6月10日Ⅱ歴代5-7章 ルカ13:1-21

懸賞 2018年 06月 10日 懸賞

『悔い改めと赦し』
【Ⅱ歴代7:13 もし、わたしが天を閉ざしたため雨が降らなくなった場合、また、いなごに命じてこの地を食い尽くさせた場合、また、もし、わたしの民に対して疫病を送った場合、7:14 わたしの名を呼び求めているわたしの民がみずからへりくだり、祈りをささげ、わたしの顔を慕い求め、その悪い道から立ち返るなら、わたしが親しく天から聞いて、彼らの罪を赦し、彼らの地をいやそう。】

①天の父なる神は、ソロモンの祈りに応えて、み言葉を語られました。
それは「へりくだるならば、赦していただける」
という非常にありがたい言葉だったのです。

神様はこのような原則で、ことを進めておられます。
どれだけひどい状況に追いやられたとしても、
そこで立ち止まり、へりくだって、
主に立ち返るならば、
主は赦し、もう一度祝福を注いでくださるのです。

私たちは罪人です。
気が付かずに間違ったことをしてしまうことが多くある者たちです。
ですからこの御言葉を受け止めつつ、歩みましょう。
罪に気が付いたならば、素直に悔い改めるのです。




『内面を作り変えられること』
【ルカ13:6 イエスはこのようなたとえを話された。「ある人が、ぶどう園にいちじくの木を植えておいた。実を取りに来たが、何も見つからなかった。13:7 そこで、ぶどう園の番人に言った。『見なさい。三年もの間、やって来ては、このいちじくの実のなるのを待っているのに、なっていたためしがない。これを切り倒してしまいなさい。何のために土地をふさいでいるのですか。』13:8 番人は答えて言った。『ご主人。どうか、ことし一年そのままにしてやってください。木の回りを掘って、肥やしをやってみますから。13:9 もしそれで来年、実を結べばよし、それでもだめなら、切り倒してください。』」】

①イエス様は、いちじくのたとえを通じて、
信じた者たちに「成長し、身を実らせること」
を神様は願っておられると語られました。

私たちは、信じた後、御霊によって変えられて、
御霊の実を結ぶようになるのです。
それには、御霊に導かれる必要があります。
そして、そのためには「内面を作り変えられること」が大切なのです。




20180610


[PR]

by Happiness-eachday | 2018-06-10 05:49 | 2018年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/26883288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月11日Ⅱ歴代8-11章  ...   6月9日Ⅱ歴代1-4章 ルカ1... >>