人気ブログランキング |

カテゴリ:2016年7-9月( 91 )

懸賞 懸賞

8月30日エレミヤ49-52章『主と共に生きる信仰』

懸賞 2016年 08月 30日 懸賞

『主と共に生きる信仰』

【51:15 主は、御力をもって地を造り、知恵をもって世界を堅く建て、英知をもって天を張られた。
51:16 主が声を出すと、水のざわめきが天に起こる。主は地の果てから雲を上らせ、雨のためにいなずまを造り、その倉から風を出される。51:17 すべての人間は愚かで無知だ。・・・】

①主はエレミヤに、
バビロン捕囚のただ中で預言をするように導かれました。

確かにこの時は、ユダの民は苦しみの中にありました。
しかしそれは「創造主の力がない」からではなく、
「民が通らなければならないこと」だったからです。

②そして一たび、主が御手を動かすならば、
人間ではできない奇跡とわざが起こるのです。
(バビロン捕囚からの解放がその事例です)。

どんなに苦しみの中にいたとしても、
創造主は「全能者であること」には変わらないのです。

③大切なことは、そのことを「信じ続ける信仰」です。
人間は目に見えることで判断し、安心するところがあります。
しかし信仰者の訓練は、
「良いこと」が「見えない時」に起きていることを、
信じることによってなされるのです。

・・・あなたは創造主を信じていますか?
信じておられると思います。
ですから今朝はチャレンジとして、
「今日一日の中で」でなされる「主の力強い業」を、
信仰の目で見続けましょう。

枠(フレーム)を広げましょう。
主が見せて下さるところを見続けるならば、
信仰的な判断ができるのです。

それが「主と共に生きる」
即ち「イエス様と一緒に生きる」ということなのです。YccFuji








20160830

by Happiness-eachday | 2016-08-30 05:10 | 2016年7-9月 | Trackback

8月29日エレミヤ46-48章『驚くような恵みを頂く約束』

懸賞 2016年 08月 29日 懸賞

『驚くような恵みを頂く約束』

【46:27 わたしのしもべヤコブよ。恐れるな。イスラエルよ。おののくな。見よ。わたしが、あなたを遠くから、あなたの子孫を捕囚の地から、救うからだ。ヤコブは帰って来て、平穏に安らかに生き、おびえさせる者はだれもいない。46:28 わたしのしもべヤコブよ。恐れるな。─【主】の御告げ─わたしがあなたとともにいるからだ。わたしは、あなたを追いやった先のすべての国々を滅ぼし尽くすからだ。わたしはあなたを滅ぼし尽くさない。・・・】

①主は、創造主を信じる民に「恐れるな」と語られました。
捕囚の苦しみがあったとしても、主は「救い出す」と約束されたのです。 

②主は、神の民を「滅ぼしつくさない」と約束されました。
周りの国々が、「その罪」によって滅ぼされても、
神の民は、助けられたのです。
(実際にバビロンからの解放は70年後に実行されました) 

③「主が共にいてくださること」は、素晴らしいことです。
そのことによって、他と比べて
「えこひいきのような恵み」を頂くことができるからです。

・・・創造主を信じる「民」であることを感謝しましょう。

あなたは「天国の約束」だけでなく、
地上でも「驚くような恵みを頂く約束」を、受けているのです。YccFuji








20160829

by Happiness-eachday | 2016-08-29 05:33 | 2016年7-9月 | Trackback

8月28日エレミヤ43-45章『主の言葉に、敏感になる大切さ』

懸賞 2016年 08月 28日 懸賞

『主の言葉に、敏感になる大切さ』

【44:15 すると、自分たちの妻がほかの神々に香をたいていることを知っているすべての男たちと、大集団をなしてそばに立っているすべての女たち、すなわち、エジプトの国とパテロスに住むすべての民は、エレミヤに答えて言った。44:16 「あなたが【主】の御名によって私たちに語ったことばに、私たちは従うわけにはいかない。44:17 私たちは、私たちの口から出たことばをみな必ず行って、私たちも、先祖たちも、私たちの王たちも、首長たちも、ユダの町々やエルサレムのちまたで行っていたように、天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶどう酒を注ぎたい。私たちはその時、パンに飽き足り、しあわせでわざわいに会わなかったから。44:18 私たちが天の女王にいけにえをささげ、それに注ぎのぶどう酒を注ぐのをやめた時から、私たちは万事に不足し、剣とききんに滅ぼされた。」】

①エレミヤは、主の意思に反して、エジプトで生活している人々に
「主の元に立ち返るように」と勧めました。

しかし彼らは、「天の女王にいけにえを捧げていた時は、
今よりも良かった」だから「主の従わないのだ」と主張したのです。

②私たちは彼らに「何と言ったらよい」のでしょう。
どのように「彼らを説得できる」のでしょうか。

③エレミヤは「あなたがたが創造主に従わなかったので、災いが来たのだ(44:23)」
と正論を繰り返したのです。
そして「主はあなたがたをエジプトで罰する(44:29)」と主の言葉を宣言しました。

④従わない人に、
その人の事情で「配慮の言葉」を語っても、その人は「気が付きません」。
はっきりとした「主からの言葉こそ」が、最善の言葉なのです。

・・・まず私たち自身が「主からの言葉」を聞き続けましょう。
主の言葉に「ぼんやりとしない」ようにしましょう。
エジプトで主に反抗した人たちは、「ぼんやりの結果」なのですから。YccFuji








20160828

by Happiness-eachday | 2016-08-28 05:47 | 2016年7-9月 | Trackback

8月27日エレミヤ40-42章『聞きにくいことを、実行する祝福』

懸賞 2016年 08月 27日 懸賞

『聞きにくいことを、実行する祝福』

【42:1 すべての将校たち、カレアハの子ヨハナン、ホシャヤの子イザヌヤ、および身分の低い者も高い者もみな、寄って来て、42:2 預言者エレミヤに言った。「どうぞ、私たちの願いを聞いてください。私たちのため、この残った者みなのために、あなたの神、【主】に、祈ってください。ご覧のとおり、私たちは多くの者の中からごくわずかだけ残ったのです。42:3 あなたの神、【主】が、私たちの歩むべき道と、なすべきことを私たちに告げてくださいますように。」・・・】

①カレアハの子ヨナハンとすべての将校たちは、
エジプトに逃げようとした途中、
預言者エレミヤに「神の計画を聞いてほしい」と依頼をしました。

そして「告げられる言葉の通り必ず行います(42:5)」と言ったのです。

②しかしエレミヤの言葉が、
「エジプトではなくバビロンに留まるように」と
彼らの目的を否定する内容だと分かると
「手のひらを返したように」、エレミヤに逆らい、
自分たちの願いを「押し通した」のです。

③人間は、「自分の考え」を持っています。
助言を求めるようでも「自分考えを肯定してほしい」と考えているのです。

④しかし「創造主の前」ではそのような態度はいけません。
私たちはまず「創造主の御心を行う(神の栄光を考えて行動する)」
という前提で生活すべきなのです。

・・・あなたは「神の栄光を考えて」行動していますか?
それを「心から実行しよう」と考えるためには、
創造主からの「訓練」が必要です。

しかし考えてみてください。
「主の御心に歩む」ならば「祝福される」のです。

この聖書の原則に
「原則通り」生きることができるように祈りましょう。

聖書の記述は、「第三者(他人事)として」読むのではなく、
「自分のこと(当事者)として」読むべきものなのです。

そうすれば、あなたは「実際に」祝福されるのです。YccFuji







20160827

by Happiness-eachday | 2016-08-27 05:39 | 2016年7-9月 | Trackback

8月26日エレミヤ37-39章『創造主を信頼する者への、主の助け』

懸賞 2016年 08月 26日 懸賞

『創造主を信頼する者への、主の助け』

【39:17 しかしその日、わたしはあなたを救い出す。─【主】の御告げ─あなたはあなたが恐れている者たちの手に渡されることはない。39:18 わたしは必ずあなたを助け出す。あなたは剣に倒れず、あなたのいのちはあなたの分捕り物としてあなたのものになる。それは、あなたがわたしに信頼したからだ。─【主】の御告げ─』」】

①エレミヤは、【主】を信頼し正しいことを語ったために、
何度も迫害され、苦しみを経験しました。

しかし「偽りの言葉」を言った人々は、いなくなり(37:19)、
エレミヤに与えられた預言の通りに事が進んだのです。

心ある人々は、
エレミヤが本当に「主の言葉を語っていた」と気が付いたのです。

②「創造主の願い」とは関係がない、
「人の喜ぶ言葉」を語る人がいます。
「調子の良い言葉」を語る人も大勢います。

しかし「真実な言葉」が最後には残るのです。

③迫害を受けることもあるでしょう。
ひどい言葉を受けることもあります。

しかし【主】にへりくだり、
人々に「愛をもって」真実を語る人を、
「主は喜んでくださる」のです。

そして【主】は、その人を「全力で助けて」下さいます。
それがエレミヤの体験、
造り主が「信仰を持つ者」に「助けを与えるモデル」を見せて下さった箇所なのです。YccFuji








20160826

by Happiness-eachday | 2016-08-26 05:34 | 2016年7-9月 | Trackback

8月25日エレミヤ34-36章『失望の後に、主が私たちを用いられることがある』

懸賞 2016年 08月 25日 懸賞

『失望の後に、主が私たちを用いられることがある』

【36:27 王が、あの巻き物、バルクがエレミヤの口述で書きしるしたことばを焼いて後、エレミヤに次のような【主】のことばがあった。36:28 「あなたは再びもう一つの巻き物を取り、ユダの王エホヤキムが焼いた先の巻き物にあった先のことばを残らず、それに書きしるせ。」】

①エレミヤは、主の命令によって、
主から語られた「み言葉」を「巻物」に記しました(1節)。

②その「巻物」は主の宮で読まれ、王の家来によって読まれ、
人々はその言葉が「主からのもの」であると受け取り
「恐れた」のです。

③しかしその「巻物」は、「王」によって焼かれてしまいました。
王は「巻物」の警告を馬鹿にし、
主の言葉を聞いても、主を恐れようとしませんでした。

④巻物が焼かれた後、主はエレミヤに、
「再び巻物を作るように」と命じました。

そしてその後作られた「巻物」を通じて、
「エレミヤ書」が後世に伝わったのです。

⑤私たちが、「なし遂げたこと」を壊される時、私たちは気落ちます。
しかし主が共にいる時には、
何度も同じことを繰り返さなけれなならないことがあるのです。

・・・上手くいかなくても、「気落ちしないように」しましょう。
もう一度「作り直さなければならないようなこと」があっても、
くじけないようにしましょう。

主は、「一度こわれた後」に「私たちが諦めないで実行する働き」を用いて、
主の働きを進めることがあるのです。YccFuji







20160825

by Happiness-eachday | 2016-08-25 05:14 | 2016年7-9月 | Trackback

8月24日エレミヤ31-33章『あなたの労苦を見ておられ、あなたの信仰を用いられる主』

懸賞 2016年 08月 24日 懸賞

『あなたの労苦を見ておられ、あなたの信仰を用いられる主』

【31:16 【主】はこう仰せられる。「あなたの泣く声をとどめ、目の涙をとどめよ。あなたの労苦には報いがあるからだ。─【主】の御告げ─彼らは敵の国から帰って来る。
31:17 あなたの将来には望みがある。─【主】の御告げ─あなたの子らは自分の国に帰って来る。】

①主は神の民の回復を預言しました。
他国に捕虜に連れていかれるような、みじめな状況になっても、
主は「回復が与えられる」と約束されたのです。

②あなたの目には、「涙」がありますか。
苦しみの中で「うめくような悲しみ」がありますか。

【主】があなたに声をかけてくださる時は、
あなたはその苦しみから「解放される」のです。

③【主】は、「あなたの労苦には報いがある」と言われます。
【主】が働いてくださる「時」まで、
待ち望み信じ続ける「私たちの苦労」を、
主は見ておられるのです。

あなたの今の労苦は、「無駄ではありません」。
【主】が見ておられ、正しく評価をして下さるのです。

・・・今の苦しみを、過剰に嘆かないようにしましょう。
【主】が語られる時に、すべての変化が起こり始めることを信じ、期待しましょう。

【主】は「あなたのすべて」を知っておられ、
主の計画が実現するために「あなたの信仰」を用いられるのですから。YccFuji







20160824

by Happiness-eachday | 2016-08-24 05:13 | 2016年7-9月 | Trackback

8月23日エレミヤ28-30章『事をはじめ、実現へと至らせる主』

懸賞 2016年 08月 23日 懸賞

『事をはじめ、実現へと至らせる主』

【29:10 まことに、【主】はこう仰せられる。「バビロンに七十年の満ちるころ、わたしはあなたがたを顧み、あなたがたにわたしの幸いな約束を果たして、あなたがたをこの所に帰らせる。29:11 わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。─【主】の御告げ─それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。29:12 あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。29:13 もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。」】

①エレミヤは、神の民に、バビロンに移住してその地の祝福を祈るように、と命じました(7節)。
なぜなら、バビロン捕囚が、主の計画だったからです。
そして70年後の解放も、主の計画だったのです。
その約束が今朝の聖書個所です。

②主の計画は、壮大なものです。
70年といえば、子が生まれ、孫が生まれるほどの期間です。
しかし主の計画ならば、計画通りに進むのです。

③自分の意に反する計画でも、
主の計画ならば受けとめましょう。
また、あなたが生まれた時から苦しみの中にいたとしても、
主の計画ならば「解放の時」がやってくることも、信仰で受けとめましょう。

④主の計画は、私たちの考えを越えているのです。
主の計画は「平安を与える計画」「将来と希望を与えるもの」です。
現状がどれほど悪く見えても、
主が働かれる時には「大きな良い変化」が起きるのです。

・・・ですからいつも祈って、主の計画を求めましょう。
私たちは、必ず「主と出会うことができる」のです。

そして主は「事を始められた」ならば、
「実現へと至らせる」お方なのです(ピリピ2:13)。YccFuji






20160823

by Happiness-eachday | 2016-08-23 05:58 | 2016年7-9月 | Trackback

8月22日エレミヤ25-27章『主の計画を受け止め、主と共に歩む者』

懸賞 2016年 08月 22日 懸賞

『主の計画を受け止め、主と共に歩む者』

【27:9 だから、あなたがたは、バビロンの王に仕えることはない、と言っているあなたがたの預言者、占い師、夢見る者、卜者、呪術者に聞くな。27:10 彼らは、あなたがたに偽りを預言しているからだ。それで、あなたがたは、あなたがたの土地から遠くに移され、わたしはあなたがたを追い散らして、あなたがたが滅びるようにする。27:11 しかし、バビロンの王のくびきに首を差し出して彼に仕える民を、わたしはその土地にいこわせる。─【主】の御告げ─こうして、その土地を耕し、その中に住む。』」】

①人々は、バビロンの王に仕えることを屈辱と考え、避けたいと思っていました。
なぜなら、神に愛されていると思っていた(神の民の)自分たちが、
バビロンに侵略され、捕囚となることに、プライドが傷ついたのです。

そのため、多くの偽りの預言者たちが、
自分たちの願うこと都合の良いことを預言として語りました。

②しかし、主の計画と御意志は「バビロン捕囚」であり
「70年後の解放」だったのです。

③私たちは、どうしても「自分たちの意思、計画通り」に事を進めたいと思います。
主の言葉がそれに反している時には、
主の言葉を無視し、攻撃をしたりするのです。

④しかし祈って「主と交わっている者」は、
冷静に物事を受け止めることができ、
「今すべきこと」ができるのです。

・・・「自分の好き嫌い」で物事を判断することは止めましょう。
主に祈り、主の御意志(必要・ニーズ)をまず考えましょう。

「主の計画」に自分を合わせようとするものは、
「祝福」を得ます。
しかし「自分の計画」に、周りを合わせようと執着するものは、
最後には手ひどいしっぺ返しを受けるのです。

主は「ひどい目に合わないように」
私たちに語り、導いておられるのです(27:13)。YccFuji








20160822

by Happiness-eachday | 2016-08-22 05:55 | 2016年7-9月 | Trackback

8月21日エレミヤ22-24章『主の計画を無条件に受け入れる人』

懸賞 2016年 08月 21日 懸賞

『主の計画を無条件に受け入れる人』

【24:5 「イスラエルの神、【主】は、こう仰せられる。この良いいちじくのように、わたしは、この所からカルデヤ人の地に送ったユダの捕囚の民を良いものにしようと思う。24:6 わたしは、良くするために彼らに目をかけて、彼らをこの国に帰らせ、彼らを建て直し、倒れないように植えて、もう引き抜かない。24:7 また、わたしは彼らに、わたしが【主】であることを知る心を与える。彼らはわたしの民となり、わたしは彼らの神となる。彼らが心を尽くしてわたしに立ち返るからである。・・・」】

①主は、南ユダが罪によって、バビロンに捕囚されることを記録させました。
人々は、バビロンに連れていかれた者が、「裁きが下った者」であり、
ユダに残された者は「神の恵み」と考えていました。

②しかし主の見解は違っていました。
バビロンに連れていかれた者こそが、祝福された者であり、
「主を知り、主に立ち返る民」だと語られたのです。

③私たちの願うことが、最善ではないことがあると分かります。
私たちは、「したくないこと」をしなければならない時があるのです。

しかし私たちは「祈っていない」と主の計画を受けとめることができません。

・・・苦しみの中で主に祈り続けましょう。
苦しみから「主によって助けられた経験」を重ねる中で、
ますます「主の願い」を無条件に受け入れる人となれるのです。

それが「良いいちじく」となる人であり、
主のご計画なのです。YccFuji







20160821

by Happiness-eachday | 2016-08-21 05:32 | 2016年7-9月 | Trackback