人気ブログランキング |

カテゴリ:2011年12月( 32 )

懸賞 懸賞

12月2日Ⅱコリント10-13章『弱い時にこそ、強い』

懸賞 2011年 12月 02日 懸賞

『弱い時にこそ、強い』

【12:7 また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。12:8 このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、三度も主に願いました。12:9 しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。12:10 ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。】

①人生には逃げられないような苦しみが与えられることがあります。
使徒パウロは、そのような苦しみを持っていました。
しかし主は「主の力は弱さのうちに現れる」と言われ、
弱さの中に留まるようにと導かれたのです。

②自分で何でもできると思っていた時には、神の力を必要としません。
しかし神の力なくては生きていけないと思う時に、
私たちは心から神を求めるようになるのです。

③そして神を求めた時に、私たちは真に神の偉大な力を体験できるのです。

・・・あなたは弱さを感じる時がありますか?
その時は全能の神に力を求めましょう。

12月2日Ⅱコリント10-13章『弱い時にこそ、強い』_d0155777_8273534.jpg
主はあなたに
「わたしは主にあって強い」と言わせるほど、
強め支えて下さるからです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-02 08:28 | 2011年12月 | Trackback

12月1日Ⅱコリント7-9章『御心にそった悲しみ』

懸賞 2011年 12月 01日 懸賞

『御心にそった悲しみ』

【7:8 あの手紙によってあなたがたを悲しませたけれども、私はそれを悔いていません。あの手紙がしばらくの間であったにしろあなたがたを悲しませたのを見て、悔いたけれども、7:9 今は喜んでいます。あなたがたが悲しんだからではなく、あなたがたが悲しんで悔い改めたからです。あなたがたは神のみこころに添って悲しんだので、私たちのために何の害も受けなかったのです。7:10 神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。
7:11 ご覧なさい。神のみこころに添ったその悲しみが、あなたがたのうちに、どれほどの熱心を起こさせたことでしょう。・・・】

①私たちはイエス様を信じたことを通じて、神様とのつながりが深まります。
そしてそのつながりの中で
「悲しみ」を通じて私たちが変えられることがあるのです。

②「神様が働く中」での悲しみは、私たちに益となります。
それは自分の「本当に姿」に気が付き、
私たちが変えられるきっかけになるからです。

③人間は「自分が正しく」「自分が基準」になりがちです。
しかし自分への指摘や難しい状況の中で、「限界」を感じ、
祈り求める中で「ふさわしい自分」へと近づいていけるのです。

12月1日Ⅱコリント7-9章『御心にそった悲しみ』_d0155777_8322698.jpg
・・・悲しみの時には主に祈りましょう。
そして自分自身を見つめ直しましょう。

主はその「気づき」と「祈り」を通じて、
あなたを「すばらしい人格」へと
導こうとしておられるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-01 08:32 | 2011年12月 | Trackback