人気ブログランキング |

カテゴリ:2011年12月( 32 )

懸賞 懸賞

12月12日1テモテ4-6章『自分自身に教えること』

懸賞 2011年 12月 12日 懸賞

『自分自身に教えること』

【4:8 肉体の鍛練もいくらかは有益ですが、今のいのちと未来のいのちが約束されている敬虔は、すべてに有益です。4:9 このことばは、真実であり、そのまま受け入れるに値することばです。4:10 私たちはそのために労し、また苦心しているのです。それは、すべての人々、ことに信じる人々の救い主である、生ける神に望みを置いているからです。4:12 年が若いからといって、だれにも軽く見られないようにしなさい。かえって、ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔にも信者の模範になりなさい。4:13 私が行くまで、聖書の朗読と勧めと教えとに専念しなさい。
4:16 自分自身にも、教える事にも、よく気をつけなさい。あくまでそれを続けなさい。そうすれば、自分自身をも、またあなたの教えを聞く人たちをも救うことになります。】

①パウロは信仰の子供テモテに、
主の働きをする上でのアドバイスを語っています。
そして年が若くても、
人々の模範となり、自分に教え、人々を助けるようにと勧めているのです。

②私たちは「役割」を担います。
それが上司だったり親だったりリーダーだったりします。
その役割を果たす時に、最も大切なことは、
自分自身の鍛錬です。

自分自身が理解しているならば、
愛を持って人に分かりやすく教えることができます。

これは愛や信仰、そして主に対する応答をも含めたものなのです。

12月12日1テモテ4-6章『自分自身に教えること』_d0155777_8334278.jpg
・・・私たち自身の成長を求めましょう。
そして聞いていることを聞き流すのではなく、
まず自分にしっかりと教えましょう。

そうすればあなたは人々に役に立つ、
人々から必要とされる人となるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-12 08:36 | 2011年12月 | Trackback

12月11日1テモテ1-3章『諸問題に対処する知恵(信仰の模範となる)』

懸賞 2011年 12月 11日 懸賞

『諸問題に対処する知恵(信仰の模範となる)』

【1:15 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです。1:16 しかし、そのような私があわれみを受けたのは、イエス・キリストが、今後彼を信じて永遠のいのちを得ようとしている人々の見本にしようと、まず私に対してこの上ない寛容を示してくださったからです。・・・
2:4 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。2:5 神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。2:6 キリストは、すべての人の贖いの代価として、ご自身をお与えになりました。】

①パウロは、自分が育てた信仰の子供テモテに対して
様々な問題に対処するために知恵を、
ここで書き記しています。

そしてまず自分がどのような恵みによって救われたかを書き記し、
主の願いは全ての人が救われることであることを記しました。

・・・私たちも自分の力ではなく、主の恵みによって救われました。
そして主はこの恵みが私で止まることを願っておられません。

12月11日1テモテ1-3章『諸問題に対処する知恵(信仰の模範となる)』_d0155777_821727.jpg
主の願いが「全ての人が救われる」ことであることを知りましょう。
そしてそのことを考え、祈りましょう。

主はあなたを通じても計画を進められるのです。

私たちは諸問題の中にあって祈り、
行動するのです。
そして信仰の模範となるように導いて頂けるのです。
主はそのための知恵を与えて下さいます。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-11 08:05 | 2011年12月 | Trackback

12月10日Ⅱテサロニケ1-3章『試験の準備をするように・・・』

懸賞 2011年 12月 10日 懸賞

『試験の準備をするように・・・』

【1:3 兄弟たち。あなたがたのことについて、私たちはいつも神に感謝しなければなりません。そうするのが当然なのです。なぜならあなたがたの信仰が目に見えて成長し、あなたがたすべての間で、ひとりひとりに相互の愛が増し加わっているからです。・・・
2:3 だれにも、どのようにも、だまされないようにしなさい。なぜなら、まず背教が起こり、不法の人、すなわち滅びの子が現れなければ、主の日は来ないからです。・・・
2:15 そこで、兄弟たち。堅く立って、私たちのことば、または手紙によって教えられた言い伝えを守りなさい。2:16 どうか、私たちの主イエス・キリストと、私たちの父なる神、すなわち、私たちを愛し、恵みによって永遠の慰めとすばらしい望みとを与えてくださった方ご自身が、2:17 あらゆる良いわざとことばとに進むよう、あなたがたの心を慰め、強めてくださいますように。】

①パウロのこの手紙も、
キリストの再臨に対する正しい知識を教えるために書かれています。
再臨の時はまだ来ていませんが、
必ず起きることとして書かれています。

②試験前には試験対策をするように、
再臨があることを信じた人は、
正しく生きようと心がけるようになるのです。

・・・あなたは聖書の言葉を信じますか?
もし信じるならば、再臨も信じるはずです。
そして再臨を信じる人は、最後の審判と天国の約束を信じるのです。

12月10日Ⅱテサロニケ1-3章『試験の準備をするように・・・』_d0155777_773613.jpg
・・・試験の準備をするように
毎日の人生を生きましょう。

そのためには聖霊の助けが不可欠です。
主に助けを求める人は
「主からの慰めと力」を頂き、
良い業をすることができるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-10 07:07 | 2011年12月 | Trackback

12月9日Ⅰテサロニケ1-5章『生きる上で大切なこと』

懸賞 2011年 12月 09日 懸賞

『生きる上で大切なこと』

【4:3 神のみこころは、あなたがたが聖くなることです。あなたがたが不品行を避け、4:4 各自わきまえて、自分のからだを、聖く、また尊く保ち、4:5 神を知らない異邦人のように情欲におぼれず、4:6 また、このようなことで、兄弟を踏みつけたり、欺いたりしないことです。・・・

5:14 兄弟たち。あなたがたに勧告します。気ままな者を戒め、小心な者を励まし、弱い者を助け、すべての人に対して寛容でありなさい。5:15 だれも悪をもって悪に報いないように気をつけ、お互いの間で、またすべての人に対して、いつも善を行うよう務めなさい。5:16 いつも喜んでいなさい。5:17 絶えず祈りなさい。5:18 すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。5:19 御霊を消してはなりません。5:20 預言をないがしろにしてはいけません。5:21 しかし、すべてのことを見分けて、ほんとうに良いものを堅く守りなさい。5:22 悪はどんな悪でも避けなさい。・・・】

①パウロはテサロニケの信者たちと深い交流を持っていましたが、
行くことができずにいました。
そこで主に来られるまでにしておけなければならない大切なこととして
この手紙を書いたのです。

②イエス様の再臨があるということは、試験があるようなものです。
試験の対策をした者は、良い評価を得ることができますが、
対策をせず身勝手に過ごすならばそれなりの評価しか得られないのです。(5:33)

・・・私たちの人生にも対策が必要です。
感謝なことにパウロの手紙を通じて私たちはそれを学ぶことができるのです。

12月9日Ⅰテサロニケ1-5章『生きる上で大切なこと』_d0155777_8384654.jpg
主に祈りましょう。
そして「このように」生きられるよう助けて頂きましょう。

なぜなら、御霊の力によって初めて、
私たちは「このように」生きることができるからです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-09 08:39 | 2011年12月 | Trackback

12月8日コロサイ1-4章『愛と赦しの大切さ』

懸賞 2011年 12月 08日 懸賞

『愛と赦しの大切さ』

【3:13 互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。3:14 そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。3:15 キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。そのためにこそあなたがたも召されて一体となったのです。また、感謝の心を持つ人になりなさい。3:16 キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。・・】

①クリスチャンの成長の秘訣は「一致」であると昨日学びました。

②そして一致のために最も大切なことは「愛と赦し」なのです。
いがみ合っていては一致することはできません。
表面的にとりつくろっても、そこには冷たい関係しかないのです。

③ではどうしたら愛し赦すことができるのでしょうか?
それはキリストが私にして下さった事実を受け入れるために、
御言葉を学ぶことです。

多く愛され赦された人は、人にもできるようになります。
あなたが「愛し赦す」バロメーターは、
あなたがどれ程「愛され赦されたか」を経験した比率によるのです。

・・・御言葉を学ぶ(理解する)中で、
あなたの心に奇跡が起きるのです。

そしてクリスチャンの人間関係で
「互いに教え、戒めあう」中で、
私たちは実際的に愛と赦しを経験するのです。

12月8日コロサイ1-4章『愛と赦しの大切さ』_d0155777_845396.jpg
・・・人間関係から逃げないようにしましょう。
そして主に愛と赦しを頂きましょう。
そのカギとして御言葉を学び続けましょう。

神の言葉はあなたの心に
新しい奇跡を与えて下さるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-08 08:45 | 2011年12月 | Trackback

12月7日ピリピ1-4章『主と共にいる心構え』

懸賞 2011年 12月 07日 懸賞

『主と共にいる心構え』

【1:6 あなたがたのうちに良い働きを始められた方は、キリスト・イエスの日が来るまでにそれを完成させてくださることを私は堅く信じているのです。・・・
2:2 私の喜びが満たされるように、あなたがたは一致を保ち、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、志を一つにしてください。・・・
4:4 いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。4:5 あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。4:6 何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。4:7 そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。】

①イエス様を信じることのできた人は、
主によって選ばれており、召されていると聖書は教えます。

そして創造主は、あなたは人生に良い働きを始めた以上、
完成まで導いて下さる、と聖書は約束しているのです。

②そのために大切なことが2つあります。
それは「一致」と
「感謝」です。

教会の中で「一致」を保つならば、
私たちはわがままではなく、主の御心に近づくことができるのです。

そして「感謝」するならば、
問題の中にあっても希望的に歩むことができるのです。

・・・パウロは「私を強くして下さる方によって、どんなことでも出来る(4:13)」
と教えてくれています。

主が「完成」へと導いて下さることを信じ、期待しましょう。

そのために「一致」と「感謝」を求めましょう。
12月7日ピリピ1-4章『主と共にいる心構え』_d0155777_911642.jpg
主はあなたの人生を、
主と共にいることを通じて、
素晴らしいものへと導かれているのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-07 09:11 | 2011年12月 | Trackback

12月6日エペソ4-6章『クリスチャンの一致と成長』

懸賞 2011年 12月 06日 懸賞

『クリスチャンの一致と成長』

【4:2 謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに忍び合い、4:3 平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。・・・
4:11 こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです。4:12 それは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためであり、4:13 ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。4:14 それは、私たちがもはや、子どもではなくて、人の悪巧みや、人を欺く悪賢い策略により、教えの風に吹き回されたり、波にもてあそばれたりすることがなく、4:15 むしろ、愛をもって真理を語り、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達することができるためなのです。・・・】

①今朝の通読箇所は、あまりに内容が濃いので、
4-6章をじっくりと読まれることをお勧めします。
そして今朝取り上げた箇所は、最も中心的なポイントです。
それは「一致と成長」です。

②クリスチャンになると教会に属するようになります。
それは愛の訓練と成長のためです。
人間はわがままですから、一人では成長できないのです。
しかし同じ主を信じる者として、互いに愛し、一致を求めていく時に
(主の助けによって)
私たちは成長し、キリストに似た者へと近づいていけるのです。

その為にたてられたものが、
五役者(使徒・預言者・伝道者・牧師・教師)なのです。

・・・聖書が教える成長の秘訣は、
教会の中での「信仰と知識一致」です。

12月6日エペソ4-6章『クリスチャンの一致と成長』_d0155777_8495778.jpg
一致を求めましょう。
そのための知恵を模索しましょう。

主は、救われた私たちに対して、
成長し人を助け、
愛の人となるように導かれているのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-06 08:50 | 2011年12月 | Trackback

12月5日エペソ1-3章『主の選びと愛の成長』

懸賞 2011年 12月 05日 懸賞

『主の選びと愛の成長』

【1:4 すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前から彼にあって選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました。1:5 神は、みむねとみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定めておられました。・・・
3:16 どうか父が、その栄光の豊かさに従い、御霊により、力をもって、あなたがたの内なる人を強くしてくださいますように。・・
3:19 人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができますように】

①私たちが生まれた意味は、
主によっていのちが定められていた(計画されていた)からです。

私たちは選ばれており、
主の意思の中でいのちが与えられ、
イエス様を信じて喜びの人生を送るようにと、
定められていたのです。

②ですから人生は、無意味ではありません。
そこには目的があり、神の導きがあるのです。

③神を信じる人は、人生を通じて「内なる人」が強められます。
苦しみの中でも「動じない強い心」が与えられます。

そして「アガペーの愛(与える愛)」が分かり、
アガペーに満たされ、愛の人となっていくのです。

・・・あなたは、
この世界を造られた父なる神によって、選ばれています。
そしてある目的のために生かされているのです。
その目的を知りましょう。

12月5日エペソ1-3章『主の選びと愛の成長』_d0155777_20253865.jpg
そして主からの助けを頂きましょう。

主はあなたを選んだ以上、
あなたを助け、
主の祝福で満たそうと計画されているのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-05 05:22 | 2011年12月 | Trackback

12月4日ガラテヤ4-6章『良い種を蒔く』

懸賞 2011年 12月 04日 懸賞

『良い種を蒔く』

【5:13 兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。5:14 律法の全体は、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という一語をもって全うされるのです。・・5:16 私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。・・・
6:8 自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。6:9 善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。6:10 ですから、私たちは、機会のあるたびに、すべての人に対して、特に信仰の家族の人たちに善を行いましょう】

①私たちを造られた「父なる神様」は、
私たちが「良い種」を蒔き、「祝福を刈り取る」ように計画されました。

しかし残念なことに人類には罪が入ってしまい、
人理は悪い種を蒔き、悪を刈り取るようになってしまったのです。

②しかし感謝なことに、イエス様を信じ、
父なる神様とつながった人は、
御霊の力によってもう一度「良い種を蒔く」ことができるのです。

・・・あなたは自分の内面を見つめたことがありますか?
「自分の我」で歩む時に限界がきます。
しかし御霊の力を頂く時に、尽きない愛によって、
私たちは良い種を蒔くことができるのです。

12月4日ガラテヤ4-6章『良い種を蒔く』_d0155777_7394126.jpg
・・・御霊に満たされましょう。
そして御霊に助けて頂き、
「御霊の導き」を選びとりましょう。

そのことを成し続ける中で、
あなたの中に「御霊の実」が成熟し、
様々な場面で良い刈り取りを見ることができるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-04 07:40 | 2011年12月 | Trackback

12月3日ガラテヤ1-3章『信仰による祝福の相続』

懸賞 2011年 12月 03日 懸賞

『信仰による祝福の相続』

【3:9 そういうわけで、信仰による人々が、信仰の人アブラハムとともに、祝福を受けるのです。
3:11 ところが、律法によって神の前に義と認められる者が、だれもいないということは明らかです。「義人は信仰によって生きる」のだからです。
3:13 キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。・・3:14 このことは、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり、その結果、私たちが信仰によって約束の御霊を受けるためなのです。】

①イエスキリストを救い主として信じた者には、多くの恵みが与えられます。
その中の大きなものの一つが「祝福の相続」です。

②旧約時代には、選ばれた民族しか得られなかった祝福が、
新約時代にあっては「イエス様を信じること」によって、
すべての民族が得られるのです。

③アブラハムの祝福とは「神との関係」「財の祝福」「子孫の祝福」です。

12月3日ガラテヤ1-3章『信仰による祝福の相続』_d0155777_10191781.jpg
・・・あなたがイエス様を信じたならば、
このような偉大な創造主からの祝福を得ることができるのです。

この約束を受け取りましょう。
そしてそれを豊かに体験しましょう。

神はあなたを
「祝福するため」に命を与え、
導いておられるからです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-03 10:19 | 2011年12月 | Trackback