人気ブログランキング |

12月26日黙示録7-9章『天での素晴らしい情景』

懸賞 2016年 12月 26日 懸賞

『天での素晴らしい情景』

【7:9 その後、私は見た。見よ。あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、だれにも数えきれぬほどの大ぜいの群衆が、白い衣を着、しゅろの枝を手に持って、御座と小羊との前に立っていた。7:10 彼らは、大声で叫んで言った。「救いは、御座にある私たちの神にあり、小羊にある。」・・・ 7:14 彼は私にこう言った。「彼らは、大きな患難から抜け出て来た者たちで、その衣を小羊の血で洗って、白くしたのです。・・・7:16 彼らはもはや、飢えることもなく、渇くこともなく、太陽もどんな炎熱も彼らを打つことはありません。7:17 なぜなら、御座の正面におられる小羊が、彼らの牧者となり、いのちの水の泉に導いてくださるからです。また、神は彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださるのです。」】

①使徒ヨハネは、
キリストを信じる信仰によって「霊的な救い」を受けたあらゆる民族が集まる、
天の情景をここで書き記しています。
(この個所7:14を患難時代にキリストを信じて救われた人と解釈する人たちも多くいます)

②患難時代にキリストを信じる人たちは、
サタンと神を敬わない人々からの非常に厳しい攻撃と迫害を体験します。

しかしそれでも「キリストを信じる」信仰を持ち続けた人は
「素晴らしい恵み」を受けるのです。

③「信仰を持ち続けて」天に帰った人たちは、
「飢えもなく」「苦しみもなく」「涙も悲しみもない」状態で、
過ごすことになるのです。
これは素晴らしい体験です。

・・・私たちが「将来行く場所」は、
このような「素晴らしい場所」であることを覚えましょう。

そして苦しみを体験することがあっても
「最後まで」イエス様を信じ続けましょう。

主はあなたを「天国に招き入れたい」と願っておられるのです。YccFuji










20161226

by Happiness-eachday | 2016-12-26 05:29 | 2016年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23741087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月27日黙示録10-12章...   12月25日黙示録4-6章クリ... >>