人気ブログランキング |

カテゴリ:2014年7-9月( 90 )

懸賞 懸賞

9月20日ダニエル4-6章『主を第一にする、信仰の力』

懸賞 2014年 09月 20日 懸賞

『主を第一にする、信仰の力』

【6:3 ときに、ダニエルは、他の大臣や太守よりも、きわだってすぐれていた。彼のうちにすぐれた霊が宿っていたからである。そこで王は、彼を任命して全国を治めさせようと思った。6:4 大臣や太守たちは、国政についてダニエルを訴える口実を見つけようと努めたが、何の口実も欠点も見つけることができなかった。彼は忠実で、彼には何の怠慢も欠点も見つけられなかったからである。6:5 そこでこの人たちは言った。「私たちは、彼の神の律法について口実を見つけるのでなければ、このダニエルを訴えるどんな口実も見つけられない。」】

①ダニエルは、ネブカデナザル王、
その孫のペルシャツアル王に仕え、
その信仰から来る知恵によって、高い地位を与えられました。

その後の王となったダリオス王からも
厚い信頼を得ていたのです。

②一方、ダニエルを陥れようとする者たちがいました。
ダニエルの信仰心を利用して、彼を殺そうとしたのです。

③彼はそれでも「主を礼拝すること」をやめませんでした。
そしてライオンの穴に投げ込まれますが、
主はダニエルを守ったのです(23節)。

ダニエルが救出された後、
反対者は殺され、
ますますダニエルの立場は安定し強くなりました。
(そのことによって信仰者「ダニエルのアドバイス」が王に用いられ易くなり、神の計画が進みました)。

・・・ダニエルは、主を礼拝することを一番にしていたことが分かります。
これが彼の原動力だったからです。

私たちも、生き方として主を第一にしていくならば「同じような祝福(力)」を頂くことができます。
主から与えられた力を通じて、
教会内外で、用いられるようになるです。YccFuji








20140920

by Happiness-eachday | 2014-09-20 05:46 | 2014年7-9月 | Trackback

9月19日ダニエル1-3章『主に用いられる秘訣』

懸賞 2014年 09月 19日 懸賞

『主に用いられる秘訣』

【2:27 ダニエルは王に答えて言った。「王が求められる秘密は、知者、呪文師、呪法師、星占いも王に示すことはできません。2:28 しかし、天に秘密をあらわすひとりの神がおられ、この方が終わりの日に起こることをネブカデネザル王に示されたのです。あなたの夢と、寝床であなたの頭に浮かんだ幻はこれです。2:29 王さま。あなたは寝床で、この後、何が起こるのかと思い巡らされましたが、秘密をあらわされる方が、後に起こることをあなたにお示しになったのです。」】

①バビロンのネブカデネザル王の時代、
ユダヤ人ダニエルが、王の夢を解き明かしました。

その結果、彼はバビロンの長官に任命され、
ペルシャのクロス王の時代(バビロン捕囚からの解放)まで、
政治の中枢で大きな影響を与えたのです。

これは神の計画でした。

②創造主は、不思議な方法で人を用い、
一般の中で重要な働きをさせ、主の計画を進めるのです。

③しかしここには大切なポイントがあります。
ダニエルは主を信じ、
主の喜ぶことをしようと決めた「熱心な信仰者」だったということです。

主は信仰者を「教会の中だけ」で用いるのではありません。
一般の世の中、「教会の外」でも用いるのです。

・・・主に応答する者は、教会の外でも用いられます。
主の喜ぶことを第一に考えましょう。
そして教会の外でも通用する「バランス(適応力)」を持ちましょう。

妥協とバランス(適応力)は異なるのです。YccFuji








20140919

by Happiness-eachday | 2014-09-19 05:29 | 2014年7-9月 | Trackback

9月18日エゼキエル46-48章『近づく者が体験する命の川』

懸賞 2014年 09月 18日 懸賞

『近づく者が体験する命の川』

【47:1 彼は私を神殿の入口に連れ戻した。見ると、水が神殿の敷居の下から東のほうへと流れ出ていた。神殿が東に向いていたからである。その水は祭壇の南、宮の右側の下から流れていた。・・・
47:3 その人は手に測りなわを持って東へ出て行き、一千キュビトを測り、私にその水を渡らせると、それは足首まであった。47:4 彼がさらに一千キュビトを測り、私にその水を渡らせると、水はひざに達した。彼がさらに一千キュビトを測り、私を渡らせると、水は腰に達した。47:5 彼がさらに一千キュビトを測ると、渡ることのできない川となった。水かさは増し、泳げるほどの水となり、渡ることのできない川となった。・・・
47:9 この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水が入ると、そこの水が良くなるからである。この川が入る所では、すべてのものが生きる。】

①主はエゼキエルに、神殿から東に流れ出る「命の水の流れ」を見せました。
その水が流れるところは「すべてのものが生きる」のです。

②主は私たちに、主の元から流れる「命の水」を与えて下さいます。
この「主の力」に触れられると、命が与えられるのです。

③人間は本来、肉体的に生きると同時に、
この「主からの命」を頂いて、
生きるように出来ているのです。

④主の命の力は「泳げるほどに」豊かなものです。
それは深みに入れば入るほど、体験できるのです。

・・・主の御臨在の「深み」に入りましょう。
すでに川は流れています。
後はあなたが、信じ、求め、近づくだけで体験できるのです。YccFuji








20140918

by Happiness-eachday | 2014-09-18 06:30 | 2014年7-9月 | Trackback

9月17日エゼキエル43-45章『主の栄光がやって来られる時』

懸賞 2014年 09月 17日 懸賞

『主の栄光がやって来られる時』

【43:1 彼は私を東向きの門に連れて行った。43:2 すると、イスラエルの神の栄光が東のほうから現れた。その音は大水のとどろきのようであって、地はその栄光で輝いた。43:3 私が見た幻の様子は、私がかつてこの町を滅ぼすために来たときに見た幻のようであり、またその幻は、かつて私がケバル川のほとりで見た幻のようでもあった。それで、私はひれ伏した。43:4 【主】の栄光が東向きの門を通って宮に入って来た。43:5 霊は私を引き上げ、私を内庭に連れて行った。なんと、【主】の栄光は神殿に満ちていた。】

①エゼキエルは、
幻の神殿に「主の栄光」がやって来られるのを見ました。
そしてその「栄光」は、神殿の中に満ちたのです。

神殿は主がおられるところです。
その中心は主の臨在です。

②新約では、私たちの身体も「主の宮」を言われています。
ですからその真ん中には「主の臨在」があります。

③しかしながらここで、「主の臨在」は移動するということを知りましょう。
主はある時に「やって来られる」のです。

・・・あなたの心は「主が好まれる場所」になっていますか?
いつも告白と悔い改めによって心を清めて頂きましょう。

私たちが「主と共にいたい」ように、
主も「私たちと共にいたいと考えて下さるお方」なのです。

心を準備し、いつも「主の豊かなご臨在」を招くのです。
「主よ。私たちの心におはいりください」と祈り続けましょう。YccFuji








20140917

by Happiness-eachday | 2014-09-17 05:08 | 2014年7-9月 | Trackback

9月16日エゼキエル40-42章『主からの幻を受け取る』

懸賞 2014年 09月 16日 懸賞

『主からの幻を受け取る』

【40:1 私たちが捕囚となって二十五年目の年の初め、その月の十日、町が占領されてから十四年目のちょうどその日、【主】の御手が私の上にあり、私をそこへ連れて行った。40:2 すなわち、神々しい幻のうちに、私はイスラエルの地へ連れて行かれ、非常に高い山の上に降ろされた。その南のほうに町が建てられているようであった。
40:5 そこに、神殿の外側を巡って取り囲んでいる壁があった。・・・
42:20 彼が外壁の回りを巡って四方を測ると、その長さは五百さお、幅も五百さおで、聖なるものと俗なるものとを区別していた。】

①エゼキエルは後の日に回復される、神殿の幻を見ました。
そして主よりそれを書き留めるように命じられたのです。

主は後の起こることの象徴として、
人々にこの幻を見せ、
人々の信仰を引き上げて下さいました。

②現実が否定的に見えても、
主は素晴らしい幻を下さる時があるのです。
それによって人々の信仰が引き上がるのです。

・・・主はあなたの人生にも、いくつかの幻を準備しておられます。
それを受け取ることができるように祈りましょう。

エゼキエルが一つ一つ測ることを命じられたように、
与えられたならば、できるだけ正確に受け取るのです。YccFuji








20140916

by Happiness-eachday | 2014-09-16 05:05 | 2014年7-9月 | Trackback

9月15日エゼキエル37-39章『生きよと語られるお方』

懸賞 2014年 09月 15日 懸賞

『生きよと語られるお方』

【37:9 そのとき、主は仰せられた。「息に預言せよ。人の子よ。預言してその息に言え。神である主はこう仰せられる。息よ。四方から吹いて来い。この殺された者たちに吹きつけて、彼らを生き返らせよ。」37:10 私が命じられたとおりに預言すると、息が彼らの中に入った。そして彼らは生き返り、自分の足で立ち上がった。非常に多くの集団であった。37:11 主は私に仰せられた。「人の子よ。これらの骨はイスラエルの全家である。ああ、彼らは、『私たちの骨は干からび、望みは消えうせ、私たちは断ち切られる』と言っている。・・・」】

①主はエゼキエルに、干からびた骨に対して預言をし、
息が吹き込まれることを、命じさせました。
すると息が入り、「いのち」が与えられたのです。

このことは神の民(イスラエル)の回復の象徴なのです。

②死んで生きることが不可能なような状況に置かれても、
【主】の言葉を受けて命じると、
命が回復するのです。

これは人間の力では不可能ですが、
創造主及びイエス様には可能なのです。

③生きる力が無くなり、死しか考えられない状態でも、
【主】が働かられると「その人は生きる」のです。
この「命」の力を【主】から頂きましょう。

・・・【主】は今日も、「生きよ」と語られるお方です。
それを「あなた自身に命じる」時、
「あなた自身」も生きるのです。YccFuji











20140915

by Happiness-eachday | 2014-09-15 05:53 | 2014年7-9月 | Trackback

9月14日エゼキエル34-36章『私たちの希望』

懸賞 2014年 09月 14日 懸賞

『私たちの希望』

【36:22 それゆえ、イスラエルの家に言え。神である主はこう仰せられる。イスラエルの家よ。わたしが事を行うのは、あなたがたのためではなく、あなたがたが行った諸国の民の間であなたがたが汚した、わたしの聖なる名のためである。
36:25 わたしがきよい水をあなたがたの上に振りかけるそのとき、あなたがたはすべての汚れからきよめられる。わたしはすべての偶像の汚れからあなたがたをきよめ、36:26 あなたがたに新しい心を与え、あなたがたのうちに新しい霊を授ける。わたしはあなたがたのからだから石の心を取り除き、あなたがたに肉の心を与える。36:27 わたしの霊をあなたがたのうちに授け、わたしのおきてに従って歩ませ、わたしの定めを守り行わせる。】

①主が捕囚から人々を解放されたのは、
人間が努力をしたからではありません。
主の「聖なる御名」のためです。

このことは私たちにとって「希望」です。
なぜなら主が願う聖さには、私たちは自力では到達できないからです。

②そして主は、「私たちを聖め」、主に従いやすくなる心を与えられるのです。
このことも「希望」です。
主に従うことも、自分の力ではできないのが、
悲しいことに私たちの本質なのです。

・・・主は一方的に全てのことを与えて下さったのです。
その最も大きなことが「イエス様の十字架と復活」です。

この種がまかれたので、
私たちは「イエス様の力」によって、
罪赦され、天国の約束を頂けるのです。
そして地上での助けも頂くことができるのです。

助けも祝福も、主の一方的な恵みです。
このことが分かるほどに、私たちは恵みを「まっすぐに」受け取ることができるのです。YccFuji








20140914

by Happiness-eachday | 2014-09-14 05:39 | 2014年7-9月 | Trackback

9月13日エゼキエル31-33章『人間のわがままと言い訳』

懸賞 2014年 09月 13日 懸賞

『人間のわがままと言い訳』

【33:17 あなたの民の者たちは、『主の態度は公正でない』と言っている。しかし、彼らの態度こそ公正でない。33:18 正しい人でも、自分の正しい行いから遠ざかり、不正をするなら、彼はそのために死ぬ。33:19 悪者でも、自分の悪から遠ざかり、公義と正義とを行うなら、そのために彼は生きる。33:20 それでもあなたがたは、『主の態度は公正でない』と言う。イスラエルの家よ。わたしはあなたがたをそれぞれの態度にしたがってさばく。」】

①主は私たちが正しく生きることを願い、
祝福を与えようと考えておられます。

ですから悪人が方向転換した(悔い改めた)なら、
裁きから解放され「生きる」と約束されたのです。

主の態度はいつも公正なのです。

②反対に私たちの態度はどうでしょうか。
自分のことを否定されたら(たとえそれが正しくても)
反発し、無視し、そして指摘した存在を批判するのです。
(私は悪くない○○が悪いのだと)

③しかしもし、主に対して批判をするならば、
それはいけません。
主は「私たちの命を造られた」お方であり、
「イエス様を送って下さり、罪の赦しと永遠の命を与え」、
「現在の環境」を与えてくださっているお方です。

その造り主の「意思に反すること」は、
私たちは本来できないはずなのです。

④しかしもし、そのお方(造り主)に反抗してしまったならば、
私たちができることは、
「できるだけ早くごめんなさいということ」 だけです。

・・・あなたは造り主の存在を信じていますか?
イエス様があなたの罪を赦して下さったことを知っていますか?
もしそれらを信じているならば、
理性的に行動しましょう。

時に私たちは、
理性で感情(衝動)を制御(コントロール)しなければならない時があるのです。
(不義からの方向転換です)。
今がその時かもしれないのです。YccFuji








20140913

by Happiness-eachday | 2014-09-13 00:16 | 2014年7-9月 | Trackback

9月12日エゼキエル28-30章『高ぶりの反面教師』

懸賞 2014年 09月 12日 懸賞

『高ぶりの反面教師』

【28:2 「人の子よ。ツロの君主に言え。神である主はこう仰せられる。あなたは心高ぶり、『私は神だ。海の真ん中で神の座に着いている』と言った。あなたは自分の心を神のようにみなしたが、あなたは人であって、神ではない。
28:6 それゆえ、神である主はこう仰せられる。あなたは自分の心を神の心のようにみなした。28:7 それゆえ、他国人、最も横暴な異邦の民を連れて来て、あなたを攻めさせる。彼らはあなたの美しい知恵に向かって剣を抜き、あなたの輝きを汚し、28:8 あなたを穴に投げ入れる。あなたは海の真ん中で、刺し殺される者の死を遂げる。28:9 それでもあなたは、自分を殺す者の前で、『私は神だ』と言うのか。あなたは人であって、神ではない。・・・】

①今日もツロについて取り上げます。
ツロの君主は商才もあり、多くの財産を得ました。
しかし主を恐れることなく、自分を絶対視してしまいました。
そして「高慢」に陥ってしまったのです。

これは悪魔が天から堕落した動機と同じものです。

そして「高慢な心」で進んでいくと、
どこかで崩れていくのです。

②私たちは作られた人間です。
どれだけ自分が完ぺきなように見えても、
造って下さった「創造主の手の中」でしか生きられないのです。

そして「創造主の願い」を認め、受け入れる(へりくだる)ようになるのです。

・・・理性では反発し、難しい時があるかもしれません。
しかし私たちは、
「自分を愛して下さったイエス様の十字架の心」を知ると、
「絶対的なお方」の前で自然に「へりくだる」ようになれるのです。YccFuji








20140912

by Happiness-eachday | 2014-09-12 05:34 | 2014年7-9月 | Trackback

9月11日エゼキエル25-27章『高ぶりの結果』

懸賞 2014年 09月 11日 懸賞

『高ぶりの結果』

【26:1 第十一年のその月の一日、私に次のような【主】のことばがあった。26:2 「人の子よ。ツロはエルサレムについて、『あはは。国々の民の門はこわされ、私に明け渡された。私は豊かになり、エルサレムは廃墟となった』と言ってあざけった。26:3 それゆえ、神である主はこう仰せられる。ツロよ。わたしはおまえに立ち向かう。海の波が打ち寄せるように、多くの国々をおまえに向けて攻め上らせる。」】

①ツロは、自分は美しい(27:3)と言い高ぶっていました。
また、エルサレムの崩壊を見た時、
エルサレムを憐れむのではなく、反対にあざけりました(1節)。

そしてこの後ツロは、預言(3節)の通りに、
バビロンと最終的にはアレクサンドロス大王によって
完全に滅ぼされてしまったのです。

高ぶりの結果は「滅び」であることが分かります。

②私たちの周りの人を見ていても
「人を見下しあざける人」は本人が試練にあった時に助ける人が少なく、
反対に「人を助け憐れみ深い人」は、
何かあった時に多くの人が助けてくれるのです。

③創造主は平等です。
どんな人でも、「高ぶる者は退けられ、へりくだる者は恵みを与えられる」のです。

・・・ですから我々も、「へりくだるべき」です。
「へりくだったふり」ではありません。

へりくだりには、絶対的基準を「信じ従うこと」が要求されます。
(基準がなければ、へりくだることは不可能ですから)。

あなたは絶対的な基準である創造主を信じていますか?
その願いに従おうと努力していますか?
「へり下った人生」は祝福を呼び込むのです。YccFuji












20140911

by Happiness-eachday | 2014-09-11 00:47 | 2014年7-9月 | Trackback