人気ブログランキング |

カテゴリ:2011年2月( 28 )

懸賞 懸賞

2月18日民数記28‐30章『主を愛する犠牲と罪の犠牲』

懸賞 2011年 02月 18日 懸賞

『主を愛する犠牲と罪の犠牲』
【28:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。28:2 「イスラエル人に命じて彼らに言え。あなたがたは、わたしへのなだめのかおりの火によるささげ物として、わたしへの食物のささげ物を、定められた時に、気をつけてわたしにささげなければならない。28:3 彼らに言え。これがあなたがたが【主】にささげる火によるささげ物である。一歳の傷のない雄の子羊を常供の全焼のいけにえとして、毎日二頭。・・・28:15 常供の全焼のいけにえとその注ぎのささげ物に加えて、雄やぎ一頭が、【主】への罪のためのいけにえとしてささげられなければならない。」

①主はカナンに入るイスラエルの二世たちに(一世は死に絶えました)、
再度モーセを通じていけにえの規定を確認されました。

②毎日の「常供の全焼のいけにえ」は主への全き献身(主を愛し応答すること)を現します。
それに加えて「罪からの聖めのため」のいけにえが捧げられたのです。

③そして毎日のいけにえに加えて、安息日・月のはじめ・第一の月の15日から7日間・初穂の日・第七の月の1日・10日・15日から22日までは「特別な捧げもの」するように命じられたのです。

・・・イエス様が「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです(マタイ6:21)」と言われたように、これだけの犠牲を払って「心を尽くして・・・主を愛する(申命記6:5)」ように主は定められました。(これらの犠牲に加えてもし「罪を犯したことに気がついた」ならば別の捧げものをするように命じられています《レビ記4章5章》)

・・・主を「心から愛することと」と「罪の犠牲」は別物であることを知りましょう。
そして愛の犠牲のほうが大きいことを知るのです。
イエス様は「わたし」を愛するために、罪の犠牲となって下さいました(へブル10:18)。

2月18日民数記28‐30章『主を愛する犠牲と罪の犠牲』_d0155777_9422166.jpg
・・・あなたはその愛の大きさを受け止めていますか?罪の赦しだけに目を向けていませんか?
創造主はあなたをあまりにも愛しておられるので、救いの主イエス様をあなたに与えられたのです。

・・・その「愛」の大きさと「赦し」の恵みを知りましょう。
そして私たちも「旧約と同じ精神」で主を真心から愛していきましょう。
YCCFuji (参照:申命記6:5マタイ22:37)

by happiness-eachday | 2011-02-18 09:43 | 2011年2月 | Trackback

2月17日民数記25‐27章『使命の後継者』

懸賞 2011年 02月 17日 懸賞

『使命の後継者』
【26:1【主】はモーセと祭司アロンの子エルアザルに告げて仰せられた。26:2 「イスラエル人の全会衆につき、父祖の家ごとに二十歳以上で、イスラエルにあって軍務につくことのできる者すべての人口調査をせよ。」・・・
27:18 【主】はモーセに仰せられた。「あなたは神の霊の宿っている人、ヌンの子ヨシュアを取り、あなたの手を彼の上に置け。27:19 彼を祭司エルアザルと全会衆の前に立たせ、彼らの見ているところで彼を任命せよ。27:20 あなたは、自分の権威を彼に分け与え、イスラエル人の全会衆を彼に聞き従わせよ。」】

①荒野で、ヨシュアとカレブ以外の不信仰の者たちが死に絶えた後、主は第2回目の人口調査を命じました。それは約束の地カナンに入る為に必要なことでした。

②この人口調査で、シメオン族が激減していることが分かります(26:14)、これは25章の不信仰の結果でした。

③またモーセはカナンに入れませんでしたが、主は新リーダーとしてヨシュアを任命しました。そしてこのヨシュアをによって、新しい世代のイスラエルの民たちは、カナンに入っていったのです。

・・・ヨシュアはモーセの近くでいつも学んでいました。主は信仰を持ち準備している者を用い、使命を継承させることが分かります。(個人も部族にあっても同じです。)

・・・もし私たちが主を信じ、主に応答していくならば、
主はあなたを豊かに用い、あなたの家族や子孫も用いられるのです。

2月17日民数記25‐27章『使命の後継者』_d0155777_11351957.jpg
・・・私たちを造って下さった創造主に目をかけて頂き、
用いられるとは何と素晴らしいことでしょう。
主は計画を持っておられ、
その使命を託せる人を探しておられるのです(Ⅱ歴代16:9)。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-02-17 11:35 | 2011年2月 | Trackback

2月16日民数記22‐24章『祝福する者たちを祝福し続ける主』

懸賞 2011年 02月 16日 懸賞

『祝福する者たちを祝福し続ける主』
【22:31 そのとき、【主】がバラムの目のおおいを除かれたので、彼は【主】の使いが抜き身の剣を手に持って道に立ちふさがっているのを見た。彼はひざまずき、伏し拝んだ。22:32 【主】の使いは彼に言った。「なぜ、あなたは、あなたのろばを三度も打ったのか。敵対して出て来たのはわたしだったのだ。あなたの道がわたしとは反対に向いていたからだ。22:33 ろばはわたしを見て、三度もわたしから身を巡らしたのだ。もしかして、ろばがわたしから身を巡らしていなかったなら、わたしは今はもう、あなたを殺しており、ろばを生かしておいたことだろう。」22:34 バラムは【主】の使いに申し上げた。「私は罪を犯しました。私はあなたが私をとどめようと道に立ちふさがっておられたのを知りませんでした。今、もし、あなたのお気に召さなければ、私は引き返します。」22:35 【主】の使いはバラムに言った。「この人たちといっしょに行け。だが、わたしがあなたに告げることばだけを告げよ。」そこでバラムはバラクのつかさたちといっしょに行った。】

①この物語は、イスラエルの外で起きたことです。
主は神の民だけでなく、主を信じない民にも働いておられることが分かります。
そして期間限定で、占い師さえも主の計画の為に用いられるのです。

②イスラエル民族の勢力を恐れたモアブの王は、占い師バラムに、イスラエルをのろわせて、弱くさせようと計画しました。
しかし主はバラムに「主の語ることだけを語るように」と命じ、モアブ王のところに行くことを許可しました(22:20)。

③この事件の前では、バラクは表面上は主に従っているようでも、
心の中には自分の名誉や富に対する欲に満ちていました。

しかしこの事件を通じて、
「自分の欲の道」を歩むならば、
自分の命までも打たれる可能性を知った時に、
彼は主に反する恐れを知り、この後、主の願いどおりの働きをしたのです。

2月16日民数記22‐24章『祝福する者たちを祝福し続ける主』_d0155777_9225284.jpg
・・・祝福しようとされる【創造主の力】が、どれ程強いものであるかを知りましょう。
またそれに反逆することがどれほど愚かな(時に身の危険につながる)ことであるかも知りましょう。

・・・主は祝福するものを守られるお方です。
それは神の民の集まる中でも外でも、
見えるところでも見えないところでも同じなのです。

・・・創造主を信じる「あなた」に対する「主の守り」は、
今もこのように力強いものです。
このことをはっきりと知ることは、大きな恵みです
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-02-16 09:23 | 2011年2月 | Trackback

2月15日民数記19-21章『反逆の罪が赦されるには』

懸賞 2011年 02月 15日 懸賞

『反逆の罪が赦されるには』
【21:4 彼らはホル山から、エドムの地を迂回して、葦の海の道に旅立った。しかし民は、途中でがまんができなくなり、21:5 民は神とモーセに逆らって言った。「なぜ、あなたがたは私たちをエジプトから連れ上って、この荒野で死なせようとするのか。パンもなく、水もない。私たちはこのみじめな食物に飽き飽きした。」21:6 そこで【主】は民の中に燃える蛇を送られたので、蛇は民にかみつき、イスラエルの多くの人々が死んだ。21:7 民はモーセのところに来て言った。「私たちは【主】とあなたを非難して罪を犯しました。どうか、蛇を私たちから取り去ってくださるよう、【主】に祈ってください。」モーセは民のために祈った。21:8 すると、【主】はモーセに仰せられた。「あなたは燃える蛇を作り、それを旗ざおの上につけよ。すべてかまれた者は、それを仰ぎ見れば、生きる。」21:9 モーセは一つの青銅の蛇を作り、それを旗ざおの上につけた。もし蛇が人をかんでも、その者が青銅の蛇を仰ぎ見ると、生きた。】

①民は再び荒野に入り、不足を感じると、不満を言い、神と指導者モーセに逆らいました。
ここでは既に与えられているマナの恵みや主が共におられる立場にさえ、不満を感じてつぶやいたことが書かれています。

②人間は自分の願いとは違うことが現実に起こると、神にだけでなく、神に導かれている指導者にも不満を感じるのです。
モーセの家族であるアロンとミリアムがそうでしたし(12章)、
同じレビ族であるコラの子たち(16章)の反逆がそうでした。
人は親しい者こそ、不満を感じやすいのです。

④旧約の教えは、いかなる罪も、それは罪として明確にされ、裁かれます。
しかし赦しの道があることを私たちは教えられるのです。
(青銅の蛇はイエス様を仰ぎ見ることを象徴しています。ヨハネ 3:14)

・・・私たちの心に神に反逆する心はないでしょうか?
また人に対する(特に権威ある人に対する)感情的な反発はないでしょうか?

反発心は主の道を歩むことを妨げます。

2月15日民数記19-21章『反逆の罪が赦されるには』_d0155777_927342.jpg
・・・もし聖霊によってそれらの罪を示されたなら、
主を見上げて、その罪を告白し、赦しと癒しを頂きましょう。

主はあなたの心の「良くないもの」を取り除き、
心から主を信頼し、
「約束の祝福の道」を歩むことを願っておられるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-02-15 09:28 | 2011年2月 | Trackback

2月14日民数記16‐18章『リーダーシップを確立させる主』

懸賞 2011年 02月 14日 懸賞

『リーダーシップを確立させる主』
【17:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。17:2 「イスラエル人に告げて、彼らから、杖を、父の家ごとに一本ずつ、彼らの父祖の家のすべての族長から十二本の杖を、取れ。その杖におのおのの名を書きしるさなければならない。17:3 レビの杖にはアロンの名を書かなければならない。彼らの父祖の家のかしらにそれぞれ一本の杖とするから。17:4 あなたはそれらを、会見の天幕の中のわたしがそこであなたがたに会うあかしの箱の前に置け。17:5 わたしが選ぶ人の杖は芽を出す。こうしてイスラエル人があなたがたに向かってつぶやく不平をわたし自身が静めよう。」】

①主は16章で、モーセに対するリーダシップに反抗するコラの子たちに裁きをされました。
②そして主ご自身がモーセとアロンに対するリーダーシップを「しるしを与える」ことで明確にされたのです。

③主はご自身が愛をもって立てられた人物を守り、しるしと奇跡をもって、助けて下さったのです。

・・・主はご自身の御計画を進める時に「あなたを用いられる」ことがあります。
その時、主は主の方法であなたを守り、助けて下さるのです。

・・・またあなたは主の働きをする時に「協力者」となる時があります。
その時は協力者としての役割に徹することが大切です。

エペソ4章にあるように、私たちの主は同じ主です。
そしてチームで働きをするためにそれぞれに役割を与えられるのです。
リーダーの時はリーダーの仕事を、
フォローする時にはフォローに徹しましょう。

同じ目的のため協力して進むことが主の願いなのです。
(決して自己実現ではないことを銘記しましょう。)
私たちの願いは「主の栄光が現れる」ことです。
そのために、異なった役割として、同じ主に仕えているのです(エペソ4:6)。

2月14日民数記16‐18章『リーダーシップを確立させる主』_d0155777_0313323.jpg
・・・モーセやアロンのような働きは大きな責任を伴います。
そのような責任が与えられたならば、
逆境の中でもモーセにように、主にへりくだりましょう(16:4)。

また責任ある立場の方々が「正しく用いられる」ために
祈り続けることも大切な働きなのです。
自分自身と責任者のために、ぜひ祈りましょう。
召しと役割は異なりますが、
私たちの願いは一つなのです。

それは「主の栄光」なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-02-14 00:33 | 2011年2月 | Trackback

2月13日民数記13-15章『信仰のテストの時』

懸賞 2011年 02月 13日 懸賞

『信仰のテストの時』
【13:30 そのとき、カレブがモーセの前で、民を静めて言った。「私たちはぜひとも、上って行って、そこを占領しよう。必ずそれができるから。」13:31 しかし、彼といっしょに上って行った者たちは言った。「私たちはあの民のところに攻め上れない。あの民は私たちより強いから。」・・・14:6 すると、その地を探って来た者のうち、ヌンの子ヨシュアとエフネの子カレブとは自分たちの着物を引き裂いて、14:7 イスラエル人の全会衆に向かって次のように言った。「私たちが巡り歩いて探った地は、すばらしく良い地だった。14:8 もし、私たちが【主】の御心にかなえば、私たちをあの地に導き入れ、それを私たちに下さるだろう。あの地には、乳と蜜とが流れている。14:9 ただ、【主】にそむいてはならない。その地の人々を恐れてはならない。」】

①主はイスラエルと共におられ、雲のしるしと毎日のマナの奇跡によって人々を養いました。
②そして時至り、主は信仰のテストとして、12名の族長(リーダー)をカナン偵察に出向かせたのです。

③カナンは豊かな素晴らしい場所でした。しかしそこに住む民は強かったのです。

④40日後の報告で、ヨシュアとカレブは、信仰の報告をしましたが、
残りの族長は不信仰の報告をしたのです。
そしてすべてのイスラエルの民は不信仰の言葉に反応してしまいました。

・・・⑤結果として、ヨシュアとカレブはカナンに入ることができましたが、
それ以外の大人たちは入ることができなかったのです。

・・・ヨシュアとカレブと他の族長は何が違ったのでしょう。それは毎日の信仰の生活の中で、主によって信仰が強められていたかどうかです。(出エジプト16:4)
イエス様も「小さいことに忠実な人は、大きいことにも忠実(ルカ16:10)」とおっしゃっています。

2月13日民数記13-15章『信仰のテストの時』_d0155777_012596.jpg
・・・私たちは毎日の信仰生活で主から教えられ続けていますか?
感情で反応せずに主の願いに立って行動していますか?

毎日の生活は地味ですが、
しかし日常の生活で(小さな勝利でも)主の願いに応答し続ける時、
大きなテストにあっても確実に合格することができるのです。

そしてその可否が生涯を決定することもあるのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-02-13 00:03 | 2011年2月 | Trackback

2月12日民数記10-12章『モーセの使命を助ける者たち』

懸賞 2011年 02月 12日 懸賞

『モーセの使命を助ける者たち』
【11:14「 私だけでは、この民全体を負うことはできません。私には重すぎます。11:15 私にこんなしうちをなさるのなら、お願いです、どうか私を殺してください。これ以上、私を苦しみに会わせないでください。」11:16 【主】はモーセに仰せられた。「イスラエルの長老たちのうちから、あなたがよく知っている民の長老で、そのつかさである者七十人をわたしのために集め、彼らを会見の天幕に連れて来て、そこであなたのそばに立たせよ。11:17 わたしは降りて行って、その所であなたと語り、あなたの上にある霊のいくらかを取って彼らの上に置こう。それで彼らも民の重荷をあなたとともに負い、あなたはただひとりで負うことがないようになろう。」

①11章では、イスラエルの民が、毎日主の栄光の雲が見え、マナが与えられているにもかかわらず、ひどく不満を述べています。
②荒野での苦しみに対する不満だけでなく、与えられているマナの不満、肉が食べられない不満等々を、彼らはモーセに激しく訴えたのです。

③モーセはこの大きな重荷を主に訴えました。すると主はモーセを助ける者たちを起こすと約束されたのです。

2月12日民数記10-12章『モーセの使命を助ける者たち』_d0155777_103268.jpg
・・・私たちが責任を持つ働きをする時、多くの問題が起こることがあります。
責任者としてクレームを受け、愛情や配慮を踏みにじられるような気持ちになる時があるのです。

・・・しかし主はモーセを助けて協力者と共に働きを進められたように、
主はあなたを助け、協力者の援助によって問題解決に導くことがあります。
一人ではできないことが、主によって協力者と共に出来ることがあるのです。

・・・ひどいプレッシャーの時は、心から主に叫びましょう。
主はその祈りを聞かれ、
必ずあなたに「最もふさわしい解決」を与えて下さるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-02-12 10:03 | 2011年2月 | Trackback

2月11日民数記7-9章『主の命令によって旅立つ』

懸賞 2011年 02月 11日 懸賞

『主の命令によって旅立つ』
【9:15 幕屋を建てた日、雲があかしの天幕である幕屋をおおった。それは、夕方には幕屋の上にあって火のようなものになり、朝まであった。・・・9:18 【主】の命令によって、イスラエル人は旅立ち、【主】の命令によって宿営した。雲が幕屋の上にとどまっている間、彼らは宿営していた。9:19 長い間、雲が幕屋の上にとどまるときには、イスラエル人は【主】の戒めを守って、旅立たなかった。9:21 雲が夕方から朝までとどまるようなときがあっても、朝になって雲が上れば、彼らはただちに旅立った。昼でも、夜でも、雲が上れば、彼らはいつも旅立った。9:22 二日でも、一月でも、あるいは一年でも、雲が幕屋の上にとどまって去らなければ、イスラエル人は宿営して旅立たなかった。ただ雲が上ったときだけ旅立った。9:23 彼らは【主】の命令によって宿営し、【主】の命令によって旅立った。】

①幕屋を建てると、主の御臨在である雲が、幕屋の上を覆いました。
主は昼も夜も彼らと共におられたのです。

②そして民は、主の雲を見続け、導きに毎日従ったのです。
・・・荒野では多くの不足や問題がありました。しかし彼らは毎日主に従ったのです。

・・・なぜ彼らは主に従ったのでしょうか?
彼らは多くの主の奇跡を見たからでしょうか。
カナンと言う目的地が与えられたからでしょうか。
毎日マナで養われていたからでしょうか。
主の律法(ルール)が与えられていたからでしょうか。
モーセに言われたからでしょうか(まだ他にもあるでしょう・・)。

彼らは雲を見て進みました。
しかし一番大切なことはリーダーのモーセがいつも
「主と交わり」「主を信頼し」、「主に聞いて」いて民に主の命令を出していたことです。

・・・クリスチャン(あなた)はなぜ主のお従いするのでしょうか?
奇跡を経験したからですか。
天国があるからですか。
毎日必要が与えられているからですか。
それとも神の命令だからでしょうか。(人から言われたからですか)。

・・・モーセのように、あなたが主と交わり、主を信頼し、主に聞いているなら、
あなたは最後まで主の計画の中を歩むものとなれるのです。

2月11日民数記7-9章『主の命令によって旅立つ』_d0155777_10452965.jpg
・・・あなたは創造主を信頼していますか?
主はあなたに今までどんな素晴らしいことをして下さったでしょうか。

・・・毎日主の導きを聞き続け、従いましょう。
主に従い続けることが、困難の中でも、
人生を最高に生きる秘訣なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-02-11 10:45 | 2011年2月 | Trackback

2月10日民数記4-6章『民の数を数える目的』

懸賞 2011年 02月 10日 懸賞

『民の数を数える目的』
【4:1 【主】はモーセとアロンに告げて仰せられた。4:2 「レビ人のうち、ケハテ族の人口調査を、その氏族ごとに、父祖の家ごとにせよ。4:3 それは会見の天幕で務めにつき、仕事をすることのできる三十歳以上五十歳までのすべての者である。4:4 ケハテ族の会見の天幕での奉仕は、最も聖なるものにかかわることであって次のとおりである。4:5 宿営が進むときは、アロンとその子らは入って行って、仕切りの幕を取り降ろし、あかしの箱をそれでおおい、・・・」】

①主は、1章ではレビ人に対して、軍務に就く者としての、数を数えさせませんでした(1:49)。彼らの使命は幕家の管理でした。

②しかし今日の個所では、レビ人・ケハテ族の人口調査について書かれています。ケハテ族はモーセとアロンが属する氏族です。主はケハテ族に幕屋の一番重要な管理の仕事を任せました。
そのために主はケハテ族の人口調査をさせ、幕屋の具体的な奉仕の手順について記しました。

③4:21からはレビ人のゲルション族の人口調査について命じ、幕屋の用具を運ぶ仕事を指示されています。

・・・主が人数を数えさせる目的は、奉仕の為であることが分かります。
④主はチームの中に様々な「役割と賜物」を与えています。
そしてそれを綿密に調べる時に、秩序だった良い仕事をすることができるのです。

・・・⑤私たち個人に対しても同じことが言えます。
主はあなた自身に「役割と賜物」を与えておられるのです。
そのあなた自身の賜物の内容を綿密に調べる時に、あなたは人に役立つ者となるのです。

2月10日民数記4-6章『民の数を数える目的』_d0155777_9254152.jpg
・・・あなたには眠っている賜物がまだまだあるのではないでしょうか。
それを調べ「皆の益となるため」に用いる時、有意義な人生を生きることができるのです。

・・・最後に「ケハテ族を絶えさせてはならない」と主が命じたように(4:18)、
主はあなたやチームの奉仕を、あなたで終わるのではなく、
世代を越えて継続して行うことを願っておられるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-02-10 09:26 | 2011年2月 | Trackback

2月9日民数記1‐3章『リーダーを立て、民を数える意味』

懸賞 2011年 02月 09日 懸賞

『リーダーを立て、民を数える意味』
【1:1 人々がエジプトの国を出て二年目の第二月の一日に、【主】はシナイの荒野の会見の天幕でモーセに告げて仰せられた。1:2 「イスラエル人の全会衆を、氏族ごとに父祖の家ごとに調べ、すべての男子の名をひとりひとり数えて人口調査をせよ。1:3 あなたとアロンはイスラエルにおいて、二十歳以上の者で、すべて軍務につくことのできる者たちを、その軍団ごとに数えなければならない。1:4 また部族ごとにひとりずつ、父祖の家のかしらである者が、あなたがたとともにいなければならない。1:5 あなたがたの助手となるはずの者の名は次のとおりである。ルベンからはシェデウルの子エリツル。・・ 1:16 これらの者が会衆から召し出された者で、その父祖の部族の長たちである。彼らがイスラエルの分団のかしらたちである。」】

①民数記は、バラバラだった民にリーダを立てさせ、組織として共同で神に仕えていくプロセスを、神が導き記録させた書物です。

②天幕完成の1か月後、神はモーセに、イスラエルの「戦うことができる成人男子の人数」を数えるように指示を出しました。
そのために神は部族の長を「名指し」で任命しました。

③神は、民に部族(グループ)の中で「名指し」でリーダーを立て、
それぞれの部族の人的資源を慎重に扱うように求めていたからです。

④また2章には部族ごとの宿営場所を定めました。これは男性だけで60万(女性子供も入れると200万以上)の民が秩序良く宿営や移動をするために必要なことでした。

・・・民が有効に活用されるためには、チーム作りと役割分担が必要です。そのための調査は有効です。
これは教会においても同じです。各セクションがたてられ役割が与えられ、そして初めてチームとして機能していくのです。

クリスチャンとして召された私たちは、教会に加わり、何かの役割を担うように導かれているのです。そして神は様々な役割ができるための賜物を、前もって私たちに与えておられるのです。

2月9日民数記1‐3章『リーダーを立て、民を数える意味』_d0155777_9221668.jpg
・・・あなたに与えられた賜物は何でしょうか。
あなたの周りの方に与えられている賜物は何でしょうか。

私たちは一人で主に仕えるのではなく、
協力して共同で、主に仕えていくのです。
「主への奉仕」はチームの中で学ぶことができるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-02-09 09:22 | 2011年2月 | Trackback