6月7日1歴代23-25章 ルカ12:1-21

懸賞 2018年 06月 07日 懸賞

『賛美を通じての神様の働き』
【Ⅰ歴代25:1 また、ダビデと将軍たちは、アサフとヘマンとエドトンの子らを奉仕のために取り分け、立琴と十弦の琴とシンバルをもって預言する者とした。その奉仕に従って、仕事についた者の数は次のとおりである。25:2 アサフの子では、ザクル、ヨセフ、ネタヌヤ、アサルエラ。これらはアサフの子で、王の指揮に従って、預言するアサフの指揮下にあった。25:3 エドトンについて。エドトンの子は、ゲダルヤ、ツェリ、エシャヤ、シムイ、ハシャブヤ、マティテヤの六人。立琴をもって【主】をほめたたえ、賛美しながら預言する彼らの父エドトンの指揮下にあった。
25:7 彼らおよび【主】にささげる歌の訓練を受けた彼らの同族──彼らはみな達人であった──の人数は二百八十八人であった。】

①ダビデは、賛美する者たちに、
その賛美の働きを通じて、預言的な働きを任命しました。
賛美する中に、聖霊が働くと、預言的な神の言葉が語られたのです。

賛美は主が用いられるのです。
新約の現代においても、賛美を通じて、
様々な神の業が起こされるのです。



『聖霊への敏感さ』
【ルカ12:10 たとい、人の子をそしることばを使う者があっても、赦されます。しかし、聖霊をけがす者は赦されません。12:11 また、人々があなたがたを、会堂や役人や権力者などのところに連れて行ったとき、何をどう弁明しようか、何を言おうかと心配するには及びません。12:12 言うべきことは、そのときに聖霊が教えてくださるからです。」】

①聖霊は、私たちが危機的な状況の時に、
不思議な導きや知恵を与えて下さるお方です。
ですから、内なる聖霊の働きに「敏感」であることが大切なのです。

「聖霊を悲しませる罪」を避けましょう。
それを避ければ避けるほど、
あなたは聖霊に働きに「敏感」になり、
「導かれやすい」心の状態となれるのです。



20180607


[PR]

by Happiness-eachday | 2018-06-07 05:43 | 2018年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/26876530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月8日1歴代26-29章 ル...   6月6日1歴代20-22章 ル... >>