人気ブログランキング |

6月22日エズラ4-6章 ルカ20:20-21:4

懸賞 2019年 06月 22日 懸賞

『神の計画の実現』
【エズラ6:13 このように、ダリヨス王が書き送ったので、川向こうの総督タテナイと、シェタル・ボズナイと、その同僚たちとは、これをまちがいなく行った。6:14 ユダヤ人の長老たちは、預言者ハガイとイドの子ゼカリヤの預言によって、これを建てて成功した。彼らはイスラエルの神の命令により、また、クロスと、ダリヨスと、ペルシヤの王アルタシャスタの命令によって、これを建て終えた。6:15 こうして、この宮はダリヨス王の治世の第六年、アダルの月の三日に完成した。】①クロス王の命令によって、ユダヤ人は解放され、神殿再建を始めることができました。しかし様々な妨害を受けて、あれほど盛り上がった再建が中断してしまったのです。しかし主の計画は前進するのです。預言者の励ましと、ダリヨス王の再度の命令によって、神殿再建は無事に完成しました。神様の計画の実現は、通常、紆余曲折の後に実現します。一見上手くいかないように見えても、そこには多くの人の、あきらめない心と信仰が用いられ、実現へと至るのです。



『心を見ておられるイエス様』
【ルカ21:1 さてイエスが、目を上げてご覧になると、金持ちたちが献金箱に献金を投げ入れていた。21:2また、ある貧しいやもめが、そこにレプタ銅貨二つを投げ入れているのをご覧になった。21:3 それでイエスは言われた。「わたしは真実をあなたがたに告げます。この貧しいやもめは、どの人よりもたくさん投げ入れました。21:4 みなは、あり余る中から献金を投げ入れたのに、この女は、乏しい中から、持っていた生活費の全部を投げ入れたからです。」】①イエス様は、貧しいやもめの信仰を見ておられました。人間の目では、小さな額の様に見えたとしても、「真心から捧げた」やもめの信仰をイエス様は、見過ごされませんでした。私たちが、主のために、真心から捧げる奉仕を、イエス様は決して見落とすお方ではないのです。


by Happiness-eachday | 2019-06-22 05:36 | 2019年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/27656009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月24日エズラ7-8章 ルカ...   6月21日エズラ1-3章  ル... >>