4月26日Ⅰサムエル26-28章 マルコ14:53-72

懸賞 2018年 04月 26日 懸賞

『主の正しい裁きに委ねる』
【Ⅰサムエル26:8 アビシャイはダビデに言った。「神はきょう、あなたの敵をあなたの手に渡されました。どうぞ私に、あの槍で彼を一気に地に刺し殺させてください。二度することはいりません。」26:9 しかしダビデはアビシャイに言った。「殺してはならない。【主】に油そそがれた方に手を下して、だれが無罪でおられよう。」26:10 ダビデは言った。「【主】は生きておられる。【主】は、必ず彼を打たれる。彼はその生涯の終わりに死ぬか、戦いに下ったときに滅ぼされるかだ。26:11 私が、【主】に油そそがれた方に手を下すなど、【主】の前に絶対にできないことだ。さあ、今は、あの枕もとにある槍と水差しとを取って行くことにしよう。」】

①ダビデは、何度もサウル王から殺されそうになりました。
しかし、彼は自分で裁きを行おうとは思いませんでした。
彼は主を信頼し、「主の正しい裁き」に自分の人生をゆだねていたのです。



『ペテロの醜態とイエス様の心』
【マルコ14:70 しかし、ペテロは再び打ち消した。しばらくすると、そばに立っていたその人たちが、またペテロに言った。「確かに、あなたはあの仲間だ。ガリラヤ人なのだから。」14:71 しかし、彼はのろいをかけて誓い始め、「私は、あなたがたの話しているその人を知りません」と言った。14:72 するとすぐに、鶏が、二度目に鳴いた。そこでペテロは、「鶏が二度鳴く前に、あなたは、わたしを知らないと三度言います」というイエスのおことばを思い出した。それに思い当たったとき、彼は泣き出した。】

①ペテロは、イエス様が裁判を受け、ひどい扱いを受けている時、
議会の庭で「おまえはイエスの仲間だ」と言われました。
ペテロは混乱し、恐怖のあまり、
「私は知らない」と三度も言ってしまったのです。
それはペテロが「絶対にしない」と否定した言葉でした。

人は仕方がないというかもしれませんが、
ペテロ自身は「自分自身を赦せない」ほどの行為だったのです。

イエス様は、そんなペテロを赦されたお方です。
イエス様の愛を知りましょう。
それを知って初めて、
「自分の弱さ」を「正直に認めること」ができるのです。




20180426


[PR]

# by Happiness-eachday | 2018-04-26 05:49 | 2018年 | Trackback

4月25日Ⅰサムエル23-25章 マルコ14:27-52

懸賞 2018年 04月 25日 懸賞

『ダビデの生き方』
【Ⅰサムエル24:4 ダビデの部下はダビデに言った。「今こそ、【主】があなたに、『見よ。わたしはあなたの敵をあなたの手に渡す。彼をあなたのよいと思うようにせよ』と言われた、その時です。」そこでダビデは立ち上がり、サウルの上着のすそを、こっそり切り取った。24:5 こうして後、ダビデは、サウルの上着のすそを切り取ったことについて心を痛めた。24:6 彼は部下に言った。「私が、主に逆らって、【主】に油そそがれた方、私の主君に対して、そのようなことをして、手を下すなど、【主】の前に絶対にできないことだ。彼は【主】に油そそがれた方だから。」】

①ダビデは、自分がサウル王から殺されそうであっても、
サウル王に手をかけることはしませんでした。
そのことが「主が悲しまれること」だと知っていたからです。

ダビデは自分が損をしても、自分の身が危うくなっても、
「主が喜ぶことを選び」、
「悲しむことを避けて」生きたのです。



『本当の自分の姿』
【マルコ14:30 イエスは彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたは、きょう、今夜、鶏が二度鳴く前に、わたしを知らないと三度言います。」14:31 ペテロは力を込めて言い張った。「たとい、ごいっしょに死ななければならないとしても、私は、あなたを知らないなどとは決して申しません。」みなの者もそう言った。】

①ペテロをはじめ、弟子たちはすべて、
自分たちは「イエス様を裏切らない」と信じていました。
しかし実際に殺される恐怖を感じた時、
皆バラバラに逃げてしまったのです。

人間は、限界を超えた時の「自分の本音」を知らずに生きていることがあります。
しかしそれを知った者は、
「自分が罪人」であり、
イエス様とつながらないと「どうしようもない存在」である
と気が付くのです。

その時初めて、
ぶどうの木に、枝がつながるように、
私たちはイエス様につながるようになります。
そのような人は、イエス様のご性質に、身も心も「変えられていく」のです。






20180425


[PR]

# by Happiness-eachday | 2018-04-25 05:10 | 2018年 | Trackback

4月24日Ⅰサムエル20-22章 マルコ14:1-26

懸賞 2018年 04月 24日 懸賞

『ヨナタンの友情』
【Ⅰサムエル20:6 もし、父上が私のことをとがめられたら、おっしゃってください。『ダビデは自分の町ベツレヘムへ急いで行きたいと、しきりに頼みました。あそこで彼の氏族全体のために、年ごとのいけにえをささげることになっているからです』と。20:7 もし、父上が『よし』とおっしゃれば、このしもべは安全です。もし、激しくお怒りになれば、私に害を加える決心をしておられると思ってください。」
20:9 ヨナタンは言った。「絶対にそんなことはありません。父があなたに害を加える決心をしていることが確かにわかったら、あなたに知らせないでおくはずはありません。」
20:17 ヨナタンは、もう一度ダビデに誓った。ヨナタンは自分を愛するほどに、ダビデを愛していたからである。】

①ヨナタンは、サウル王の息子でしたが、
ダビデを信頼し、大切にしていました。
そして自分の立場が悪くなったとしても、
ダビデが助かるように、努めたのです。

ヨナタンの友情は、友情の模範です。
友を愛する愛は、尊いものなのです。




『イエス様の愛』
【マルコ14:21 確かに、人の子は、自分について書いてあるとおりに、去って行きます。しかし、人の子を裏切るような人間はわざわいです。そういう人は生まれなかったほうがよかったのです。」14:22 それから、みなが食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福して後、これを裂き、彼らに与えて言われた。「取りなさい。これはわたしのからだです。」14:23 また、杯を取り、感謝をささげて後、彼らに与えられた。彼らはみなその杯から飲んだ。14:24 イエスは彼らに言われた。「これはわたしの契約の血です。多くの人のために流されるものです。」】

①イエス様は、最後の晩餐で、すべての弟子にパンとブドウ酒を与えました。
のことは、イエス様がすべての人類のために、
ご自分の身を犠牲にされたことを現しています。
そしてこの中には、ユダがいたことは、驚くべきことなのです。

イエス様は、ユダをも愛しておられたのです。
イエス様の愛はそのような愛なのです。






20180424


[PR]

# by Happiness-eachday | 2018-04-24 05:53 | 2018年 | Trackback

4月23日Ⅰサムエル18-19章 マルコ13章

懸賞 2018年 04月 23日 懸賞

『試練と同時に脱出の道』
【Ⅰサムエル19:1 サウルは、ダビデを殺すことを、息子ヨナタンや家来の全部に告げた。しかし、サウルの子ヨナタンはダビデを非常に愛していた。19:2 それでヨナタンはダビデに告げて言った。「私の父サウルは、あなたを殺そうとしています。それで、あしたの朝は、注意して、隠れ場にとどまり、身を隠していてください。19:3 私はあなたのいる野原に出て行って、父のそばに立ち、あなたのことについて父に話しましょう。何かわかったら、あなたに知らせましょう。」】

①ダビデは、サウル王の嫉妬によって殺されそうになりました。
しかしサウル王の息子、ヨナタンが彼を助け、援助したのです。
神様は、私たちの試練の中で、助けと脱出の道を備えておられます。
それを体験できるのが、クリスチャンの恵みなのです。

私たちの神様は、生きておられます。
私たちのことを考え、私たちを助けようとされている神様なのです。



『再臨のしるし』
【マルコ13:28 いちじくの木から、たとえを学びなさい。枝が柔らかになって、葉が出て来ると、夏の近いことがわかります。13:29 そのように、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。13:30 まことに、あなたがたに告げます。これらのことが全部起こってしまうまでは、この時代は過ぎ去りません。13:31 この天地は滅びます。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。】

①イエス様は、イエス様がもう一度やってくる「再臨の時」のことを話されました。
再臨前には、様々な「しるし」が起こると言われました。
私たちは、目を覚まして、これらの時の「しるし」を見る必要があります。
そのために、祈り、備えるのです。




20180423


[PR]

# by Happiness-eachday | 2018-04-23 05:35 | Trackback

4月22日Ⅰサムエル16-17章 マルコ12:18-44

懸賞 2018年 04月 22日 懸賞

『心を見ておられる神様』
【Ⅰサムエル16:6 彼らが来たとき、サムエルはエリアブを見て、「確かに、【主】の前で油をそそがれる者だ」と思った。16:7 しかし【主】はサムエルに仰せられた。「彼の容貌や、背の高さを見てはならない。わたしは彼を退けている。人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、【主】は心を見る。」】

①主は、神に反逆したサウル王の代わりに、次の王としての人物を立てました。
その人物を主は「心」で選んだのです。
その人物が、ダビデでした。

彼は若く、まだ経験はわずかでしたが
、主はダビデの心(信仰)を通じて、
ダビデの子孫に、救い主イエス様を誕生させるほど、
ダビデを祝福したのです。

私たちも、人間の世では見栄えも大切ですが、
神様との関係では「心」が一番重視されることを覚えるべきなのです。




『心を見ておられるイエス様』
【マルコ12:42 そこへひとりの貧しいやもめが来て、レプタ銅貨を二つ投げ入れた。それは一コドラントに当たる。12:43すると、イエスは弟子たちを呼び寄せて、こう言われた。「まことに、あなたがたに告げます。この貧しいやもめは、献金箱に投げ入れていたどの人よりもたくさん投げ入れました。12:44 みなは、あり余る中から投げ入れたのに、この女は、乏しい中から、あるだけを全部、生活費の全部を投げ入れたからです。」】

①今日の新約の箇所は、旧約と同じテーマです。
イエス様は、貧しいやもめが精一杯捧げた心を、
しっかりと正しく受け止めておられたのです。

人は、目に見える大きさや価値で判断します。
しかし私たちのイエス様は、
すべてを平等に正しく、見て下さっているのです。





20180422


[PR]

# by Happiness-eachday | 2018-04-22 05:52 | 2018年 | Trackback

4月21日Ⅰサムエル14-15章 マルコ11:27-12:17

懸賞 2018年 04月 21日 懸賞

『ごまかしの危険』
【Ⅰサムエル15:13 サムエルがサウルのところに行くと、サウルは彼に言った。「【主】の祝福がありますように。私は【主】のことばを守りました。」15:14 しかしサムエルは言った。「では、私の耳に入るあの羊の声、私に聞こえる牛の声は、いったい何ですか。」15:15 サウルは答えた。「アマレク人のところから連れて来ました。民は羊と牛の最も良いものを惜しんだのです。あなたの神、【主】に、いけにえをささげるためです。そのほかの物は聖絶しました。」
15:22 するとサムエルは言った。「主は【主】の御声に聞き従うことほどに、全焼のいけにえや、その他のいけにえを喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。15:23 まことに、そむくことは占いの罪、従わないことは偶像礼拝の罪だ。あなたが【主】のことばを退けたので、主もあなたを王位から退けた。」】

①サウル王は、主から言われたことを、自分に都合よくごまかしました。
しかし嘘は嘘であり、反逆は反逆なのです。
ごまかすことを止めましょう。
正直に主に告白することから、すべての良い導きは与えられるのです。


『主の計画のすばらしさ』
【マルコ12:10 あなたがたは、次の聖書のことばを読んだことがないのですか。『家を建てる者たちの見捨てた石、それが礎の石になった。12:11 これは主のなさったことだ。私たちの目には、不思議なことである。』】

①イエス様は、見捨てられたように見えましたが、
(十字架で命を捨てられましたが)、
しかし新しい神の民の土台の石となられたのです。

主の計画は、人の目には隠されていることがあります。
しかしいつかは明らかになり、その素晴らしさが見えてくるのです。




20180421


[PR]

# by Happiness-eachday | 2018-04-21 05:28 | 2018年 | Trackback

4月20日Ⅰサムエル11-13章 マルコ11:1-26

懸賞 2018年 04月 20日 懸賞

『待つことができなかったサウル王』
【Ⅰサムエル 13:8 サウルは、サムエルが定めた日によって、七日間待ったが、サムエルはギルガルに来なかった。それで民は彼から離れて散って行こうとした。13:9 そこでサウルは、「全焼のいけにえと和解のいけにえを私のところに持って来なさい」と言った。こうして彼は全焼のいけにえをささげた。
13:10 ちょうど彼が全焼のいけにえをささげ終わったとき、サムエルがやって来た。サウルは彼を迎えに出てあいさつした。13:11 サムエルは言った。「あなたは、なんということをしたのか。」サウルは答えた。「民が私から離れ去って行こうとし、また、あなたも定められた日にお見えにならず、ペリシテ人がミクマスに集まったのを見たからです。・・・
13:13 サムエルはサウルに言った。「あなたは愚かなことをしたものだ。あなたの神、【主】が命じた命令を守らなかった。【主】は今、イスラエルにあなたの王国を永遠に確立されたであろうに。」】

①サウル王は、サムエルから言われた7日間を待つことができずに、
自分でいけにえを捧げてしまいました。
神によりすがるよりも、自分の力に頼ったのです。
人間の目で理屈に合っていても、ごまかしはごまかしです。
神様はそのようなごまかしを嫌われるのです。




『子ロバを用いられたイエス様』
【マルコ11:2 言われた。「向こうの村へ行きなさい。村に入るとすぐ、まだだれも乗ったことのない、ろばの子が、つないであるのに気がつくでしょう。それをほどいて、引いて来なさい。11:3 もし、『なぜそんなことをするのか』と言う人があったら、『主がお入用なのです。すぐに、またここに送り返されます』と言いなさい。」11:4 そこで、出かけて見ると、表通りにある家の戸口に、ろばの子が一匹つないであったので、それをほどいた。11:5 すると、そこに立っていた何人かが言った。「ろばの子をほどいたりして、どうするのですか。」11:6 弟子たちが、イエスの言われたとおりを話すと、彼らは許してくれた。11:7 そこで、ろばの子をイエスのところへ引いて行って、自分たちの上着をその上に掛けた。イエスはそれに乗られた。】

①この小さなロバは、イエス様のエルサレム入場に用いられました。
主はそのような子ロバを準備しておられたのです。
小さなロバを主は用いられました。
「主がお入り用です」と言われるならば、
小さなものでも、最高のかたちで用いられたのです。




20180420


[PR]

# by Happiness-eachday | 2018-04-20 05:34 | 2018年 | Trackback