4月2日ヨシュア13-15章 マルコ1:21-45

懸賞 2018年 04月 02日 懸賞

『信仰による祝福の収得』
【ヨシュア記14:12 どうか今、【主】があの日に約束されたこの山地を私に与えてください。あの日、あなたが聞いたように、そこにはアナク人がおり、城壁のある大きな町々があったのです。【主】が私とともにいてくだされば、【主】が約束されたように、私は彼らを追い払うことができましょう。」14:13 それでヨシュアは、エフネの子カレブを祝福し、彼にヘブロンを相続地として与えた。14:14 それで、ヘブロンは、ケナズ人エフネの子カレブの相続地となった。今日もそうである。それは、彼がイスラエルの神、【主】に従い通したからである。】

①カレブは、85歳になっても、
45年前、カナン偵察時に、モーセの前で信仰の応答をした時と同じように、
信仰と気力を持っていました。
そして主にあって「敵を追い払うことができる」と確信していたのです。
その信仰によって「ヘブロンの地」はカレブとその子孫のものとなったのです。

祝福は、準備されていますが、
それを受け取るのは「信仰による」のです。
あなたも「信仰によって」受け取りましょう。
与えられたものを受け取るには「信仰」が必要なのです。




『祈りの交わりの力』
【マルコ1:35 さて、イエスは、朝早くまだ暗いうちに起きて、寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。1:36シモンとその仲間は、イエスを追って来て、1:37彼を見つけ、「みんながあなたを捜しております」と言った。1:38 イエスは彼らに言われた。「さあ、近くの別の村里へ行こう。そこにも福音を知らせよう。わたしは、そのために出て来たのだから。」】

①イエス様は、朝に祈っておられました。
一日が始まる前に、天の父と「深い交わり」をしておられたのです。
そして「近くの別の村に行こう」と言われました。
イエス様は、父なる神の交わりを通じて「愛と力を受けて」
ご自分の使命を果たしていかれたのです。

私たちも、天の父、そしてイエス様との交わりを深めていきましょう。
そうすれば、「気力と愛」が増し加わるのです。
その力によって、「良い働き」ができるのです。




20180402


[PR]

by Happiness-eachday | 2018-04-02 05:01 | 2018年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/26627157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月3日ヨシュア16-19章 ...   4月1日ヨシュア10-12章 ... >>