人気ブログランキング |

カテゴリ:2011年7月( 31 )

懸賞 懸賞

7月21日伝道者の書10-12章『最も大切な知恵』

懸賞 2011年 07月 21日 懸賞

『最も大切な知恵』
【10:12 知恵ある者が口にすることばは優しく、愚かな者のくちびるはその身を滅ぼす。
11:1 あなたのパンを水の上に投げよ。ずっと後の日になって、あなたはそれを見いだそう。11:2 あなたの受ける分を七人か八人に分けておけ。地上でどんなわざわいが起こるかあなたは知らないのだから。11:4 風を警戒している人は種を蒔かない。雲を見ている者は刈り入れをしない。11:6 朝のうちにあなたの種を蒔け。夕方も手を放してはいけない。あなたは、あれか、これか、どこで成功するのか、知らないからだ。二つとも同じようにうまくいくかもわからない。
11:9 若い男よ。若いうちに楽しめ。若い日にあなたの心を喜ばせよ。あなたの心のおもむくまま、あなたの目の望むままに歩め。しかし、これらすべての事において、あなたは神のさばきを受けることを知っておけ。
12:1 あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。】

①私たちの人生には「知恵」が必要です。
知恵は良い判断を下し、
人生を良い方向に導くからです。

②主の知恵によって「水の上にパンを投げるように」、
一見無駄に見えたとしても、
相応しい種まきをする時に、良い収穫を見ることができるのです。
ですから必要ならば、朝も夕方も種を蒔き続けるのです。

③人は種を蒔くならば、刈り取りをします。
しかし欲望にも刈り取りがあることを肝に銘じるべきです。

④人生の最も大切なことは「創造主を覚えること」です。
それは自分を越えた方を知って生きるならば、
自分勝手には振舞えないからです。

そして若いうちからそのことを知るならば、
良い種蒔きをし、人生の大きな失敗を避けることができます。

7月21日伝道者の書10-12章『最も大切な知恵』_d0155777_9572039.jpg
・・・あなたが創造主のことを聞いていることを感謝しましょう。
この知恵を聞き続けて生きることは
「しあわせ」の最短距離なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-21 09:57 | 2011年7月 | Trackback

7月20日伝道者の書7-9章『主からの知恵とゆとり』

懸賞 2011年 07月 20日 懸賞

『主からの知恵とゆとり』
【7:13 神のみわざに目を留めよ。神が曲げたものをだれがまっすぐにできようか。
7:14 順境の日には喜び、逆境の日には反省せよ。これもあれも神のなさること。それは後の事を人にわからせないためである。
7:16 あなたは正しすぎてはならない。知恵がありすぎてはならない。なぜあなたは自分を滅ぼそうとするのか。7:17 悪すぎてもいけない。愚かすぎてもいけない。自分の時が来ないのに、なぜ死のうとするのか。7:18 一つをつかみ、もう一つを手放さないがよい。神を恐れる者は、この両方を会得している。
7:21 人の語ることばにいちいち心を留めてはならない。あなたのしもべがあなたをのろうのを聞かないためだ。7:22 あなた自身も他人を何度ものろったことを知っているからだ。】

①人生の中には単純に解決できないことが多くあります。
しかしまず私たちがすべきことは、

「現状を受け入れる」余裕を持ち、
自分が変わる必要があるならば「変わる勇気」を持つことです。

そのために逆境にあっては「反省し」
自分を振り返ることが大切です。

のこぎりが歯を整えなければ良い仕事ができないように、
私たちも自分自身が整えられて初めて良い働きができるからです。

②また良いと思うことをする場合「自己義」にならないことです。
そして人を一方的に切らないことが大切です。
自分が正しいと思っていても盲点が必ずあります。
ですから相手の考えを配慮する「心のゆとり」が欲しいのです。

③一つだけにこだわらないようにしましょう。
複数しなければならなければ、どれも同時に進めていくべきです。

7月20日伝道者の書7-9章『主からの知恵とゆとり』_d0155777_942179.jpg
④そして最後に「人の悪い言葉にいちいち心に留めない」ことが大切です。
人の言葉は無責任です。
自分が悪い言葉を人に出すように、
人の悪意の言葉もその程度だと考え、「気にしない」ことです。

そして人を恐れるのではなく、主に知恵によって生きるのです
。YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-20 09:42 | 2011年7月 | Trackback

7月19日伝道者の書4-6章『どのような動機で生きるか』

懸賞 2011年 07月 19日 懸賞

7月19日伝道者の書4-6章『どのような動機で生きるか』
【5:10 金銭を愛する者は金銭に満足しない。富を愛する者は収益に満足しない。これもまた、むなしい。5:12 働く者は、少し食べても多く食べても、ここちよく眠る。富む者は、満腹しても、安眠をとどめられる。5:13 私は日の下に、痛ましいことがあるのを見た。所有者に守られている富が、その人に害を加えることだ。5:15 母の胎から出て来たときのように、また裸でもとの所に帰る。彼は、自分の労苦によって得たものを、何一つ手に携えて行くことができない。5:18 見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。これが人の受ける分なのだ。】

①私たちの寿命は創造主によって定められています。
「頂いたいのち」をどのように生きるかが、
私たちの人生には問われているのです。

②金銭など目に見えるものを人生の支えにしている人には、
真の平安はありません。
力が拡大するほどに思い煩いが増えるのです。

③私たちは、この地上に生まれ天国に帰っていきますが
、最後は空手で帰るのです。
ですから人生の一つのゴールは「執着心からの解放」でもあります。

④そしていかに「見えるもの」ではなく
「見えない大切なもの」を味わい分かち合ったかが問われるのです。

⑤主は今日の聖書箇所で、
忙しい毎日の中で「しあわせ」を感じ楽しむことを勧めています。

7月19日伝道者の書4-6章『どのような動機で生きるか』_d0155777_914952.jpg
主はあなたの人生に
「賜物(プレゼント)」として
多くの良いものを与えて下さっています
(家族や友人や必要な生活物資・・・)。

それらを喜び「しあわせ」を味わいましょう。
主は「しあわせ」を追い求めることではなく
「味わうこと」
を教えておられるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-19 09:02 | 2011年7月 | Trackback

7月18日伝道者の書1-3章『すべてのことに時がある』

懸賞 2011年 07月 18日 懸賞

『すべてのことに時がある』
【3:1 天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。 3:2 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。
3:7 引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。黙っているのに時があり、話をするのに時がある。3:11 神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。3:12 私は知った。人は生きている間に喜び楽しむほか何も良いことがないのを。3:13 また、人がみな、食べたり飲んだりし、すべての労苦の中にしあわせを見いだすこともまた神の賜物であることを。】

①すべてのことに時があると聖書は教えています。
ですから時でないタイミングで動いても物事は上手くいかないのです。

現実を受け入れ、
今すべきことが教えられた時に、
主の助けによって行動することが大切なのです。

②物事が上手くいかない中で、
時を私たちが支配しているのではなく、
創造主が支配していることを私たちは学ぶのです。

7月18日伝道者の書1-3章『すべてのことに時がある』_d0155777_0201858.jpg
③いつまでも問題が続くのではないことを知りましょう。
主が働かれると素晴らしい和解や一致が起こるのです。

主に期待し、待ち望みましょう。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-18 00:17 | 2011年7月 | Trackback

7月17日箴言28-31章『幻(ビジョン)の大切さ』

懸賞 2011年 07月 17日 懸賞

『幻(ビジョン)の大切さ』
【29:18 幻がなければ、民はほしいままにふるまう。しかし律法を守る者は幸いである。29:19 しもべをことばだけで戒めることはできない。彼はそれがわかっても、反応がない。29:20 軽率に話をする人を見ただろう。彼よりも愚かな者のほうが、まだ望みがある。29:21 自分のしもべを幼い時から甘やかすと、ついには彼は手におえない者になる。
29:25 人を恐れるとわなにかかる。しかし【主】に信頼する者は守られる。29:26 支配者の顔色をうかがう者は多い。しかし人をさばくのは【主】である。】

①創造主から離れた人間は、わがままにできています。
ですから主からの幻(ビジョン・神からの啓示)がなければ、
人々は、ほしいままにふるまうのです。

②「自分を分かってもらうこと」だけを求めすぎないようにしましょう。
それは助けにはなりますが、ゴールではないのです。

③オリンピックを目指す選手が、目標の為に厳しい訓練を甘受するように、
人生(信仰生活)にビジョンを得ると、
方向性が明確になり努力をしやすくなるのです。

・・・聖書の学びを通じて「主のみ言葉」を大切にしましょう。
自分の生活の中に「主のみ言葉」を当てはめましょう。

7月17日箴言28-31章『幻(ビジョン)の大切さ』_d0155777_0163891.jpg
ビジョンを頂いて、
出来るだけ回り道をしないように歩める者は幸いです。

祝福をお祈りします。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-17 00:16 | 2011年7月 | Trackback

7月16日箴言25-27章『主の知恵の言葉』

懸賞 2011年 07月 16日 懸賞

『主の知恵の言葉』
【27:1 あすのことを誇るな。一日のうちに何が起こるか、あなたは知らないからだ。27:2 自分の口でではなく、ほかの者にあなたをほめさせよ。自分のくちびるでではなく、よその人によって。27:5 あからさまに責めるのは、ひそかに愛するのにまさる。27:6 憎む者が口づけしてもてなすよりは、愛する者が傷つけるほうが真実である。
27:11 わが子よ。知恵を得よ。私の心を喜ばせよ。そうすれば、私をそしる者に、私は言い返すことができよう。27:17 鉄は鉄によってとがれ、人はその友によってとがれる。
27:19 顔が、水に映る顔と同じように、人の心は、その人に映る。27:21 るつぼは銀のため、炉は金のためにあるように、他人の称賛によって人はためされる。】

①私たちの人生には、様々な問題が起こります。
しかし主の知恵によって
「どのように考えるべきか」を教えられるのです。

②今日も今朝の聖書(箴言25-27章)をじっくりと読み、
心で思い巡らせましょう。
そして主の知恵を受け取りましょう。

7月16日箴言25-27章『主の知恵の言葉』_d0155777_1041446.jpg
③そうするならば、あなたは今の現状を
「ふさわしく判断」することができ、

神に喜ばれ人にも益する
「良い種まき」をすることができるからです。

祝福をお祈りします。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-16 10:41 | 2011年7月 | Trackback

7月15日箴言22-24章『人生の最高の知恵』

懸賞 2011年 07月 15日 懸賞

『人生の最高の知恵』
【22:5 曲がった者の道にはいばらとわながある。たましいを守る者はこれらから遠ざかる。22:6 若者をその行く道にふさわしく教育せよ。そうすれば、年老いても、それから離れない。
24:3 家は知恵によって建てられ、英知によって堅くされる。
24:5 知恵のある人は力強い。知識のある人は力を増す。24:6 あなたはすぐれた指揮のもとに戦いを交え、多くの助言者によって勝利を得る。
24:10 もしあなたが苦難の日に気落ちしたら、あなたの力は弱い。24:11 捕らえられて殺されようとする者を救い出し、虐殺されようとする貧困者を助け出せ。24:13 わが子よ。蜜を食べよ。それはおいしい。蜂の巣の蜜はあなたの口に甘い。24:14 知恵もあなたのたましいにとっては、そうだと知れ。それを見つけると、良い終わりがあり、あなたの望みは断たれることがない。】

①主の知恵は人生を生きる上で非常に力になります。
なぜなら良い知恵を用いる人は
方向性(ビジョン)が明確になり

「家が固く立ち」
「力が与えられ」
「人生の戦いで勝利をすることができる」
からです。
(この時、助言者が有益です)

②また苦難に日にも気落ちしないことも大切な知恵の一つです。
そして前向きに「良い種」を蒔き続けるのです。
実践あるのみなのです。

7月15日箴言22-24章『人生の最高の知恵』_d0155777_8362453.jpg
③知恵を密のように吸収しましょう。
人生には大切な選択があります。

主の知恵によって判断し実行するならば、
あなたの人生には多くの素晴らしい収穫があるのです。

そしてそのことを次の世代に伝えることは
最高の業なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-15 08:36 | 2011年7月 | Trackback

7月14日箴言19-21章『最も知恵深い道』

懸賞 2011年 07月 14日 懸賞

『最も知恵深い道』
【19:1 貧しくても、誠実に歩む者は、曲がったことを言う愚かな者にまさる。19:2 熱心だけで知識のないのはよくない。急ぎ足の者はつまずく。19:3 人は自分の愚かさによってその生活を滅ぼす。しかもその心は【主】に向かって激しく怒る。
19:19 激しく憤る者は罰を受ける。たとい彼を救い出しても、ただ、これをくり返さなければならない19:20 忠告を聞き、訓戒を受け入れよ。そうすれば、あなたはあとで知恵を得よう。19:21 人の心には多くの計画がある。しかし【主】のはかりごとだけが成る。19:22 人の望むものは、人の変わらぬ愛である。貧しい人は、まやかしを言う者にまさる。19:23 【主】を恐れるなら、いのちに至る。満ち足りて住み、わざわいに会わない。】

①私たちは、自分の正しさを主張する世の中に住んでいます。
しかし、もし創造主(絶対的な基準)を生活の中で受け入れていなければ、
「自分の正しさ」を過剰に出張し続けて、
相手をコントロールし始め、問題をゆがめてしまうのです。

②「熱心なだけで知識のないのはよくない」のです。
主の原則や周りのニーズが見えていないと、
いくら熱心でもそれは「良い種まき」にはならないのです。

③そして愚かさ(悪い種まき)をし続けるならば、
生活が悪化します。

特に激しく怒りやすい人は、
御霊の実(自制)を頂くことが大切です。

7月14日箴言19-21章『最も知恵深い道』_d0155777_94975.jpg
④私たちは創造主のご支配している世界に住んでいるのです。
ですから主の計画だけが成ります(19:21)。

一旦「あなたの計画」を主にすべてゆだねてみましょう。
そうすればあなたを愛しておられる主は、
「あなたの計画」を
最善へと導かれるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-14 09:04 | 2011年7月 | Trackback

7月13日箴言16-18章『あなたのしようとすることを主にゆだねよ』

懸賞 2011年 07月 13日 懸賞

『あなたのしようとすることを主にゆだねよ』
【16:1 人は心に計画を持つ。【主】はその舌に答えを下さる。16:2 人は自分の行いがことごとく純粋だと思う。しかし【主】は人のたましいの値うちをはかられる。16:3 あなたのしようとすることを【主】にゆだねよ。そうすれば、あなたの計画はゆるがない。16:4 【主】はすべてのものを、ご自分の目的のために造り、悪者さえもわざわいの日のために造られた。16:5 【主】はすべて心おごる者を忌みきらわれる。確かに、この者は罰を免れない。16:6 恵みとまことによって、咎は贖われる。【主】を恐れることによって、人は悪を離れる。16:7 【主】は、人の行いを喜ぶとき、その人の敵をも、その人と和らがせる。】

①今日の聖書の個所は、自分の正しさを吟味ずることを教えてくれています。

②私たちは、環境や育てられ方によって、自分の正しさを作って生きています。
しかし主に祈り、人々の声に耳を傾ける時、
それは完全ではなく偏りがあることに気がつくのです。

③ですからいつも「自分のしようとすることを主に委ねる」ことが大切なのです。
主にゆだねるとは、一旦は全てを放棄して、
(主が喜ばれるように)自分を再構築することでもあります。

主の願い(人々の願い)を鑑みて、その願いに仕えることなのです。
また、自分が世界の中心から降りて、
主にその王座に立って頂くことでもあるのです。

7月13日箴言16-18章『あなたのしようとすることを主にゆだねよ』_d0155777_919896.jpg
④今日も創造主を意識して生活しましょう。

「主は人の行いを喜ぶとき、その人の敵をもその人と和らがせる」とあるように、

主を意識するならば、
必ずあなたの言動が変わり、
環境が「良いもの」へと整えられるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-13 09:19 | 2011年7月 | Trackback

7月12日箴言13-15章『知恵あるものと愚かなもの』

懸賞 2011年 07月 12日 懸賞

『知恵あるものと愚かなもの』
【14:6 あざける者は知恵を捜しても得られない。しかし悟りのある者はたやすく知識を得る。14:7 愚かな者の前を離れ去れ。知識のことばはそこにはない。14:8 利口な者は自分の知恵で自分の道をわきまえ、愚かな者は自分の愚かさで自分を欺く。14:9 罪過のためのいけにえは愚か者をあざけり、正しい者の間には恩恵がある。14:10 心がその人自身の苦しみを知っている。その喜びにもほかの者はあずからない。14:11 悪者の家は滅ぼされ、正しい者の天幕は栄える。14:12 人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。14:13 笑うときにも心は痛み、終わりには喜びが悲しみとなる。14:14 心の堕落している者は自分の道に甘んじる。善良な人は彼から離れる。14:15 わきまえのない者は何でも言われたことを信じ、利口な者は自分の歩みをわきまえる。14:16 知恵のある者は用心深くて悪を避け、愚かな者は怒りやすくて自信が強い。】

①信仰者は主によって知恵を受けます。
そしてその知恵によって「良い種」を蒔き、
「良い収穫」を刈り取ることができるのです。

②自我を押し通すと上手くいきません。
ですから私たち主に祈り、
主の知恵の中で人間関係のバランスや配慮をするのです。

③「人の目にはまっすぐに見える道」があります。
しかしもし、自分のやり方を押し通し、
身近な人の言葉が聞けないならば、注意が必要です。

この場合よく祈り、
本当に正しいかどうかの再考が必要なのです。

④また「人の言われた言葉」を何でも考えずに受け入れないようにしましょう。
よく考えて判断するのです。
人の言葉は無責任でもあるからです。

・・・聖書を読み、知恵ある人として行動しましょう。
その「良い種」があなたの祝福を招き、
あなたを幸せへと導いてくれるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-12 09:14 | 2011年7月 | Trackback