなたの神は、神々の神、王たちの主、また秘密をあらわす方だ。」2:48 そこで王は、ダニエルを高い位につけ、彼に多くのすばらしい贈り物を与えて、彼にバビロン全州を治めさせ、また、バビロンのすべての知者たちをつかさどる長官とした。】①ダニエルは、主からの使命を受けて、バビロニアのネブカデネザル王の時代から、メド・ペルシャのクロス王の時代まで66年間、王宮に仕えた人物です。主からの使命と知恵を頂いて、異国の地にあって、重要な影響を与え続けることができたのです。主は歴史の中で、このように人を用いられることがあります。あなたの現在が、非常に苦しい状況であっても、主はあなたを用い、あなたに働くことができるのです。

『主のコントロール』
【黙10:4 七つの雷が語ったとき、私は書き留めようとした。すると、天から声があって、「七つの雷が言ったことは封じて、書きしるすな」と言うのを聞いた。】①主はヨハネが見た幻を、書きとめることを止めました。主はあえて隠される事実があるのです。主が明らかにするときに、それは明らかになるのです。人間のコントロールではないということを覚えるのです。


by Happiness-eachday | 2018-12-18 05:58 | 2018年 | Trackback

12月17日エゼキエル47-48章 黙示録9章

懸賞 2018年 12月 17日 懸賞

『すべてのものが生きる』
【エゼキエル47:9 この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水が入ると、そこの水が良くなるからである。この川が入る所では、すべてのものが生きる。】①エゼキエルは、神殿から流れ出る川の水の幻を見ました。その水によって「すべてのものが生きる」奇跡を体験するのです。それはエデンの園に流れていた川のようであり、黙示録にある、天国での命の水の川のようでもあります。またイエス様を信じる者の、心の奥から湧き上がる「生ける水の川」のようでもあるのです。聖霊が働かれるところに、命が与えられます。私たちは、その命を頂いているのです。

『終わりの時の戦い』
【黙 9:15 すると、定められた時、日、月、年のために用意されていた四人の御使いが、人類の三分の一を殺すために解き放された。9:16 騎兵の軍勢の数は二億であった。私はその数を聞いた。】①この軍隊の数二億は、終わりの時に集結した軍隊の数を表しています。黙示録の表現は、象徴的なものが多いですが、しかし実際のことを表しており、描かれている破壊も実際の破壊なのです。終わりの時には、このような戦いが起きることが、聖書に預言されているのです。


by Happiness-eachday | 2018-12-17 05:45 | 2018年 | Trackback

12月16日エゼキエル45-46章 黙示録8章

懸賞 2018年 12月 16日 懸賞

『毎日主と交わる大切さ』
【エゼキエル46:13 あなたは毎日、傷のない一歳の子羊一頭を全焼のいけにえとして、【主】にささげなければならない。これを毎朝ささげなければならない。46:14 それに添えて、毎朝、六分の一エパの穀物のささげ物、上等の小麦粉に振りかけるための油三分の一ヒンをささげなければならない。これが【主】への穀物のささげ物であり、永遠に続く定めである。】①主は、毎朝いけにえを捧げるように命じられました。この姿勢は、新約の現在にも通じます。毎日主を求め、主と交わることが大切なのです。

『祈りを用いる主』
【黙8:3 また、もうひとりの御使いが出て来て、金の香炉を持って祭壇のところに立った。彼にたくさんの香が与えられた。すべての聖徒の祈りとともに、御座の前にある金の祭壇の上にささげるためであった。8:4 香の煙は、聖徒たちの祈りとともに、御使いの手から神の御前に立ち上った。】①主は聖徒の祈りを用いられるのです。これら、すべての祈りとは、地上で患難に耐えている人たちの祈りとともに、天上での聖徒たちのとりなしの祈りが一つになったものです。祈りは非常に重要です。主は、あなたの祈りをも、用いられることを覚えましょう。


by Happiness-eachday | 2018-12-16 05:36 | 2018年 | Trackback

12月15日エゼキエル43-44章 黙示録7章

懸賞 2018年 12月 15日 懸賞

『聖いお方』
【エゼキエル44:4 彼は私を、北の門を通って神殿の前に連れて行った。私が見ると、なんと、【主】の栄光が【主】の神殿に満ちていた。そこで、私はひれ伏した。44:5 すると【主】は私に仰せられた。「人の子よ。【主】の宮のすべての定めとそのすべての律法について、わたしがあなたに告げていることをことごとく心に留め、それに目を注ぎ、耳を傾けよ。宮に入れる者と、聖所に入れないすべての者を心に留めよ。44:6 あなたは、反逆の家、イスラエルの家にこう言え。神である主はこう仰せられる。イスラエルの家よ。あなたがたのあらゆる忌みきらうべきわざは、もうたくさんだ。・・・」】①エゼキエルは、神殿の北門で、再び主の栄光を体験し、そのままひれ伏してしまいました。主のご臨在は、そのように聖く力強いものなのです。主はその臨在の中で、すでに語られていた神の言葉を心に留めるようにと語られたのです。そして聖めを命じました。・・・私たちは、自分の考えで、神の聖さを、いい加減に見てはいけないのです。私たちが受け止めても受け止められなくても、神は聖いお方です。その聖いお方に、喜ばれるように、私たちは生きるのです。汚れたものは捨てなければならないのです。

『天国での平安』
【黙7:14すると、彼は私にこう言った。「彼らは、大きな患難から抜け出て来た者たちで、その衣を小羊の血で洗って、白くしたのです。7:15 だから彼らは神の御座の前にいて、聖所で昼も夜も、神に仕えているのです。そして、御座に着いておられる方も、彼らの上に幕屋を張られるのです。7:16 彼らはもはや、飢えることもなく、渇くこともなく、太陽もどんな炎熱も彼らを打つことはありません。7:17 なぜなら、御座の正面におられる小羊が、彼らの牧者となり、いのちの水の泉に導いてくださるからです。また、神は彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださるのです。」】①患難時代の中で、イエス様を信じた人々のことがここに書かれています。私たちが、天国に行った後は、このような「涙も悲しみもない」世界に入るのです。今の時代は、苦しみがあるかもしれません。しかし将来に与えられる素晴らしさと比べるならば、それは小さなものなのです。


by Happiness-eachday | 2018-12-15 05:53 | 2018年 | Trackback

12月14日エゼキエル41-42章 黙示録6章

懸賞 2018年 12月 14日 懸賞

『聖なる主』
【エゼキエル42:13 彼は私に言った。「聖域に面している北の部屋と南の部屋は、聖なる部屋であって、【主】に近づく祭司たちが最も聖なるささげ物を食べる所である。その場所は神聖であるから、彼らはそこに最も聖なる物、すなわち穀物のささげ物、罪のためのいけにえ、罪過のためのいけにえを置く。42:14 祭司たちは聖所に入ったなら、そこから外庭に出てはならない。彼らが奉仕に用いる服は神聖だから、それを脱いで他の服に着替えてから民の所に近づかなければならない。」】①主は聖であるから、聖なるものと俗なるものを区別する必要があります。主が聖であることを意識して生活しましょう。主の聖なる存在を、私たちの次元で、軽く考えてはいけないのです。



『神様の正しい裁き』
【黙6:9 小羊が第五の封印を解いたとき、私は、神のことばと、自分たちが立てたあかしとのために殺された人々のたましいが祭壇の下にいるのを見た。6:10 彼らは大声で叫んで言った。「聖なる、真実な主よ。いつまでさばきを行わず、地に住む者に私たちの血の復讐をなさらないのですか。」6:11 すると、彼らのひとりひとりに白い衣が与えられた。そして彼らは、「あなたがたと同じしもべ、また兄弟たちで、あなたがたと同じように殺されるはずの人々の数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいなさい」と言い渡された。】①イエス様を信じ、迫害され殺された人がいます。苦しみの中で、神の正義がないように思えても、後には正しい裁きが起きるのです。裁きが遅いように思えても、神の業は、最もふさわしい形で進むのです。その時が来るまで待ちましょう。人のせいにしてはいけません。人のせいにし続ける人は、堕ちていきます。私たちは、へりくだって主を信じ、主に喜ばれることをし続けていくのです。


by Happiness-eachday | 2018-12-14 05:27 | 2018年 | Trackback