8月14日詩篇99-101篇 ロマ6:1-14

懸賞 2018年 08月 14日 懸賞

『主の前に正しく生きる』
【詩101:2 私は、全き道に心を留めます。いつ、あなたは私のところに来てくださいますか。私は、正しい心で、自分の家の中を歩みます。101:3 私の目の前に卑しいことを置きません。私は曲がったわざを憎みます。それは私にまといつきません。101:4 曲がった心は私から離れて行きます。私は悪を知ろうともしません。101:5 陰で自分の隣人をそしる者を、私は滅ぼします。高ぶる目と誇る心の者に、私は耐えられません。101:6 私の目は、国の中の真実な人たちに注がれます。彼らが私とともに住むために。全き道を歩む者は、私に仕えます。】


『罪に死んだ私たちは、手足を義の器として捧げる』
【ロマ6:11 このように、あなたがたも、自分は罪に対しては死んだ者であり、神に対してはキリスト・イエスにあって生きた者だと、思いなさい。6:12 ですから、あなたがたの死ぬべきからだを罪の支配にゆだねて、その情欲に従ってはいけません。6:13 また、あなたがたの手足を不義の器として罪にささげてはいけません。むしろ、死者の中から生かされた者として、あなたがた自身とその手足を義の器として神にささげなさい。】




20180814


[PR]

by Happiness-eachday | 2018-08-14 05:28 | 2018年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/27052577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 8月15日詩篇102-103篇...   8月13日詩篇94-98篇 ロ... >>