1月8日創世記20-22章 マタイ6:19-7:6

懸賞 2019年 01月 08日 懸賞

『主を一番とする恵み』
【創22:1 これらの出来事の後、神はアブラハムを試練に会わせられた。神は彼に、「アブラハムよ」と呼びかけられると、彼は、「はい。ここにおります」と答えた。22:2 神は仰せられた。「あなたの子、あなたの愛しているひとり子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。そしてわたしがあなたに示す一つの山の上で、全焼のいけにえとしてイサクをわたしにささげなさい。」
22:10 アブラハムは手を伸ばし、刀を取って自分の子をほふろうとした。22:11 そのとき、【主】の使いが天から彼を呼び、「アブラハム。アブラハム」と仰せられた。彼は答えた。「はい。ここにおります。」
22:12 御使いは仰せられた。「あなたの手を、その子に下してはならない。その子に何もしてはならない。今、わたしは、あなたが神を恐れることがよくわかった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。」・・・
22:14 そうしてアブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエと名づけた。今日でも、「【主】の山の上には備えがある」と言い伝えられている。】①アブラハムは、100歳で約束通り、実の息子、イサクが与えられました。しかしこのとき主はアブラハムに試練を与えたのです。それはイサクを捧げるという試練です。すべての人に主は「わたしを選ぶのか。わたしが与えたものを選ぶのか」という問いかけを、どこかでされるのです。理屈では「主を選ぶ」ということになりますが、私たちの感情は「自分が与えられたものを選ぶ」ことが多いのです。ここには祈りが必要となります。それも本音の祈りです。「主を一番」とすれば、すべてが良い方向に向かいます。そのことを「信仰の父、アブラハム」の試練から学ぶことができるのです。


『養って下さる、天の父なる神様』
【マタイ6:26 空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。
6:28 なぜ着物のことで心配するのですか。野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。働きもせず、紡ぎもしません。
6:30 きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。信仰の薄い人たち。】①天の父なる神様は、空の鳥を養い、野のゆりを装って下さるお方です。イエス様は、そのような神様は、人間をそれ以上に守り養って下さる、と言われたのです。あなたのそのことを信じますか。主と交わりましょう。主の言葉を考えましょう。主を第一にして祈り求める時に、主は必要なものを備えてくださる(633)と言われているのです。


by Happiness-eachday | 2019-01-08 05:38 | 2019年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/27355936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月9日創世記23-24章 マ...   1月7日創世記18-19章 マ... >>