人気ブログランキング |

9月24日ホセア7-10章『主の業が起きるタイミング』

懸賞 2016年 09月 24日 懸賞

『主の業が起きるタイミング』

【10:11 エフライムは飼いならされた雌の子牛であって、麦打ち場で踏むことを好んでいた。わたしはその美しい首にくびきを掛けた。わたしはエフライムに乗り、ユダは耕し、ヤコブはまぐわをひく。10:12 あなたがたは正義の種を蒔き、誠実の実を刈り入れよ。あなたがたは耕地を開拓せよ。今が、【主】を求める時だ。ついに、主は来て、正義をあなたがたに注がれる。・・・】

①エフライムは、神の民の一員です。
彼らは、今までは楽な道を歩んでいました。
しかし主の計画によって、別の道を歩むように導かれたのです。

それは苦しみを伴う道ではありますが、
収穫を得、実を刈り取る道なのです。

②人としては、楽な道を好みます。
しかし主は「収穫を与えるために」
あえて厳しい道を通させることがあるのです。

「正義の種」を蒔き、「耕地を開拓」しなければ
「刈り取り」は得られません。
冷静に考えても、「種を蒔く」ことなしに
「収穫」は得られないのです。

③しかし人間は、楽な道を歩み続けますので、
主は「意図的」に「道を変えさせる」のです。

それによって「民が目覚め」
「本来の主の願い」をするためなのです。

・・・苦しみの中で「主を求め」ましょう。
困難の中で「主を求め」るのです。
その中で主を求めずに、いつ求めるのでしょうか。

あなたが「主の導き」を受け取り、覚悟して「主を求め」た時、
主はあなたに「近づかれ」、必要な何かを「あなたに注がれる」のです。

それは「正義」であり「私たちに必要なもの」です。

ぜひその事実を体験しましょう。
そしてその証を語り、
私たち自身が変えられ、喜ぶ者となれるように、
主に祈りましょう。YccFuji









20160924

by Happiness-eachday | 2016-09-24 05:44 | 2016年7-9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/23508066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月25日ホセア11-14章『...   9月23日ホセア4-6章『誠実... >>