人気ブログランキング |

12月31日黙示録21-22章『神の栄光を優先する生活』

懸賞 2016年 12月 31日 懸賞

『神の栄光を優先する生活』

【22:1 御使いはまた、私に水晶のように光るいのちの水の川を見せた。それは神と小羊との御座から出て、22:2 都の大通りの中央を流れていた。川の両岸には、いのちの木があって、十二種の実がなり、毎月、実ができた。また、その木の葉は諸国の民をいやした。22:3 もはや、のろわれるものは何もない。神と小羊との御座が都の中にあって、そのしもべたちは神に仕え、22:4 神の御顔を仰ぎ見る。また、彼らの額には神の名がついている。】

①キリストの再臨、千年王国、悪魔の裁き(第2の死)が終わると、
いよいよ「新天新地」が到来します。
イエス様を信じ、「いのちの書」に名前が書かれている人たちは、
その「素晴らしい場所」に入ることができるのです。

②そこは「涙も悲しみもない場所(21:4)」であり、
キリストの光が「太陽のように輝く(22:5)」場所なのです。

③私たちは、もうしばらくの「地上での使命」を終えて、
いつかこの場所に行くことができるのです。

・・・天国を意識して生活しましょう。
地上での生活が100年であっても、
「天国の永遠」と比べれは「まばたき程の時間」なのです。
「天国で価値があるもの」を優先して生活しましょう。

【22:11 不正を行う者はますます不正を行い、汚れた者はますます汚れを行いなさい。正しい者はいよいよ正しいことを行い、聖徒はいよいよ聖なるものとされなさい。」22:12 「見よ。わたしはすぐに来る。わたしはそれぞれのしわざに応じて報いるために、わたしの報いを携えて来る。」】

④イエス様は必ず再臨されます。
再臨が近づくと、悪人は益々悪を行い、
主を愛する人は益々善に励むようになるのです。

主の再臨を意識して「偽りを避ける」生活に努めてまいりましょう21:8,21:17。
(偽りを「大目に見ては」もらえないのですから)

一年間、通読をお疲れ様でした。
来年も「神の栄光」を優先する生活を求めて参りましょう。
豊かな祝福をお祈りしています。YccFuji

God bless you!







20161231

by Happiness-eachday | 2016-12-31 05:14 | 2016年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23750670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月1日創世記1-2章 マタイ1章   12月30日黙示録19-20章... >>