人気ブログランキング | 話題のタグを見る

4月13日士師記14-16章 マルコ7:24-8:13

懸賞 2024年 04月 13日 懸賞

『サムソンの祈りを聞かれる神様』
【士師記15:18 そのとき、彼はひどく渇きを覚え、【主】に呼び求めて言った。「あなたは、しもべの手で、この大きな救いを与えられました。しかし、今、私はのどが渇いて死にそうで、無割礼の者どもの手に落ちようとしています。」15:19 すると、神はレヒにあるくぼんだ所を裂かれ、そこから水が出た。サムソンは水を飲んで元気を回復して生き返った。それゆえその名は、エン・ハコレと呼ばれた。それは今日もレヒにある。15:20 こうして、サムソンはペリシテ人の時代に二十年間、イスラエルをさばいた。】①サムソンは、人格に問題がありながらも、彼が祈ると、主は何度も祈りを聞かれました。主は、清く正しい者の祈りだけを聞かれるのではないのです。神様に選ばれた者を尊重されるのです。ですから私たちも、大胆に祈りましょう。弱さがあっても、課題があっても、主は「神に選ばれた、あなたの祈り」を聞いて下さるのです。

『拒否された時にこそ、用いる信仰』
【マルコ7:28 しかし、女は答えて言った。「主よ。そのとおりです。でも、食卓の下の小犬でも、子どもたちのパンくずをいただきます。」7:29 そこでイエスは言われた。「そうまで言うのですか。それなら家にお帰りなさい。悪霊はあなたの娘から出て行きました。」7:30 女が家に帰ってみると、その子は床の上に伏せっており、悪霊はもう出ていた。】①この箇所で、イエス様は異邦人の女性の願いを「断られた」ように見えましたが、実際は、彼女の信仰を「引き出された」のです。そしてこの女性は、信仰で見事に、イエス様を求めました。そして願いがかなえられたのです。「上手くいかない」ように見える時があります。しかしその時こそ、イエス様を更に信じて「強く求める時」なのです。

by Happiness-eachday | 2024-04-13 05:26 | 2024年 | Trackback

<< 4月14日士師記17-18章 ...   4月12日士師記12-13章 ... >>