人気ブログランキング |

カテゴリ:2011年12月( 32 )

懸賞 懸賞

12月22日Ⅱペテロ1-3章『主の願い』

懸賞 2011年 12月 22日 懸賞

『主の願い』

【3:9 主は、ある人たちがおそいと思っているように、その約束のことを遅らせておられるのではありません。かえって、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。・・・
3:17 愛する人たち。そういうわけですから、このことをあらかじめ知っておいて、よく気をつけ、無節操な者たちの迷いに誘い込まれて自分自身の堅実さを失うことにならないようにしなさい。 3:18 私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。このキリストに、栄光が、今も永遠の日に至るまでもありますように。アーメン。】

①イエス様の弟子ペテロは、間違ったことを伝える人々がいる中、
教会の中に正しい教えを伝えようと、この手紙を書きました。

②私たちには遅いと思われることが、
主の計画に中では遅くないとペテロは語るのです。
かえって遅く見えるような中で、
人々が救われ、人々が変えられることが起きると言うのです。

③私たちは正しい知識を持つ必要があります。
そうすれば、間違った教えに混乱することなく、
主の願う導きの中で「成長」していけるのです。

12月22日Ⅱペテロ1-3章『主の願い』_d0155777_911093.jpg
・・・忍耐を学びましょう。
忍耐する意義を知りましょう。

そして正しい信仰と知識、愛を育てましょう。
そうすればあなたも、
主にも人々にも、
ますます役に立つ者となれるのです(1:5-8)。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-22 09:01 | 2011年12月 | Trackback

12月21日1ペテロ1-5章

懸賞 2011年 12月 21日 懸賞

『キリストの模範』

【2:22 キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。
2:23 ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。2:24 そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。・・・
3:8 最後に申します。あなたがたはみな、心を一つにし、同情し合い、兄弟愛を示し、あわれみ深く、謙遜でありなさい。3:9 悪をもって悪に報いず、侮辱をもって侮辱に報いず、かえって祝福を与えなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのだからです。】

①キリストは、私たちの罪を赦すために地上に来て下さいました。
そしてそのうち傷(犠牲)によって罪を赦し、
私たちを癒され、
「正しく生きること」ができるように、
今も助けて下さるのです。

②またイエス様は、
神の前でへりくだる謙遜な生き方を通じて
「本来の人間の姿」を示さました。
それは人間に隷属する姿(人に支配される姿)ではありません。
主体的に愛を持って人と接する「模範の姿」なのです。

12月21日1ペテロ1-5章_d0155777_947194.jpg
・・・イエス様を模範としましょう。
侮辱に対しても良いこと(祝福)で応えましょう。
私たちは「祝福を受け継ぐため」に
神様に選ばれているからです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-21 09:47 | 2011年12月 | Trackback

12月20日ヤコブ1-5章『正しいことを実行すること』

懸賞 2011年 12月 20日 懸賞

『正しいことを実行すること』

【4:11 兄弟たち。互いに悪口を言い合ってはいけません。自分の兄弟の悪口を言い、自分の兄弟をさばく者は、律法の悪口を言い、律法をさばいているのです。あなたが、もし律法をさばくなら、律法を守る者ではなくて、さばく者です。4:12 律法を定め、さばきを行う方は、ただひとりであり、その方は救うことも滅ぼすこともできます。隣人をさばくあなたは、いったい何者ですか。・・・
4:15 むしろ、あなたがたはこう言うべきです。「主のみこころなら、私たちは生きていて、このことを、または、あのことをしよう。」4:16 ところがこのとおり、あなたがたはむなしい誇りをもって高ぶっています。そのような高ぶりは、すべて悪いことです。4:17 こういうわけで、なすべき正しいことを知っていながら行わないなら、それはその人の罪です。】

①ヤコブは信仰に伴う「行動」について教えています。
いくら美しいことを言っても実行しないならば、
それはむなしく無意味なものです。
特に4章は、「欲に歩む」か「御心に歩む」かの
【私たちの選択】を確認しているのです。

②悪口を言わないために、
自分の動機が純粋なのか不純なのかを確認する必要があります。
願っても受けられないのは、主の時を待つことも大切なのですが
「自分の欲(3節)」の可能性もあるからです。

③「神に従うこと」、「悪いものに立ち向かうこと」は最も大切なことです(7節)。
そして神に近づくならば、神は近づき助けて下さいます。
また私たちは自分自身の「聖め」を求めることも大切なのです(8節)。

12月20日ヤコブ1-5章『正しいことを実行すること』_d0155777_933374.jpg
神様とのつながりを第一に考えて実行しているならば、
それだけですべきことがたくさんあります。
そして人の悪口を言う時間もエネルギーも無くなるのです。

・・・教えられた「なすべき正しいこと」を実行しましょう。
そうすれば、主の助けを頂いて、
あなたは真の祝福の中を生きることができるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-20 09:43 | 2011年12月 | Trackback

12月19日へブル10-13章『信仰によって生きる』

懸賞 2011年 12月 19日 懸賞

『信仰によって生きる』

【12:1 こういうわけで、このように多くの証人たちが、雲のように私たちを取り巻いているのですから、私たちも、いっさいの重荷とまつわりつく罪とを捨てて、私たちの前に置かれている競走を忍耐をもって走り続けようではありませんか。 12:2 信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。・・・
2:14 すべての人との平和を追い求め、また、聖められることを追い求めなさい。聖くなければ、だれも主を見ることができません。12:15 そのためには、あなたがたはよく監督して、だれも神の恵みから落ちる者がないように、また、苦い根が芽を出して悩ましたり、これによって多くの人が汚されたりすることのないように・・】

①11章には、信仰によって生きた人々が描かれています
(一度読みましょう)。
かつての信仰の偉人たちは、神様を信じることによって難しいことを乗り越え、
いくつもの勝利体験をしていったのです。

・・・私たちの人生には難しいことが起こります。
その問題に出会った時に、
私たちは神を信じ、信仰によって一歩前進していくのです。

②その最たるモデルになるお方が、イエス様です。
私たちはイエス様から多くのことを学びます。
そして自分自身の信仰の歩みだけではなく、
人を助ける方法も学ぶのです。

③私たちの人生は、神様によって与えられたものです。
ですからわがままに生きるのではなく、
神様の基準に沿って生きていくのです。

・・・聖めを求め続けましょう。
苦い根を見つけたら告白し、癒して頂きましょう。

12月19日へブル10-13章『信仰によって生きる』_d0155777_8592195.jpg
主に近づき信仰によって生きる程に、
私たちは解放され、自由になり、
愛によって生きることができるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-19 08:58 | 2011年12月 | Trackback

12月18日へブル7-9章『キリストの素晴らしさ』

懸賞 2011年 12月 18日 懸賞

『キリストの素晴らしさ』

【7:25 したがって、(キリストは)ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。・・・
8:10 それらの日の後、わたしが、イスラエルの家と結ぶ契約は、これであると、主が言われる。わたしは、わたしの律法を彼らの思いの中に入れ、彼らの心に書きつける。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。8:11 また彼らが、おのおのその町の者に、また、おのおのその兄弟に教えて、『主を知れ』と言うことは決してない。小さい者から大きい者に至るまで、彼らはみな、わたしを知るようになるからである。・・・
9:14 まして、キリストが傷のないご自身を、とこしえの御霊によって神におささげになったその血は、どんなにか私たちの良心をきよめて死んだ行いから離れさせ、生ける神に仕える者とすることでしょう。・・・】

①イエス様は救い主として、この地上に誕生して下さいました。
ですからイエス様に助けを求める者を、
主は助けて下さるのです。

②「主が共にいて助けて下さる」
このことは旧約時代から預言されていました。
すなわち信じる者には、聖霊なる主が「自分のうち」に住んで下さり、
主の願いや助けを教えて下さるからです。

③イエス様からの恵み「主の十字架の代価」によって、
私たちの罪は赦されました。
そして、良心の汚れをも聖めて下さいます。

12月18日へブル7-9章『キリストの素晴らしさ』_d0155777_7545595.jpg
・・・私たちはイエス様を信じることによって、
神様とつながることができ、霊が目覚めた人間として、生きていくのです。

その結果、主からの折にかなった具体的な
「助けや癒し」を多く経験できるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-18 07:55 | 2011年12月 | Trackback

12月17日へブル4-6章『神の言葉の力』

懸賞 2011年 12月 17日 懸賞

『神の言葉の力』

【4:12 神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。4:13 造られたもので、神の前で隠れおおせるものは何一つなく、神の目には、すべてが裸であり、さらけ出されています。私たちはこの神に対して弁明をするのです。・・・
4:15 私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。
4:16 ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。】

①神の言葉を聞くと、
心の姿が明らかになり、
良いものとそうでないものがはっきりとしていきます。
先送りをしてごまかそうと思っても、
それさえも明らかになっており、
した事の弁明をする時がやってくるのです。

・・・神様の前では全てが明らかなのです。

②そして問題や不足の中にいる
私たちの苦しみを、
イエス様は知っていて下さいます。

私たちの苦しみを理解し、
同情するばかりか、
助けて下さるのです。

③ですかた「おりにかなった助け」を頂くために、
その都度祈り、
主に解決を求めるならば、
主はその度ごとに「助けて」下さるのです。

12月17日へブル4-6章『神の言葉の力』_d0155777_10453786.jpg
・・・主の御言葉を聞きましょう。
そしてそれを正直に受け止めましょう。
あとはどれだけそれを
「実行」できるかにかかっているのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-17 10:45 | 2011年12月 | Trackback

12月16日へブル1-3章『イエス様が地上に来られた目的』

懸賞 2011年 12月 16日 懸賞

『イエス様が地上に来られた目的』

【2:14 そこで、子たちはみな血と肉とを持っているので、主もまた同じように、これらのものをお持ちになりました。これは、その死によって、悪魔という、死の力を持つ者を滅ぼし、2:15 一生涯死の恐怖につながれて奴隷となっていた人々を解放してくださるためでした。・・・2:18 主は、ご自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助けることがおできになるのです。・・・
3:14 もし最初の確信を終わりまでしっかり保ちさえすれば、私たちは、キリストにあずかる者となるのです。3:15 「きょう、もし御声を聞くならば、御怒りを引き起こしたときのように、心をかたくなにしてはならない。」と言われているからです。】

①イエス様がこの地上に来られた目的は、
私たちの「罪の赦し」のためです。
イエス様は、人間の「罪の罰」を身代りに受け、
罪を赦すために、
あえて人間の姿をとられました。

そしてこの方を信じることで、
私たちの「罪の赦し」を受けることができるのです。

イエス様の誕生と犠牲は「大きな恵み」なのです。

②また苦しまれた主は、
苦しんでいる私たちの苦しみを知り、
助けることのできるお方です。

12月16日へブル1-3章『イエス様が地上に来られた目的』_d0155777_2359268.jpg
③ですから「主の導き」や「祝福の約束」を聞いたならば、
素直に受け取ることをお勧めします。
心を頑なにするよりも、
素直に受け取る方が何十倍何百倍も恵みが大きいのです。

イエス様が地上に来られた目的は
・・・あなたと子孫の「人生の指針」・・・
「罪の赦し」と「しあわせ」のためなのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-16 06:55 | 2011年12月 | Trackback

12月15日ピレモンへの手紙『主によって現される愛』

懸賞 2011年 12月 15日 懸賞

『主によって現される愛』

【1:9 むしろ愛によって、あなたにお願いしたいと思います。年老いて、今はまたキリスト・イエスの囚人となっている私パウロが、1:10 獄中で生んだわが子オネシモのことを、あなたにお願いしたいのです。1:12 そのオネシモを、あなたのもとに送り返します。彼は私の心そのものです。 1:13 私は、彼を私のところにとどめておき、福音のために獄中にいる間、あなたに代わって私のために仕えてもらいたいとも考えましたが、1:14 あなたの同意なしには何一つすまいと思いました。それは、あなたがしてくれる親切は強制されてではなく、自発的でなければいけないからです。
1:18 もし彼があなたに対して損害をかけたか、負債を負っているのでしたら、その請求は私にしてください。・・・】

①パウロは、ローマの獄中にいる間に
オネシモを導き、彼はクリスチャンになりました。
しかし彼は主人のものを盗んで逃げた逃亡奴隷で、
見つかったならば大きな罰を受けるべき人物でした。

そこでパウロは、オネシモのために、
クリスチャンである主人ピレモンへの手紙を個人的に書きました。

ここにパウロの愛が現されています。

・・・この世には色々な決まりがあり、責任があります。
そして決まりを破ったならば罰があります。
しかしこの世の決まりを尊重しつつも
クリスチャンは愛を持って関わることをパウロの手紙は教えるのです。

12月15日ピレモンへの手紙『主によって現される愛』_d0155777_8343130.jpg
・・・愛は自発的なものです。強制ではありません。
この愛を私たちは「キリスト」から学び、
実行していくのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-15 08:34 | 2011年12月 | Trackback

12月14日テトス1-3章『聖霊による人生を変える力』

懸賞 2011年 12月 14日 懸賞

『聖霊による人生を変える力』

【3:3 私たちも以前は、愚かな者であり、不従順で、迷った者であり、いろいろな欲情と快楽の奴隷になり、悪意とねたみの中に生活し、憎まれ者であり、互いに憎み合う者でした。3:4 しかし、私たちの救い主なる神のいつくしみと人への愛とが現れたとき、3:5 神は、私たちが行った義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。3:6 神は、この聖霊を、私たちの救い主なるイエス・キリストによって、私たちに豊かに注いでくださったのです。3:7 それは、私たちがキリストの恵みによって義と認められ、永遠のいのちの望みによって、相続人となるためです。・・】

①パウロは弟子のテトスを励まし、主の働きを励ましました。

②そして救いと聖めは人間の努力ではなく、
「聖霊に満たされること」により成されるものであることを
もう一度書きおくったのです。

・・・私たちの人生には人間の力ではどうしようもないことがあります。
しかし自分の弱さや落ち度を正直に認めることのできる人は、
聖霊の助けにより、
告白と聖めの力によって、
私たちの弱い部分に「劇的な力」が与えられるのです。
その力を頂いた人は、人生が変えられるのです。

12月14日テトス1-3章『聖霊による人生を変える力』_d0155777_051482.jpg
あなたも「人生を変えて頂きたい」と願うなら、
自分の弱さを正直に見つめ、
正直に主に祈ることをお勧めします。

・・・自分を誤魔化さない人は、
主によって変えられ、
祝福を受けるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-14 06:01 | 2011年12月 | Trackback

12月13日Ⅱテモテ1-4章『走るべき道を走りきる』

懸賞 2011年 12月 13日 懸賞

『走るべき道を走りきる』

【4:5 しかし、あなたは、どのような場合にも慎み、困難に耐え、伝道者として働き、自分の務めを十分に果たしなさい。4:6 私は今や注ぎの供え物となります。私が世を去る時はすでに来ました。4:7 私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。4:8 今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。・・・】

①この手紙は、パウロの殉教前の最後の手紙です。
パウロは愛弟子テモテに個人的な手紙を書きました。
パウロは「人生の使命」を走りきろうとしていたことがこの文から分かります。

②どれだけ自分の身が危なくなっても、
パウロは逃げることなく自分の使命を果たそうとしました。

それはパウロが神を信じ、自分の命を神の捧げ、
自分の使命が人々に「大きな影響」を与えることを知っていたからです。

・・・私たちもそれぞれの使命が与えられていると言えます。
その使命のために時に
「自分の身を犠牲」にすることがあるかもしれないのです。

しかし「一粒の種が死ねば豊かな実を結ぶ」ように、
私たちの犠牲が
「子孫や次の世代」にとっての祝福につながることがあるのです。

・・・もし使命だと気がついたことがあるならば、
積極的にそれを実行しましょう。

12月13日Ⅱテモテ1-4章『走るべき道を走りきる』_d0155777_23592597.jpg
必要ならば、自分の身を捨てる覚悟を持ちましょう。

イエス様はあなたの献身を評価して下さいます。
この世の一時的な評価よりも、
イエス様が与えて下さる評価の方が、
「永遠の評価」なのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-13 05:56 | 2011年12月 | Trackback