人気ブログランキング |

カテゴリ:2014年4-6月( 93 )

懸賞 懸賞

6月12日34-37篇『主を恐れること』

懸賞 2014年 06月 12日 懸賞

『主を恐れること』

【(ダビデによる)34:11 来なさい。子たちよ。私に聞きなさい。【主】を恐れることを教えよう。34:12 いのちを喜びとし、しあわせを見ようと、日数の多いのを愛する人は、だれか。34:13 あなたの舌に悪口を言わせず、くちびるに欺きを語らせるな。34:14 悪を離れ、善を行え。平和を求め、それを追い求めよ。・・・
34:18 【主】は心の打ち砕かれた者の近くにおられ、霊の砕かれた者を救われる。34:19 正しい者の悩みは多い。しかし、【主】はそのすべてから彼を救い出される。34:20 主は、彼の骨をことごとく守り、その一つさえ、砕かれることはない。34:21 悪は悪者を殺し、正しい者を憎む者は罪に定められる。
34:22 【主】はそのしもべのたましいを贖い出される。主に身を避ける者は、だれも罪に定められない。】

①私たちがいくら知恵者でも、主にかなうことはできません。
私たちは主を恐れることが最も大切な考え方なのです。

いくら理屈を語ったとしても、
自己を正当化したとしても、
主に逆らっては物事が一つも進まないのです。

主を恐れましょう。
理屈も大切ですが、主を恐れることが最も大切なことなのです。

そうすれば取るべき態度が
(神に対しても、人に対しても)
明らかになるのです。YccFuji
  









20140612

by Happiness-eachday | 2014-06-12 05:23 | 2014年4-6月 | Trackback

6月11日詩編30-33篇『ダビデの感謝の歌』

懸賞 2014年 06月 11日 懸賞

『ダビデの感謝の歌』

【32:8 わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道を教えよう。わたしはあなたがたに目を留めて、助言を与えよう。32:9 あなたがたは、悟りのない馬や騾馬のようであってはならない。それらは、くつわや手綱の馬具で押さえなければ、あなたに近づかない。32:10 悪者には心の痛みが多い。しかし、【主】に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。32:11 正しい者たち。【主】にあって、喜び、楽しめ。すべて心の直ぐな人たちよ。喜びの声をあげよ。】

①主は私たちに悟りを与えて下さいます。
その悟りを聞き続けるならば、正しい道に歩むことができるのです。

しかし自分の思いに執着して頑なになるならば、
馬や騾馬のようだと
、注意を与えているのです。

②平安・・・これが主と共に生きるものが頂く恵みです。
それに対して、悪者には不安がいつもあります。

③心の中の闇を打ち払いましょう。
小さな心の良い決断が、人生に大きな祝福を与えるのです。YccFuji









20140611

by Happiness-eachday | 2014-06-11 00:15 | 2014年4-6月 | Trackback

6月10日詩編26-29篇『主と共にいる幸せ』

懸賞 2014年 06月 10日 懸賞

『主と共にいる幸せ』

【(ダビデによる)27:4 私は一つのことを【主】に願った。私はそれを求めている。私のいのちの日の限り、【主】の家に住むことを。【主】の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために。27:5 それは、主が、悩みの日に私を隠れ場に隠し、その幕屋のひそかな所に私をかくまい、岩の上に私を上げてくださるからだ。27:6 今、私のかしらは、私を取り囲む敵の上に高く上げられる。私は、その幕屋で、喜びのいけにえをささげ、歌うたい、【主】に、ほめ歌を歌おう。27:7 聞いてください。【主】よ。私の呼ぶこの声を。私をあわれみ、私に答えてください。・・・
27:14 待ち望め。【主】を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め。【主】を。】

①ダビデは、主と共にいることを生涯の喜びとしていました。
そして主を仰ぎ見て、主の宮で「思いにふける」時間を、貴重な時間としていたのです。

②しかし時に主を遠く感じる時も、主に訴え、祈り続けていたのです。
そして自分自身に「主を待ち望め」と命じ続けたのです。

・・・主との交わりは私たちの最高の喜びの時間です。
その時間を大切にしましょう。
主の存在が実感できない時こと、主に祈り続けるのです。

主との関係は人間関係とも重なります。
祈れば祈る程、主との交わりの素晴らしさが「実感できる」ものなのです。YccFuji










20140610

by Happiness-eachday | 2014-06-10 00:29 | 2014年4-6月 | Trackback

6月9日詩編22‐25篇『苦しみの中の祈り』

懸賞 2014年 06月 09日 懸賞

『苦しみの中の祈り』

【(ダビデによる)25:1 【主】よ。私のたましいは、あなたを仰いでいます。25:2 わが神。私は、あなたに信頼いたします。どうか私が恥を見ないようにしてください。私の敵が私に勝ち誇らないようにしてください。25:3 まことに、あなたを待ち望む者はだれも恥を見ません。ゆえもなく裏切る者は恥を見ます。25:4 【主】よ。あなたの道を私に知らせ、あなたの小道を私に教えてください。25:5 あなたの真理のうちに私を導き、私を教えてください。あなたこそ、私の救いの神、私は、あなたを一日中待ち望んでいるのです。】

①私たちの人生には、苦しみを味わうことがあります。
ダビデはそんなときにでも、主に助けを求め
「主を待ち望むものは恥を見ない」と信仰の告白をし続けたのです。

②私たちも限界を通過する時があります。
しかしその時に、助けて下さる主がおられることを信じるものは幸いです。
その主を信じる時に、前を向いて歩むことができるからです。YccFuji










20140609

by Happiness-eachday | 2014-06-09 05:32 | 2014年4-6月 | Trackback

6月8日詩編18-21篇『主との関係』

懸賞 2014年 06月 08日 懸賞

『主との関係』

【(ダビデの賛歌)19:7 【主】のみおしえは完全で、たましいを生き返らせ、【主】のあかしは確かで、わきまえのない者を賢くする。19:8 【主】の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、【主】の仰せはきよくて、人の目を明るくする。19:9 【主】への恐れはきよく、とこしえまでも変わらない。【主】のさばきはまことであり、ことごとく正しい。19:10 それらは、金よりも、多くの純金よりも好ましい。蜜よりも、蜜蜂の巣のしたたりよりも甘い。19:11 また、それによって、あなたのしもべは戒めを受ける。それを守れば、報いは大きい。】

①創造主との関係は、素晴らしいものです。
ダビデはそのことを知っており、このような詩編を残しました。

私たちは、先人の信仰と姿勢を通じて、学ぶことができるのです。

②主は目には見えません。そして手で触ることもできません。
しかし主との関係は確かなものであり、
手で触れる以上に、私たちの生活に大きな影響があるのです。

今日はペンテコステの礼拝の日です。
イエス様が勝利をされ、天に帰られた後、聖霊が下った日です。
教会の誕生日でもあります。

今日は特に主を求め、主の力を体験したいと願います。
先人の信仰を模範として、主に近づきましょう。
主との関係は、永遠の宝物なのです。YccFuji










20140608

by Happiness-eachday | 2014-06-08 08:14 | 2014年4-6月 | Trackback

6月7日詩編14-17篇『主に祈る者の幸い』

懸賞 2014年 06月 07日 懸賞

『主に祈る者の幸い』

【(ダビデの詩)16:7 私は助言を下さった【主】をほめたたえる。まことに、夜になると、私の心が私に教える。16:8 私はいつも、私の前に【主】を置いた。【主】が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。16:9 それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。16:10 まことに、あなたは、私のたましいをよみに捨ておかず、あなたの聖徒に墓の穴をお見せにはなりません。16:11 あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。】

①主に祈り信頼する者は、
主からのたくさんの助言を受け取ることができます。
それを受け取れないならば、どれだけの損失でしょう。

②主は天から神を尋ね求めるものがいるかどうかを
ご覧になっています(14:2)。
ですから私たちは、朝に夕に祈り、主を求めたいのです。

③主は、主を信じるものを、苦しみの中に置き続けることはありません。
必ずいのちの道、祝福の道を与えて下さいます。

・・・ダビデの祈りと信仰を見習いましょう。
主は、私たちにも多くの祝福を与えようと、計画しておられるのです。YccFuji











20140607

by Happiness-eachday | 2014-06-07 09:32 | 2014年4-6月 | Trackback

6月6日詩編10-13篇『主よいつまでですか』

懸賞 2014年 06月 06日 懸賞

『主よいつまでですか』

【13:1 【主】よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになるのですか。いつまで御顔を私からお隠しになるのですか。13:2 いつまで私は自分のたましいのうちで思い計らなければならないのでしょう。私の心には、一日中、悲しみがあります。いつまで敵が私の上に、勝ちおごるのでしょう。13:3 私に目を注ぎ、私に答えてください。私の神、【主】よ。私の目を輝かせてください。私が死の眠りにつかないように。13:4 また私の敵が、「おれは彼に勝った」と言わないように。私がよろめいた、と言って私の仇が喜ばないように。13:5 私はあなたの恵みに拠り頼みました。私の心はあなたの救いを喜びます。13:6 私は【主】に歌を歌います。主が私を豊かにあしらわれたゆえ。】

①詩編13篇を読む時に、
ダビデも求めても受け取れない期間があったことを、私たちは知るのです。

そしてその期間は、まるで敵が勝ち誇るような状況だとダビデは描写したのです。

②しかしダビデはあきらめなかったことを知りましょう。
どれほどのプレッシャーの中でも、ダビデは主を信頼し、祈り求めたのです。

私たちもあきらめずに祈り続ける時に、
ダビデの受けた「助け」と同じような恵みを、受け取ることができるのです。YccFuji










20140606

by Happiness-eachday | 2014-06-06 05:24 | 2014年4-6月 | Trackback

6月5日詩編6-9篇『主との深い祈りの関係』

懸賞 2014年 06月 05日 懸賞

『主との深い祈りの関係』

【6:4 帰って来てください。【主】よ。私のたましいを助け出してください。あなたの恵みのゆえに、私をお救いください。6:5 死にあっては、あなたを覚えることはありません。よみにあっては、だれが、あなたをほめたたえるでしょう。6:6 私は私の嘆きで疲れ果て、私の涙で、夜ごとに私の寝床を漂わせ、私のふしどを押し流します。6:7 私の目は、いらだちで衰え、私のすべての敵のために弱まりました。6:8 不法を行う者ども。みな私から離れて行け。【主】は私の泣く声を聞かれたのだ。6:9 【主】は私の切なる願いを聞かれた。【主】は私の祈りを受け入れられる。】

①詩編6篇はダビデの「悩みの日の祈り」です。
ダビデは自分の気持ちをまっすぐに語っているのです。

②私たちが苦しみの時、主にどのように祈るでしょうか?
苦しみの時こそ、本音の深い祈りができるのです。

・・・主は目には見えません。
しかし正直でまっすぐな祈りは、主に受け入れられるのです。
私たちは事ある毎に(厳しい状況であればあるほど)
主に訴え、祈り続けましょう。

③ダビデはこの詩の最後に「主は私の祈りを受け入れられる」
と信頼の告白をしています。
私たちもそのような「祈りの深み」を経験できるのです。YccFuji








20140605

by Happiness-eachday | 2014-06-05 02:05 | 2014年4-6月 | Trackback

6月4日詩編1-5篇『ダビデの祈り(先人の祈りから学ぶ)』

懸賞 2014年 06月 04日 懸賞

『ダビデの祈り(先人の祈りから学ぶ)』

【指揮者のために。フルートに合わせて。ダビデの賛歌
5:1 私の言うことを耳に入れてください。【主】よ。私のうめきを聞き取ってください。5:2 私の叫びの声を心に留めてください。私の王、私の神。私はあなたに祈っています。5:3 【主】よ。朝明けに、私の声を聞いてください。朝明けに、私はあなたのために備えをし、見張りをいたします。・・・
5:11 こうして、あなたに身を避ける者がみな喜び、とこしえまでも喜び歌いますように。あなたが彼らをかばってくださり、御名を愛する者たちがあなたを誇りますように。5:12 【主】よ。まことに、あなたは正しい者を祝福し、大盾で囲むように愛で彼を囲まれます。】

①今日から詩編に入ります。
今朝はダビデの詩です。
ダビデは主と非常に「深い交わり」をした人物の一人です。
彼の主への信頼は「体験」からきているものです。

②主は「私たちのうめき」を知って下さり、
「私たちの主への愛」を受け止めて下さるお方です。

そのことをダビデは知っていたのです。

・・・私たちは先人の残して下さった遺産(聖書)を通じて、
創造主の愛と恵みを「追体験」できるのです。

私たちが信じる主は、『ダビデの信じる主』と同じお方です。
ですから詩編(ダビデや多くの作者の祈り)を通じて
「主への祈り」と
「主との関係の近さ(深さ)を」学ぶことができるのです。YccFuji









20140604

by Happiness-eachday | 2014-06-04 05:25 | 2014年4-6月 | Trackback

6月3日ヨブ記40-42章『悔い改めの後の回復』

懸賞 2014年 06月 03日 懸賞

『悔い改めの後の回復』

【42:1 ヨブは【主】に答えて言った。42:2 あなたには、すべてができること、あなたは、どんな計画も成し遂げられることを、私は知りました。42:3 知識もなくて、摂理をおおい隠す者は、だれか。まことに、私は、自分で悟りえないことを告げました。自分でも知りえない不思議を。42:4 さあ聞け。わたしが語る。わたしがあなたに尋ねる。わたしに示せ。42:5 私はあなたのうわさを耳で聞いていました。しかし、今、この目であなたを見ました。42:6 それで私は自分をさげすみ、ちりと灰の中で悔いています・・・】

①ヨブは苦難の中で主に訴え続けました。
そして最後に、主の言葉を聞くことができたのです。
彼は主の言葉を聞いた時、心からの悔い改めをしました。
彼は、神の言葉を通じて、神と争おうとした「自分の愚かさ」を悟ったのです。

②これは知性の理解ではありません。
自分のすべてをかけて祈った後の、
深い主のお取り扱いなのです。

③私たちに苦しみが起こる「一つの理由」は、
私たちが「真の悔い改めをするため」です。

自分の努力で乗り越えられる範囲は、まだ余裕があります。
しかし余裕がなくなり、恥も外聞もない状態で「叫ばなければならない状態」にまで追い込まれると、
私たちの心の奥の「深い部分の課題」が取り扱われるようになるのです。

主の計画の中、深い悔い改めを受けた人は、大きな祝福を頂いています。
ヨブはこの後、2倍の祝福と子孫の繁栄と長寿を主から頂き、
一生を祝福の中で終えることができたのです。

ヨブの物語を通じて、私たちは主のお取り扱いの方法を学ぶのです。YccFuji












20140603

by Happiness-eachday | 2014-06-03 05:15 | 2014年4-6月 | Trackback