人気ブログランキング |

カテゴリ:2010年10月( 29 )

懸賞 懸賞

10月21日マルコ1-3章『へりくだったものを招く主』

懸賞 2010年 10月 21日 懸賞

『へりくだったものを招く主』
【2:17 イエスはこれを聞いて、彼らにこう言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」】

①人間はだれでも、自分が中心として生きています。しかし謙虚に神を知った人は、創造主に基準があり、自分にはそこからずれる罪があることに気がつくのです。②イエス様が「正しい人」と言った人たちは、自分が正しいと主張する人々です。そして「罪人」は自分の罪を自覚する人々です。

③自分の罪に気がついた人は謙虚になります。そして自分が完全に正しいとは主張しません。そして完全ではないことを自覚し、協力して神の願いを、エクレシア(信じた者の交わり、教会)の中で、進めようとするのです。

・・・「すべてのことを神の栄光のため」と聖書に書かれている通り、人生の目的は「神の栄光を現すため」にあります。そのことを意識するならば、生活が変わるのです。
10月21日マルコ1-3章『へりくだったものを招く主』_d0155777_951017.jpg
自分の罪を自覚し、へりくだって生きる人は「救い主イエス様」を心から必要とします。イエス様はそのような人々を招いて下さるのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-21 09:51 | 2010年10月 | Trackback

10月18日マタイ19-21章『神にはどんなこともできる』

懸賞 2010年 10月 18日 懸賞

『神にはどんなこともできる』
【19:25 弟子たちは、これを聞くと、たいへん驚いて言った。「それでは、だれが救われることができるのでしょう。」19:26 イエスは彼らをじっと見て言われた。「それは人にはできないことです。しかし、神にはどんなことでもできます。」】

①イエス様は、「永遠のいのちを得るために良いことをしたい」と質問した金持ちの青年に、すべてを売り払って貧しい人に施し、わたしについてきなさい、とおっしゃいました。②しかし青年はそれができずに、だまって去っていきました。③律法を守り、良いことをすれば永遠の命を得ることができると考えていた青年は、2重にできないことを悟らされました。ひとつは律法を完全に守ることができないこと、そして守れない律法と通じて救いの道を得ることはできないこと。

・・・しかし人にはできないことをイエス様はしてくださったのです。それはご自身の命の犠牲によって私たちの罪を赦し、永遠の命を与えてくださったことです。そしてこの宝の価値を知った人は、人にはできないような、犠牲と奉仕をするようになるのです。

今日も「神にはどんなこともできる」と告白して一日をスタートしましょう。主はあなたを守り、与えられた恵みを悟らすことでへりくだらされるのです。全能の主を今日も見上げましょう。全能者は今日もあなたを導かれるからです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-18 08:34 | 2010年10月 | Trackback

10月17日マタイ16-18章『父の願いは一人ひとりの救い』

懸賞 2010年 10月 17日 懸賞

『父の願いは一人ひとりの救い』
【18:11 人の子は、滅んでいる者を救うために来たのです。18:12 あなたがたはどう思いますか。もし、だれかが百匹の羊を持っていて、そのうちの一匹が迷い出たとしたら、その人は九十九匹を山に残して、迷った一匹を捜しに出かけないでしょうか。18:13 そして、もし、いたとなれば、まことに、あなたがたに告げます。その人は迷わなかった九十九匹の羊以上にこの一匹を喜ぶのです。18:14 このように、この小さい者たちのひとりが滅びることは、天にいますあなたがたの父のみこころではありません。】

①父なる神の御心は、一人ひとりの救いです。一匹の羊としての価値は、10匹の中の一匹も100匹の中の一匹でも変わりません。②父なる神は、その一匹を探し出すためには、あらゆる努力をすると、ここで教えておられるのです。
③あなたは一匹の羊として探し出された大切な人です。主がそのように考えておられることを受けとめましょう。ですからそれだけの犠牲と代価を支払われた尊い存在として、自分自身をとらえるべきです。
10月17日マタイ16-18章『父の願いは一人ひとりの救い』_d0155777_295450.jpg
④そしてあなたが成長したならば、同じ気持ちで隣人を見て祈りましょう。父なる神はあなたの周りの人も、あなたを見るのと同じように、見ておられるのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-17 02:10 | 2010年10月 | Trackback

10月16日マタイ13-15章『求める者への祝福』

懸賞 2010年 10月 16日 懸賞

『求める者への祝福』
【15:22 すると、その地方のカナン人の女が出て来て、叫び声をあげて言った。「主よ。ダビデの子よ。私をあわれんでください。娘が、ひどく悪霊に取りつかれているのです。」・・・15:25 その女は来て、イエスの前にひれ伏して、「主よ。私をお助けください。」と言った。15:26 すると、イエスは答えて、「子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのはよくないことです。」と言われた。15:27 しかし、女は言った。「主よ。そのとおりです。ただ、小犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。」15:28 そのとき、イエスは彼女に答えて言われた。「ああ、あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」すると、彼女の娘はその時から直った。】

①イエス様は、私たちのすべてを知っておられます。そして時に信仰を引き出すために、あえて何もされないことがあるのです。②この異邦人の女性も、イエス様に娘の助けを求め続けましたが、主はあえて無視されるような態度を取られました。③しかし女性が、信仰を働かせ、救いを求め続けた時、主は「女性の信仰」を称賛し、娘が解放されたのです。

・・・私たちが問題にぶつかった時、祈ってもすぐに答えられないことがあります。しかしそんな時ほど、熱心に信じて求め続けたいのです。主は憐れみ深いお方です。その主のご性格を知り、熱心に求め続けましょう。主は私たちの信仰を見ておられ、こたえようとされているのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-16 09:05 | 2010年10月 | Trackback

10月15日マタイ10-12章『重荷をになって下さる方』

懸賞 2010年 10月 15日 懸賞

『重荷をになって下さる方』
【11:28 すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。11:29 わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。11:30 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。】

①私たちは何らかの重荷を背負いながら生きています。そしてその重荷を受け止めてくれる人を探しながら生きています。②しかし残念ながら普通の人は、他人の重荷を背負い続けることはできません。なぜなら、主に助けて頂かない限り、人間にはリミットがあり、そのリミットを越えてしまえば、それ以上は背負うことは不可能だからです。

③しかしここに私たちのことを心配し、限界なく受け止め支えてようとして下さる方がおられます。その方は真のカウンセラーであり、私たちを支えるばかりか、私たちがその方から学び、成長できるように助けて下さる方なのです。それがイエス様なのです。
10月15日マタイ10-12章『重荷をになって下さる方』_d0155777_8483357.jpg
④私たちは、目の前の人に頼ることがありますが、それ以上に、イエス様に頼りたいのです。
・・・イエス様に重荷を負って頂き、くび木を共にし、イエス様からどのように生きるかを学びましょう。そうすれば、たましいに真の平安が与えられるのです。
真に重荷を負って下さる唯一の方、イエス様との関係を深めましょう。それがよりよく生きる最も優れた道なのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-15 08:50 | 2010年10月 | Trackback

10月14日マタイ7-9章『聞いて行う祝福』

懸賞 2010年 10月 14日 懸賞

『聞いて行う祝福』
【7:24 だから、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なう者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。7:25 雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけたが、それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。7:26 また、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なわない者はみな、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができます。7:27 雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまいました。しかもそれはひどい倒れ方でした。】

①イエス様は様々なたとえを用いて、父なる神の願いを語り続けられました。そして人々が方向性を正しく向け、父なる神の祝福を多く受けることが出来るようにと、願っておられます。

②その最も大切なポイントが、「聞いたことを実行すること」です。いくら素晴らしいことを聞き、貴重な知恵を受け止めても、それを聞いただけで終わるならば、その知恵は何の役にも立たないものになります。

・・・イエス様は、私たちが神の知恵を聞き、行いに移すことが出来るように励まし、力を与えて下さいます。
10月14日マタイ7-9章『聞いて行う祝福』_d0155777_9161864.jpg
聞いたことを行えるように主に祈りましょう。そして状況がよく見えるように主に助けて頂きましょう。
状況が良く見え、その意義がわかったならば、感情を越え、助けられつつ実行に移すことが出来るからです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-14 09:16 | 2010年10月 | Trackback

10月13日マタイ4-6章『天の父の願い』

懸賞 2010年 10月 13日 懸賞

『天の父の願い』
【5:16 このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。・・5:19 だから、戒めのうち最も小さいものの一つでも、これを破ったり、また破るように人に教えたりする者は、天の御国で、最も小さい者と呼ばれます。しかし、それを守り、また守るように教える者は、天の御国で、偉大な者と呼ばれます。】

①イエス様は2000年前、天の父の願いを受けて地上に来られました。そして父のこころを伝え、罪の赦しの業を完成して天に帰られたのです。
②聖書を読むと、人間の考えを越えた父なる神のお考えが分かります。

③「全てのことを神の栄光のため」と聖書に記されているように、何をするかを選択する基準は「あなたの行動を通じて、父なる神があがめられること」です。そしてそのことを実行するように父なる神は願っておられます。なぜならその基準に沿って自分の行動を選択するならば、最善のことが成されるからです。
④また、父なる神の教えを自分も守り、人に守るように伝える者は、天の御国で偉大なものと呼ばれると、約束されています。
10月13日マタイ4-6章『天の父の願い』_d0155777_8453288.jpg
・・・父なる神の願いを知り、その願いに合わせて生活しましょう。
そうすれば、聖書に書かれているように人生は益々素晴らしいものとなります。
そして将来、天国に行った時にも、後悔することがないのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-13 08:46 | 2010年10月 | Trackback

10月12日(新約)マタイ1‐3章『家系を導き、環境を導く神』

懸賞 2010年 10月 12日 懸賞

『家系を導き、環境を導く神』
【1:1 アブラハムの子孫、ダビデの子孫、イエス・キリストの系図。1:2 アブラハムにイサクが生まれ、イサクにヤコブが生まれ、ヤコブにユダとその兄弟たちが生まれ、・・・1:5 (BC1300年頃)サルモンに、ラハブによってボアズが生まれ、ボアズに、ルツによってオベデが 生まれ、オベデにエッサイが生まれ、1:6(BC1000年頃) エッサイにダビデ王が生まれた。ダビデに、ウリヤの妻によってソロモンが生まれ、・・・1:16 ヤコブにマリヤの夫ヨセフが生まれた。キリストと呼ばれるイエスはこのマリヤからお生まれになった。】

①今日から新約聖書です。聖書は家系を重んじます(ここはヨセフの家系です)。なぜなら家系の中に主の計画があるからです。
②しかしここにも主の恵みが描かれています。ユダヤ人ではない異邦人であるラハブ、ルツが、信仰によってダビデの先祖として用いられました。またダビデとバテシェバ(ウリヤの妻)との関係は大きな罪であり、その罪が赦された後にソロモンが生まれたのでした。
③2章では、イエス様は生まれた後、ヘロデ王によって殺されそうになりましたが、夢で父ヨセフに危機が知らされ、エジプトに逃げるように主に告げられたのです(2:13)。そしてその後ナザレに住むようになったのです。これも「この方は、ナザレ人と呼ばれる」という主の預言の成就でした(2:23)。
10月12日(新約)マタイ1‐3章『家系を導き、環境を導く神』_d0155777_974550.jpg
・・・主は家系も環境も支配しておられます。あなたの家系も、そして現在の環境も、主の御手の中にあります。
・・・主があなたの先祖を導き、現在のあなたを導いておられることを知りましょう。そして主が働かれるならば日常的に奇跡が起こることを信じましょう。
主は歴史の中で、あなたを選び、あなたの人生を導いておられるのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-12 09:08 | 2010年10月 | Trackback

10月11日マラキ1‐4章『主の愛を知る備え』

懸賞 2010年 10月 11日 懸賞

『主の愛を知る備え』
【4:1 見よ。その日が来る。かまどのように燃えながら。その日、すべて高ぶる者、すべて悪を行なう者は、わらとなる。・・4:2 しかし、わたしの名を恐れるあなたがたには、義の太陽が上り、その翼には、癒しがある。あなたがたは外に出て、牛舎の子牛のようにはね回る。
4:4 あなたがたは、わたしのしもべモーセの律法を記憶せよ。4:5 見よ。わたしは、主の大いなる恐ろしい日が来る前に、預言者エリヤをあなたがたに遣わす。4:6 彼は、父の心を子に向けさせ、子の心をその父に向けさせる。それは、わたしが来て、のろいでこの地を打ち滅ぼさないためだ。】

①マラキは旧約最後の預言者です。主は、彼を通じて、主が愛をもって神の民を導き、それは人知を超えていることを伝えました(1章)。
②また同時に、主は神の民に、ご自身に近づき主の祝福の道を歩むようにと主は願っておられます(3章)。
③そして終わりの時が確実にあり、主の定めた時を意識して生きるようにと語られたのです(4章)。

・・・主の日の前に「エリヤの働き(神様との関係の回復)をする者」が遣わされます。これはイエス様の時代のバプテスマのヨハネですが、現代においてもこの働きをするものが起こされる必要があるのです。なぜなら、「人々の愛が冷え(マタイ24章)父の愛(上の権威の愛)が伝わりにくい時代」が現代だからです。

もし「父なる主」との関係が回復し、父の愛が理解できるならば、主を敬い、へりくだって従い生きることは容易になります。
10月11日マラキ1‐4章『主の愛を知る備え』_d0155777_944486.jpg
・・聖書が語るように、御言葉を記憶しましょう。また「主との関係を回復するため」にあなたに遣わされた働き(人)を尊びましょう。
主はあなたの受けた傷を癒し、権威ある方からの愛を知り、愛の応答によって祝福の中を生きるように導いておられるのです。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-11 09:05 | 2010年10月 | Trackback

10月10日ゼカリヤ11-14章『主の再臨の預言(人生には総括の時がある)』

懸賞 2010年 10月 10日 懸賞

『主の再臨の預言(人生には総括の時がある)』
【14:1 見よ。主の日が来る。・・14:4 その日、主の足は、エルサレムの東に面するオリーブ山の上に立つ。14:5・・私の神、主が来られる。すべての聖徒たちも主とともに来る14:9 主は地のすべての王となられる。その日には、主はただひとり、御名もただ一つとなる。14:16 エルサレムに攻めて来たすべての民のうち、生き残った者はみな、毎年、万軍の主である王を礼拝し、仮庵の祭りを祝うために上って来る。14:17 地上の諸氏族のうち、万軍の主である王を礼拝しにエルサレムへ上って来ない氏族の上には、雨が降らない。14:21 エルサレムとユダのすべてのなべは、万軍の主への聖なるものとなる。】

①ゼカリヤ書14章では、終末時代の再臨の預言が書かれています。イエス様は2000年前に地上に来られ、十字架によって救いの業を成し遂げました。聖書はイエス様が、終末にもう一度来られる再臨を預言しています。②ゼカリヤ書のこの個所は黙示録の預言を思い出させます。「この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった.主は永遠に支配される」(黙11:15)

・・・試験を好ましく思わない人でも、試験を前もって教えられたならば備えることが出来るように、主の再臨が聖書に書かれていることによって、私たちは自分の人生の最終試験に備えることができるのです。
10月10日ゼカリヤ11-14章『主の再臨の預言(人生には総括の時がある)』_d0155777_0273254.jpg
人生には総括の時があります。そしてそれを知って、目標を持ちつつ、毎日の日常をコツコツ歩むのが人生でもあります。
主に励まされつつ、毎日の生活を充実して歩んでいきましょう。YCCFuji

by happiness-eachday | 2010-10-10 00:28 | 2010年10月 | Trackback