人気ブログランキング |

カテゴリ:2011年6月( 30 )

懸賞 懸賞

6月20日詩篇71-74篇『助け出して下さる主』

懸賞 2011年 06月 20日 懸賞

『助け出して下さる主』
【71:1 【主】よ。私はあなたに身を避けています。私が決して恥を見ないようにしてください。71:2 あなたの義によって、私を救い出し、私を助け出してください。71:3 私の住まいの岩となり、強いとりでとなって、私を救ってください。あなたこそ私の巌、私のとりでです。71:4 わが神よ。私を悪者の手から助け出してください。不正をする者や残虐な者の手からも。71:5 神なる主よ。あなたは、私の若いころからの私の望み、私の信頼の的です。71:6 私は生まれたときから、あなたにいだかれています。あなたは私を母の胎から取り上げた方。私はいつもあなたを賛美しています。・・】

①71篇は年老いた信仰者の祈りです。
主は信仰者を若い頃から助け、
年老いた今も助け続けました。

そしてその信頼を、主は裏切らないお方なのです。

②主があなたを造り、誕生させましたからから、
主は変わらずにあなたを守って下さいます。

③そして主は義なるお方です。
義によって私たちを救い出し、
いつも正しく物事を裁かれるのです。

・・・ですから、聖書が勧めるように
「主を賛美し」感謝して毎日を過ごしましょう。

6月20日詩篇71-74篇『助け出して下さる主』_d0155777_8594611.jpg
・・・感謝しつつ、心に留まる「良いこと」を実行し、
人々に愛を示しましょう。
そうすれば、蒔いた「良い種」の刈り取りを見ることができるのです。

・・・主はあなたに恥を見させずに、助け出して下さるお方だからです。
そのことを積極的に信じて、体験しましょう。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-06-20 09:00 | 2011年6月 | Trackback

6月19日詩篇66-70篇『苦しみの中にある祈り』

懸賞 2011年 06月 19日 懸賞

『苦しみの中にある祈り』
【(ダビデの調べ)69:13 しかし【主】よ。この私は、あなたに祈ります。神よ。みこころの時に。あなたの豊かな恵みにより、御救いのまことをもって、私に答えてください。69:14 私を泥沼から救い出し、私が沈まないようにしてください。私を憎む者ども、また大水の底から、私が救い出されるようにしてください。69:15 大水の流れが私を押し流さず、深い淵は私をのみこまず、穴がその口を私の上で閉じないようにしてください。69:16 【主】よ。私に答えてください。あなたの恵みはまことに深いのです。あなたの豊かなあわれみにしたがって私に御顔を向けてください。69:17 私は苦しんでいます。早く私に答えてください。・・】

①ダビデは、言葉に表すことができないほどの苦しみを経験しました(1-12節)。
しかしその中でも、あきらめることなく、助け主である主に求めました。

②人生はあきらめたら終わりです。
信仰者であっても限界を越えるような状況を経験することがあるのです。

③その苦しみの中で、あきらめずに主に祈り、
道を求めた者が、助けを得られるのです。

④主に祈り、あきらめずに現実を見ましょう。
そこに脱出の道があることを見つけ出しましょう。
人生には何度かこのような大波を乗り越えなければならないことがあるのです。

6月19日詩篇66-70篇『苦しみの中にある祈り』_d0155777_2304620.jpg
・・・詩篇69篇の最後は「主をほめたたえ」ています。
祈りによって、最後は主をほめたたえるところまで、
私たちの心が変えられるのです。

そして現実の助けも得ることができるのです。
これがダビデの経験であり、
私たちの体験でもあるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-06-19 00:55 | 2011年6月 | Trackback

6月18日詩篇61-65篇『救いと栄光は神の力』

懸賞 2011年 06月 18日 懸賞

『救いと栄光は神の力』
【(ダビデの賛歌)62:5 私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るからだ。62:6 神こそ、わが岩。わが救い。わがやぐら。私はゆるがされることはない。62:7 私の救いと、私の栄光は、神にかかっている。私の力の岩と避け所は、神のうちにある。62:8 民よ。どんなときにも、神に信頼せよ。あなたがたの心を神の御前に注ぎ出せ。神は、われらの避け所である。】

①詩篇62編は、ダビデの信仰の告白の歌です。

②敵の策略によって陥れられ、
人間的な助けには希望が持てない状況にあって、
ダビデは主に頼り、主の助けを信頼しました。

③目に見える希望が尽きたとしても、
神を信じる者は、それでも「未来に希望」を持つこと出来るのです。
なぜなら「私」を愛し、守っておられる主が、救いの手を伸ばして下さることを、
信仰者は「信じて」いるからです。

④人生には賭けのように、何かを信頼しなければならない時があります。
もしあなたが主に信頼するならば、
あなたは賭けに勝つように、問題からの「救い」と「栄光を現す」結果を受け取るのです。

6月18日詩篇61-65篇『救いと栄光は神の力』_d0155777_9382393.jpg
・・・結果を得るかどうかは、主に信頼することにかかっています。
困難の中でこそ、
唯一の確実な希望である主に、告白しましょう。

「あなただけが私の希望である」と告白し続けましょう。

信じるならば、ダビデが経験し、
聖書が教える「奇跡」をあなたも体験することができるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-06-18 09:38 | 2011年6月 | Trackback

6月17日詩篇56-60篇『神への嘆願』

懸賞 2011年 06月 17日 懸賞

『神への嘆願』
【(ダビデの歌)60:1 神よ。あなたは私たちを拒み、私たちを破り、怒って、私たちから顔をそむけられました。60:2 あなたは地をゆるがせ、それを引き裂かれました。その裂け目を、いやしてください。地がぐらついているのです。60:3 あなたは、御民に苦難をなめさせられました。・・60:5 あなたの愛する者が助け出されるために、あなたの右の手で救ってください。そして私に答えてください。
60:10 神よ。あなたご自身が私たちを拒まれたのではありませんか。神よ。あなたは、もはや私たちの軍勢とともに、出陣なさらないのですか。60:11 どうか、敵から私たちを助けてください。まことに、人の救いはむなしいものです。】

①信仰者であっても、困難や苦しみに遭うことがあります。
しかし信仰者はその時、
「絶望」ではなく「主への願い」を訴えることができるのです。

②苦難の中では、主から拒まれているような気持ちになります。
また身が引き裂かれ、足元が揺らぐような恐怖に落ちるのです。

③しかし信仰者は「助けて下さるお方」を知っているので、
「絶望」ではなく、「希望」をもって主に祈ることができるのです。

④あなたは助け出して下さる「創造主」を信じますか?
あなたの気持ちや感情に関わらず、
主はあなたを助けてくださるお方です。

6月17日詩篇56-60篇『神への嘆願』_d0155777_821843.jpg
その事実を受け止め信じましょう。
そして苦難の時には「正直に」すべての事実を主に訴えましょう。
人の助けには限界がありますが、
主の助けには限界がないのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-06-17 08:21 | 2011年6月 | Trackback

6月16日詩篇51-55篇『あなたの重荷を主にゆだねよ』

懸賞 2011年 06月 16日 懸賞

『あなたの重荷を主にゆだねよ』
【(ダビデの教訓詩)55:1 神よ。私の祈りを耳に入れ、私の切なる願いから、身を隠さないでください。・・
55:12 まことに、私をそしる者が敵ではありません。それなら私は忍べたでしょう。55:13 そうではなくて、おまえが。私の同輩、私の友、私の親友のおまえが。55:14 私たちは、いっしょに仲良く語り合い、神の家に群れといっしょに歩いて行ったのに。55:16 私が、神に呼ばわると、【主】は私を救ってくださる。55:22 あなたの重荷を【主】にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。】

①ダビデは多くの苦難の中から、主に祈りました。
そして時に身近なものから裏切られ、主に助けを求めたのです。

②裏切りほど心を痛めるものはありません。
しかしその中にあっても、主はダビデを助け、救い出して下さったのです。

③重荷を抱えすぎたならば、倒れてしまいます。
ダビデはその重荷を「主にゆだねること」によって平安が与えられ、
平静を保ち、主の助けを待ち望むことができたのです。

・・・祈るならば主は助けて下さいます。
しかし助けを受けるまでに、精神的に限界を越えてしまっては、
ゴールまでにたどりつけなくなってしまうのです。

6月16日詩篇51-55篇『あなたの重荷を主にゆだねよ』_d0155777_12145191.jpg
あなたの重荷を主にゆだねましょう。
そうすれば平安が与えられ、
あなたは「主の助け」を待ち望むことができるからです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-06-16 12:15 | 2011年6月 | Trackback

6月15日詩篇46-50篇『感謝のいけにえと、主への義務』

懸賞 2011年 06月 15日 懸賞

『感謝のいけにえと、主への義務』
【50:7 「聞け。わが民よ。わたしは語ろう。イスラエルよ。わたしはあなたを戒めよう。わたしは神、あなたの神である。50:8 いけにえのことで、あなたを責めるのではない。50:14 感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。50:15 苦難の日にはわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。あなたはわたしをあがめよう。」50:16 しかし、悪者に対して神は言われる。「何事か。おまえがわたしのおきてを語り、わたしの契約を口にのせるとは。50:17 おまえは戒めを憎み、わたしのことばを自分のうしろに投げ捨てた・・50:23 感謝のいけにえをささげる人は、わたしをあがめよう。その道を正しくする人に、わたしは神の救いを見せよう。」

①主は、形だけの行動を願ってはおられません。
主が見ておられるのは「その人の心」なのです。

②しかし形だけで行動したり、口先だけで戒めを語る人がいることを知りましょう。
主はその人をしばらくそのままにされますが、
後に刈り取りをされるのです。

③私たちは、形だけで行動するのではなく
「感謝して」日々を生きましょう。
そして果たすべきことがあるならば、速やかに実行しましょう。

6月15日詩篇46-50篇『感謝のいけにえと、主への義務』_d0155777_90162.jpg
・・・主は平等な方です。
人は蒔いた種の刈り取りを受けるのです。
正しく生きるならば報いがあるのです。

・・・主は苦難の中で、助けを求めるならば、
答えて下さるお方です。

そのことを信じ、
今日も一日を過ごしましょう。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-06-15 09:01 | 2011年6月 | Trackback

6月14日詩篇42-45篇『自分の心に語りかける言葉』

懸賞 2011年 06月 14日 懸賞

『自分の心に語りかける言葉』
【42:1 鹿が谷川の流れを慕いあえぐように、神よ。私のたましいはあなたを慕いあえぎます。42:2 私のたましいは、神を、生ける神を求めて渇いています。いつ、私は行って、神の御前に出ましょうか。42:4 私はあの事などを思い起こし、私の前で心を注ぎ出しています。私があの群れといっしょに行き巡り、喜びと感謝の声をあげて、祭りを祝う群集とともに神の家へとゆっくり歩いて行ったことなどを。42:5 わがたましいよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。私の前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。御顔の救いを。・・42:11 わがたましいよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。なぜ、私の前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の顔の救い、私の神を。】

①私たちは、困難な時に「どこに心を向けるか」で、解決が早まるか遅れるかが決まります。

②創造主はあなたの叫びを聞き、助けて下さるお方です。
渇いた時に水を求めるように、
主を求めるならば、主の力を受けることができるのです。

③「全能の主の力」は変わりません。
しかし私たちの求める姿勢で、
それを受けるか退けるかが決まってしまうことが多いのです。

④今までの主に助けて頂いた経験を思い出し、
創造主に心を注いで祈りましょう。
主に反発することがないようにしましょう。
それは滅びの道です。

⑤そして大事なことは「自分に教える」ことです。
「主を求めること」、「怒りや悪を捨てること」
・・それらを自分に説得しましょう。

6月14日詩篇42-45篇『自分の心に語りかける言葉』_d0155777_7505011.jpg
・・・創造主はあなたを助けて下さいます。
しかし「カギ」は、あなたが創造主の力をどのように求め、
受けるかなのです。

あなたに主の助けがあることをお祈りいたします。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-06-14 07:52 | 2011年6月 | Trackback

6月13日詩篇38-41篇『主に信頼する者の恵み』

懸賞 2011年 06月 13日 懸賞

『主に信頼する者の恵み』
【(ダビデの賛歌)40:1 私は切なる思いで【主】を待ち望んだ。主は私のほうに身を傾け、私の叫びを聞き、40:2 私を滅びの穴から、泥沼から、引き上げてくださった。そして私の足を巌の上に置き、私の歩みを確かにされた。40:3 主は、私の口に、新しい歌、われらの神への賛美を授けられた。多くの者は見、そして恐れ、【主】に信頼しよう。40:4 幸いなことよ。【主】に信頼し、高ぶる者や、偽りに陥る者たちのほうに向かなかった、その人は。・・】

①ダビデは創造主を信じる恵みを知り、その恵みに生きた人物です。

②人生には思い通りにならないことが起こります。
そして抜け出すことができない
「滅びの穴」に落ちてしまうこともあるのです。

③その危機には「自分の力」では脱出は難しいのです。
しかし「全能の主」に助けを求めると、
主は「穴」から引き上げて下さり、
私たちの歩みを確かなものにして下さるのです。

・・・限界を越えるような経験をしても、
主に助けを呼び求めるならば、
助け出されることを知りましょう。

そして主に力を頂くと、
感謝と賛美によって生きることができるようになるのです。

6月13日詩篇38-41篇『主に信頼する者の恵み』_d0155777_22144238.jpg
創造主を信頼し、主に目をむけ続けましょう。
この世界を造られた「一番のお方」を、一番に信頼する時、
主はあなたの人生を確かなものにされるのです。

「全能者」である主に今日も祈って、
一日を始めましょう。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-06-13 00:12 | 2011年6月 | Trackback

6月12日詩篇34-37篇『主に信頼する者の祝福』

懸賞 2011年 06月 12日 懸賞

『主に信頼する者の祝福』
【(ダビデによる)37:1 悪を行う者に対して腹を立てるな。不正を行う者に対してねたみを起こすな。37:2 彼らは草のようにたちまちしおれ、青草のように枯れるのだ。37:3 【主】に信頼して善を行え。地に住み、誠実を養え。37:5 あなたの道を【主】にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。37:23 人の歩みは【主】によって確かにされる。主はその人の道を喜ばれる。37:25 私が若かったときも、また年老いた今も、正しい者が見捨てられたり、その子孫が食べ物を請うのを見たことがない。37:28 まことに、【主】は公義を愛し、ご自身の聖徒を見捨てられない。・・】

①ダビデは人生を通じて主から悟りを得ました。
それは「主を信頼し善を行うものを、主は必ず祝福される」
という事実です。

②私たちの周りでは、
悪人が栄え、悪事をし続けることが通るような現実を見ます。
しかし「永遠の視点」で見る時に、
彼らは相応しい報い(裁き)を必ず受けるのです。

③ですから私たちは、周りがどのような悪しき状況でも、
善をし続けることを「選びとること」が大切なのです。

④そして自分の義ではなく、
主にまずゆだねてから、物事を進めることが肝要です。
(主が私を導いておられることを意識し続けることが大切です。)

そうすれば、主の力によって「最善が遂げられる」のです。

⑤主は「主を愛する者」を見捨てられません。
そのことを知る時に、
あなたは安心して「主の導く道」を歩むことができるのです。

6月12日詩篇34-37篇『主に信頼する者の祝福』_d0155777_23244088.jpg
・・・ですからどの様な時でも、
【主】を信頼して「善を行い」ましょう。

それが一番確かな道、
一番の祝福の道だからです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-06-12 00:18 | 2011年6月 | Trackback

6月11日詩篇30-33篇『悲しみが喜びに』

懸賞 2011年 06月 11日 懸賞

『悲しみが喜びに』
【(ダビデの賛歌) 30:4 聖徒たちよ。【主】をほめ歌え。その聖なる御名に感謝せよ。30:5 まことに、御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。30:6 私が栄えたときに、私はこう言った。「私は決してゆるがされない。」30:7 【主】よ。あなたはご恩寵のうちに、私の山を強く立たせてくださいました。あなたが御顔を隠され、私はおじ惑っていましたが。30:8 【主】よ。私はあなたを呼び求めます。私の主にあわれみを請います。30:11 あなたは私のために、嘆きを踊りに変えてくださいました。30:12 私の神、【主】よ。私はとこしえまでも、あなたに感謝します。】

①ダビデは、人生で良いことも苦しみも多く経験した人物でした。
彼は正直に、「順境の時」に神を忘れたことを告白しています。
そして自分の力で自分の人生を切り開いていけると
錯覚したことを明かしたのです。

②主はダビデにその間違いと高慢さを示されました。
そして「主の助け」がなければ生きていけないことを悟らせたのです。
その後、ダビデは主のあわれみを求め、回復を得ました。

6月11日詩篇30-33篇『悲しみが喜びに』_d0155777_11582847.jpg
・・・「夕暮れに涙があっても、朝焼けに喜びの叫びがある」のです。
主が働かれると人生に好機が訪れます。
そして主は「嘆きを踊りに変えて下さる」お方なのです。

あなたの人生に、主をもっと深くお迎えしませんか?
お迎えした分、主はあなたを助けて下さいます。

ダビデが体験したように、主はあなたの人生を
「悲しみから喜びへと」
変えて下さるお方なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-06-11 11:58 | 2011年6月 | Trackback