人気ブログランキング | 話題のタグを見る

3月2日民数記9-10章 使徒11:19-30

懸賞 2024年 03月 02日 懸賞

『主の導きについていく』
【民9:18 【主】の命令によって、イスラエル人は旅立ち、【主】の命令によって宿営した。雲が幕屋の上にとどまっている間、彼らは宿営していた。9:19 長い間、雲が幕屋の上にとどまるときには、イスラエル人は【主】の戒めを守って、旅立たなかった。
9:22 二日でも、一月でも、あるいは一年でも、雲が幕屋の上にとどまって去らなければ、イスラエル人は宿営して旅立たなかった。ただ雲が上ったときだけ旅立った。9:23 彼らは【主】の命令によって宿営し、【主】の命令によって旅立った。彼らはモーセを通して示された【主】の命令によって、【主】の戒めを守った。】①民数記は、神の民の荒野での訓練でした。その目的は、今までバラバラだった民が、約束の地に入る前に、一つのチームとなるための準備でした。「荒野」は何もありません。ですから神を見上げなければ生きられない環境なのです。その中で、主が進む時に進み、留まる時には留まるのです。それが「神と共に歩む」訓練なのです。クリスチャンはどこかで、この訓練を受けるのです。

『迫害の後の祝福』
【使11:19 さて、ステパノのことから起こった迫害によって散らされた人々は、フェニキヤ、キプロス、アンテオケまでも進んで行ったが、ユダヤ人以外の者にはだれにも、みことばを語らなかった。11:20 ところが、その中にキプロス人とクレネ人が幾人かいて、アンテオケに来てからはギリシヤ人にも語りかけ、主イエスのことを宣べ伝えた。11:21 そして、主の御手が彼らとともにあったので、大ぜいの人が信じて主に立ち返った。11:22 この知らせが、エルサレムにある教会に聞こえたので、彼らはバルナバをアンテオケに派遣した。】①迫害を通じて、み言葉がアンティオケに伝わり、その結果、バルナバが派遣されました。そしてパウロもこの働きに合流し、アンティオケ教会は非常に祝福されました。その後、このアンティオケが「世界宣教の中心」となったのです。②迫害を通じても、宣教が拡大していったことが分かります。あなたの困難を通じても、あなたが「信じ従う」時、神の計画が前進するのです。

by Happiness-eachday | 2024-03-02 06:41 | 2024年 | Trackback

<< 3月3日民数記11-13章 使...   3月1日民数記7-8章 使徒1... >>