12月12日エゼキエル37-38章 黙示録4章

懸賞 2017年 12月 12日 懸賞

『主の霊によって』

【エゼキエル37:11 主は私に仰せられた。「人の子よ。これらの骨はイスラエルの全家である。ああ、彼らは、『私たちの骨は干からび、望みは消えうせ、私たちは断ち切られる』と言っている。37:12 それゆえ、預言して彼らに言え。神である主はこう仰せられる。わたしの民よ。見よ。わたしはあなたがたの墓を開き、あなたがたをその墓から引き上げて、イスラエルの地に連れて行く。
37:14 わたしがまた、わたしの霊をあなたがたのうちに入れると、あなたがたは生き返る。わたしは、あなたがたをあなたがたの地に住みつかせる。このとき、あなたがたは、【主】であるわたしがこれを語り、これを成し遂げたことを知ろう。──【主】の御告げ──」】

①主の霊が働き始めると、死んで骨になり望みのない者が、主の霊によって、生き返ることが分かります。
私たちはあきらめてはいけないのです。
主が働かれることを待ち望みましょう。
主はあなたに信仰を与え、主の霊によって、奇跡を起こされるのです。




『聖なる、栄光に満ちた神』

【黙4:8 この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その回りも内側も目で満ちていた。彼らは、昼も夜も絶え間なく叫び続けた。「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな。神であられる主、万物の支配者、昔いまし、今いまし、後に来られる方。」
4:10 二十四人の長老は御座に着いている方の御前にひれ伏して、永遠に生きておられる方を拝み、自分の冠を御座の前に投げ出して言った。4:11 「主よ。われらの神よ。あなたは、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方です。あなたは万物を創造し、あなたのみこころゆえに、万物は存在し、また創造されたのですから。」】

①ヨハネは幻の中で、聖なる主をほめたたえる4つの生き物の姿を見ました。
また長老たちが、栄光の主をほめたたえる姿を見たのです。
主はこのようなお方なのです。
今は目に見えない状態であっても、
主は、今も同じように、聖であり栄光に富んだお方なのです。




20171212


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-12-12 05:07 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/26224246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月13日エゼキエル39-4...   12月11日エゼキエル35-3... >>