10月30日ルカ16-18章『恥もプライドも乗り越えて、求める』

懸賞 2016年 10月 30日 懸賞

『恥もプライドも乗り越えて、求める』

【18:35 イエスがエリコに近づかれたころ、ある盲人が、道ばたにすわり、物ごいをしていた。18:36 群衆が通って行くのを耳にして、これはいったい何事ですか、と尋ねた。18:37 ナザレのイエスがお通りになるのだ、と知らせると、18:38 彼は大声で、「ダビデの子のイエスさま。私をあわれんでください」と言った。18:39 彼を黙らせようとして、先頭にいた人々がたしなめたが、盲人は、ますます「ダビデの子よ。私をあわれんでください」と叫び立てた。18:40 イエスは立ち止まって、彼をそばに連れて来るように言いつけられた。18:41 彼が近寄って来たので、「わたしに何をしてほしいのか」と尋ねられると、彼は、「主よ。目が見えるようになることです」と言った。18:42 イエスが彼に、「見えるようになれ。あなたの信仰があなたを直したのです」と言われた。】

①盲人は、イエス様が近くを通られることを聞くと
「声の限り」イエス様を叫び求めました。

人々が黙らせようとしても「ますます」イエス様を求めたのです。

②イエス様が彼に目をとめ「何をしてほしいのか」と言われると
「主よ、目が見えるようになることです」と答えたのです。

イエス様は「その信仰に応えて」
「見えるようになれ」と命じて下さったのです。
(その結果、盲人は癒されました)

③「求めるものは答えられる」ことをこの場所でも知ることが出来ます。
イエス様は「信仰をもって」「求めるものの声」を聞いて下さるお方です。

・・・あなたはイエス様を求めていますか。
この盲人のように求めていますか。

「イエス様以外に助けてくれる方はいない」と本当に分かった人は
このように「すべて」を乗り越えるのです。

その信仰によって、
「恥も」「プライドも」「妨害も」乗り越えることが出来るのです。

イエス様は、「私たちの信仰」を、
いつも見ておられるのです。YccFuji








20161030
[PR]

by Happiness-eachday | 2016-10-30 05:40 | 2016年10-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23583786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 10月31日ルカ19-21章『...   10月29日ルカ13-15章『... >>