人気ブログランキング |

カテゴリ:2010年11月( 30 )

懸賞 懸賞

11月20日ローマ4-6章『主を心に迎え続ける』

懸賞 2010年 11月 20日 懸賞

『主を心に迎え続ける』
【6:22 しかし今は、罪から解放されて神の奴隷となり、聖潔に至る実を得たのです。その行き着く所は永遠のいのちです。6:23 罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。】

①昨日書かせて頂いたように、私たちは「種まきと刈り取りの法則」の中に生きています。神様を離れてしまった私たちは、自己中心の判断をし、悪い種を蒔いてしまうことが多いのです。
②悪い種を蒔き続けるならば、悪い実を刈り取り、最後には取り返しのつかないことを経験するのです。

③しかしここに、救いの良い知らせがあります。私たちには救い主がいて、あなたの罪を赦し、罪の報いから助け出し、永遠のいのち(天国)を約束して下さるのです。
④この方(イエス様)を信じ、心にお迎えし続けるならば、「死からいのち」へと向かいます。
・・・そして心が変えられ、良い種を蒔けるようになり、聖書にある奇跡を、あなたも体験するのです。
11月20日ローマ4-6章『主を心に迎え続ける』_d0155777_856745.jpg
・・・主をただ一度信じるだけでなく、毎日心にお迎えしましょう。主はあなたの心の扉をノックしておられるのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-20 08:58 | 2010年11月 | Trackback

11月19日ローマ1-3章『創造主はえこひいきをされない』

懸賞 2010年 11月 19日 懸賞

『創造主はえこひいきをされない』
【2:7 忍耐をもって善を行い、栄光と誉れと不滅のものとを求める者には、永遠のいのちを与え、2:8 党派心を持ち、真理に従わないで不義に従う者には、怒りと憤りを下されるのです。2:9 患難と苦悩とは、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、悪を行うすべての者の上に下り、2:10 栄光と誉れと平和は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、善を行うすべての者の上にあります。2:11 神にはえこひいきなどはないからです。】

①今日からロマ書に入ります。使徒パウロがローマのクリスチャンのために書いた書であり、イエス様を信じる教え(教理)を、論理的に分かりやすく書かれたものです。

②今日取り上げた箇所は、「種まきと刈り取りの法則」です。良い種を蒔くものは、良い実を刈り取り、悪い種を蒔くものは悪い実を刈り取ってしまいます。これは信仰を持つ持たないに関わらず、この世界の法則なのです。

③自分がすべてをコントロールしたいと考える人は(神を信じていても自分が神の位置に立ちたい人は)、この普遍的な法則を知っていても、合わせることができないのです。

④しかし神にはえこひいきがありません。「蒔いた種の通りに実を刈り取ること」これが定められた法則なのです。

・・・私たちは主に助けて頂いて、心の中を整えて頂いて、「良い種を蒔ける心」に作り変えて頂く必要があります。これは自分の努力でできるものではないのです。
11月19日ローマ1-3章『創造主はえこひいきをされない』_d0155777_10272594.jpg
・・・主に心を触れて頂くことを求めましょう。主は私たちのことを考えて下さっていますから、心をひらき、主を信頼しましょう。
主はあなたを「良い種を蒔く人」に作り変え。あなたを幸せにし、
あなたによって「神の栄光」を現そうとされているのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-19 10:28 | 2010年11月 | Trackback

11月18日使徒25-28章『主からの励ましと先を見る力』

懸賞 2010年 11月 18日 懸賞

『主からの励ましと先を見る力』
【27:33 ついに夜の明けかけたころ、パウロは、一同に食事をとることを勧めて、こう言った。「あなたがたは待ちに待って、きょうまで何も食べずに過ごして、十四日になります。27:34 ですから、私はあなたがたに、食事をとることを勧めます。これであなたがたは助かることになるのです。あなたがたの頭から髪一筋も失われることはありません。」27:35 こう言って、彼はパンを取り、一同の前で神に感謝をささげてから、それを裂いて食べ始めた。27:36 そこで一同も元気づけられ、みなが食事をとった。27:37 船にいた私たちは全部で二百七十六人であった。】

①私たちは未来を知ることができません。日常の変化がない中なら良いのですが、大きな変化が起ころとする時には、私たちは無力さと恐怖を感じるのです。
②主はパウロに、天使を用いて、船に乗り嵐によって遭難しかけている中で「必ずカイザルの前に立ち、同船の人々の命も助かる」と語りかけました。
③パウロはそれを聞き、船が座礁する前に、食事を取らせ、体力を備えることができました。

・・・主と共にいる人は、時を知る人となります。本人は無意識でも、後から見ると最善の選択をするように導かれるのです。・・・もし人生の中で良い働きをしたいならば、主と共に生活し、主に用いられることです。自己実現ではありません。
・・・主はあなたに志と信仰を与え、あなたを用いようとされていると信じます。

今日で聖霊行伝とも呼ばれる、使徒の働きが終わります。
主に導かれ、用いられる、あなたの人生に祝福がありますように。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-18 00:34 | 2010年11月 | Trackback

11月17日使徒22-24章『主からの励ましと使命』

懸賞 2010年 11月 17日 懸賞

『主からの励ましと使命』
【23:10 論争がますます激しくなったので、千人隊長は、パウロが彼らに引き裂かれてしまうのではないかと心配し、兵隊に、下に降りて行って、パウロを彼らの中から力ずくで引き出し、兵営に連れて来るように命じた。23:11 その夜、主がパウロのそばに立って、「勇気を出しなさい。あなたは、エルサレムでわたしのことをあかししたように、ローマでもあかしをしなければならない。」と言われた。】

①パウロはイエス様を信じる信仰のために、逮捕されることを覚悟して、エルサレムに上りました。そして預言の通り逮捕され、議会の前に立たされたのです。

・・・主はそのような状況の中で、パウロに語りかけ、励まされました。
・・・私たちが困難や苦しみに出会う時、主が共におられ、語りかけて下さることを信じ、受け止めましょう。・・・私たちには励ましが必要です。人からの励ましも有益ですが、私たちの創造主からの励ましを頂くなら、困難な使命や働きでさえも、成し遂げることができるのです。
「天の父がいつも働いておられる」ので、私たちは慰めと励ましを頂いて進むことができるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-17 00:10 | 2010年11月 | Trackback

11月16日使徒19-21章『聖霊の満たし(バプテスマ)』

懸賞 2010年 11月 16日 懸賞

『聖霊の満たし(バプテスマ)』
【19:1 アポロがコリントにいた間に、パウロは奥地を通ってエペソに来た。そして幾人かの弟子に出会って、19:2 「信じたとき、聖霊を受けましたか」と尋ねると、彼らは、「いいえ、聖霊の与えられることは、聞きもしませんでした」と答えた。19:3 「では、どんなバプテスマを受けたのですか」と言うと、「ヨハネのバプテスマです」と答えた。19:4 そこで、パウロは、「ヨハネは、自分のあとに来られるイエスを信じるように人々に告げて、悔い改めのバプテスマを授けたのです」と言った。19:5 これを聞いたその人々は、主イエスの御名によってバプテスマを受けた。19:6 パウロが彼らの上に手を置いたとき、聖霊が彼らに臨まれ、彼らは異言を語ったり、預言をしたりした。】

①エペソに住んでいた信者は、信じてはいましたが、まだ「聖霊の満たし」についての経験がありませんでした。
②しかしパウロが教え、(父子聖霊の三位一体である)イエスの名による洗礼を授け、手を置いて祈った時に、聖霊が下り、彼らは満たされたのです。

・・・クリスチャンには聖霊の満たしが必要です。それはただ一度のことではなく、毎日の経験なのです。
私たちは肉の弱さを日々感じます。その度に聖霊の満たしを求めましょう。
聖霊に満たされるならば、力強いクリスチャン生活ができるのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-16 07:20 | 2010年11月 | Trackback

11月15日使徒16-18章『主イエスを信じるなら、家族も救われる』

懸賞 2010年 11月 15日 懸賞

『主イエスを信じるなら、家族も救われる』
【16:25 真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。16:26 ところが突然、大地震が起こって、獄舎の土台が揺れ動き、たちまちとびらが全部あいて、みなの鎖が解けてしまった。16:27 目をさました看守は、見ると、牢のとびらがあいているので、囚人たちが逃げてしまったものと思い、剣を抜いて自殺しようとした。16:28 そこでパウロは大声で、「自害してはいけない。私たちはみなここにいる」と叫んだ。16:29 看守はあかりを取り、駆け込んで来て、パウロとシラスとの前に震えながらひれ伏した。16:30 そして、ふたりを外に連れ出して「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか」と言った。16:31 ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と言った。16:32 そして、彼とその家の者全部に主のことばを語った。】

①パウロ一行は、ピリピで迫害に遭い、牢獄に入れられましたが、そこにも主の計画がありました。②看守は、このことを通じて、自分がイエス様を信じただけでなく、家族がイエス様を信じる恵みを頂いたのです。

③救いは個人だけに留まりません。家族と家に出入りする者たち(オイコス)にまで広がり、伝播していくのです。
11月15日使徒16-18章『主イエスを信じるなら、家族も救われる』_d0155777_9224100.jpg
・・・救いは自分一人で終わらないことに留意しましょう。
からし種のような信仰であっても、持ち続けるならば、「家族や周りの人々に救いが及ぶ」のです。
この信仰をもう一度確認し、励ましあい、保ち続けましょう。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-15 09:23 | 2010年11月 | Trackback

11月14日使徒13-15章『救い主イエス様を証しする』

懸賞 2010年 11月 14日 懸賞

『救い主イエス様を証しする』
【13:22 それから、彼を退けて、ダビデを立てて王とされましたが、このダビデについてあかしして、こう言われました。『わたしはエッサイの子ダビデを見いだした。彼はわたしの心にかなった者で、わたしのこころを余すところなく実行する。』13:23 神は、このダビデの子孫から、約束に従って、イスラエルに救い主イエスをお送りになりました。13:24 この方がおいでになる前に、ヨハネがイスラエルのすべての民に、前もって悔い改めのバプテスマを宣べ伝えていました。・・ 13:26 兄弟の方々、アブラハムの子孫の方々、ならびに皆さんの中で神を恐れかしこむ方々。この救いのことばは、私たちに送られているのです。】

①パウロは、かつてはクリスチャンを迫害していました。ですから、彼のかつての人生からは「主イエス」を救い主として信じることはあり得ませんでした。

②しかし彼は、「主イエス」と出会い、イエス様を信じ、聖霊の導きと兄弟たちの交わりによって、クリスチャンとして大きく成長しました。そして、これほどまで大胆かつ論理的にイエス様を救い主として証し始めたのです。
③彼の心が主によって大きく変えられたことが分かります。

・・・主を信じ、聖霊様が働かれると、私たちの心は変えられます。そしてかつての無理解な反応から、真の知恵で満たされるのです。
11月14日使徒13-15章『救い主イエス様を証しする』_d0155777_815391.jpg
・・・聖霊様に触れて頂きましょう。あなたも聖霊様に触れられるならば、
素晴らしい「イエス様の証し人」へと作り変えられるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-14 08:15 | 2010年11月 | Trackback

11月13日使徒10-12章『全ての人の上に注がれる聖霊』

懸賞 2010年 11月 13日 懸賞

『全ての人の上に注がれる聖霊』
【10:44 ペテロがなおもこれらのことばを話し続けているとき、みことばに耳を傾けていたすべての人々に、聖霊がお下りになった。10:45 割礼を受けている信者で、ペテロといっしょに来た人たちは、異邦人にも聖霊の賜物が注がれたので驚いた。10:46 彼らが異言を話し、神を賛美するのを聞いたからである。そこでペテロはこう言った。10:47 「この人たちは、私たちと同じように、聖霊を受けたのですから、いったいだれが、水をさし止めて、この人たちにバプテスマを受けさせないようにすることができましょうか。」10:48 そして、イエス・キリストの御名によってバプテスマを受けるように彼らに命じた。】

①聖霊に満たされたならば、私たちの人生は劇的に変えられ、肉の思いを越えて、いつも主に導かれて生きることができます。人間関係も家族関係もビジネスも全ての領域で、聖霊に満たされ続けるならば祝福されるのです。

②旧約時代には、神様に特別に選ばれた人だけが、聖霊に満たされる体験をしました。しかしイエス様以降の新約時代には、全ての人に聖霊が注がれる、恵みの時代に入っているのです。
③異邦人コルネリオたちは、ペテロが語る御言葉に耳を傾けていた時に、聖霊に満たされました。私たちも主に心を向け、主の御言葉に耳を傾ける時、聖霊が下る体験をすることができるのです。
11月13日使徒10-12章『全ての人の上に注がれる聖霊』_d0155777_1043411.jpg
・・・主を求めましょう。
御言葉に耳を傾けましょう。
そうすれば、あなたも素晴らしい聖霊に満たされるのです。
今はそれが与えられる時代なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-13 10:43 | 2010年11月 | Trackback

11月12日使徒7-9章『イエス様は人生のガイド』

懸賞 2010年 11月 12日 懸賞

『イエス様は人生のガイド』
【9:1 さてサウロは、なおも主(イエス様)の弟子たちに対する脅かしと殺害の意に燃えて、大祭司のところに行き、9:2 ダマスコの諸会堂あての手紙を書いてくれるよう頼んだ。9:3 ところが、道を進んで行って、ダマスコの近くまで来たとき、突然、天からの光が彼を巡り照らした。9:4 彼は地に倒れて、「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか」という声を聞いた。9:5 彼が、「主よ。あなたはどなたですか」と言うと、お答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。9:6 立ち上がって、町に入りなさい。そうすれば、あなたのしなければならないことが告げられるはずです。」】

①私たちは、イエス様に出会うと、人生が変えられます。

②サウロ(後のパウロ)は、旧約聖書の神に熱心に仕えていましたが、自分が信じている神と、イエス様が同じ三位一体の神であることを知りませんでした。
②しかしダマスコ途上での経験によって、イエス様が「主」であることに気がつき、その後、熱心にイエス様を証しする人物に変えられたのです。

・・・私たちは、いくつもの思い込みの中で生きています。
しかし主が光を照らされると、本当のことが理解できるようになるのです。
11月12日使徒7-9章『イエス様は人生のガイド』_d0155777_9302922.jpg
・・・あなたの環境の中でイエス様と出会うと、今まで見えなかったことが見え、
正しいことができるようになります。
・・・今日も主から教えられましょう。
イエス様はあなたの「人生のガイド」なのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-12 09:31 | 2010年11月 | Trackback

11月11日使徒4-6章『聖霊による私たちの証し』

懸賞 2010年 11月 11日 懸賞

『聖霊による私たちの証し』
【4:8 そのとき、ペテロは聖霊に満たされて、彼らに言った。「民の指導者たち、ならびに長老の方々。4:10 皆さんも、またイスラエルのすべての人々も、よく知ってください。この人が直って、あなたがたの前に立っているのは、あなたがたが十字架につけ、神が死者の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの御名によるのです。4:12 この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。」】

①イエス様を信じた私たちの生活は、素晴らしい時ばかりではありません。失敗したり落ち込んだり・・・しかしイエス様が十字架にかかられた前に、イエス様を知らないと言ったペテロは、聖霊に満たされた後に、大胆にイエス様のことを証しをしました。

②私たちも聖霊に満たされると、私たちの中に本来眠っていた、素晴らしい才能や力が発揮されるのです。出来ない私ではなく、主に用いられる私へと変えられるのです。
11月11日使徒4-6章『聖霊による私たちの証し』_d0155777_8563776.jpg
・・・聖霊に私たちも満たされましょう。
聖霊に満たされた時、私たちが「こうありたい」と願う自分、いやそれ以上のことを、
「イエス様の栄光のために」することが出来るのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-11-11 08:58 | 2010年11月 | Trackback