人気ブログランキング |

カテゴリ:2015年4-6月( 90 )

懸賞 懸賞

5月21日エステル記4-6章『主に訴えると、主は聞いて下さる』

懸賞 2015年 05月 21日 懸賞

『主に訴えると、主は聞いて下さる』

【6:1 その夜、王は眠れなかったので、記録の書、年代記を持って来るように命じ、王の前でそれを読ませた。6:2 その中に、入口を守っていた王のふたりの宦官ビグタナとテレシュが、アハシュエロス王を殺そうとしていることをモルデカイが報告した、と書かれてあるのが見つかった。6:3 そこで王は尋ねた。「このために、栄誉とか昇進とか、何かモルデカイにしたか。」王に仕える若い者たちは答えた。「彼には何もしていません。」・・・】

①エステルは、ユダヤ人を救うために
「命がけ」で、王の前に行きました。

主は、
王の心に好意を与え、
エステルは死なずに済んだのです。

②この時、エステルは、
王とハマンに個人的な宴会に来てもらうように、
招きました。
そして初日では話ができず、
次の日にも来てほしいともう一度頼みました。

主は、この一晩に、不思議な導きをされたのです。

③主は、
王を眠らせず、記録を読ませるように導きました。
すると、ユダヤ人モルデガイに褒美を与えていないことに気がついたのです。

・・・ここからユダヤ人が祝福され、
ユダヤ人虐殺を考えたハマンがひどい目に合う流れが、始まりました。

④昨日も書きましたが、
エステル記は
「主が背後で歴史を導いておられる」史実を扱ったものです。
それは「主が、私たちの人生も導びいておられる」ことでもあるのです。

主が働けば、
一晩のうちに、すべてが「最悪から最善」に逆転することが、
歴史にはあるのです。

・・・主に祈りましょう。
主に祈るならば、主は応えて下さいます。

主は「歴史を支配」しておられ、
「苦しむ神の子たちの願い」を「聞いて下さるお方」なのです。YccFuji










20150521

by Happiness-eachday | 2015-05-21 05:37 | 2015年4-6月 | Trackback

5月20日エステル記1-3章『現状を受け入れる』

懸賞 2015年 05月 20日 懸賞

『現状を受け入れる』

【2:1 この出来事の後、アハシュエロス王の憤りがおさまると、王は、ワシュティのこと、彼女のしたこと、また、彼女に対して決められたことを思い出した。2:2 そのとき、王に仕える若い者たちは言った。「王のために容姿の美しい未婚の娘たちを捜しましょう。2:3 王は、王国のすべての州に役人を任命し、容姿の美しい未婚の娘たちをみな、シュシャンの城の婦人部屋に集めさせ、・・・」】

①エステル記は、
ユダヤ人がバビロン捕囚を受けていた時代、
ペルシャのアハシュエロス王の治世に起きた事実がまとめられたものです。

②王妃ワシュテイが、王の命令を守らずに王妃をはく奪されたこと。
ユダヤ人の娘であるエステルが新しい王妃として選ばれたこと。
ユダヤ人モルデガイが王暗殺を事前に防ぐことができたこと。
ユダヤ人の敵ハマンが、ユダヤ人の虐殺を計画したこと。
そして危機から助けられたこと。

③偶然のように思えることの中にも、
主の奇しい計画と導きがあったことを、私たちは知るのです。

④主は「歴史を支配しておられること」を知りましょう。
そのことは、
主は「私たちの人生を支配しておられる」という意味でもあるのです。

⑤ですから「逃げずに」、
祈りつつ「問題や苦しみ」を直視していくならば、
主は「最善の解決」へと導いて下さるのです。

これが、エステル記が私たちに伝える「メッセージ」なのです。YccFuji








20150520

by Happiness-eachday | 2015-05-20 05:34 | 2015年4-6月 | Trackback

5月19日ネヘミヤ10-13章『正しいことを実行する祝福』

懸賞 2015年 05月 19日 懸賞

『正しいことを実行する祝福』

【13:21 そこで、私は彼らをとがめて言った。「なぜあなたがたは、城壁の前で夜を過ごすのか。再びそうするなら、私はあなたがたに手を下す。」その時から、彼らはもう、安息日には来なくなった。13:22 私はレビ人に命じて、身をきよめさせ、安息日をきよく保つために、門の守りにつかせた。私の神。どうか、このことにおいてもまた、私を覚えていてください。そして、あなたの大いなるいつくしみによって私をあわれんでください。・・・】

①ネヘミヤは、城壁を再建した後、民に対して律法を伝えました。
そして根本的な宗教改革を行ないました。
また、安息日を破る者には具体的な対策をしました。

②御言葉を伝え、人の応答に委ねるだけでは
「上手くいかないこと」があります。
なぜなら人々は自分の利益になることを優先して、
しばしば「律法を平気で違反する」ことがあるからです。

その結果、信仰が崩れ、祝福も崩れていくのです。

③新約の現在、イエス様の十字架の赦しがありますが、
やはり「祝福を受ける道」と
「外れる道」があることを私たちは知るのです。

④聖書を読みましょう。
あなたに語られる「神の言葉」と大切にしましょう。
そして自分自身には「祝福を受ける道」を選ぶように
「自分自身を教え」「戒め」ましょう。

あなたを教える人は
「あなた自身」であり、
実行する人も
「あなた自身」なのです。

そして実行した人には「確かな祝福」が与えられます。

最も大切なことは・・・主は、あなたの実行を正しく評価して下さいますし、
正しくできるように「励まし助けて」下さるお方なのです。YccFuji








20150519

by Happiness-eachday | 2015-05-19 05:37 | 2015年4-6月 | Trackback

5月18日ネヘミヤ記7-9章『主を喜ぶことはあなた方の力』

懸賞 2015年 05月 18日 懸賞

『主を喜ぶことはあなた方の力』

【8:8 彼らが神の律法の書をはっきりと読んで説明したので、民は読まれたことを理解した。8:9 総督であるネヘミヤと、祭司であり学者であるエズラと、民に解き明かすレビ人たちは、民全部に向かって言った。「きょうは、あなたがたの神、【主】のために聖別された日である。悲しんではならない。泣いてはならない。」民が律法のことばを聞いたときに、みな泣いていたからである。
8:10 さらに、ネヘミヤは彼らに言った。「行って、上等な肉を食べ、甘いぶどう酒を飲みなさい。何も用意できなかった者にはごちそうを贈ってやりなさい。きょうは、私たちの主のために聖別された日である。悲しんではならない。あなたがたの力を【主】が喜ばれるからだ。(主を喜ぶことはあなた方の力です)」8:11 レビ人たちも、民全部を静めながら言った。「静まりなさい。きょうは神聖な日だから。悲しんではならない。」

①城壁が完成し、
学者エズラは、皆の前で律法の書を読み聞かせました。
すると民は、律法の意味を理解して、
良心の痛みのため泣いてしまったのです。

②しかしエズラは「喜ぶように」と民に語りました。
この時の相応しいことは「罪責感に苦しむこと」ではなく、
主を喜び「主の恵みを感謝すること」だったからです。

③新約にあっても、
「罪責感に苦しむこと」がイエス様の願いではありません。

罪を示され告白して
「聖められ・感謝すること」が主の願いなのです。

失敗や罪責感さえも赦されていることを感謝し
「主を見上げること(主を求めること)」が御心なのです。

主に感謝を捧げましょう。
「主を喜ぶことはあなた方の力」なのです。YccFuji









20150518

by Happiness-eachday | 2015-05-18 05:21 | 2015年4-6月 | Trackback

5月17日ネヘミヤ4-6章『状況ではなく、主の計画に立つ』

懸賞 2015年 05月 17日 懸賞

『状況ではなく、主の計画に立つ』

【4:7 ところが、サヌバラテ、トビヤ、アラブ人、アモン人、アシュドデ人たちは、エルサレムの城壁の修復がはかどり、割れ目もふさがり始めたことを聞いたとき、非常に怒り、4:8 彼らはみな共にエルサレムに攻め入り、混乱を起こそうと陰謀を企てた。4:9 しかし私たちは、私たちの神に祈り、彼らに備えて日夜見張りを置いた。・・・
6:14 わが神よ。トビヤやサヌバラテのあのしわざと、また、私を恐れさせようとした女預言者ノアデヤや、その他の預言者たちのしわざを忘れないでください。6:15 こうして、城壁は五十二日かかって、エルルの月の二十五日に完成した。】

①ネヘミヤが城壁の再建を人々に訴えると、
人々は積極的に参加しました。
しかし仕事がはかどる中で、
反対する者たちの攻撃も次第にひどくなっていったのです。

②ネヘミヤは知恵の限りを使い、
敵に対処する方法を考えました。
すると今度は身内から経済的な問題で再建を手伝えないという抗議が起きました。
それにもネヘミヤは対処をしました。
次にネヘミヤ自身に脅迫の手が伸びました。
その点でもネヘミヤは主の知恵を頂いて問題を乗り越えました。

③その結果、52日間という短期間で工事が完成したのです。

④主の計画を進める人は「問題に対処し続ける人」です。
物事を進めるうえで問題は必ず起こります。
まして、悪からの攻撃があれば、問題は益々大きくなります。

しかし「主の計画」であれば、
信仰を持って「主に祈り」を捧げる時に、
すべては乗り越えることができるのです。

⑤あなたは「現実」を見ますか。
それとも「主の約束」を見続けますか。

「主の約束」を握り続ける人は、
「状況」がどのようにひどくなろうとも「約束のゴール」に到達できる人なのです。YccFuji









20150517

by Happiness-eachday | 2015-05-17 05:16 | 2015年4-6月 | Trackback

5月16日ネヘミヤ記1-3章『人を通じて実現する神の計画』

懸賞 2015年 05月 16日 懸賞

『人を通じて実現する神の計画』

【1:4 私(ネヘミヤ)はこのことばを聞いたとき、すわって泣き、数日の間、喪に服し、断食して天の神の前に祈って、1:5 言った。「ああ、天の神、【主】。大いなる、恐るべき神。主を愛し、主の命令を守る者に対しては、契約を守り、いつくしみを賜る方。1:6 どうぞ、あなたの耳を傾け、あなたの目を開いて、このしもべの祈りを聞いてください。私は今、あなたのしもべイスラエル人のために、昼も夜も御前に祈り、私たちがあなたに対して犯した、イスラエル人の罪を告白しています。まことに、私も私の父の家も罪を犯しました。1:7 私たちは、あなたに対して非常に悪いことをして、あなたのしもべモーセにお命じになった命令も、おきても、定めも守りませんでした。・・・
1:11 ああ、主よ。どうぞ、このしもべの祈りと、あなたの名を喜んで敬うあなたのしもべたちの祈りとに、耳を傾けてください。どうぞ、きょう、このしもべに幸いを見せ、この人の前に、あわれみを受けさせてくださいますように。」そのとき、私は王の献酌官であった。】

①神殿が完成して70年がたった時、
城壁はまだ再建されず崩されたままでした。
そのことをネヘミヤが聞いた時、
心から悲しみ、悔い改めの祈りを捧げたのです。

主はこの祈りを用いて「神殿再建」の計画を進められました。

②主の計画が進むには「きっかけ」があります。
それはある状況を知った時に
「悲しみ悔い改める人」を用いられるのです。

そして祈りが「主に届けられる」と
すべてが「上手くいく」のです。
(権威者の許可・資材や安全の確保)(2章)

③あなたは祈りの人ですか?
もしそのように導かれているならば、
心からの祈りを捧げましょう。

天の御心は「人を通じて」始まり、
「実現していく」ものなのです。
そしてその「知恵」も「方法」も与えられるのです(2・3章)。YccFuji









20150516

by Happiness-eachday | 2015-05-16 05:25 | 2015年4-6月 | Trackback

5月15日エズラ記7-10章『主が与える使命に生きる』

懸賞 2015年 05月 15日 懸賞

『主が与える使命に生きる』

【7:1 これらの出来事の後(約56年後)、ペルシヤの王アルタシャスタの治世に、エズラという人がいた。
7:6 エズラはバビロンから上って来た者であるが、イスラエルの神、【主】が賜ったモーセの律法に通じている学者であった。彼の神、【主】の御手が彼の上にあったので、王は彼の願いをみなかなえた。
7:7 アルタシャスタ王の第七年にも、イスラエル人のある者たち、および、祭司、レビ人、歌うたい、門衛、宮に仕えるしもべたちのある者たちが、エルサレムに上って来た。7:8 エズラは王の第七年の第五の月にエルサレムに着いた。7:9 すなわち、彼は第一の月の一日にバビロンを出発して、第五の月の一日にエルサレムに着いた。彼の神の恵みの御手が確かに彼の上にあった。】

①神殿が再建され民には大きな喜びが与えられました。
しかし神殿を守るはずの城壁が崩れたまま、
50年以上経ってしまいました。
この時、用いられた人物が学者エズラであり、総督ネヘミヤだったのです。

②主は、時代によって特別な使命を人に与えます。
あなたの親の世代に主の用いられた人がおり(あなたは知らないかもしれませんが)、
あなたの時代に用いられる人がいて(あなたにも使命が与えられるのです)、
あなたの子供の時代に用いられる人が起こされるのです。

③主は「世代を超えて」働かれる神であることを知りましょう。

・・・主の使命を受け取りましょう。
一人だけしかいないところにも主の計画があると信じましょう。

主は、今もクリスチャンに語り続けておられるのです。YccFuji








20150515

by Happiness-eachday | 2015-05-15 05:09 | 2015年4-6月 | Trackback

5月14日エズラ4-6章『主のタイミングで進む』

懸賞 2015年 05月 14日 懸賞

『主のタイミングで進む』

【4:24 こうして、エルサレムにある神の宮の工事は中止され、ペルシヤの王ダリヨスの治世の第二年まで中止された。
5:1 さて、預言者ハガイとイドの子ゼカリヤの、ふたりの預言者は、ユダとエルサレムにいるユダヤ人に、彼らとともにおられるイスラエルの神の名によって預言した。
6:14 ユダヤ人の長老たちは、預言者ハガイとイドの子ゼカリヤの預言によって、これを建てて成功した。彼らはイスラエルの神の命令により、また、クロスと、ダリヨスと、ペルシヤの王アルタシャスタの命令によって、これを建て終えた。6:15 こうして、この宮はダリヨス王の治世の第六年、アダルの月の三日に完成した。】

①エルサレムの神殿の再建は、
様々な勢力によって反対され、中止に追い込まれました。
しかし主は預言者を通じて、
人々を励まし、再び再建を開始したのです。

②主は、ダリヨス王を用い、
クロス王によって神殿再建が命じられたことを確認させ、
政治的にもバックアップを受け、神殿再建は完成したのです。

③神の働きが成し遂げられるためには、
様々なことを乗り越えなければならないことを、
私たちは理解します。

しかし一番大切なことは、
「主の励まし」によって「前進すること」です。

進まない時は進みません。
しかし主が進むようにとゴーサインを出したならば、
すべてがうまくいくのです。

このしるしを見失わないことが大切です。
その為にも「いつも祈り」「感謝と賛美を捧げる」のです。

そうすれば「主の語りかけ」のタイミングを外さないのです。YccFuji









20150514

by Happiness-eachday | 2015-05-14 05:50 | 2015年4-6月 | Trackback

5月13日エズラ1-3章『感謝と賛美を捧げる』

懸賞 2015年 05月 13日 懸賞

『感謝と賛美を捧げる』

【3:10 建築師たちが【主】の神殿の礎を据えたとき、イスラエルの王ダビデの規定によって【主】を賛美するために、祭服を着た祭司たちはラッパを持ち、アサフの子らのレビ人たちはシンバルを持って出て来た。3:11 そして、彼らは【主】を賛美し、感謝しながら、互いに、「主はいつくしみ深い。その恵みはとこしえまでもイスラエルに」と歌い合った。こうして、【主】の宮の礎が据えられたので、民はみな、【主】を賛美して大声で喜び叫んだ。3:12 しかし、祭司、レビ人、一族のかしらたちのうち、最初の宮を見たことのある多くの老人たちは、彼らの目の前でこの宮の基が据えられたとき、大声をあげて泣いた。一方、ほかの多くの人々は喜びにあふれて声を張り上げた。・・・】

①バビロン捕囚後、
主はエレミヤの預言の通りにイスラエルの民を解放しました。
そして神殿の再建が始まったのです。

リーダーが立てられ、神殿の礎を造った時、人々は泣きました。

それは今までの苦しみを思いめぐらす涙であり、
神殿が立ち上がる喜びの涙であり、
老人たちにとっては期待通りでなかった涙でもありました。
(なぜならかつての大神殿とは規模が違う大きさだったからです)

②人々の様々な思いがそこにはありましたが、
大切なことは、神殿が「主の預言通り」に回復し始めたことです。

・・・主の約束は、「実行」されます。
時に人の期待通りに思えない時もあるでしょう。

しかし人の判断よりも「神の判断」を尊重すべきなのです。

どのような立場であっても「主に感謝と賛美」を捧げましょう。
あなたが感謝できない状況であっても
「感謝と賛美」を捧げる時に、
主の計画は前進するのです。YccFuji








20150513

by Happiness-eachday | 2015-05-13 05:04 | 2015年4-6月 | Trackback

5月12日Ⅱ歴代34-36章『へりくだるものを助け出される主』

懸賞 2015年 05月 12日 懸賞

『へりくだるものを助け出される主』

【36:17 そこで、主は、彼(ユダの王ゼデキヤ)らのもとにカルデヤ人の王を攻め上らせた。彼は、剣で、彼らのうちの若い男たちを、その聖所の家の中で殺した。若い男も若い女も、年寄りも老衰の者も容赦しなかった。主は、すべての者を彼の手に渡された。・・・
36:20 彼(カルデア人の王)は、剣をのがれた残りの者たちをバビロンへ捕らえ移した。こうして、彼らは、ペルシヤ王国が支配権を握るまで、彼とその子たちの奴隷となった。36:21 これは、エレミヤにより告げられた【主】のことばが成就して、この地が安息を取り戻すためであった。この荒れ果てた時代を通じて、この地は七十年が満ちるまで安息を得た。36:22 ペルシヤの王クロスの第一年に、エレミヤにより告げられた【主】のことばを実現するために、【主】はペルシヤの王クロスの霊を奮い立たせたので、王は王国中におふれを出し、文書にして言った。・・・】

①南ユダも、Ⅱ歴代誌の最後には、罪が満ち、
その裁きとしてバビロン捕囚を受けてしまいました。

彼らの特に王が「主を求める」より
「自分たちの利益を求める」ようになってしまったからです。

②信仰は(特に信仰のリーダーは)、
難しい状況になればなるほど、
「主を求める」人でなければなりません。

なぜなら、「自分たちの利益を第一」にしてしまうと、
「主が助けてくれない」と勝手に判断して、
簡単に「違うもの」に助けを求めてしまうからです。

その結果、自分だけでなく、
自分の周りの人にも、悪影響を与えるのです。

③しかし主は「憐れみ深い」ことを覚えましょう。
罪が満ちても、
悔い改めの期間の後には「回復の時」が与えられることを覚えましょう。

・・・あなたはどんな時でも「主を第一」にしていますか?
それが、「聖書が示す祝福の方法」です。

しかし失敗をしたとしても
「主が回復の神」であることを知りましょう。

主は私たちがへりくだるように導き、
その上で「助け出して下さるお方」なのです。YccFuji









20150512

by Happiness-eachday | 2015-05-12 05:19 | 2015年4-6月 | Trackback