人気ブログランキング |

カテゴリ:2015年10月‐12月( 89 )

懸賞 懸賞

10月9日ゼカリヤ7-10章『主に喜ばれるように、生きるために』

懸賞 2015年 10月 09日 懸賞

『主に喜ばれるように、生きるために』

【7:4 すると、私に次のような万軍の【主】のことばがあった。7:5 「この国のすべての民と祭司たちに向かってこう言え。この七十年の間、あなたがたが、第五の月と第七の月に断食して嘆いたとき、このわたしのために断食したのか。7:6 あなたがたが食べたり飲んだりするとき、食べるのも飲むのも、自分たちのためではなかったか。・・・
7:8 ついで、ゼカリヤに次のような【主】のことばがあった。7:9 万軍の【主】はこう仰せられる。「正しいさばきを行い、互いに誠実を尽くし、あわれみ合え。7:10 やもめ、みなしご、在留異国人、貧しい者をしいたげるな。互いに心の中で悪をたくらむな。」】

①人々は、罪によってバビロン捕囚を受けてしまったことを、
悔い改めるために、
定期的に断食をしていました。

②しかし実際は、
創造主に対する罪を悔い改めるのではなく、
「自分たちの境遇」を、「嘆く」だけの断食となってしまっていたのです。

③人間は、思った以上に自己中心です。
創造主のことを考えて行動するというよりも、
自己願望の達成のために、行動することが多いのが、実情なのです。

④主が願うように、行動するならば「祝福される」のですが、
形だけであったり、
自己願望を実現するための動機であったりすると、
最後まで、「主の願いについていけない」のです。

・・・創造主のことを考えましょう。
命も環境もすべてが主からのものです。
そして十字架の愛、弟子の足を洗うキリストの愛に、
私たちが触れていることを味わいましょう。

その愛に触れた時に、
「主の願いに応えて生きたい」という動機がわき上がってくるのです。

・・・そして初めて
「主のことを考えて悔い改めること」も
「主に喜ばれる行動」も、
継続して出来るようになるのです。YccFuji

by Happiness-eachday | 2015-10-09 05:21 | 2015年10月‐12月 | Trackback

10月8日ゼカリヤ4-6章『主の業であることが、分かる時』

懸賞 2015年 10月 08日 懸賞

『主の業であることが、分かる時』

【4:5 私と話していた御使いが答えて言った。「あなたは、これらが何か知らないのか。」私は言った。「主よ。知りません。」4:6 すると彼は、私に答えてこう言った。「これは、ゼルバベルへの【主】のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって』と万軍の【主】は仰せられる。4:7 大いなる山よ。おまえは何者だ。ゼルバベルの前で平地となれ。彼は、『恵みあれ。これに恵みあれ』と叫びながら、かしら石を運び出そう。」4:8 ついで私に次のような【主】のことばがあった。4:9 「ゼルバベルの手が、この宮の礎を据えた。彼の手が、それを完成する。このとき、あなたは、万軍の【主】が私をあなたがたに遣わされたことを知ろう。」】

①神殿建築にあたって、
様々な困難を受けているゼルバベルに対して、
主は励ましの言葉を語られました。

②神殿建設は「集団的な力」でもなく「個人の能力」でもない、
「主の霊の力によって」なされるという、
主からの約束です。

③責任者は、全体を見なければならないので、
様々な問題やプレッシャーを受けるのです。
ゼルバベルの神殿再建は
人間的な慰めでは、「乗り越えることはできない」ものでした。

④しかし、主の言葉が語られると
「山が平地となるような」奇跡が起きるのです。

難しかった神からの命令(神殿再建)が
再スタートしたのです。

⑤これを人間がただ語っているだけでは
「思い込み」と言われるでしょう。

しかし主が言われたとおりに
「約束が実現する時」に、
「主の業であること」が分かるのです。YccFuji









20151008

by Happiness-eachday | 2015-10-08 05:10 | 2015年10月‐12月 | Trackback

10月7日ゼカリヤ1-3章『主がなされることの備えをする』

懸賞 2015年 10月 07日 懸賞

『主がなされることの備えをする』

【1:12 【主】の使いは答えて言った。「万軍の【主】よ。いつまで、あなたはエルサレムとユダの町々に、あわれみを施されないのですか。あなたがのろって、七十年になります。」・・・
1:16 それゆえ、【主】はこう仰せられる。『わたしは、あわれみをもってエルサレムに帰る。そこにわたしの宮が建て直される。─万軍の【主】の御告げ─測りなわはエルサレムの上に張られる。』1:17 もう一度叫んで言え。万軍の【主】はこう仰せられる。『わたしの町々には、再び良いものが散り乱れる。【主】は、再びシオンを慰め、エルサレムを再び選ぶ。』」】

①主は、回復の時をすでに定めておられます。
そしてあるきっかけを通じて、主の御手を動かされるのです。

主の御手が動き始めたならば、
季節が変わるように、すべてが変わります。

寒い冬に動けなかったようなことが、
暖かい春になると、
自然にできるようになるのと同じです。

②主が与える「季節の変化」は、必ずやってきます。

・・・主の約束を信じましょう。
そしてその約束にとどまりましょう。
それが悪い力に立ち向かう武器になるのです。

心を準備しましょう。
前に進むことのできる実力をつけましょう。

未来の「季節の変化」を、前もって知る者は、
その時にすべきことの「備え」ができるのです。YccFuji








20151007

by Happiness-eachday | 2015-10-07 05:11 | 2015年10月‐12月 | Trackback

10月6日ゼパニヤ1-3章『回復の時の前に、準備をする者』

懸賞 2015年 10月 06日 懸賞

『回復の時の前に、準備をする者』

【3:15 【主】はあなたへの宣告を取り除き、あなたの敵を追い払われた。イスラエルの王、【主】は、あなたのただ中におられる。あなたはもう、わざわいを恐れない。3:16 その日、エルサレムはこう言われる。シオンよ。恐れるな。気力を失うな。3:17 あなたの神、【主】は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。・・・】

①主は、創造主を信じる者たちに
「回復の約束」をされています。

②主が「回復の作業」を始められたならば、
主が確実に私たちの中で働かれ、
「主の働き」を否定することができなくなります。

そして、主の具体的な働きの為に、
「災いを恐れなく」なるのです。

また誘惑を退け、
問題の中にあったとしても、
主からの「深い平安」が与えられるのです。

・・・「主の回復の時」を、待ち望みましょう。
そしてそれが「必ず来ること」を、固く信じて、
毎日を生活しましょう。

そのような信仰を持つ者は、
主の働きの始まる前に、「準備の時」を過ごしているのです。YccFuji










20151006

by Happiness-eachday | 2015-10-06 05:05 | 2015年10月‐12月 | Trackback

10月5日ハバクク1-3章『待つときには、待つ信仰』

懸賞 2015年 10月 05日 懸賞

『待つときには、待つ信仰』

【2:1 私は、見張り所に立ち、とりでにしかと立って見張り、主が私に何を語り、私の訴えに何と答えるかを見よう。2:2 【主】は私に答えて言われた。幻を板の上に書いて確認せよ。これを読む者が急使として走るために。2:3 この幻は、定めの時について証言しており、終わりについて告げ、まやかしを言ってはいない。もしおそくなっても、それを待て。それは必ず来る。遅れることはない。・・・】

①ハバククは、民の代表として主に祈り叫んだ預言者でした。

②そして主は「幻を書き記せ」と語られました。
更に主は、「主の計画を実現することを待つように」と語られたのです。

③主は様々なことを、私たちに「語られ」ます。
それは語られると、人々の励ましになるのです。
しかし私たちの感覚では、実現が「遅く思えること」が多いのです。

④この時に私たちはどうするのでしょうか。
祈りの中で、本当に主の御心であるかどうか、
み言葉としるしによって確認することは大切です。
(思い込みは信仰とは言えないないからです)

⑤そして、御心であることを確認したら、
私たちは待たなければなりません。

信仰者同士の励ましあいも助けになりますが、待つには忍耐が要ります。

・・・あなたが主の御心であると分かったことは、
只々忍耐深く待ち続けましょう。

主の計画が少し先にあるならば、焦りは禁物です。
ただ待つことが、あなたがすべきことなのです。YccFuji









20151005

by Happiness-eachday | 2015-10-05 05:33 | 2015年10月‐12月 | Trackback

10月4日ナホム1-3章『主に身を避ける道、悔い改めの道』

懸賞 2015年 10月 04日 懸賞

『主に身を避ける道、悔い改めの道』

【1:1 ニネベに対する宣告。エルコシュ人ナホムの幻の書。・・・
1:7 【主】はいつくしみ深く、苦難の日のとりでである。主に身を避ける者たちを主は知っておられる。1:8 しかし、主は、あふれみなぎる洪水で、その場所を滅ぼし尽くし、その敵をやみに追いやられる。1:9 あなたがたは【主】に対して何をたくらむのか。主はすべてを滅ぼし尽くす。仇は二度と立ち上がれない。・・・】

①アッシリヤの首都、ニネベは
ヨナのメッセージで、悔い改めることにより、
裁きを受けずに済みました。

しかしその後、アッシリヤは高慢になり、
主からの裁きを受けてしまうのです。

②昨日も書きましたが、
主の喜ばれることは「主と共に歩み続けること」です。
そのためには、いつもへりくだって
「主の言葉を聞く姿勢」を持ち続けることが大切なのです。

③主に信頼し、主に身を避ける者を主は知っておられるのです。
しかし反対に、主に反逆し続ける人には、
主は裁きの手を伸ばさざるを得ないのです。

・・・主がどのようなお方であるかを知りましょう。
そして裁きを受けないために、(主に立ち返る)悔い改めの道を歩みましょう。

「主に立ち返ること」なしには、
苦しみから逃れることはできないのです。YccFuji










20151004

by Happiness-eachday | 2015-10-04 05:39 | 2015年10月‐12月 | Trackback

10月3日ミカ4-7章『主が、私たちに求めておられることは?』

懸賞 2015年 10月 03日 懸賞

『主が、私たちに求めておられること』
【6:6 私は何をもって【主】の前に進み行き、いと高き神の前にひれ伏そうか。全焼のいけにえ、一歳の子牛をもって御前に進み行くべきだろうか。
6:8 主はあなたに告げられた。人よ。何が良いことなのか。【主】は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公義を行い、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。】

①ミカはこの個所で
「神に受け入れられるにはどうしたらよいか」の「問い」を発し、
「神様の答え」をあらわしてくれました。

②それは、「主と共に歩むこと」です。

一瞬だけ主の願いを聞き、従うことはできるでしょう。
しかし「自我」が強ければ、
すぐに「自分の願うよう」に移ってしまうのです。

③しかし、「ずっと主と共に歩もうと」考えるならば、
「主の言葉を聞き続けること」になるのです。

④主の言葉を聞き続けるためには、
「主にへりくだる」ことが大切です。

主の導きを、理性は持ちつつも
「自分の考え以上に尊重」するのです。

ペテロが言った
「主のお言葉ですから従います」という姿勢を持つことです。

その姿勢を持つ者は、
ますます主の言葉が、「純粋に分かるように」なります。

・・・主の言葉を聞き続けましょう。
そして主と共に歩み続けましょう。
これが「主に最も喜ばれること」なのです。YccFuji









20151003

by Happiness-eachday | 2015-10-03 05:13 | 2015年10月‐12月 | Trackback

10月2日ミカ1-3章『誰が環境を整えて下さるのか?』

懸賞 2015年 10月 02日 懸賞

『誰が環境を整えて下さるのか?』

【2:12 ヤコブよ。わたしはあなたをことごとく必ず集める。わたしはイスラエルの残りの者を必ず集める。わたしは彼らを、おりの中の羊のように、牧場の中の群れのように一つに集める。こうして人々のざわめきが起ころう。2:13 打ち破る者は、彼らの先頭に立って上って行き、彼らは門を打ち破って進んで行き、そこを出て行く。彼らの王は彼らの前を進み、【主】が彼らの真っ先に進まれる。】

①主はミカを通じて、回復の預言を語られました。
主は「イスラエルの残りのもの(忠実なもの)」を、集めると約束したのです。

②これが後に起こる「バビロン捕囚からの解放」を現しているならば、
主は前もって「裁きの後の回復」を約束されていたといえます。
その時、主のざわめき(喜び)が起こり、
主ご自身が、彼らを導かれるのです。

③回復も助けも「主ご自身の力」によってなされます。
私たち人間は、「自分の頑張り」を誇りますが、
その道を企画し、
準備したお方は「主ご自身」であることを、
私たちは忘れてはいけないのです。

・・・物事を冷静に観察しましょう。
もしそのよう周りを見るならば、
誇れると思ったことでさえも、
主の援助や他の人の援助によって準備されたものであることに、
気が付くはずなのです。

そして何よりも、一番の源は、
「主ご自身」であることに気が付くのです。YccFuji







20151002

by Happiness-eachday | 2015-10-02 04:56 | 2015年10月‐12月 | Trackback

10月1日ヨナ1-4章『主に祝福される秘訣』

懸賞 2015年 10月 01日 懸賞

『主に祝福される秘訣』

【3:4 ヨナはその町に入って、まず一日目の道のりを歩き回って叫び、「もう四十日すると、ニネベは滅ぼされる」と言った。3:5 そこで、ニネベの人々は神を信じ、断食を呼びかけ、身分の高い者から低い者まで荒布を着た。3:6 このことがニネベの王の耳に入ると、彼は王座から立って、王服を脱ぎ、荒布をまとい、灰の中にすわった。・・・
3:10 神は、彼らが悪の道から立ち返るために努力していることをご覧になった。それで、神は彼らに下すと言っておられたわざわいを思い直し、そうされなかった。】

①主は、ヨナを通じて、
ニネベに「悔い改めるように」と語らせました。
するとニネベに人々は、心から悔い改め、主の憐みを求めました。

②すると主は、裁きを思い直されたのです。

③主は悔い改める者を、救い出し助けるお方です。
それは、どんな民族に対しても同じなのです。

イスラエルを攻め立てた、
アッシリヤの首都ニネベの人たちに対しても同じだったのです。

④主に前に私たちが罪を示されたならば、
「素直に悔い改めること」が最も大切です。

それは早いうちが良いのです。
悔い改めの時間が早い程、救いと回復も早くなるのです。

・・・私たちを造られた「創造主」がそのようなお方であることを理解して、
信仰生活を持ちましょう。
主はそのようなあなたを祝福してくださるはずです。YccFuji










20151001

by Happiness-eachday | 2015-10-01 05:03 | 2015年10月‐12月 | Trackback