人気ブログランキング |

7月15日ヨブ記40-42章 1コリント8章

懸賞 2018年 07月 15日 懸賞

『ヨブの繁栄の回復』
【ヨブ42:10 ヨブがその友人たちのために祈ったとき、【主】はヨブの繁栄を元どおりにされた。【主】はヨブの所有物もすべて二倍に増された。42:11 こうして彼のすべての兄弟、すべての姉妹、それに以前のすべての知人は、彼のところに来て、彼の家で彼とともに食事をした。そして彼をいたわり、【主】が彼の上にもたらしたすべてのわざわいについて、彼を慰めた。彼らはめいめい一ケシタと金の輪一つずつを彼に与えた。42:12 【主】はヨブの前の半生よりあとの半生をもっと祝福された。】

①ヨブは、神に出会い、神から語り掛けを受ける中で、
主の前に心からへりくだりました。
そして自分を傷つけた友のために祝福を祈った時、
主はヨブを癒し、ヨブの繁栄を回復されたのです。

正しい人がなぜ苦しまなければならないか。
苦しみの最後はどのようになるのか。
それがヨブを通じて教えられることです。

ヨブは苦しみを通じて、霊性が成長し、
神との関係が深まったのです。
人は苦しみを通じて成長します。
ヨブはそのモデルでもあるのです。




『愛によって行動する』
【Ⅰコリント 8:1 次に、偶像にささげた肉についてですが、私たちはみな知識を持っているということなら、わかっています。しかし、知識は人を高ぶらせ、愛は人の徳を建てます。
8:7 しかし、すべての人にこの知識があるのではありません。ある人たちは、今まで偶像になじんで来たため偶像にささげた肉として食べ、それで彼らのそのように弱い良心が汚れるのです。
8:13 ですから、もし食物が私の兄弟をつまずかせるなら、私は今後いっさい肉を食べません。それは、私の兄弟につまずきを与えないためです。】

①当時、異教徒の宮では、
捧げられた肉を食するレストランのような場所がありました。
信仰の知識を持っている人は、
偶像など何の力もないと知っていますが、
知識がない人は、
自分の身が汚れると信じていました。

パウロは自分の信仰を強制するのではなく、
弱い信仰を持った人を配慮して行動することを選んだのです。

キリストは私たちにご自分を押し付けはされませんでした。
私たちはキリストの弟子です。
キリストと同じように「愛によって」行動していきたいのです。



20180715


by Happiness-eachday | 2018-07-15 05:49 | 2018年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/26984938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月16日詩編1-6篇 1コリ...   7月14日ヨブ36-39章 1... >>