人気ブログランキング |

1月17日創世記40-41章 マタイ12:22-50

懸賞 2018年 01月 17日 懸賞

『神の計画を見ることが出来る信仰』
【創41:1 それから二年の後、パロは夢を見た。見ると、彼はナイルのほとりに立っていた。・・・
41:38 そこでパロは家臣たちに言った。「神の霊の宿っているこのような人を、ほかに見つけることができようか。」41:39 パロはヨセフに言った。「神がこれらすべてのことをあなたに知らされたのであれば、あなたのように、さとくて知恵のある者はほかにいない。41:40 あなたは私の家を治めてくれ。私の民はみな、あなたの命令に従おう。】

①ヨセフは、献酌官の夢を解き明かし、許された献酌官が助けてくれるのを待っていましたが、
2年間も不当に牢獄に閉じ込められたままだったのです。
しかしヨセフは、それで腐ることも、投げやりになることもなく、
黙々と神様を信じ、待ち続けたのです。

信仰生活は、神様との関係です。
期待通りにならなくても、そこで神様と交わることができるのです。
(ヨセフは不信仰になりませんでした。だからこそ神様からの知恵を頂いて、総理大臣に任命されたのです。)

私たちも、環境が悲惨であっても、信仰を保ち、神様との交わりを保ちましょう。
素晴らしいことが与えられるから、神様と交わるのではないのです。
期待通りでなくても(期待通りでないからこそ)、
神様と切実に祈り交わる時に、神の計画を見ることができるのです。




『聖霊に逆らう罪』
【マタイ12:31 だから、わたしはあなたがたに言います。人はどんな罪も冒涜も赦していただけます。しかし、御霊に逆らう冒涜は赦されません。12:32 また、人の子に逆らうことばを口にする者でも、赦されます。しかし、聖霊に逆らうことを言う者は、だれであっても、この世であろうと次に来る世であろうと、赦されません。】

①聖霊に逆らう罪とは、聖霊を悲しませ、聖霊を拒み、
心をかたくなにして、堕落した曲がった考えをし続ける罪です。
このような罪を犯し続けると、聖霊の導きが無くなります。
聖霊の導きが無くなると恐ろしいことが起こります。
神に近づけなくなり、真理を受け入れられなくなります。
そして自分が悪しきことをしていることさえも、分らなくなるのです。

罪に気が付いたならば、素直にへりくだって、赦しと救いを求めましょう。
主にへりくだるものを、主は赦し、
再び聖霊の満たしを与えてくださるのです。





20180116



by Happiness-eachday | 2018-01-17 05:21 | 2018年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/26357216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月18日創世記42-43章 ...   1月16日創世記38-39章 ... >>