3月13日民数記34-36章 使徒18:1-28

懸賞 2018年 03月 13日 懸賞

『言うべきことは言わなければならない』
【民36:2 言った。「【主】は、あの土地をくじによってイスラエル人に相続地として与えるように、あなたに命じられました。そしてまた、私たちの親類ツェロフハデの相続地を、彼の娘たちに与えるように、あなたは【主】に命じられています。36:3 もし彼女たちが、イスラエル人の他の部族の息子たちにとついだなら、彼女たちの相続地は、私たちの父祖の相続地から差し引かれて、彼女たちがとつぐ部族の相続地に加えられましょう。こうして私たちの相続の地所は減ることになります。36:4 イスラエル人のヨベルの年になれば、彼女たちの相続地は、彼女たちのとつぐ部族の相続地に加えられ、彼女たちの相続地は、私たちの父祖の部族の相続地から差し引かれることになります。」36:5 そこでモーセは、【主】の命により、イスラエル人に命じて言った。「ヨセフ部族の訴えはもっともである。・・・」】

①モーセは、土地の相続に対して、民の申し立てを聞き、適切に裁きました。
神様の働きの中でも、細かなところは、意見を出し合う中で、調整されていくものなのです。
不公平を感じたら、黙っていてはいけません。
それをしかるべき人に冷静に進言するのです。
そうすれば、正しい裁きがなされるのです。

「言わずに黙っていること」は信仰的ではないのです。
言うべきことを言った後、決まったことを守ることが、
主の前で「信仰的な態度」なのです。





『主に励まされて前進する』
【使18:9 ある夜、主は幻によってパウロに、「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。18:10 わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから」と言われた。18:11 そこでパウロは、一年半ここに腰を据えて、彼らの間で神のことばを教え続けた。】

①パウロはコリントで、様々な問題と迫害によって、
精神的なプレッシャーにさらされて、気が弱くなりました。
そしてコリントで宣教することまでも迷い始めたのです。
しかし主はパウロの傍らにいて下さり、
「恐れないで語り続けなさい」と告げて下さったのです。

その励ましによって、パウロは更にコリントで働きを続けることができました。
その後もプレッシャーはなくなりませんでしたが(12節)、
パウロは自分の使命を続けることがでできたのです。

主は「主に忠実な者」を励まし慰めてくださいます。
どんな人間も励ましが必要です。
パウロでさえも例外ではなかったのです。





20180313



[PR]

by Happiness-eachday | 2018-03-13 05:31 | 2018年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/26558799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月14日申命記1-2章 使徒...   3月12日民数記32-33章 ... >>