10月4日イザヤ15-18章 ヘブル9:1-10

懸賞 2017年 10月 04日 懸賞

『造り主だけが助ける力を持っておられる』

【イザヤ 17:7 その日、人は自分を造られた方に目を向け、その目はイスラエルの聖なる方を見、17:8 自分の手で造った祭壇に目を向けず、自分の指で造ったもの、アシェラ像や香の台を見もしない。】

①イザヤは、諸国の裁きについて語っています。
その中でイスラエルも罪の故に裁かれたのです。

その裁きの中、神の民の中のわずかな人々が、
人間が作った「神々」に頼ることを止めて、
造り主である「真の神」立ち返ったのです。

②本当に助けて下さるのは「造り主」だけです。
そのことに気がついた者は、「造り主」に立ち返るようになるのです。
問題や戦いを通じて、「偶像」には助ける力がないことを悟るのです。




『心の奥底の聖めと主との交わり』

【ヘブル9:7 第二の幕屋には、大祭司だけが年に一度だけ入ります。そのとき、血を携えずに入るようなことはありません。その血は、自分のために、また、民が知らずに犯した罪のためにささげるものです。】

①第二の幕屋は「至聖所」と呼ばれ、神の臨在を象徴していました。
選ばれた大祭司が、年一回だけ入ることができた特別な場所だったのです。

②イエス様の十字架による「血の犠牲」によって、
私たちの内側が完全に聖められ、
神との親密な交わりが持てる道が開かれたのです。

人間の内側の良心が完全に聖められなければ、神との親密な交わりができません。

・・・十字架の血の贖いを感謝しましょう。
私たちは、心の奥底まで聖められ、
主と交わりことが出来るように、招かれているのです。



20171004


[PR]

by Happiness-eachday | 2017-10-04 05:52 | 2017年 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/25802178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 10月5日イザヤ19-22章 ...   10月3日イザヤ13-14章 ... >>