人気ブログランキング |

12月2日ガラテヤ1-3章『救いの唯一の道』

懸賞 2016年 12月 02日 懸賞

『救いの唯一の道』

【3:22 しかし聖書は、逆に、すべての人を罪の下に閉じ込めました。それは約束が、イエス・キリストに対する信仰によって、信じる人々に与えられるためです。3:23 信仰が現れる以前には、私たちは律法の監督の下に置かれ、閉じ込められていましたが、それは、やがて示される信仰が得られるためでした。3:24 こうして、律法は私たちをキリストへ導くための私たちの養育係となりました。私たちが信仰によって義と認められるためなのです。】

①パウロは、ほかの福音(誤った福音)を語るユダヤ人教師に対して
「信仰によって」救われることを弁証しました。

律法によって私たちは「罪を自覚」します。
その結果「救いを求めるように」なるのです。

そして救い主「イエス様」を信じ、
私たちは救われ、解放されるのです。

救われるために「割礼を受けたり(5:2)」
「ユダヤ人の聖なる日を守る(4:10)」等の人間的行為は必要ないのです。

「キリストの福音(1:7)」を信じることだけが、救いの道なのです。

②同時に、律法は霊的なもの(ロマ7:14)でもあります。
律法を通じて「罪の自覚(ロマ7:7)」が起きるのです。

ですから、すべてを無視して「何でも許されるかのような」極端な教えは
「健全な教え」ではなのです(1コリント10章)&(FB:P2161)。

・・・パウロが受け取った「正しい救い」を聖書から受け取りましょう。
そして「聖霊によって」導いて頂きましょう。

私たちは「信じた後」、
知識も経験も、霊的に深まっていく(成熟していく)のですから。YccFuji








20161202

by Happiness-eachday | 2016-12-02 05:23 | 2016年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23683505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月3日ガラテヤ4-6章『自...   12月1日2コリント10-13... >>