11月1日ルカ22-24章『誰がイエス様を十字架に追いやったのか』

懸賞 2016年 11月 01日 懸賞

『誰がイエス様を十字架に追いやったのか』

【23:20 ピラトは、イエスを釈放しようと思って、彼らに、もう一度呼びかけた。23:21 しかし、彼らは叫び続けて、「十字架だ。十字架につけろ」と言った。23:22 しかしピラトは三度目に彼らにこう言った。「あの人がどんな悪いことをしたというのか。あの人には、死に当たる罪は、何も見つかりません。だから私は、懲らしめたうえで、釈放します。」23:23 ところが、彼らはあくまで主張し続け、十字架につけるよう大声で要求した。そしてついにその声が勝った。・・・】

①イエス様は「なぜ十字架に架かられたのか」
そのことがここに描かれています。

ローマ総督ピラトが「イエスには罪がない」と言ったにもかかわらず、
群衆は「イエスを十字架につけろ」と叫び、
最後にはその声が「勝った」のです。

私たちの心の「主の御心への反逆心」が
イエス様を「十字架につけた」のです。

②私たちは、何度も「主の御心を無視」します。
正しいと思っていても「それができないことを正当化」するのです。
そして「聞かなかったことにしょう」ともします。

③そのすべての反逆心が
「イエス様を十字架につけた」
「感情・こころ」なのです。

私の持っている「この反逆心」が
イエス様を追いやったことを、
聖書からもう一度「確認」しましょう。

そして自分の罪を認めましょう。

・・・「認めて」「赦しを求める者」が、
「赦され」「主の恵みを頂ける」のです。

「罪を認めること(悔い改め)」と
「恵み・祝福」とは、
表裏一体なのです。YccFuji








20161101
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-11-01 05:30 | 2016年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23587895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 11月2日ヨハネ1-3章『信仰...   10月31日ルカ19-21章『... >>