人気ブログランキング |

カテゴリ:2011年9月( 30 )

懸賞 懸賞

9月20日ダニエル書4-6章『信仰者ダニエルの判断と人望』

懸賞 2011年 09月 20日 懸賞

『信仰者ダニエルの判断と人望』
【6:3 (ダリヨス王の時代)ときに、ダニエルは、他の大臣や太守よりも、きわだってすぐれていた。彼のうちにすぐれた霊が宿っていたからである。そこで王は、彼を任命して全国を治めさせようと思った。6:4 大臣や太守たちは、国政についてダニエルを訴える口実を見つけようと努めたが、何の口実も欠点も見つけることができなかった。・・・
6:13 そこで、彼らは王に告げて言った。「ユダからの捕虜のひとりダニエルは、王よ、あなたとあなたの署名された禁令とを無視して、日に三度、祈願をささげています。」6:14 このことを聞いて、王は非常に憂え、ダニエルを救おうと決心し、日暮れまで彼を助けようと努めた。】

①ダニエルは、バビロン捕囚時のネブカデネザル王の時代から、
捕囚から解放したクロス王の時代まで、
国の高官として活躍した人物です。

②彼は信仰によって生き、
主は、彼に夢を解き明かすだけでなく、神からの優れた知恵を与え、
ダニエルは王たちに尊敬されました。

③彼の知恵の源は、主への「信仰と祈り」でした。
陥れられるような状況でも、彼は「主への祈り」は欠かさなかったのです。

・・・解決の方法には2つ選択があります。
「人を恐れて、神様を退ける」判断と
「神を一番として、人から怖れを退ける」判断です。

ダニエルは後者を判断し、
策略からも救い出され、さらに尊敬を勝ち得たのです。

9月20日ダニエル書4-6章『信仰者ダニエルの判断と人望』_d0155777_9363051.jpg
・・・ダニエルが捕囚の地にあって主に用いられた秘訣がここにあります。
私たちも、「人や問題を恐れる」よりも
まず「主に祈り」、「主の関係を大切する」ことをしていきましよう。

そこから全ての良いことが始まるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-20 09:36 | 2011年9月 | Trackback

9月19日ダニエル書1‐3章『不思議な知恵を与えられる主』

懸賞 2011年 09月 19日 懸賞

『不思議な知恵を与えられる主』

【2:27 ダニエルは(バビロン王・ネブカデネザル)王に答えて言った。「王が求められる秘密は、知者、呪文師、呪法師、星占いも王に示すことはできません。2:28 しかし、天に秘密をあらわすひとりの神がおられ、この方が終わりの日に起こることをネブカデネザル王に示されたのです。あなたの夢と、寝床であなたの頭に浮かんだ幻はこれです。2:29 王さま。あなたは寝床で、この後、何が起こるのかと思い巡らされましたが、秘密をあらわされる方が、後に起こることをあなたにお示しになったのです。2:30 この秘密が私にあらわされたのは、ほかのどの人よりも私に知恵があるからではなく、その解き明かしが王に知らされることによって、あなたの心の思いをあなたがお知りになるためです」】

①ダニエルは、バビロン捕囚の地で、高官として王たちに仕えた人物です。

②主は、ダニエルに不思議な知恵を与えられました。
その知恵によって、彼はバビロンで主の働きをすることができたのです。

・・・主は不思議な知恵を与えて下さるお方です。
私たちが祈り求める時に、人間の理解を越えた知恵が与えられるのです。
そして主の知恵によって、問題が解決していくのです。

9月19日ダニエル書1‐3章『不思議な知恵を与えられる主』_d0155777_22444097.jpg
・・・主の知恵を求めましょう。
ヤコブ書1章には、知恵を疑うことなく求めるならば、与えられると約束されています。

信じて祈るものに、
主は必ず「必要な知恵」を与えて下さるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-19 04:40 | 2011年9月 | Trackback

9月18日エゼキエル46‐48章『神殿から流れ出る祝福』

懸賞 2011年 09月 18日 懸賞

『神殿から流れ出る祝福』

【47:1 彼は私を神殿の入口に連れ戻した。見ると、水が神殿の敷居の下から東のほうへと流れ出ていた。神殿が東に向いていたからである。
47:3 その人は手に測りなわを持って東へ出て行き、一千キュビトを測り、私にその水を渡らせると、それは足首まであった。47:4 彼がさらに一千キュビトを測り、私にその水を渡らせると、水はひざに達した。彼がさらに一千キュビトを測り、私を渡らせると、水は腰に達した。47:5 彼がさらに一千キュビトを測ると、渡ることのできない川となった。水かさは増し、泳げるほどの水となり、渡ることのできない川となった。
47:9 この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水が入ると、そこの水が良くなるからである。この川が入る所では、すべてのものが生きる。】

①主はエゼキエルに将来の神殿の幻を見せました。
この神殿から主の祝福が流れ、泳げるほどにまで至ったのです。

②この主の水に触れると、生き物は皆、生き返るような祝福を経験できるのです。

・・・真の神殿はイエス様を現し、
イエス様は「生ける水」を与えることのできるお方です(ヨハネ4:11)。
そしてイエス様を信じる者の心には「生ける水」が流れ出るのです(ヨハネ7:38)。

9月18日エゼキエル46‐48章『神殿から流れ出る祝福』_d0155777_7433057.jpg
イエス様を信じ、この命の力を受け取りましょう。
そして人間の力を越えた「回復」や「癒し」を経験しましょう。
主はあなたの人生に奇跡を現そうとされているのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-18 07:44 | 2011年9月 | Trackback

9月17日エゼキエル43‐45章『主の栄光の再来(チャンスを見逃さない)』

懸賞 2011年 09月 17日 懸賞

『主の栄光の再来(チャンスを見逃さない)』

【43:1 彼は私を東向きの門に連れて行った。43:2 すると、イスラエルの神の栄光が東のほうから現れた。その音は大水のとどろきのようであって、地はその栄光で輝いた。43:3 私が見た幻の様子は、私がかつてこの町を滅ぼすために来たときに見た幻のようであり、またその幻は、かつて私がケバル川のほとりで見た幻のようでもあった。それで、私はひれ伏した。43:4 【主】の栄光が東向きの門を通って宮に入って来た。43:5 霊は私を引き上げ、私を内庭に連れて行った。なんと、【主】の栄光は神殿に満ちていた。43:6 ある人が私のそばに立っているとき、私は、神殿からだれかが私に語りかけておられるのを聞いた。・・・】

①主の栄光はかつて、罪のためにエルサレムを離れ、(11:23)
東方の山中に留まったと書かれていますが、
ここでは主の栄光が再びエルサレム神殿に戻ることが書かれています。

②主は私たちから離れているように見えても、
私たちを「見捨てていない」ことが分かるのです。

③そして時至るならば、「満ちるほど」の栄光を現されるのです。

④その時、主の道を歩もうと決心した人に、
主は、「将来の神殿の構造」(神の祝福の計画)を教え、
実行させると約束されたのです(43:11)

9月17日エゼキエル43‐45章『主の栄光の再来(チャンスを見逃さない)』_d0155777_8282574.jpg
・・・主はあなたを「見捨てていない」ことを心に留めましょう。
そして主が語りかけて下さった時には、「約束」を受け取りましょう。

神の御言葉を頂いた時が、恵みを受け取る「チャンス」なのです。
時を見極め、チャンスを逃さないことが大切なのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-17 08:28 | 2011年9月 | Trackback

9月16日エゼキエル40-42章『苦しみの中で希望を受け取る』

懸賞 2011年 09月 16日 懸賞

『苦しみの中で希望を受け取る』

【40:1 私たちが捕囚となって二十五年目の年の初め、その月の十日、町が占領されてから十四年目のちょうどその日、【主】の御手が私の上にあり、私をそこへ連れて行った。40:2 すなわち、神々しい幻のうちに、私はイスラエルの地へ連れて行かれ、非常に高い山の上に降ろされた。その南のほうに町が建てられているようであった。40:3 主が私をそこに連れて行かれると、そこに、ひとりの人がいた。その姿は青銅でできているようであり、その手に麻のひもと測りざおとを持って門のところに立っていた。40:4 その人は私に話しかけた。「人の子よ。あなたの目で見、耳で聞き、わたしがあなたに見せるすべての事を心に留めよ。わたしがあなたを連れて来たのは、あなたにこれを見せるためだ。あなたが見ることをみな、イスラエルの家に告げよ。」】

①主は、エゼキエルが捕囚されて25年目、
エルサレム陥落(BC586年)の14年目に、
主からの特別な幻を見せました。

②この高い山はシオンの山ですが、地上のシオンの山は高くはないので、
ここでは終末論的な意味合いで書かれています。

③主は『新しい神殿を見て、イスラエルに告げる』ようにと語られました。

・・・苦しみが長くつついていても、主はあなたを見捨てているわけではありません。
苦しみには意味があり、そこを通過することで、
主は何あなたに何かの目的を持っておられるのです。

・・・エゼキエルは捕囚の中でも、
主との交わりをし、主の願いを聞き取りました。
この主への姿勢を見習いましょう。

そして、「嘆き悲しむ」ことは止めましょう。

苦しみが長く続いても、
主が与えてくださる「希望」を、しっかりと受け取るのです。

9月16日エゼキエル40-42章『苦しみの中で希望を受け取る』_d0155777_925484.jpg
主は、人に伝えることができるほど「希望」を与え、
私たちを満たして下さるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-16 09:25 | 2011年9月 | Trackback

9月15日エゼキエル37‐39章『終末の預言』

懸賞 2011年 09月 15日 懸賞

『終末の預言』

【39:1 「人の子よ。ゴグに向かって預言して言え。神である主はこう仰せられる。メシェクとトバルの大首長であるゴグよ。わたしはあなたに立ち向かう。39:2 わたしはあなたを引き回し、あなたを押しやり、北の果てから上らせ、イスラエルの山々に連れて来る。・・・

39:25 それゆえ、神である主はこう仰せられる。今わたしはヤコブの繁栄を元どおりにし、イスラエルの全家をあわれむ。これは、わたしの聖なる名のための熱心による。
39:27 わたしが彼らを国々の民の間から帰らせ、彼らの敵の地から集め、多くの国々が見ている前で、彼らのうちにわたしの聖なることを示すとき、 39:28 彼らは、わたしが彼らの神、【主】であることを知ろう。」】

①今朝の箇所は、終末時代に起きる戦いについて書かれています。
終わり時代の兆候は、イスラエルの回復です。
イスラエルの再建が1948年に奇跡的に起こりました。
このことからも現在が世界情勢からみても終末の時代であることが分かります。

②そして、終わりの時代にはパレスチナを中心に、争いが起こることが記されています。
(イスラエルの再建後、中東が争いの中心になっています。)

③このような時代の中にあって、
主は「回復の業」を進められると約束されているのです。

主は個人の回復をされると同時に、
1900年間滅びていた国を回復させた主なのです。
(イスラエルは135年に離散、1948年に再建)

9月15日エゼキエル37‐39章『終末の預言』_d0155777_9124927.jpg
・・・主の「回復の業」が現実的なものであることを知りましょう。
歴史を動かし、国を動かし、
あなたの人生を「変える力」を持っておられることを受け止めましょう。

激動に時代にあっても、
この【主】に目を向け、
主の導きを「人生の指針」とするならば、
あなたの人生は「揺るぎないもの」となるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-15 09:14 | 2011年9月 | Trackback

9月14日エゼキエル34‐36章『聖なる主の力』

懸賞 2011年 09月 14日 懸賞

『聖なる主の力』

【36:22 それゆえ、イスラエルの家に言え。神である主はこう仰せられる。イスラエルの家よ。わたしが事を行うのは、あなたがたのためではなく、あなたがたが行った諸国の民の間であなたがたが汚した、わたしの聖なる名のためである。36:23・・・わたしが彼らの目の前であなたがたのうちにわたしの聖なることを示すとき、諸国の民は、わたしが【主】であることを知ろう。・・・
36:25 わたしがきよい水をあなたがたの上に振りかけるそのとき、あなたがたはすべての汚れからきよめられる。わたしはすべての偶像の汚れからあなたがたをきよめ、36:26 あなたがたに新しい心を与え、あなたがたのうちに新しい霊を授ける。わたしはあなたがたのからだから石の心を取り除き、あなたがたに肉の心を与える。36:27 わたしの霊をあなたがたのうちに授け、わたしのおきてに従って歩ませ、わたしの定めを守り行わせる。】

①主は、神の民を非常に愛しておられます。

②もし神の民が、間違った方向に進んでいても
「主の聖なるご性質」にゆえに、
彼らを導き回復させようとされるのです。
そしてそのことを通じて「主の聖なる力」を現そうとされるのです。

③主が、「きよい水」を注ぐ時、私たちは聖められます。
(この水は十字架の血の力を現しています)

④頑ななこころが変えられ、
「新しい霊」と「新しい柔らかいこころ」がつくられるのです。
(それらを受けると、主の語られる言葉を受け入れ、実行できるようになるのです)

・・・この私たちを聖める「主の聖なる力」を知りましょう。
そしてあなたも、この力を自分の心に受け取りましょう。

9月14日エゼキエル34‐36章『聖なる主の力』_d0155777_8213939.jpg
あなたが受け取るほどに、
あなたの人生は劇的に良い方向に変えられます。
それが「聖なる主」の願いなのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-14 08:21 | 2011年9月 | Trackback

9月13日エゼキエル31‐33章『主は民の救いを願っておられる』

懸賞 2011年 09月 13日 懸賞

『主は民の救いを願っておられる』
【33:10 人の子よ。イスラエルの家に言え。あなたがたはこう言っている。『私たちのそむきと罪は私たちの上にのしかかり、そのため、私たちは朽ち果てた。私たちはどうして生きられよう』と。33:11 彼らにこう言え。『わたしは誓って言う。─神である主の御告げ─わたしは決して悪者の死を喜ばない。かえって、悪者がその態度を悔い改めて、生きることを喜ぶ。悔い改めよ。悪の道から立ち返れ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。』・・・
33:14 わたしが悪者に、『あなたは必ず死ぬ』と言っても、もし彼が自分の罪を悔い改め、公義と正義とを行い、33:15 その悪者が質物を返し、かすめた物を償い、不正をせず、いのちのおきてに従って歩むなら、彼は必ず生き、死ぬことはない。・・・】

①創造主は、神の民を愛しておられ、救いと祝福を与えたいと願っておられます。

②ですから「悪い心」を悔い改めて、
「創造主の原則」に立ち返るならば、
どのような問題や罪の中からも「赦され」、「生きる」ことができるのです。

③「もう自分はだめだ」と思うことは誤りです。
主に助けを求めるならば、どこからでも再出発できるからです。

・・・主があなたを愛しておられ、
祝福の中に導こうとされていることを受け取りましょう。

そして頭で考えるだけでなく、行動で一歩前進しましょう。

9月13日エゼキエル31‐33章『主は民の救いを願っておられる』_d0155777_8565451.jpg
「信仰」は持ち続ける時に、必ず「行動」へと移るようになります。
そしてその「行動」が、
良い刈り取りをする「種まき」となるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-13 08:57 | 2011年9月 | Trackback

9月12日エゼキエル書28-30章『国を支配しておられる主』

懸賞 2011年 09月 12日 懸賞

『国を支配しておられる主』

【29:1 第十年の第十の月の十二日、私に次のような【主】のことばがあった。29:2 「人の子よ。顔をエジプトの王パロに向け、彼およびエジプト全体に預言し、29:3 こう語って言え。神である主はこう仰せられる。エジプトの王パロよ。わたしはあなたに立ち向かう。あなたは、自分の川の中に横たわる大きなわにで、『川は私のもの。私がこれを造った』と言っている。29:4 わたしはあなたのあごに鉤をかけ、あなたの川の魚をあなたのうろこにつけ、あなたと、あなたのうろこについている川のすべての魚とを川の中から引き上げる。・・・
29:6 エジプトの住民はみな、わたしが【主】であることを知ろう。】

①当時のエジプト(BC587年)は、最強の国の一つでした。
しかし真の創造主に御心からそれ、高慢になった時、
国が傾き始め、滅ぼされたのです。

②そして回復が約束されていますが(29:14)、
しかし弱い国として二度と諸国を支配することはない(29:15)と【主】は語られ、
実際歴史はそのようになっているのです。

・・・【主】は「個人の人生」を導かれるように、
「国の将来」をも導かれます。

9月12日エゼキエル書28-30章『国を支配しておられる主』_d0155777_8483922.jpg
ですから私たちは今の「日本」にために祈りたいのです。
へりくだって「主の御心を歩めるように」と。

私たちの祈りが積まれ、【主】がそれらの祈りを用いられるならば、
「私たちの国」も益々の【主】の祝福と奇跡を経験できると、
信じるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-12 08:48 | 2011年9月 | Trackback

9月11日エゼキエル25‐27章『(主が愛する者を)迫害する者たちへの仕打ち』

懸賞 2011年 09月 11日 懸賞

『(主が愛する者を)迫害する者たちへの仕打ち』

【26:1 第十一年のその月の一日、私に次のような【主】のことばがあった。26:2 「人の子よ。ツロはエルサレムについて、『あはは。国々の民の門はこわされ、私に明け渡された。私は豊かになり、エルサレムは廃墟となった』と言ってあざけった。26:3 それゆえ、神である主はこう仰せられる。ツロよ。わたしはおまえに立ち向かう。」】

①主は、愛する民たちが住むエルサレムを彼らの罪のために滅亡させました。
しかしエルサレムをあざけるツロに対しては、
その罪の報いを与えたのです。

②主は、主を信じる者を特別に愛しておられます。

③蒔いた種と刈り取りの法則は、逃れることができません。
人を馬鹿にして喜ぶ心は、当然に悪い刈り取りを受けるのです。

④神の律法は、曲げることはできません。
ですから、まず神を信じる私たちは、
自分の心を吟味し「悪い心」があれば、
イエス様に告白して、すぐさま赦しを頂きましょう。

⑤そしてあなたを迫害する者がいたならば、
「あなた」が裁きを下すことなく、
「裁き主なる主」に裁きを委ねましょう。

ロマ12章には「12:19 愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。」とあります。
あなたが復讐するならば、復讐の刈り取りを受けることになるからです。
一番良い方法は、善を行うことです。

以下のロマ書を読みましょう。「12:20 もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。」

9月11日エゼキエル25‐27章『(主が愛する者を)迫害する者たちへの仕打ち』_d0155777_7562519.jpg
あなたが良い種をまき、平安でいることが
【主】の願いなのです。
そして【主】は
正しい報いを与えられるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-11 07:56 | 2011年9月 | Trackback