7月18日詩編11-16篇 1コリント10:14-11:1

懸賞 2018年 07月 18日 懸賞

『主を前において生きる』
【詩16:8 私はいつも、私の前に【主】を置いた。【主】が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。16:9それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。16:10 まことに、あなたは、私のたましいをよみに捨ておかず、あなたの聖徒に墓の穴をお見せにはなりません。16:11 あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。】

①主を自分の前に置くことは、素晴らしいことですが、
同時にそれは、自分の汚れや罪を直視することにもなるのです。
「主と共に」歩めば、「揺るぐこと」はありません。
しかし自分の心が、主と違う考え、
すなわち「汚れた道」を歩むならば、
「悔い改める」必要があるのです。

主は聖徒に「墓の穴(死)」の苦しみを経験させません。
もしある期間、苦しみを経験するならば、
それは「悔い改め」の時、「聖め」の時なのです。

主と共に歩みましょう。
そしてあなたの本当の姿を知って、祈りましょう。
主はあなたを愛しておられれ、
「いのちの道」を歩ませたいと願っておられるのです。



『偶像礼拝を避ける』
【Ⅰコリント10:14 ですから、私の愛する者たちよ。偶像礼拝を避けなさい。10:15 私は賢い人たちに話すように話します。ですから私の言うことを判断してください。10:16 私たちが祝福する祝福の杯は、キリストの血にあずかることではありませんか。私たちの裂くパンは、キリストのからだにあずかることではありませんか。】

①神様と共に歩む道は、聖く祝福に富んだ道です。
しかし心から主と共に歩む時、(私たちは罪人ですから)、
イエス様の考えとは違う「わがままな考え」に気がつくのです。

主は私たちを愛しておられますが、
違うものは違うと教えて下さるのです。

偶像礼拝は、何かの像を拝むことだけではないのです。
神様が嫌われる価値観を神様のように受け入れることも,
偶像礼拝なのです。




20180718


[PR]

by Happiness-eachday | 2018-07-18 05:17 | 2018年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/26990587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月19日詩編17-18篇 1...   7月17日詩編7-10篇 1コ... >>