人気ブログランキング |

カテゴリ:2011年1月( 31 )

懸賞 懸賞

1月21日出エジプト10-12章『なぜ難しい状況が続くのか』

懸賞 2011年 01月 21日 懸賞

『なぜ難しい状況が続くのか』
【10:1 【主】はモーセに仰せられた。「パロのところに行け。わたしは彼とその家臣たちを強情にした。それは、わたしがわたしのこれらのしるしを彼らの中に、行うためであり、10:2 わたしがエジプトに対して力を働かせたあのことを、また、わたしが彼らの中で行ったしるしを、あなたが息子や孫に語って聞かせるためであり、わたしが【主】であることを、あなたがたが知るためである。」】

①モーセが神の言葉を語っても、エジプト王のパロは動くことはありませんでした。
しかし最終的には、神はモーセを用い、神の奇跡によって、
すべてのイスラエル人と、家畜が、エジプトを脱出することができました(12章)。

②その神の救いの奇跡を、「過越しの祭」として、
神はイスラエル人に子供たちに伝えることを命じました(12:17)。
その信仰教育によって、主への信仰が子孫に伝わることになったのです。

・・・神の計画はあなた一代で終わることはありません。
あなたの次の世代、そして子孫に続くものなのです。
今日の個所では「出エジプトの苦しみの経験」には意味があることを教えています。
その苦しみが軽いものならば、そこからの救いの証も軽いものになりますが、
大変な状況からの救いであるならば、その証は偉大な力強いものとなり、
周りの人々や子供たちの信仰を強めることになるのです。
1月21日出エジプト10-12章『なぜ難しい状況が続くのか』_d0155777_9343683.jpg
・・・神は簡単な問題からだけではなく、
経験したこともないような困難からも、「助け出されるお方」です。

そして罪の裁きからも、
子羊の血(イエス様)によって「過ぎ越し(容赦される)」お方なのです。

主に守られ、罪から救い出されている恵みを感謝しましょう。
そして具体的な問題からも助け出されるお方です。
・・・あなたの乗り越えた証は、あなたの為だけでなく、
あなたの証を聞く人々やその子孫の為でもあるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-21 09:38 | 2011年1月 | Trackback

1月20日出エジプト記7-9章『語り続ける大切さ』

懸賞 2011年 01月 20日 懸賞

『語り続ける大切さ』
【7:1 【主】はモーセに仰せられた。「見よ。わたしはあなたをパロに対して神とし、あなたの兄アロンはあなたの預言者となる。7:2 あなたはわたしの命じることを、みな、告げなければならない。あなたの兄アロンはパロに、イスラエル人をその国から出て行かせるようにと告げなければならない。7:3 わたしはパロの心をかたくなにし、わたしのしるしと不思議をエジプトの地で多く行おう。7:4 パロがあなたがたの言うことを聞き入れないなら、わたしは、手をエジプトの上に置き、大きなさばきによって、わたしの集団、わたしの民イスラエル人をエジプトの地から連れ出す。7:5 わたしが手をエジプトの上に伸ばし、イスラエル人を彼らの真ん中から連れ出すとき、エジプトはわたしが【主】であることを知るようになる。」7:6 そこでモーセとアロンはそうした。【主】が彼らに命じられたとおりにした。7:7 彼らがパロに語ったとき、モーセは八十歳、アロンは八十三歳であった。】

①主はモーセに、かたくなと無理解があっても、主の命令を語り続け、実行するようにと指示をされました。そして、モーセと彼の兄アロンは「主の言葉」に従いました。

・・・今日の個所から学ぶことはシンプルです。
それは「語り続けること」です。

子育てでも、仕事の関係であっても、与えられたビジョンを実行するには、
語り続けなければなりません。
そこに無理解があっても反発があっても
(必要ではないトラブルは知恵をもって避けることは大切ですが・・)、
もし誰かが語り続けなければ、そのビジョンは実行には至らないのです。

主が導く計画ならば、主はあなたを全面的にバックアップして下さいます。
1月20日出エジプト記7-9章『語り続ける大切さ』_d0155777_910193.jpg
・・・恐れずに語り続けましょう。
そして、主の前にへりくだり、主の知恵と奇跡を頂きましょう。
(人の前で恐れるのではなく、愛と知恵をもって語るのです)。

どんな世代であっても、環境に動じるのではなく、
主に従い、忍耐深く「語り続けること」こそが、
ビジョン実現の最短距離なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-20 09:11 | 2011年1月 | Trackback

1月19日出エジプト4-6章『主が私たちを用いるとはどういうことか?』

懸賞 2011年 01月 19日 懸賞

『主が私たちを用いるとはどういうことか?』
【6:1 それで【主】はモーセに仰せられた。「わたしがパロにしようとしていることは、今にあなたにわかる。すなわち強い手で、彼は彼らを出て行かせる。強い手で、彼はその国から彼らを追い出してしまう。」・・・ 6:10 【主】はモーセに告げて仰せられた。6:11 「エジプトの王パロのところへ行って、彼がイスラエル人をその国から去らせるように告げよ。」6:12 しかしモーセは【主】の前に訴えて言った。「ご覧ください。イスラエル人でさえ、私の言うことを聞こうとはしないのです。どうしてパロが私の言うことを聞くでしょう。私は口べたなのです。」6:13 そこで【主】はモーセとアロンに語り、イスラエル人をエジプトから連れ出すため、イスラエル人とエジプトの王パロについて彼らに命令された。】

①主は、愚図るモーセを説得し、主の使命を果たすように導きました(4章)。
②モーセは、主から与えられた奇跡を以て、パロに語りましたが、そのことによって状況はますます難しくなりました。そして喜んでいた同胞さえも、モーセたちに反抗するようになってしまったのです(5章)。
③このような四面楚歌の状況の中で、主はモーセを用い、主の計画を進め、実行させました。・・・

私たちは、導かれたはずの仕事をしていく中で、自分では思ってもみない困難な状況になり、
益々解決が難しくなることがあります。
しかし私たちを励まして下さった主は、周りの理解できない仲間さえも変えるお方です。
また、パロのような大きな権力を持った敵の中でも、
主の業を進め、解決への力を持ったお方なのです。

・・・主があなたを用いるとは、人間的に不可能な状況であっても、
私たち自身に足りなさがあっても、
主があなたを助け、主の計画の中であなたを用いると言うことなのです。
1月19日出エジプト4-6章『主が私たちを用いるとはどういうことか?』_d0155777_9422026.jpg
・・・ですから主の前でいつもへりくだりましょう。
人の前で高ぶる(自分の力を誇りたい)時は、ます主の前でへりくだりましょう。
そうすればふるまう行動が、自然に相応しいものに変えられます。

また、出来ないと言いきることも謙遜傲慢でもあるのです。

主が「為す」とおっしゃったならば、
へりくだって素直にアーメンと言える生き方をしましょう。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-19 09:44 | 2011年1月 | Trackback

1月18日出エジプト1‐3章『叫びを聞かれる神』

懸賞 2011年 01月 18日 懸賞

『叫びを聞かれる神』
【2:23 それから何年もたって、エジプトの王は死んだ。イスラエル人は労役にうめき、わめいた。彼らの労役の叫びは神に届いた。2:24 神は彼らの嘆きを聞かれ、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約を思い起こされた。・・・
3:7 【主】は(モーセに)仰せられた。「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを確かに見、追い使う者の前の彼らの叫びを聞いた。わたしは彼らの痛みを知っている。3:9 見よ。今こそ、イスラエル人の叫びはわたしに届いた。わたしはまた、エジプトが彼らをしいたげているそのしいたげを見た。3:10 今、行け。わたしはあなたをパロのもとに遣わそう。わたしの民イスラエル人をエジプトから連れ出せ。」3:11 モーセは神に申し上げた。「私はいったい何者なのでしょう。パロのもとに行ってイスラエル人をエジプトから連れ出さなければならないとは。」3:12 神は仰せられた。「わたしはあなたとともにいる。これがあなたのためのしるしである。わたしがあなたを遣わすのだ。あなたが民をエジプトから導き出すとき、あなたがたは、この山で、神に仕えなければならない。」】

①主は、神の民の叫びを聞き、契約を思い起こし、モーセを救済者として召し出されました。
②モーセは特別な使命を受けて生まれ育った人物でしたが、
自分の力に頼って失敗をし(2章)、荒野で逃亡生活をしていました。

③主はそのモーセを召し出し、使命を与え、神の計画を実現させたのです。
1月18日出エジプト1‐3章『叫びを聞かれる神』_d0155777_8204810.jpg
・・・ここで2つのことを学ぶことができます。
一つ目は、主は叫びを聞いて下さると言うことです。
主は私たちに悩みを知り、叫びを聞かれ、助け出して下さるお方であることを、
しっかりと信じましょう。(助けは、「信仰」によって受け取ることができるのです)

・・・二つ目は、自信を喪失した人を主は強め励まし、用いられるお方です。
私たちに自信がなくとも(自信のない分野で働く時も)、
主が助けて下さる時に、神の働きをすることができるのです。

・・・主はあなたの叫びを聞かれます。
そして強めて下さいます。
主はモーセを用いて計画を進められた様に、
あなたを用いて計画を進めることができるお方なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-18 08:22 | 2011年1月 | Trackback

1月17日創世記49‐50章『悪を良いものに変える力を持つ神』

懸賞 2011年 01月 17日 懸賞

『悪を良いものに変える力を持つ神』
【50:19 ヨセフは彼らに言った。「恐れることはありません。どうして、私が神の代わりでしょうか。50:20 あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。50:21 ですから、もう恐れることはありません。私は、あなたがたや、あなたがたの子どもたちを養いましょう。」こうして彼は彼らを慰め、優しく語りかけた。】

①主は、ヨセフの兄たちの悪行さえも、良いことに変え、ヨセフをエジプトの総理大臣として導きました。
②ヨセフは、主と共に生活する中で、主からの知恵によって。物事が良く見え、本質が分かるようになりました。そして本質が分かった時、赦しの心がわき上がったのです。

・・・私たちが信じる創り主は、マイナスさえもプラスに変える力を持たれた方です。
そしてその方の御言葉に従う時に、物事の本質が見えるようになり、
愛と赦しという、主の願いをすることができるようになります。
1月17日創世記49‐50章『悪を良いものに変える力を持つ神』_d0155777_23283914.jpg
・・・ですからあなたの環境がどのようであっても(あなたの周りがどれほど難しくても)
あなたは神の願いを聞き、従い続けましょう。

あなたが神と共に歩む時、ヨセフを導かれた同じ神が、
あなたを導き、祝されるのです。
これは聖書の確かな、永遠の約束なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-17 00:26 | 2011年1月 | Trackback

1月16日創世記46‐48章『神の導きの真実さ』

懸賞 2011年 01月 16日 懸賞

『神の導きの真実さ』
【48:1 これらのことの後、ヨセフに「あなたの父上は病気です」と告げる者があったので、彼はそのふたりの子、マナセとエフライムを連れて行った。48:2 ある人がヤコブに告げて、「あなたの子ヨセフがあなたのもとにおいでです」と言ったので、イスラエルは力をふりしぼって床にすわった。48:3 ヤコブはヨセフに言った。「全能の神がカナンの地ルズで私に現れ、私を祝福して、48:4 私に仰せられた。『わたしはあなたに多くの子を与えよう。あなたをふやし、あなたを多くの民のつどいとし、またこの地をあなたの後の子孫に与え、永久の所有としよう。』・・」】

①主はヤコブに約束した通りに、ヤコブを守り、子孫を増やし祝福されました。
主はヤコブに与えた約束を守って下さり、その祝福は、最愛の子ヨセフにも与えられました。
そしてヤコブはエジプトの地で死にましたが、主はヤコブの子孫がエジプトで増え、後にカナンに帰ることを前もって預言されました(46:2‐4)

・・・人生を振り返る時、主の真実さを私たちは覚えさせられます。
私たちが不真実であっても、主はいつも真実であり、
変わらずに私たちを導かれているお方なのです。

イエス様を信じることができたことは、主があなたを選ばれている証です。
1月16日創世記46‐48章『神の導きの真実さ』_d0155777_23275892.jpg
・・・主の変わらない真実を感謝しましょう。
そして主の願いを最大限、尊重しましょう。
「従うことはいけにえに勝る」のです。

私たちがすべて理解できなくても、
主はあなたの人生を最善へと導こうとされているのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-16 00:23 | 2011年1月 | Trackback

1月15日創世記43‐45章『神の計画』

懸賞 2011年 01月 15日 懸賞

『神の計画』
【45:4 ヨセフは兄弟たちに言った。「どうか私に近寄ってください。」彼らが近寄ると、ヨセフは言った。「私はあなたがたがエジプトに売った弟のヨセフです。45:5 今、私をここに売ったことで心を痛めたり、怒ったりしてはなりません。神はいのちを救うために、あなたがたより先に、私を遣わしてくださったのです。45:6 この二年の間、国中にききんがあったが、まだあと五年は耕すことも刈り入れることもないでしょう。45:8 だから、今、私をここに遣わしたのは、あなたがたではなく、実に、神なのです。神は私をパロには父とし、その全家の主とし、またエジプト全土の統治者とされたのです。」】

①ヨセフは、ユダの必死な訴えによって、同じ母の弟ベニヤミンへの愛と、父に対する愛と責任を悟り、自分がヨセフであることを証しました。
②そして、自分がエジプトに来たのは「神の家族への救いのための計画」であると悟り、語ったのです。

③神は、神を第一とする者たちに、嫉妬や問題を通じても、神の計画を進められるのです。
④私たちは人生がどうなるかは分かりません。
しかし神の願いを第一にする時に、神は最善の導きを与えられることを、ヨセフ物語を通じて教えられるのです。
1月15日創世記43‐45章『神の計画』_d0155777_10564517.jpg
・・・自分の計画は完全ではないことを知りましょう。
計画を調整している方は神であり、その方が全てを導かれるのです。

・・・神の計画を悟り、そこに自分の心を合わせましょう、ヨセフは兄弟たちを赦しました。
「神を第一」とし「神の計画に心合わせる(従う)」ならば、
混乱の中であっても、あなたの人生は必ず素晴らしいものへと導かれるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-15 10:58 | 2011年1月 | Trackback

1月14日創世記40‐42章『神の時』

懸賞 2011年 01月 14日 懸賞

『神の時』
【41:1 それから二年の後、パロは夢を見た。見ると、彼はナイルのほとりに立っていた。41:2 ナイルから、つやつやした、肉づきの良い七頭の雌牛が上がって来て、葦の中で草をはんでいた。・・・
41:32 夢が二度パロにくり返されたのは、このことが神によって定められ、神がすみやかにこれをなさるからです。41:33 それゆえ、今、パロは、さとくて知恵のある人を見つけ、その者をエジプトの国の上に置かれますように。41:34 パロは、国中に監督官を任命するよう行動を起こされ、豊作の七年間に、エジプトの地に、備えをなさいますように。41:36 その食糧は、エジプトの国に起こる七年のききんのための、国のたくわえとなさいますように。この地がききんで滅びないためです。」41:37 このことは、パロとすべての家臣たちの心にかなった。
41:38 そこでパロは家臣たちに言った。「神の霊の宿っているこのような人を、ほかに見つけることができようか。・・・41:40 あなたは私の家を治めてくれ。私の民はみな、あなたの命令に従おう。私があなたにまさっているのは王位だけだ。」41:41 パロはなおヨセフに言った。「さあ、私はあなたにエジプト全土を支配させよう。」】

①ヨセフは神に従い生きていましたが、無実の罪で牢獄に入れられ、二年以上もそのまま牢に入れられました。

②しかし時が至り、パロのもとに召し出され、主の助けで夢を解き明かしたことによって、エジプト全体の総理大臣に任命されたのです。
主は時至ると、素晴らしい計画を実現されることが解ります。

・・・もし彼がこの二年間に、「不満と不信仰」で生活していたならば、パロの前でこのような信仰と態度で振舞うことはできなかったでしょう。
そうであれば、牢からの解放も総理大臣の地位も無かった筈です。

・・・しかしヨセフは、いつ終わるとも分らない牢獄生活の中でも、
信仰を失わず、神を第一とし、神と共に歩んだのです。
1月14日創世記40‐42章『神の時』_d0155777_942410.jpg
・・・私たちも苦しみに中にあっても、信仰を失わず、主に従い続けましょう。
それは主が共におられると言う、感謝と希望の生活です。
主は、時至るならば、あなたの人生にも素晴らしい劇的な解決と祝福を与えられるのです。

今問題のない方は感謝しましょう。
主はあなたの毎日の信仰を見ておられ、ふさわしいことをされるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-14 09:05 | 2011年1月 | Trackback

1月13日創世記37‐39章『主が共におられると・・・』

懸賞 2011年 01月 13日 懸賞

『主が共におられると・・・』
【39:1 ヨセフがエジプトへ連れて行かれたとき、パロの廷臣で侍従長のポティファルというひとりのエジプト人が、・・ヨセフを買い取った。39:2 【主】がヨセフとともにおられたので、彼は幸運な人となり、そのエジプト人の主人の家にいた。39:3 彼の主人は、【主】が彼とともにおられ、【主】が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た。39:4 それでヨセフは主人にことのほか愛され、主人は彼を側近の者とし、その家を管理させ、彼の全財産をヨセフの手にゆだねた。39:5 主人が彼に、その家と全財産とを管理させた時から、【主】はヨセフのゆえに、このエジプト人の家を、祝福された。それで【主】の祝福が、家や野にある、全財産の上にあった。39:6 彼はヨセフの手に全財産をゆだね、自分の食べる食物以外には、何も気を使わなかった。】

①ヨセフは、ヤコブから一番愛され、そのために兄弟たちの嫉妬によって、奴隷として売られてしまいました。
しかし主はそんな中でもヨセフを導き、最善の人に買い取られました。

②主人ポティファルの下でも、【主】はヨセフを祝福されました。彼はそれを見て、ヨセフに全ての財産を管理させたのです。
これは驚くべきことです。

③ヨセフはこの後主人の奥さんから誘惑を受けますが、
「神に罪を犯すことはできない」と考えて、誘惑を退けました(39:9)。

・・・【主】が共におられると、最悪と思える状況の中でも主は最善を進められます。そして神を信じない人でさえも、主の祝福を見て、その人の力を尊敬するようになるのです。

・・・私たちの主はヨセフを助けたように助けて下さるお方です。
そして主の祝福のカギは、いつも【主】を畏れ、主に従うことです。
1月13日創世記37‐39章『主が共におられると・・・』_d0155777_9284.jpg
・・・人の前でも隠れたところでも、「主の願い」に従いましょう。
もしあなたが本当に祝福されたいのならば、
(自分の願望や人の考えではなく)、【主】の願いを知り、主に従い続けることです。

・・・複雑に考えることはやめましょう。
主の願いは極めてシンプルです。
そのシンプルを実行するならば、複雑な問題の解決もついてくるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-13 09:03 | 2011年1月 | Trackback

1月12日創世記34‐36章『選んだ者に祝福を与えられる主』

懸賞 2011年 01月 12日 懸賞

『選んだ者に祝福を与えられる主』
【35:1 神はヤコブに仰せられた。「立ってベテルに上り、そこに住みなさい。そしてそこに、あなたが兄エサウからのがれていたとき、あなたに現れた神のために祭壇を築きなさい。」・・
35:9 こうしてヤコブがパダン・アラムから帰って来たとき、神は再び彼に現れ、彼を祝福された。35:10 神は彼に仰せられた。「あなたの名はヤコブであるが、あなたの名は、もう、ヤコブと呼んではならない。あなたの名はイスラエルでなければならない。」それで彼は自分の名をイスラエルと呼んだ。35:11 神はまた彼に仰せられた。「わたしは全能の神である。生めよ。ふえよ。一つの国民、諸国の民のつどいが、あなたから出て、王たちがあなたの腰から出る。35:12 わたしはアブラハムとイサクに与えた地を、あなたに与え、あなたの後の子孫にもその地を与えよう。」】

①主はヤコブを祝福されました。そして主はイスラエル「神の王子」と言う名を与えられました。
それは、神の一方的な選びと計画によるのです。

②主はイスラエルを選ばれ、住む場所に導き、主を第一に礼拝するように願われました。
そしてイスラエルの子孫が祝福されたように、あなたの信仰を通じて、あなたの子孫をも祝福されるよう計画しておられるのです。

・・・主は選ばれた者に祝福を与え、選んだ者を主の備えた教会に集め、互いに励まし合い、信仰に歩むように召されています。
1月12日創世記34‐36章『選んだ者に祝福を与えられる主』_d0155777_821994.jpg
・・・与えられた教会の交わりを大切にしましょう。
ヤコブがアブラハムの孫として生まれたように、あなたが教会を選んだのではなく、主があなたを選び、教会に加わらせて下さいました。

・・・交わりを大切にしましょう。
主を第一にし、主が召された場所で、神の家族との「和解と交わり」を保つことが、
信仰と愛のバロメーターなのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-01-12 08:21 | 2011年1月 | Trackback