6月19日Ⅱ歴代33-34章 ルカ19:1-27

懸賞 2018年 06月 19日 懸賞

『へりくだりの生き方』
【Ⅱ歴代 34:26 【主】に尋ねるために、あなたがたを遣わしたユダの王には、こう言わなければなりません。『あなたが聞いたことばについて、イスラエルの神、【主】は、こう仰せられます。34:27 あなたが、この場所とその住民についての神のことばを聞いたとき、あなたは心を痛め、神の前にへりくだり、わたしの前にへりくだって自分の衣を裂き、わたしの前で泣いたので、わたしもまた、あなたの願いを聞き入れる。──【主】の御告げです──』】

①ヨシヤ王は、主の宮で見つかった律法の書を読んだ時、
心からへりくだり、悔い改めました。
すると主は彼に「救いの言葉」を語られたのです。

主の前に、へりくだることが大切なことです。
このことは何度も書かれていますが、
私たちは知識ではなく、
生き方として主の前にこのように生きることが大切なのです。



『与えられた能力を生かす』
【ルカ19:16 さて、最初の者が現れて言った。『ご主人さま。あなたの一ミナで、十ミナをもうけました。』19:17 主人は彼に言った。『よくやった。良いしもべだ。あなたはほんの小さな事にも忠実だったから、十の町を支配する者になりなさい。』】

①イエス様のたとえ話です。
1ミナは、約3か月分の給料に相当すると言われています。
このしもべは、10ミナ儲けたので、
10の町を管理する者として任命されたのです。

神様は、私たちが神様から頂いた能力をや時間を、
神様のために用い、
その資産を最大限生かすことを願っておられます。

神様から様々なものを与えられた者として、
神の御国に貢献することは大切なことなのです。




20180619


[PR]

by Happiness-eachday | 2018-06-19 05:23 | 2018年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/26919192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月20日Ⅱ歴代35-36章 ...   6月18日Ⅱ歴代31-32章 ... >>