人気ブログランキング |

カテゴリ:2015年10月‐12月( 89 )

懸賞 懸賞

12月19日へブル10-13章『終末の時代を、目を覚まして生きる。』

懸賞 2015年 12月 19日 懸賞

『終末の時代を、目を覚まして生きる。』

【10:22 そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。10:23 約束された方は真実な方ですから、私たちは動揺しないで、しっかりと希望を告白しようではありませんか。10:24 また、互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合おうではありませんか。10:25 ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。
10:36 あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。】

①へブル書の記者は、
いけにえでは聖められなかった罪を、
「イエス様の十字架の血潮」は完全に聖めることを書き記しました。

②ですから「聖められた者」は、
主に近づき、
主の願いを考えて生きることが必要であることを記したのです。

③聖められなければ、主に「近づくこと」はできません。
そして聖められた者は、
「主と共に生きたい」と願うのです。

④あなたは主に近づきたいと思いますか?
主の愛をもっと体験し、主に喜ばれるように生きたいと願いますか?

⑤私たちは「一人では弱い時」があります。
ですから、へブル書の記者は
「定期的に集まるように」と勧めているのです。

悪魔の力も具体的に働きますので、
クリスチャン同士が集まらないと
「主を求める感覚が鈍く」なってしまうのです。

・・・「聖められた者」として、大胆に主に近づきましょう。
そしていつも集まり、励ましあいましょう。
あきらめず、忍耐を持ちましょう。

現在、マタイ24章にある終末(世の終わり)の兆候が見えています。
私たちは祈りながら、
「目を覚ました」クリスチャン生活を送るべきなのです。YccFuji








20151219

by Happiness-eachday | 2015-12-19 04:57 | 2015年10月‐12月 | Trackback

12月18日へブル7-9章『終末の時代に心がけること』

懸賞 2015年 12月 18日 懸賞

『終末の時代に心がけること』

【9:27 そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、9:28 キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られるのです。】

①私たち人間は、「いつかは死」にます。
そして地上の生活を終えて、
死後の世界(永遠の世界)に入るのです。

②この世界は創造主が造られ、
善悪の基準が定められています。

そして、私たちは、死んだ後、
創造主の判断によって、行く場所が決まります。
私たち人間の「自己判断」では、ないことを覚えなければなりません。

③死後に「主の裁きの時」があるのです。
それによって『天国』か『そうでない場所』に行くかが決まるのです。

④イエス様が十字架に架かって下さったお陰で、
「信じるだけ」で罪が赦され
「確実に天国に入れる道」が備えられました。
そして世の終わりの前に、
イエス様は「もう一度やってこられる(再臨される)」のです。

・・・聖書の教えをもう一度整理しましょう。
そして信じなければいけないポイントを明確にしましょう。

十字架と復活、そして再臨は「聖書が教える事実」です。
そして、これからそのすべてを理解できる時代
(終末の時代:マタイ24章)
がやってくるのです。YccFuji







20151218

by Happiness-eachday | 2015-12-18 05:19 | 2015年10月‐12月 | Trackback

12月17日へブル4-6章『安息を受け取る』

懸賞 2015年 12月 17日 懸賞

『安息を受け取る』

【4:1 こういうわけで、神の安息に入るための約束はまだ残っているのですから、あなたがたのうちのひとりでも、万が一にもこれに入れないようなことのないように、私たちは恐れる心を持とうではありませんか。4:2 福音を説き聞かされていることは、私たちも彼らと同じなのです。ところが、その聞いたみことばも、彼らには益になりませんでした。みことばが、それを聞いた人たちに、信仰によって、結びつけられなかったからです。4:3 信じた私たちは安息に入るのです。・・・
4:11 ですから、私たちは、この安息に入るよう力を尽くして努め、あの不従順の例にならって落後する者が、ひとりもいないようにしようではありませんか。】

①へブルの記者は、
み言葉を聞いても「信仰によって結び付けられない」と益とならないと、語りました。

②知識でいくら知っていても、
単なる知識だけでは、安息を得られないのです。

③イエス様を信じることができることは、
「神の選びであり」「恵み」です。

しかし選ばれた者も
「落伍することがないように」努力することを、勧められているのです。

・・・主の選びの中にいる人は、
「落伍しなければ(あきらめなければ)」、
必ず「主が与えようとされているもの」を受け取ることができます。

あきらめは禁物です。
そのために祈り励ましあって「救いの道」を達成しましょう。

「イエス様が苦しまれ」「十字架の犠牲」を支払われたのは、
私たちがそれらを得る為なのですから。YccFuji











20151217

by Happiness-eachday | 2015-12-17 05:46 | 2015年10月‐12月 | Trackback

12月16日へブル1-3章『人生の一番大切な選択と、それをした者の価値』

懸賞 2015年 12月 16日 懸賞

『人生の一番大切な選択と、それをした者の価値』

【2:11 それで、主は彼らを兄弟と呼ぶことを恥としないで、こう言われます。2:12 「わたしは御名を、わたしの兄弟たちに告げよう。教会の中で、わたしはあなたを賛美しよう。」2:13 またさらに、「わたしは彼に信頼する。」またさらに、「見よ、わたしと、神がわたしに賜った子たちは。」と言われます。
2:14 そこで、子たちはみな血と肉とを持っているので、主もまた同じように、これらのものをお持ちになりました。これは、その死によって、悪魔という、死の力を持つ者を滅ぼし、2:15 一生涯死の恐怖につながれて奴隷となっていた人々を解放してくださるためでした。・・・】

①イエス様は、神の子として天に存在しておられましたが、
私たちの「罪の赦し」の為に、
この地上にきて十字架にかかって下さり、
使命を果たされました。

②私たちは、本来、罪にまみれ、汚れと苦しみの中にいました。
「捨てられても文句の言えない存在」だったのです。

しかし、イエス様は私たちを「信頼して下さり」
「喜んで下さり」
「天の父が与えた大切な存在」と、見て下さっているのです。

何と「ありがたいこと」ではないでしょうか。

③そしてイエス様は、
私たちのために「死と悪魔の力」を打ち砕いて下さり、
奴隷の状態のしばりから解放してくださいました。

イエス様を信じる者は「悪魔から自由に」なっているのです!!

・・・イエス様を信じ、
イエス様のもの(ありがたい言葉です)になっている者は、
罪の赦しと天国の約束が与えられ、
(死後だけではなく)地上でもたくさんの祝福を受けられるのです。

人生にいろいろな大切な選択があります。

しかし、「人生で一番大切な選択」は、
「あなたを大切だ」と言って下さる
「イエス様を受け入れること」なのです。YccFuji








20151216

by Happiness-eachday | 2015-12-16 04:58 | 2015年10月‐12月 | Trackback

12月15日ピレモンの手紙『自分の意思で、物事を行う』

懸賞 2015年 12月 15日 懸賞

『自分の意思で、物事を行う』

【1:12 そのオネシモを、あなた(ピレモン)のもとに送り返します。彼は私の心そのものです。1:13 私は、彼を私のところにとどめておき、福音のために獄中にいる間、あなたに代わって私のために仕えてもらいたいとも考えましたが、1:14 あなたの同意なしには何一つすまいと思いました。それは、あなたがしてくれる親切は強制されてではなく、自発的でなければいけないからです。・・・】

①パウロは、ピレモンに、彼の家からの逃亡奴隷、オネシモについて書き送りました。

②当時逃亡奴隷は死刑となるはずでした。
しかし主の導きにより、オネシモは獄中のパウロの働きを通じて、クリスチャンになったのです。

③パウロはここで、ピレモンの「自由意思」を尊重して手紙を書いています。
「オネシモを赦してほしい」という願いを
「依頼」という形で書き記したのです。

④信仰生活では「自由意思」が最も大切です。
いやいやでもなく強いられてでもなく「心で決めた通り」に行うことが、
健全な信仰生活なのです。

・・・あなたはイエス様を信じ従う生活を、「喜んで」していますか?
「本音の祈り」は絶えず主に語り続けるべきです。
(それによって心を「整理し」「受け止めて」いただくことは大切です)

しかしそのうえで、「自分の意思」を自覚して
「喜んで」応答することが「大切」なのです。

・・・「神様の願い」や「したほうが良いこと」を
喜んで行いましょう。

それは単なる理想論ではなく、
「主への祈り」によって実行できることなのです。YccFuji







20151215

by Happiness-eachday | 2015-12-15 04:53 | 2015年10月‐12月 | Trackback

12月14日テトス1-3章『健全な教えを聞くこと、そのように生きること』

懸賞 2015年 12月 14日 懸賞

『健全な教えを聞くこと、そのように生きること』

【2:1 しかし、あなたは健全な教えにふさわしいことを話しなさい。2:2 老人たちには、自制し、謹厳で、慎み深くし、信仰と愛と忍耐とにおいて健全であるように。2:3 同じように、年をとった婦人たちには、神に仕えている者らしく敬虔にふるまい、悪口を言わず、大酒のとりこにならず、良いことを教える者であるように。2:4 そうすれば、彼女たちは、若い婦人たちに向かって、夫を愛し、子どもを愛し、2:5 慎み深く、貞潔で、家事に励み、優しく、自分の夫に従順であるようにと、さとすことができるのです。それは、神のことばがそしられるようなことのないためです。・・・】

①パウロは、自分が導いた弟子のテトスに対して
「励ましとアドバイス」として、この手紙を書きました。

②パウロは「神を知っている」と言いながら
「反抗的な者・空論に走る者」に対して強く批判をしたのです。

③私たちは「健全な教え」を大切にしなければなりません。
そして健全な教えとは、「言うだけでなく実行する教え」なのです。

④「自分が実行」していて(努力をしていて)、
はじめて、「人に教えること」ができるのです。
「できていないこと」は教えることができません。

・・・「健全な教え」を学びましょう。
そしてそれに「ふさわしいこと」を話しましょう。

これはテトスにだけでなく、
成長したいすべてのクリスチャンに、当てはまることなのです。YccFuji








20151214

by Happiness-eachday | 2015-12-14 04:57 | 2015年10月‐12月 | Trackback

12月13日2テモテ1-4章『み言葉を伝える恵み』

懸賞 2015年 12月 13日 懸賞

『み言葉を伝える恵み』

【4:2 みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。4:3 というのは、人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分につごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、4:4 真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。4:5 しかし、あなたは、どのような場合にも慎み、困難に耐え、伝道者として働き、自分の務めを十分に果たしなさい。・・・】

①この手紙は、使徒パウロから弟子のテモテに書いたものです。
パウロはテモテを励まし、
力強く神の働きを進めることを願いました。

②終わりの時代が近づくと、
「健全な教え」ではなく
「耳障りの良い教え」を聞きたいと願う人々が現れることがここに書かれています。

「耳障りの良い教え」とは、
「聖書の価値観を主張しない教え」です。

「イエス様の願い」と考えるのではなく、
「自分たちの願い」を主張する教えです。

③あなたは、「自分の考え(願い)」が、
「イエス様が喜ぶかどうか」を考えて行動していますか?

それを考える人は、
「悔い改め」や「聖めの生活」ができる人です。
そうでない人は、
「そのままの自分」を大切にしすぎて、イエス様の願いを無視するのです。

・・・パウロはテモテに、「はっきりと語るように」勧めました。

あなたは聖書の価値観を、まず「自分にはっきりと」伝えていますか?
(人に伝える時には愛と配慮が要りますが)
人にも伝えようと努めていますか?

「イエス様の願い」を伝えることは
「あなたの幸せ」そして
「他の人の幸せ」につながるのです。YccFuji






20151213

by Happiness-eachday | 2015-12-13 04:53 | 2015年10月‐12月 | Trackback

12月12日1テモテ4-6章『信仰の鍛錬』

懸賞 2015年 12月 12日 懸賞

『信仰の鍛錬』

【4:8 肉体の鍛練もいくらかは有益ですが、今のいのちと未来のいのちが約束されている敬虔は、すべてに有益です。4:9 このことばは、真実であり、そのまま受け入れるに値することばです。・・・
4:16 自分自身にも、教える事にも、よく気をつけなさい。あくまでそれを続けなさい。そうすれば、自分自身をも、またあなたの教えを聞く人たちをも救うことになります。・・・
6:6 満ち足りる心を伴う敬虔こそ、大きな利益を受ける道です。】

①使徒パウロは、
若い弟子のテモテに自分の学んだことを伝えました。

その中で最も大事なこととして書いたのは
「信仰(敬虔)の鍛錬」です。

②いくら知識を持っていても、
それを語る人が「未熟」ならば、その知識が死んでしまいます。

知識は、生活に活用できて初めて
「生きたもの」となるのです。

③ですから、学んだことをまず
「自分に教えること」が大切なのです。
そうすれば「自分を救い(成長させ)」教えを聞いた人を「救う(成長させること)」ができるのです(4:16)。

自分に教えないならば、
聞いた人は
「言うだけで行わなくてもよい」と考えてしまいます。

これでは福音の力は伝わりにくいのです。

・・・心の成長(敬虔)を求めましょう。
「いつまでも幼いままでよい」という幻影を捨てましょう。

肉体の訓練をすれば「必ず体力がつく」ように、
信仰の鍛錬をすれば、「必ず敬虔さが成長する」のです。

これがイエス様の願いでもあるのです。YccFuji








20151212

by Happiness-eachday | 2015-12-12 05:43 | 2015年10月‐12月 | Trackback

12月11日1テモテ1-3章『とりなしの祈りの力』

懸賞 2015年 12月 11日 懸賞

『とりなしの祈りの力』

【2:1 そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。2:2 それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。2:3 そうすることは、私たちの救い主である神の御前において良いことであり、喜ばれることなのです。2:4 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。・・・】

①使徒パウロは、
上の立場の人のために「とりなし祈るように」命じました。

パウロはローマ人への手紙13章で
「上に立つ権威を尊重するように」と書き記しました。
支配者を恐ろしいと思う時は「悪い行いをする時」だからというのがパウロの主張です。

②私たちは、上の立場の人に「媚びを売ったり恐れたりする」必要はありません。
しかしその重責や立場を理解し、尊重することは大切なことなのです。
神は「平和と秩序の神(1コリント14:33)」だからです。

③愛でもって「上の立場の人」とも関わりましょう。
そのためにも「とりなし祈ること」が役に立つのです。

あらゆる立場の人と「対等の精神で関わること(恐れではなく)」は、
イエス様の愛と福音を伝える為にも
「大切な関わり方」なのです。YccFuji








20151211

by Happiness-eachday | 2015-12-11 05:35 | 2015年10月‐12月 | Trackback

12月10日2テサロニケ1-3章『何を吸収して生きるのか、聖書の価値観』

懸賞 2015年 12月 10日 懸賞

『何を吸収して生きるのか、聖書の価値観』

【2:13 しかし、あなたがたのことについては、私たちはいつでも神に感謝しなければなりません。主に愛されている兄弟たち。神は、御霊による聖めと、真理による信仰によって、あなたがたを、初めから救いにお選びになったからです。2:14 ですから神は、私たちの福音によってあなたがたを召し、私たちの主イエス・キリストの栄光を得させてくださったのです。2:15 そこで、兄弟たち。堅く立って、私たちのことば、または手紙によって教えられた言い伝えを守りなさい。・・・】

①使徒パウロは、「不法の人」について記しています。
彼らは、サタンの影響下にいて、
「イエス様の十字架の愛」を受け入れることができず(2:10)、
迷わされているのです。

②信じた者たちは、
「主に選ばれた人」で、
主の愛が分かる「主に愛された人」なのです。

③しかし、主に選ばれた人も「しなければならないこと」があります。
それはパウロたちが教えた「正しい信仰」に立ち続けることです。

自分なりの信仰や偏った信仰ではなく、
聖書のことばに立ち続ける「信仰」です。

④創造主に選ばれた人も、
「悪い食べ物を食べ続けた」ならば病気になります(または成長が偏ります)。

私たちは「何を吸収するか」を吟味しなければなりません。
良い純粋な食べ物(聖書の価値観)を
食事と同じように、吸収し続ける必要があるのです。

今朝も聖書を読んだあなたは
「良い食べ物」を吸収して一日を出発できるのです。YccFuji






20151210

by Happiness-eachday | 2015-12-10 05:31 | 2015年10月‐12月 | Trackback