8月5日詩編70-73篇 2コリント12章

懸賞 2018年 08月 05日 懸賞

『心の全てを語らない』
【詩 73:13 確かに私は、むなしく心をきよめ、手を洗って、きよくしたのだ。73:14 私は一日中打たれどおしで、朝ごとに責められた。73:15 もしも私が、「このままを述べよう」と言ったなら、確かに私は、あなたの子らの世代の者を裏切ったことだろう。73:16 私は、これを知ろうと思い巡らしたが、それは、私の目には、苦役であった。73:17 私は、神の聖所に入り、ついに、彼らの最後を悟った。】

①心のすべてを語ることで、問題が起きることがあります。
神の前にはすべて語ることは大切ですが、
人に前では、思慮深く語る必要があるのです。

悪は、悪です。
神様はそのことをご存じで、
正しく裁かれるのです。
ですから焦らずに、
祈りつつ、
ふさわしい時にふさわしいことをし続けていくのです。



『肉体のとげ』
【Ⅱコリント12:7 また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。12:8 このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、三度も主に願いました。12:9 しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。】

①パウロは多くの恵みを与えられましたが、とげも与えられました。
それは彼が、高慢にならず、神の愛と力に頼り続けるためでした。
もしあなたに、苦しみが去らないならば、
もしかすると「もっと神様に頼るように」というメッセージなのかもしれません。





20180805


[PR]

by Happiness-eachday | 2018-08-05 05:07 | 2018年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/27028290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 8月6日詩篇74-77篇 2コ...   8月4日詩編68-69篇 2コ... >>